河村光陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河村 光陽(かわむら こうよう、本名:河村直則、1897年8月23日 - 1946年12月24日)は、昭和期の戦前から戦中にかけて活躍した作曲家。長女は歌手の河村順子

経歴[編集]

1897年(明治30年)福岡県田川郡上野村(現・福智町)の裕福な地主の家に生まれる。小倉師範学校を卒業後、地元の小学校で音楽教師をしていたが、ロシア音楽、特に国民楽派に傾倒していた彼は、1920年モスクワでの音楽研究を夢見て朝鮮に渡った。しかし、当時のロシアは革命後の混乱期で、ゆっくり音楽の研究ができる状態ではなかったため、朝鮮にとどまり、師範学校や公立学校の音楽教師をして時を待った。

1924年帰国。東京音楽学校選科(現・東京芸術大学大学院)で、音楽理論などを学ぶ。1926年頃から自作曲の発表やピアノ伴奏者としての活動を始める。1929年から竹早小学校で音楽教師を務める傍らで、数多くの楽曲を発表。1931年に佐藤義美の難解な童謡詩「ほろほろ鳥」に曲をつけ、また1934年に佐藤作詞の「グッドバイ」を発表して世に認められた。

1936年キングレコードの専属作曲家となったのを機に河村光陽と改名。この年に発表した山野三郎作詞の「うれしいひなまつり」が大ヒット、翌1937年に武内俊子作詞の「かもめの水兵さん」と続く。武内俊子との「赤い帽子白い帽子」「りんごのひとりごと」「雨傘唐傘」「船頭さん」など後世に残るものを含め、千曲を越える童謡を発表。大半の楽曲は長女の順子歌唱によるレコードで発表された。

1940年の夏には、富山放送局の依頼で、指揮が光陽、長女の順子が歌唱、次女の陽子がピアノ、三女の博子がヴァイオリンという編成のファミリーコンサートを開催し、ラジオ放送もされている。(1938年以前から光陽は3人娘との演奏旅行を行なっていた)1946年12月24日、胃潰瘍による出血のために急死。

主な作曲曲[編集]

  • ほろほろ鳥(1931年)(作詞:佐藤義美)
  • グッドバイ(1934年)(作詞:佐藤義美)
  • うれしいひなまつり(1936年)(作詞:山野三郎(サトウハチローの変名))
  • かもめの水兵さん(1937年)(作詞:武内俊子)
  • 赤い帽子白い帽子(1937年)(作詞:武内俊子)
  • 早起き時計(1937年)(作詞:富原薫
  • 仲良し小道(1939年)(作詞:三苫やすし(河村光陽と同郷))
  • りんごのひとりごと(1940年)(作詞:武内俊子)
  • 船頭さん(1941年)(作詞:武内俊子)
  • 雨傘唐傘(作詞:武内俊子)