橋田壽賀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
橋田 壽賀子
プロフィール
誕生日 1925年5月10日(88歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市西区
(旧京城府生まれ)
主な作品
テレビドラマ 愛と死をみつめて
おんな太閤記
おしん
春日局
渡る世間は鬼ばかり』など
受賞
NHK放送文化大賞(1979年
菊池寛賞1984年
モンブラン国際文化大賞(2000年)など
その他
橋田賞」創設者
紫綬褒章1988年)、
勲三等瑞宝章2004年)受章

橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年5月10日 - )は、日本の脚本家劇作家である。京城府(現・ソウル)生まれ、大阪府堺市西区出身。本名:岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)。旧姓:橋田。

来歴・人物[編集]

日本統治時代の京城(現ソウル)で1925年(大正14年)に生まれた、旧外地生まれの日本人。勉学のため帰国するまでの9年間を朝鮮で過ごした。大阪府立堺高等女學校(現・大阪府立泉陽高等学校)、日本女子大学文学部国文学科卒業(卒業論文は「新古今和歌集における<つ>と<ね>の研究」)、早稲田大学第二文学部演劇専修中退。

早稲田大学在学中には学生劇団「小羊座」に入って役者をしたり、久板栄二郎の脚本塾に通って演劇の執筆を始めた[1]

1949年、松竹に入社して脚本部所属となり、松竹最初の女性社員となった。最初の脚本の仕事は1950年公開の映画「長崎の鐘」(監督:大庭秀雄)における新藤兼人の手伝いであった[1]。単独で最初に書いたのは1952年公開の映画「郷愁」(監督:岩間鶴夫、主演:岸惠子[2]

1959年、秘書への異動を提示されたのを機に松竹を退職し、独立作家となる。ただし、それから3年間ほどはテレビ局へ原稿を売り込みに行っても採用されなかったため、小説や漫画の原作を書くなどしていた[2]

1966年5月10日(41歳の誕生日・TBS創立記念日)に岩崎嘉一(当時TBSプロデューサー)と結婚。1989年9月、死別。

1992年、亡夫の岩崎の遺産などを元手に橋田文化財団を設立。理事長に就任し、橋田賞を創設した。

現在は静岡県熱海市柴犬の「さくら」と暮らす。『生活ほっとモーニング』に登場。

ドラマの特徴[編集]

大衆に受け入れられてこそ価値のある作品であるという信念のもと、数多くのヒットを飛ばした。『おしん』(1983年 - 1984年 NHK)、『春日局』(1989年 NHK)、『渡る世間は鬼ばかり』(1990年 - 2011年 TBS)など、後世に残る作品を数多く残している。

NHKやTBSで制作される作品を担当する事が多い(テレビ東京での仕事は全くないが、これは同局がドラマをほとんど放映しない事も原因している)。

セリフ[編集]

橋田脚本は台詞が長く、台詞を演出家や俳優が変えることを許さないことで有名である。主役級の泉ピン子は、「自分の台詞が台本1ページもある」と語った。助詞(いわゆる「てにをは」)一字の言い間違いすらも許されず、アドリブも一切禁止と言われている。これは松竹時代、担当した映画の脚本で作成した台詞を、監督から「映画は絵で見せるものだからもっと短くしろ」と言われたり、俳優達が台詞を勝手に削ったりしたことからくる映画への反発・怨念によるもので、「映像なんて信じていない」ということが信念から来るものである[3]

担当脚本の作品では、もはや死語となったような上品な表現の台詞が多く発せられる。主なものに「作る」というところを必ず「拵える(こしらえる)」と言わせる、「味噌汁」を「御御御付(おみおつけ)」と言い換える、「~していただく」や「~させていただく」などの謙譲語を多用する等がある。これは、「長幼の序をはっきりさせ、きれいな日本語をテレビだけでも使いたい」という思いによるものである[3]

「主婦が家事をしながらでも、テレビ画面を見ることなく台詞のみで話の筋が分かるように配慮している」とインタビューなどで述べている[3]

橋田ファミリー[編集]

橋田脚本のドラマには、森光子赤木春恵山岡久乃泉ピン子などいわゆる橋田ファミリーに属する俳優が頻繁に起用される。ベテランの役者が多く、橋田ドラマで鍛えられているため台詞や演技力は高いが、一方で橋田ドラマ以外では余り目にすることが無い役者も多い。

ただ「橋田ファミリー」のみでドラマを制作することには無論限界があり、また「橋田ファミリー」内でもドラマの主人公を演じられる俳優は限られているため、乙羽信子八千草薫池内淳子佐久間良子また橋田の盟友石井ふく子と共に高く評価していた三田佳子大原麗子、石井ふく子親子と二代に渡り交流のあった杉村春子昭和の名優・山村聰などの有名女優陣・俳優陣が主役、準主役、或いは「特別出演」などの形で招かれて度々出演している。また男性俳優では丹波哲郎小林桂樹などが重要な役どころで出演している。伊東四朗とも親交がある。橋田が俳優として努力する様子に感じ入ったというガッツ石松も橋田作品では良い役を与えられて幾度となく出演している。イケメン美女美少女を登場させる場合、ジャニーズ事務所石原プロモーションオスカープロモーションからの出演が目立つことも橋田ドラマの特徴である。

そして、多くの橋田作品のプロデューサーを務める石井ふく子と橋田は公私ともに親しく、橋田は「石井さんには(石井プロデュースではない作品でも)何でも相談する」と公言していること、橋田のお気に入り俳優の大半が石井ふく子の紹介によるもの、「橋田ファミリー」の俳優陣が同様に石井プロデュース作品の常連でもあることなどから石井ファミリーとも称され、石井が話題の中心になる場合に用いられる。

テレビ出演[編集]

1990年代後半、その独特の風貌(加藤浩次からミニラと呼ばれた)・キャラクター・物言いが女子高校生などに受け、改編期に橋田出演の旅番組が制作されたり、『森田一義アワー笑っていいとも!』(1998年 - 2001年)などレギュラー番組を多数抱えた、スガコブームと呼ばれた時期があった。しかし、相手が話しているのを遮って突然喋り始めたりするなどバラエティ番組に不向きな性格だったことが次第に明らかになり、ブームは去る。橋田本人は話好き・目立ちたがり屋と公言しており、現在も声がかかれば積極的に出演していることから、メディアへの露出は、他の著名脚本家と比べると群を抜いて多い。特にTBSへは自身の番組宣伝も兼ね、期首期末特番『オールスター感謝祭』などに頻繁に出演している。また、公私共に親しい泉ピン子と一緒に出演することも多い。

その他の活動[編集]

自らの作品を題材にした「おしん音頭」、「渡鬼音頭」で作詞を手がけるが、両曲とも作品の雰囲気から大きく逸脱しているとして物議を醸した。

備考[編集]

女学校時代には文章が苦手であった。その当時、兵隊への慰問文がコンクールで入賞したことがあったが、それは母が彼女の名前を使って書いたものであった[1]

晩年の岩崎嘉一と、別荘地として知られる「熱海自然郷」で暮らす。現在でも東京~熱海間を往復している。同所は急峻な玄岳の頂上付近にあり、自動車を自ら運転して往復している。

来宮神社の氏子としても知られ、当地熱海市上多賀・同西山町の賛同する付近の民芸品店等には、橋田ドラマの掲示が数多く掲げられている。また、毎年節分に来宮神社で開催される豆まきには、20年以上参加している。自宅は相模湾沿いから比較的近く、地元から手伝いに訪問する同年代のファンも多い。池畑慎之介(ピーター)の別荘が近くにある。

離婚が多くなったことについて、「結婚に男女平等はありえない」「若い人たちが相手に何かを求めすぎている」「女性にとって結婚というのは尽くすことだと思う」と苦言を呈している。また、夫・岩崎から「どんなことがあっても、俺の前で脚本を執筆するな」と言われ、主婦業に手を抜かず、岩崎が寝ているときや不在のときに執筆活動していた。これを岩崎が死去するまで徹底的に守り通したという[4]

主な作品[編集]

ドラマ[編集]

以下は「橋田壽賀子スペシャル」の冠が付く作品。

映画[編集]

著書[編集]

  • 橋田壽賀子と素敵な24人(1989年:家の光協会)
  • 渡る世間に鬼千匹(1997年:PHP研究所
  • 渡る世間は… 橋田壽賀子・石井ふく子対談エッセイ(2001年:ワニマガジン
  • ひとりが、いちばん! 頼らず、期待せず、ワガママに(2003年:大和書房

バラエティ[編集]

受賞・受章[編集]

橋田壽賀子を演じた女優[編集]

  • 岸本加世子 - 橋田壽賀子ドラマスペシャル 妻が夫をおくるとき(TBS:2012年7月23日)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 時代を駆ける:橋田壽賀子/3 学生劇団経て、脚本家へ [リンク切れ] - 毎日新聞
  2. ^ a b 時代を駆ける:橋田壽賀子/4 転機になった出会い [リンク切れ] - 毎日新聞
  3. ^ a b c 時代を駆ける:橋田壽賀子/5 長ゼリフは映像への怨念”. 毎日新聞 (2010年10月30日). 2010年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月30日閲覧。
  4. ^ 2008年11月12日放送テレビ朝日ワイド!スクランブル」のコーナー「山本晋也の人間一滴」の山本晋也との対談より。

外部リンク[編集]