はしだのりひこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はしだ のりひこ
基本情報
出生名 端田 宣彦
出生 1945年1月7日(69歳)
学歴 同志社大学神学部卒業
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル フォークソング
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
活動期間 1964年 -
共同作業者 ドゥーディ・ランブラーズ
ザ・フォーク・クルセダーズ
はしだのりひことシューベルツ
はしだのりひことマーガレッツ
はしだのりひことクライマックス
はしだのりひことエンドレス

はしだ のりひこ(本名:端田宣彦、1945年1月7日 - )は日本のシンガーソングライターフォークシンガー京都府京都市生まれ。同志社高等学校同志社大学神学部卒業。身長163cm。

活動[編集]

1964年にドゥーディ・ランブラーズの一員としてデビューした後、加藤和彦に請われて1968年ザ・フォーク・クルセダーズの一員として参加する。フォーク・クルセダーズが1968年10月に解散した後、「はしだのりひことシューベルツ」や「はしだのりひことクライマックス」「はしだのりひことエンドレス」のリーダーを務め、ソロに転向。

ドゥーディ・ランブラーズ[編集]

同志社大学の学生であった藤原洪太、田平義昭、端田宣彦らによって1964年に結成された。1967年6月にクラウンレコードから「真っ赤なリボンとおさげのあの娘/戦いは一度でいい」を発表。「戦いは一度でいい」は歌詞が全編英語で作られている。

ザ・フォーク・クルセダーズ[編集]

  • 「何のために」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦)は、レコード未発表のはしだのオリジナル曲に、北山が新たな歌詞をつけたもの。
  • フォーク・クルセダーズの代表曲「帰って来たヨッパライ」ははしだのフォークル加入以前に制作された曲であるため参加していないがステージでは彼の持ち歌となっていた。

はしだのりひことシューベルツ[編集]

「シューベルツ」とはシューベルトと“Shoe Belts”(靴のひも)をひっかけたもの。メンバーは、はしだのりひこ、越智友嗣杉田二郎井上博

」(1969年)が最大のヒット作品。この名前ではかなりの作品数を発表した。 続く「さすらい人の子守唄」で『夜のヒットスタジオ』に出演した時は、バックのイメージ映像が映されないという放送事故が起きた。

ベースの井上博の死去により解散。

はしだのりひことマーガレッツ[編集]

少女たちを従えたマーガレッツを結成し、中津川フォークジャンボリーで演奏。テレビにも出演したが、レコードの発表には至っていない。

はしだのりひことクライマックス[編集]

メンバーは、はしだのりひこ、藤沢ミエ中嶋陽二坂庭省悟

1971年に「花嫁」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦 坂庭省悟 編曲・青木望)/B面「この道」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦 編曲・青木望)が大ヒットし、この年の第22回NHK紅白歌合戦にも出演。他に2枚目のシングル「ふたりだけの旅」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦 編曲・青木望)/B面「青空をつかまえよう」(作詞・北山修 作曲・中島陽二 編曲・青木望)がスマッシュ・ヒット。3枚目「この胸に」(作詞・安井かずみ 作曲・端田宣彦 中島陽二 編曲・青木望)/B面「忘れられないの」(作詞・北山修 作曲・中島陽二 編曲・青木望)、4枚目「沈黙」(作詞・端田省洋 作曲・端田宣彦 編曲・青木望)/B面「愛のポエム」(作詞・ドン・パック/落合恵子 作曲・中島陽二 編曲・青木望)がリリースされた。スタジオ録音アルバムは製作途中で頓挫し、ライブアルバムが1枚残されただけであった。また、シングルリリースを予定していた「戦争は知らない」や、LP用の「嫁ぐ日」などが、録音されながらも、現在まで30年以上も公式に音盤化されずに、幻となっている。制作途上で解散した事やメンバーの死去もあり公式発表はまず不可能に近い。

はしだのりひことエンドレス[編集]

  • メンバーは、はしだのりひこ、林竹洋子和泉常寛北村謙(病気のため途中脱退)。千田雄一や、水城英明が在籍した時期も有り。
  • 「嫁ぐ日」が水平ヒットとなる。テレビ番組『凡児の娘をよろしく』(関西テレビ制作・フジテレビ系列)のテーマ曲として長く愛された。
  • 「はしだのりひことシューベルツ」「はしだのりひことクライマックス」はメンバー四人のグループ名であり、シューベルツ、クライマックスのみでもメンバー全員のことを指したが、エンドレスは、はしだのりひこ以外のメンバーがエンドレスであることが明言されているが、エンドレス単体での活動は行っていない。
  • エンドレスは、「嫁ぐ日/霜の音」の他にシングル「時は魔法使い/海はきらいさ」「初恋物語/青春は涙の旅」「ひとり/明日の色は」LP『はしだのりひことエンドレスVol1』をリリースするが、大ヒット曲のないまま、解散を迎えた。
  • カゴメトマトケチャップのCMソング「赤いキッス」(作詞・阿久悠、作曲・小林亜星)を歌っている。
  • リードヴォーカルを務めた林竹洋子は解散後、広島県山口県を拠点としてソロ歌手・ローカルタレントとして活動し、現在は柏村武昭夫人である。柏村と林竹はRCCラジオの『サテライトNo.1』で共演していた。
    • 『サテライトNo.1』の企画で制作された林竹のソロシングル「青春ジェネレーション」(作詞・石川良)/B面「生きているのに」(作詞・永六輔)では両曲の作曲をはしだのりひこ、編曲を和泉常寛が務めた(発売:東芝EMI)。

その後[編集]

ソロ活動を開始。フォークルファミリーとは長らく没交渉に近いが、2001年にドリーミュージックから出したミニアルバムのライナーノーツには北山修が寄稿している。

並行して妻の看病に専念したとされる時期もあったことから「主夫」としての活動が話題になったこともあり、現在ではその方面での法人団体にも関与している。主夫としての体験記を雑誌に連載し、これが後に『おとうさんゴハンまーだ』という本にまとめられ、『風のアルペジオ』の題で映画化された。娘は舞台女優の端田新菜。

作品[編集]

著書[編集]

などのエッセイがある。

ディスコグラフィ(ソロ活動)[編集]

  • 祇園の鳥居 / かもめ
  • 町の灯 / 父さん
  • 若い旅人
  • 嫁っこは、いねえか
  • 風の行方
  • へんてこりんロック / 星がみつめてる(ふしぎ犬トントン主題歌)

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]