藤原鎌足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中臣 鎌足
Fujiwara-Kamatari.jpg
菊池容斎画 中臣鎌足肖像
時代 飛鳥時代
生誕 推古天皇22年(614年
死没 天智天皇8年10月16日669年11月14日
改名 中臣鎌子、鎌足、藤原鎌足
神号 談山権現、談山大明神
墓所 阿武山古墳大織冠神社談山神社
官位 大織冠内大臣
主君 孝徳天皇斉明天皇天智天皇
氏族 中臣氏藤原氏
父母 父:中臣御食子、母:大伴智仙娘
鏡王女車持与志古娘
定恵藤原不比等氷上娘五百重娘耳面刀自、斗売娘
テンプレートを表示

中臣 鎌足(なかとみの かまたり)は、飛鳥時代政治家藤原氏の始祖。

大化の改新以降に中大兄皇子(天智天皇)の腹心として活躍し、藤原氏繁栄の礎を築いた。『藤氏家伝』には「偉雅、風姿特秀」と記されている。は仲郎。

名称[編集]

元々は中臣氏の一族で初期の頃には中臣 鎌子(なかとみ の かまこ)と名乗っていた(欽明天皇朝で物部尾輿と共に排仏を行った中臣鎌子とは別人)。その後中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)に改名。そして臨終に際して大織冠とともに藤原姓を賜った。つまり、生きていた頃の彼を指す場合は「中臣鎌足」を用い、「藤原氏の祖」として彼を指す場合には「藤原鎌足」を用いる。

来歴[編集]

出生地は大和国高市郡藤原(奈良県橿原市) 『藤氏家伝』。

藤原という姓も出生地の地名から取られたものである。

大原(現在の奈良県明日香村)や常陸国鹿島(茨城県鹿嶋市)とする説(『大鏡』)もある。

早くから中国の史書に関心を持ち、『六韜』を暗記した。隋・唐に留学していた南淵請安が塾を開くとそこで儒教を学び、蘇我入鹿とともに秀才とされた。『日本書紀』によると644年(皇極天皇3年)[1]に中臣氏の家業であった祭官に就くことを求められたが、鎌足は固辞して摂津国三島の別邸に退いた。

密かに蘇我氏体制打倒の意志を固め、擁立すべき皇子を探した。初めは軽皇子(孝徳天皇)に近づき、後に中大兄皇子に接近した。また、蘇我一族内部の対立に乗じて、蘇我倉山田石川麻呂を味方に引き入れた。

645年、中大兄皇子・石川麻呂らと協力して飛鳥板蓋宮にて、当時政権を握っていた蘇我入鹿を暗殺、入鹿の父の蘇我蝦夷を自殺に追いやった(乙巳の変)。この功績から、内臣に任じられ、軍事指揮権を握った。ただし、内臣は寵臣・参謀の意味で正式な官職ではない。

その後、大化の改新を推進しようとする中大兄皇子の側近として、保守派の左大臣阿部倉梯麻呂右大臣の蘇我倉山田石川麻呂と対立した。647年大化3年)の新冠位制度では大錦冠(だいきんかん)を授与された。649年(大化5年)に梯麻呂・石川麻呂が薨去・失脚したあと勢力を伸ばし、654年白雉5年)頃には大紫冠(だいしかん)に昇格した。669年(天智天皇8年)、死の直前に天智天皇が見舞うと「生きては軍国に務無し」と語った。すなわち「私は軍略で貢献できなかった」と嘆いているのである。天智天皇から大織冠を授けられ、内大臣に任ぜられ、「藤原」のを賜った翌日に逝去した。

和歌[編集]

万葉集』に2首所収。『歌経標式』に1首所収。『万葉集』の1首は正室鏡王女に送った物で、もう1首が鎌足が采女安見児(やすみこ)を得たことを喜ぶ歌である。

われはもや安見児得たり皆人の得難にすとふ安見児得たり
(私は安見児を得た、皆が手に入れられないと言っていたあの安見児を得たのだ)

采女とは、各国の豪族から女官として天皇に献上された美女たちである。数は多しといえども天皇の妻ともなる資格を持つことから、当時、采女への恋は命をもって償うべき禁忌であった。鎌足の場合は、おそらく天智天皇に覚えが良かったことから、特別に采女を賜ったのであろう。

上の歌には万葉らしく、鎌足の二重の喜びが素直に表現されている。すなわち、恋を成就した歓びと、天皇が自分だけに特別な許可を与えたという名誉である。

墓所・祭所[編集]

談山神社の藤原鎌足像

死後、奈良県桜井市多武峯談山神社に祀られる。また、大阪府四條畷市忍陵神社の主祭神ともなっている。

多武峯縁起絵巻』には、鎌足が生まれたときにどこからか鎌をくわえた白い狐が現れ、生まれた子の足元に置いたため、その子を「鎌子」と名づけたと描かれている。この逸話にちなみ、談山神社では鎌をくわえた白狐のお守りが売られている。

墓処は定かではないが、『日本三代実録天安2年(858年)条には「多武峰墓を藤原鎌足の墓とし、十陵四墓の例に入れる」という記述があり、平安時代中頃の成立と見られる『多武峯略記』などに「最初は摂津国安威(現在の大阪府茨木市大織冠神社)に葬られたが、後に大和国の多武峯に改葬された」との説が見える。

なお、昭和9年(1934年)に大阪府茨木市大字安威阿武山古墳の発掘中に発見された埋葬人骨は藤原鎌足本人であるとする説も存在する。一方、『藤氏家伝』の記述に基づき、鎌足の墓は京都市山科区のどこかに存在するという説もある。その説に従えば、山科には「大塚」という地名があり、そこはかすかに盛り上がった地形であることから、そこであると推測できる。

2013年12月、関西学院大学の調査により、阿武山古墳で発見された棺に入っていた冠帽が、当時の最高級の技術で作られ、さらに金糸を織り込んだものである事が判明。日本書紀によれば、鎌足は死の直前に天智天皇から最上の冠位「大織冠」と大臣の位を贈られたとされており、この冠帽がそれではないかと考えられている[2]

系譜[編集]

父:中臣御食子、母:大伴智仙娘(大伴囓子の娘)の長子[3]

補注[編集]

  1. ^ 『藤氏家伝』には、崗本天皇(舒明天皇)即位時(629年)としている。更に『日本書紀』・『藤氏家伝』両方とも誤記による誤りとして後崗本天皇(皇極天皇即位時(同天皇元年・642年)とする説もある。
  2. ^ “藤原鎌足の墓説さらに強まる 阿武山古墳に最高級の冠帽”. 朝日新聞. (2013年12月10日). http://www.asahi.com/articles/OSK201312120174.html 2013年12月14日閲覧。 
  3. ^ 字「仲郎」(=2番目の男子)から史料に記載されていない兄がいた可能性を指摘する説がある。
  4. ^ 兄弟姉妹順についても未詳、『日本書紀』「天武天皇紀」より氷上娘は五百重娘の姉であることだけは判明。

関連作品[編集]

テレビドラマ
漫画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
(新設)
内臣
645 - 669
次代:
藤原房前