桃太郎 海の神兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桃太郎 海の神兵
『桃太郎 海の神兵』の一場面
脚本 瀬尾光世
音楽 古関裕而・大東亜交響楽団
撮影 瀬尾光世
製作会社 松竹動画研究所
配給 松竹映画
公開 日本の旗 1945年4月12日
上映時間 74分(9巻)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 270,000円
前作 桃太郎の海鷲
テンプレートを表示
『桃太郎 海の神兵』の一場面

桃太郎 海の神兵』(ももたろう うみのしんぺい)は、日本海軍省より国策アニメ映画製作の命を受け1944年松竹動画研究所によって製作され、戦時下の1945年4月12日に公開された長編アニメ(白黒、74分)でフィルムは9巻。

概要[編集]

日本初の長編アニメーション映画『桃太郎の海鷲』(1943年)の姉妹編である。南方戦線のセレベス島メナドへの日本海軍の奇襲作戦を題材に海軍陸戦隊落下傘部隊の活躍を描き、当時の日本政府の大義であった「八紘一宇」と「アジア解放」を主題にした大作である。74分という当時の国産アニメとしては長編作品であり、当時の日本政府、海軍より270,000円という巨費と100名近い人員を投じて制作されたという。落下傘部隊のシーンは、1週間の体験入隊を行うなどして実際の動きを細かく分析、マルチプレーン撮影台や透過光などの特殊効果も用いた大掛かりな制作であった(特に透過光の使用は世界初であるとも言われている)。

ミュージカル仕立ての場面があり、これは監督である瀬尾光世が、1940年にアメリカで公開されたディズニーの長編カラーアニメーション映画『ファンタジア』(日本軍が戦地で没収したフィルムを、海軍省を通じて見る機会を得た。日本での公開は戦後になってから)を参考とし、たとえ戦意高揚が目的であっても『ファンタジア』のように子供たちに夢や希望を与えるような作品にしようとしたことや、姉妹編である『桃太郎の海鷲』と同様に平和への願いを作品中に暗示させたことが大きく影響している。

松竹動画研究所の制作スタジオは東京・銀座歌舞伎座隣のビルに設けられ、ひとつのキャラクターに一人のアニメーターが専従するという、今日では考えられないような贅沢な作画体制がとられた(作画スタッフ、木村一郎の談話より)。1943年3月に企画が立ち上がり、取材を経て製作が開始されたが、次第に戦況は悪化の一途をたどり、若いスタッフは次々と徴兵、徴用されて減っていった。その上、スタジオでは空襲警報が鳴る度に機材、動画などを持って地下へ避難し、警報解除後にまた作業を再開するなど非常に困難な状況の連続で、一時は公開も危ぶまれたという。また物資不足も深刻で、国策映画といえども製作に必要な資材の調達がままならなくなり、質の悪いザラ紙の動画用紙は利用が終わると消して新たな動画を描き、セルも絵具を洗い落として再使用するなどの大変劣悪な制作環境のもと、1944年12月に完成した。当初70名近くいたアニメーターは、完成時には15名ほどに減っていた。完成はしたものの、悲愴なシーンや軍機に触れると判断されるシーンなどに対して海軍省からクレームがつき、指摘部分の修正に手間取った末、ようやく翌年1945年の春に公開出来たと瀬尾は語っている。

手塚治虫は、封切り初日に大阪松竹座でこの作品を観ている。封切当時、彼は大阪帝国大学附属医学専門部の学生で、この日は勤労動員の休日だった。手塚は当時、海軍の意図した戦意高揚の演出中に隠された希望や平和への願いを解し、甚く感動し涙を流したと後に語っている。そうしていつかアニメーションを自分の手で作りたいという決意を持ったとされる.手塚の漫画作品の代表作の一つである「ジャングル大帝」、およびその後に念願叶って設立したアニメーション制作会社である虫プロダクションによる日本初のカラーのテレビアニメシリーズ『ジャングル大帝,1965年、虫プロダクション』の中で動物たちに言葉を教えるシーンがあり,そこで使われた「アイウエオの歌」(作曲:冨田勳)は、本作品の1シーンのオマージュである。

敗戦後、フィルムはGHQにより戦意喪失目的で没収・焼却されたと思われていたが、1982年に松竹の倉庫でネガが発見され、再び陽の目を見た。新たに作られた上映用プリントは、国立近代美術館フィルムセンターで瀬尾光世を招いて上映され、その後『くもとちゅうりっぷ』との2本立てで、松竹系映画館などで一般公開された。(テレビで映画を放送した際に,瀬尾と手塚の対談が組まれたりもした)。

オリジナルの全長版では、終盤の占領時にアメリカ製漫画映画のキャラクターにそっくりな敵兵が登場するシーンがあるが、上記一般公開時のプリントではカットされている。再公開後、『くもとちゅうりっぷ』を併録したVHSビデオソフトが松竹から発売された。

あらすじ[編集]

富士山のふもとにある動物たちが住む村に海軍に出征していた[1]が休暇で帰ってくる。思い思いに休暇を楽しむ彼らのうち、猿は弟を含む近所の子供たちから海軍の仕事について聞かれると航空兵であると語るがそれは嘘で実際は猿と犬、熊は極秘で編成された海軍陸戦隊落下傘部隊であった。やがて休暇が終わり彼らは海軍設営隊と現地民が協力して建設した飛行場に赴き現地民に日本語を教える傍ら桃太郎隊長と共に訓練に明け暮れる。やがてかつて平和な島だったが鬼のだまし討ちにより征服された『鬼ヶ島』への空挺作戦が発動される。

スタッフ[編集]

  • 演出・脚本・撮影:瀬尾光世
  • 構成:熊木喜一郎
  • 動画:桑田良太郎、高木一郎、小幡俊治、木村一郎
  • 美術構成、背景:黒崎義介、田中武重
  • 影絵:政岡憲三
  • 音楽:古関裕而
  • 作詞:サトウハチロー
  • 演奏:大東亜交響楽団、松竹軽音楽団
  • 合唱:ニッチク合唱団
  • 後援:海軍省
  • 指導:大本営海軍報道部
  • 製作:松竹動画研究所

脚注[編集]

  1. ^ 本来は金太郎のキャラクターであり、帰郷シーンで金太郎に相撲で負ける人形を見て驚くシーンがある

関連項目[編集]

本作と同じく桃太郎をモチーフにしたアニメで、同様に金太郎のネタが混ざっている。

外部リンク[編集]