瀬尾光世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

瀬尾 光世(せおみつよ、1911年9月26日 - 2010年8月24日)は、日本アニメーション作家絵本作家。本名、瀬尾徳一。兵庫県姫路市出身。日本初の長編アニメ『桃太郎 海の神兵』の監督として知られる。

画家になることを志望して上京するが、アルバイトでアニメ映画の制作に携わった。それを切っ掛けに「正岡映画」主宰の政岡憲三に師事。「日本漫画フィルム」製作の映画『お猿の三吉』(1933~36年)では戦地を舞台に愛らしいキャラクターが活躍することで人気となり、シリーズ化された。また、日本プロレタリア映画同盟に所属した[1]

一年後に政岡から独立し自身のアニメスタジオ「瀬尾発声漫画」を設け、映画『のらくろ』シリーズ(1935~38年)などの演出や作画を手掛けた。戦時下の末期に公開された『桃太郎海の神兵』では、監督・脚本・演出を手掛けた。この時代の国産アニメとしては74分という長編の映画作品で、透過光などの特殊効果の技法も用いた。

1949年の『王様のしっぽ』を最後に、資金難や意欲の低下などの理由により、アニメ制作から身を引いた。それ以後の活動は「瀬尾光男」や「せお・たろう」のペンネームで絵本作家へ転向した。

2010年8月24日死去[2]

代表作品[編集]

東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵のフィルムによる [3]

脚注[編集]

  1. ^ 日本アニメクラシックコレクション [DVD4巻セット 第三巻 解説 佐藤忠男
  2. ^ 小原篤のアニマゲ丼 喪失を抱きしめて - 朝日新聞
  3. ^ 日本アニメーション映画史(第19ページ目からの記事)

関連項目[編集]