悲しくてやりきれない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲しくてやりきれない
ザ・フォーク・クルセダーズシングル
収録アルバム 紀元貳阡年
B面 コブのない駱駝
リリース 1968年3月21日
ジャンル J-POP
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 作詞:サトウハチロー
作曲:加藤和彦
ザ・フォーク・クルセダーズ シングル 年表
帰って来たヨッパライ
(1967年)
悲しくてやりきれない
(1968年)
水虫の唄
(1968年)
テンプレートを表示

悲しくてやりきれない」(かなしくてやりきれない)は、ザ・フォーク・クルセダーズの2枚目のシングルの表題曲。1968年3月21日に東芝音楽工業 (キャピトル・レーベル) から発売。

解説[編集]

2枚目のシングル曲として予定されていた「イムジン河」が発売自粛となったため、それに代わる曲として制作された。加藤和彦が「イムジン河」のコードを反対からつなげて作ったとされる[1]。当時パシフィック音楽出版(現フジパシフィック音楽出版)会長だった石田達郎から「イムジン河」に代わる新曲を急遽作曲するよう強要され、会長室に3時間缶詰にされたときに作ったものである[2] 。加藤曰く「最初はいろいろとウイスキーだとかを物色していたが、残りわずかという時間になって、そろそろつくらにゃ、という気持ちで譜面に向かった。「イムジン河」のメロディを逆に辿っているうちに、新たなメロディがひらめいた、実質的には15分ほどでできた」としている。

ただし、「「イムジン河」のコードを反対からつなげて作った」という点に関して加藤本人は否定している[2]。これに関してはTV番組[3] で、加藤本人が「某放送局の社長室みないなところに、ギターだけ渡され、3時間で作曲を依頼され、部屋に鍵をかけられて軟禁状態だった(笑)。アイデアも湧かず1時間が過ぎ、とりあえず、イムジン河のメロディーを譜面に書き、音符を逆に辿ってみたところ、モチーフが出てきて、ギターで10分間ほどで作曲した。」と、語っている。さらに「その出来立ての曲を持って、そのままサトウハチロー宅へタクシーで向かった。本人とは初対面だったが、とくに曲の打合せはしなかった。1週間ほどで詞が自宅へ送られてきた。歌詞を見ると『悲しくてやりきれない』…。こんな詞で、いいんだろうかと思ったが、歌ってみると、曲に語句がぴたっと合っていて驚いた」と告白している。

B面の「コブのない駱駝」は後に作詞家としても大成する北山修の初の作詞曲である。また、ビートルズの影響を受けた加藤がわざわざシタールをスタジオに持ち込み演奏、イントロでその音が聞ける。

収録曲[編集]

  1. 悲しくてやりきれない
  2. コブのない駱駝

作品への起用[編集]

1992年の山田太一脚本のドラマ『悲しくてやりきれない』(TBS)の主題歌としておおたか静流の曲が使われている。

2004年の井筒和幸監督製作の映画『パッチギ!』では、「イムジン河」や同曲などの音楽が、物語のテーマの根幹を成している。

2003年度下半期のNHK連続テレビ小説てるてる家族』(NHK大阪放送局製作)の第122話で、「青年は荒野をめざす」とともに使用された。

カバーしたアーティスト等[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

その他[編集]

通販CD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 驚きももの木20世紀』テレビ朝日
  2. ^ a b Musicman-NET Musicman's RELAY 第71回 加藤和彦氏
  3. ^ 加藤和彦 「悲しくてやりきれない」を語る