長崎の鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長崎の鐘(ながさきのかね)は、永井隆が執筆した随筆。

作品は1946年(昭和21年)8月には書き上げられていたが、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の検閲によりすぐには出版の許可が下りず、GHQ側から日本軍によるマニラ大虐殺の記録集である『マニラの悲劇』との合本とすることを条件に、1949年(昭和24年)1月、日比谷出版社から出版され、紙不足の当時としては空前のベストセラーとなった。

同年7月にサトウハチロー作詞・古関裕而作曲で同書をモチーフとした歌謡曲が発売されて大ヒットし、翌1950年(昭和25年)には松竹により映画化された。

歌謡曲[編集]

長崎の鐘
藤山一郎シングル
リリース 1949年7月1日
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 サトウ・ハチロー(作詞)
古関裕而(作曲)
テンプレートを表示

藤山一郎の楽曲。作詞・サトウハチロー、作曲・古関裕而1949年(昭和24年)7月1日コロムビアレコードから発売された。

概要[編集]

本作品発売の2ヶ月後、永井一家と交流のあった植本一雄の作詞・作曲による藤原義江の歌謡曲が同タイトルで発表されている。古関版「長崎の鐘」は、ソプラノ歌手藍川由美の「古関裕而歌曲集」にも収録されている(同CDには、永井博士の短歌に古関が曲をつけた「新しき朝の」も収録されている。元々その短歌は、「長崎の鐘」を聴いて感動した永井が詠み、古関・サトウ・藤山に贈った歌であった。藤山は自分の作曲による「新しき朝」を「長崎の鐘」に続けてステージで歌っており、古関版の「新しき朝」は藍川のCDが初録音となった)。なお、古関版「長崎の鐘」の歌詞には、原爆を直接描写した部分は全くない(当時の米軍の検閲をはばかったものと思われる)。

藤山は1951年(昭和26年)1月3日放送のNHK第1回NHK紅白歌合戦』で本曲を歌唱し白組トリおよび大トリを務めた。紅白ではその後も1964年(昭和39年)・第15回1973年(昭和48年)・第24回(特別出演)、1979年(昭和54年)・第30回(特別出演、メドレーの2曲目で歌唱)の3回歌唱された。

「長崎の鐘」の吹き込みは最初、池真理子で行おうとレコード会社は考えていたが、歌詞を見た池は「『長崎の鐘』は永井隆博士のご心境を歌ったものであるから、男の人が歌うべき。」と思い、尊敬していた藤山一郎へ吹き込みを切望し、会社側を説得。自身は母の気持ちを歌ったB面「いとし吾が子」を吹き込んだ。

ヒットの要因[編集]

サトウハチローの詞は単に長崎だけではなく、戦災を受けた全ての受難者に対する鎮魂歌であり、打ちひしがれた人々のために再起を願った詞である。古関裕而が作曲し、藤山一郎が優秀な音楽技術で格調高く美しく歌い上げた。なお、ハチローの弟も広島の原爆の犠牲者となっている。

レコーディングには逸話が残っている。1949年4月4日のレコーディング当日、藤山は国内のスケジュールの疲労から体調を崩し40度近い高熱を出し苦しみ、吹込みは後日ということになったが、式場隆三郎博士と山下清画伯ら関係者がすでにコロムビアのスタジオに来ているということを聞き、妻の運転する車でスタジオに向った。再吹込みする条件で録音したが、藤山一郎の絶唱がスタッフ・関係者一同の感動を呼び、再吹き込みを経ることなくそのまま発売された。

映画[編集]

長崎の鐘
監督 大庭秀雄
脚本 新藤兼人
光畑硯郎
橋田壽賀子
製作 小倉武志
出演者 若原雅夫
月丘夢路
音楽 古関裕而
主題歌 藤山一郎「長崎の鐘」
池真理子「いとし吾が子」
撮影 生方敏夫
編集 杉原よ志
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1950年9月23日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

長崎の鐘』(ながさきのかね)は、1950年(昭和25年)9月23日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は大庭秀雄モノクロスタンダード、94分。

戦後、日本人によって原爆を取り扱った劇映画第1号である。GHQによる検閲の為、原爆及び被爆状況等について真正面から取り上げる事が出来ず、永井隆博士の生涯を描いた作品という形で製作された。

スタッフ
キャスト

浦上天主堂の鐘[編集]

平和公園のモニュメント[編集]

1977年(被爆から33回忌にあたる)につくられた、軍需工場で働いていた人々の慰霊のためのモニュメントである。被爆地となった浦上には当時いくつもの軍需工場があり、そこで働いていた学生など多くの人々が原爆によって亡くなった。

その他関連事項[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]