サトウハチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1954年

サトウ ハチロー1903年明治36年)5月23日 - 1973年昭和48年)11月13日)は、日本詩人童謡作詞家作家。本名は佐藤 八郎(さとう はちろう)。別名に、陸奥速男、山野三郎、玉川映二、星野貞志、清水操六、並木せんざなどがある。旧制早稲田中学校(現早稲田中学校・高等学校)中退。作家の佐藤愛子は異母妹にあたる。

リンゴの唄」の作詞者として知られる。

人物[編集]

母親への想いなどをうたった叙情的な作風で知られ、2万にもおよぶ詩のうち3千が母の関する詩である反面、私生活は放蕩、奇行が多かった(佐藤愛子の長編小説『血脈』に詳しい。なお、『血脈』によると、ハチローは小学生時代から不良少年で、実母に対しても愛情らしきものは示したことはなく、作品に表現されている「母親への想い」はフィクションだという)。父の故郷・青森県には一度しか訪れていない一方、母の故郷・仙台市への訪問は50回を越えている。

野球少年だった経験から、高校野球プロ野球に造詣が深く、野球少年を主人公にした少年向け小説や、野球に関する作詩などを行い、少年時代は阪神電車沿線に住んでいた事もあったのだが、中日ドラゴンズの熱烈なファンであり後援会の会長なども勤めた。

また「木曜会 (サトウハチロー)」を主宰、月刊誌『木曜手帖』を出し、門下からは、吉岡治宮中雲子名取和彦(詩人)、若谷和子、安藤晃子、宮田滋子などの詩人たちを数多く輩出した。

来歴[編集]

父は、作家の佐藤紅緑[1]。母・佐藤はるは、現・宮城県仙台市出身で、河北新報社の創業者(社主)の一力健治郎の義妹(一力の妻の妹)にあたる[1]。この両親の長男として、1903年(明治36年)5月23日、東京府東京市牛込区市谷薬王寺前町(現在の東京都新宿区市谷薬王寺町)に生まれる。中学に入学後、父が舞台女優の三笠万里子と同棲するようになり離婚、父への反発から中学を落第、退校、勘当、留置場入りを重ねる。

小笠原にいた頃のサトウハチロー
3少年の内の一人がサトウハチローといわれている。

感化院のあった小笠原諸島父島で父の弟子であった詩人の福士幸次郎と生活を共にし、影響を受ける。1919年大正8年)福士の紹介により西條八十に弟子入りして童謡を作り始め、数々の雑誌や読売新聞などに掲載される。その一方で今東光などが参加した同人誌『文党』や、草野心平宮沢賢治などが参加した同人誌『銅鑼』に参加する。1926年(大正15年)には処女詩集『爪色の雨』を出版。

1930年代からは童謡や詩だけにとどまらず、小説や映画の主題歌なども盛んに執筆する。1938年(昭和13年)には日本コロムビアと専属契約を交わす。第二次世界大戦が激しくなる中でも妻子を千葉県疎開させ、自身は東京に残って仕事を続けた。

1945年(昭和20年)8月6日広島市への原子爆弾投下によって弟の節を失った。節は広島中央放送局へ転勤する親友を見送ったが別れがたく、そのまま大阪駅から転勤先の広島までついて行き、被爆死した。ハチローは節を捜しに行き、宿屋跡も見つけたが、遺骨・遺品は一切見つからなかった[2]

同年8月15日終戦となり、戦後初めてとなる映画『そよかぜ』の挿入歌である「リンゴの唄」を作詞する。並木路子の歌により大流行し、連合国軍占領下の日本を象徴する歌となった。

1946年(昭和21年)から「東京タイムズ」でエッセイ「見たり聞いたりためしたり」の連載を始め、およそ10年の間、毎日連載された。また、同年の12月からNHKのラジオ番組『話の泉』のレギュラーとなり、1964年(昭和39年)まで出演した。1951年(昭和26年)から1年間は、NHKのラジオドラマ『ジロリンタン物語』の原作を執筆する。

1953年(昭和28年)童謡集『叱られ坊主』を出版し、翌年これにより第4回芸術選奨文部大臣賞を受賞。以後は童謡の詩作に専念し、1955年(昭和30年)「ちいさい秋みつけた」を作詞、1962年(昭和37年)レコード大賞童謡賞を受賞。1963年(昭和38年)NHK放送文化賞受賞。1966年(昭和41年)紫綬褒章受章。

勲三等瑞宝章を受章した1973年(昭和48年)に、心臓発作により死去。1967年(昭和42年)に就任した日本作詩家協会会長、1969年(昭和44年)に就任した日本童謡協会会長、1971年(昭和46年)に就任した日本音楽著作権協会会長の職は、死去するまで続けた。

作品紹介[編集]

主な作品[編集]

童謡に「ちいさい秋みつけた」 「かわいいかくれんぼ」 「うれしいひなまつり」(1936年{昭和11年}山野三郎名義)、「わらいかわせみに話すなよ」 「とんとんともだち」など。歌謡曲に「リンゴの唄」 「長崎の鐘」 「うちの女房にゃ髭がある」、軍歌「台湾沖の凱歌」や戦時歌謡「敵の炎」などの作品もある。他に校歌、CMソングなど多数の作品を発表。作家としては『ジロリンタン物語』に代表される児童文学作品やユーモア小説を多数著した。

童謡[編集]

詩集[編集]

  • 爪色の雨
  • いとしき泣きぼくろ
  • 僕等の詩集
  • 少年詩集
  • 少年詩歌集(編著)
  • 好きな人のうた
  • 友だちの歌
  • おかあさん
  • タムタム・ナムナム
  • 生活の唄
  • 美しきためいき
  • あすは君たちのもの
  • 愛を唄う
  • たっけだっけの歌
  • もずが枯木で
  • まっすぐに愛して
  • 悲しくもやさしくも
  • おかあさんその後の花束
  • ある日のうた
  • 母を唄う

小説[編集]

  • エンコの六
  • 赤い顔黒い顔
  • 父の顔母の顔

ユーモア小説[編集]

  • 男・女
  • 小唄と絵
  • 俺の故郷
  • 公園三人衆
  • 貧乏行進曲
  • 青春列車
  • 若者行進曲
  • 俺の仲間
  • 若い雨
  • 愉快な溜息
  • 青春街道
  • 青春音頭

少年少女小説[編集]

  • ユーモア艦隊
  • ムニャムニャ玉
  • おさらひ横町
  • 空は青いぞ
  • 子守唄倶楽部
  • 青春五人男
  • たんぽぽ倶楽部
  • 僕等の拍手
  • 三色菫(パンジー)組
  • 青空学校
  • ベレーの合唱
  • それから物語
  • 西遊記
  • おさらい横町
  • しくじり日記
  • あべこべ玉
  • 足なみ揃えて
  • 九人物語
  • 愉快な友だち
  • バットをにぎれば
  • 春を握る
  • ポロンポロン物語
  • げんまんものがたり
  • 本塁打(ホームラン)クラブ
  • トコちゃん物語
  • 青春相撲日記
  • 少年巨人軍
  • 少年野球夜話
  • とんとんクラブ
  • ぼくは中学一年生
  • チャア公四分の一代記
  • ガブダブ物語
  • 旗のない丘
  • 踊るドンモ
  • トコちゃんモコちゃん
  • あべこべ物語

随筆集[編集]

  • センチメンタル・キッス
  • 僕の東京地図(春陽堂文庫 1940年)
    • サトウハチロー―僕の東京地図 (ネット武蔵野 2005年) ISBN 978-4944237913
  • 見たり聞いたりためしたり (ロマンス社 1946年 のち 大陸書房 1982年)
  • サトウ・ハチロー随筆集―昨日も今日も明日も (草原書房 1947年)
  • 夢多き街―抒情詩と随筆 (草原書房 1947年)
  • 青春野球手帖 (石狩書房 1949年)
  • 野球談義
  • 僕の野球手帖(出野久万治との共著)
  • 青春風物詩―ハチロー半生記 (東成社 1952年)
  • サトウハチローの生活と意見
  • 落第坊主―サトウハチロー随筆集 (R出版 1971年)
    • サトウハチロー―落第坊主 (日本図書センター 1999年) ISBN 4820543377 ISBN-13 978-4820543374

歌謡曲[編集]

校歌[編集]

  • 広島県立尾道商業高等学校校歌(作詞)
  • 東村山市立大岱小学校校歌
  • 学校法人東京聖徳学園学園歌
  • 世田谷区立弦巻小学校校歌
  • 世田谷区立松丘小学校校歌
  • 千葉県立船橋高等学校校歌
  • 千葉県立国府台高等学校校歌
  • 八千代市立八千代台西小学校校歌(作詞)
  • 青梅市立第三小学校校歌
  • 荒川区立第七中学校校歌
  • 荒川区立第九中学校校歌
  • 川崎市立南百合丘小学校校歌
  • 川崎市立東菅小学校校歌
  • 北区立滝野川第四小学校校歌
  • 横浜市立東戸塚小学校校歌
  • 横須賀市立公郷小学校校歌(作詞)
  • 江戸川区立小松川第一中学校校歌(作詞)
  • 昭島市立拝島第一小学校校歌(作詞)
  • 学校法人同朋学園同朋高等学校校歌(作詞)
  • 蟹江町立学戸小学校校歌(作詞)
  • 蟹江町立新蟹江小学校校歌(作詞)
  • 蟹江町立蟹江小学校(作詞)
  • 蟹江町立須西小学校(作詞)
  • 蟹江町立舟入小学校(作詞) 
  • 船橋市立法典東小学校校歌(作詞)
  • 清瀬市立清瀬第三中学校校歌(作詞)
  • 白根市立庄瀬中学校校歌(作詞)(平成15年3月閉校)
  • 釜石市立八雲小学校(作詞) : 閉校(現双葉小学校)
  • 西尾市立中畑小学校(作詞)
  • 足立区立西新井第二小学校校歌(作詞)
  • 足立区立淵江第一小学校(作詞)
  • 足立区立島根小学校校歌(作詞)
  • 東大阪市立鴻池東小学校
  • 三重県四日市市立楠小学校(作詞) : 当時は楠町立)
  • 大網白里市立大網小学校校歌(作詞)
  • 岐阜市立加納小学校校歌(作詞)
  • 芦屋市立精道幼稚園園歌(作詞)
  • 東京都調布市染地小学校校歌(作詞)
  • 豊島区立文成小学校(作詞)
  • 東京都板橋区立板橋第二小学校(作詞)
  • 東京学芸大学附属追分小学校 (在:東大農学部前) (作詞) (現 東京学芸大学附属小金井小学校)
  • 東京都板橋区立常盤台小学校

教育用音楽[編集]

  • ライオン歯磨「くまの子りすの子」(歯磨体操用音楽「歯磨教練」の歌入り版を作詞)

市民歌[編集]

関連作品[編集]

サトウの人生はたびたびテレビドラマ化されており、1977年NHK少年ドラマシリーズ」の一作『叱られ人生』では少年時代(演 長谷川淳一)が、2005年のやはりNHKの「月曜ドラマシリーズ」の『ハチロー〜母の詩、父の詩〜』では壮年期の生涯が描写された。後者ではサトウハチロー役を唐沢寿明が演じた。

『叱られ人生』は加藤武が、『ハチロー~母の詩、父の詩~』では原田芳雄が父親、佐藤紅緑をそれぞれ演じた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐藤四郎(サトウハチローの次男、サトウハチロー記念館館長)「短すぎた? ハチローの70年」(第22回文化サロン 2006年10月19日)
  2. ^ 白井久夫著「幻の声〜NHK広島8月6日〜」

参考文献[編集]

  • うたうヒポポタマス サトウハチローの詩と人生 (宮中雲子 主婦の友社 1983年12月)
  • ぼくは浅草の不良少年 実録サトウ・ハチロー伝 (玉川しんめい 作品社 1991年7月)
  • サトウハチローものがたり (楠木しげお 教育出版センター 1995年7月)
  • サトウハチローのこころ (長田暁二ほか 佼成出版社 2002年10月)
  • サトウハチロー・ユーモア小説選20『みんなのホームラン』(岩崎書店、1979年)
  • 佐藤愛子『血脈』(文藝春秋)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]