加藤みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かとう みどり
加藤 みどり
本名 伊藤 みどり
(いとう みどり)
生年月日 1939年11月15日(74歳)
出生地 日本の旗日本東京府
民族 日本人
血液型 O型
ジャンル 女優
声優
ナレーター
活動期間 1964年 -
主な作品
テレビアニメ
おそ松くん』(松野おそ松)
魔法使いサリー』(花村よし子)
サザエさん』(フグ田サザエ
ナレーション
大改造!!劇的ビフォーアフター

加藤 みどり(かとう みどり、1939年11月15日 - )は、日本女優声優ナレーターである。

来歴・人物[編集]

東京府(現:東京都)生まれ。東京都立豊多摩高等学校を経て、松竹音楽舞踊学校を卒業後、松竹歌劇団13期生として入団する。同期に倍賞千恵子榊ひろみらがいる。退団後、劇団河東京俳優生活協同組合シグマ・セブン1993年 - 2002年)などに所属。現在は個人事務所を持ち、フリーで活動している。

代表作に『サザエさん』のフグ田サザエ役、『魔法使いサリー』の花村よし子役などがある。2000年代以降ではテレビ番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』のナレーションを担当している。名文句ともなった「なんということでしょう」は視聴者に非常に強いインパクトを与え、番組タイトルの「ビフォーアフター」という言葉が2003年新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた際には番組代表として授賞式に出席した。

『サザエさん』の原作者である長谷川町子と会ったのは長谷川町子美術館の開館記念のイベントの時のみで、ほんの短時間だけとのことである。

元々は女優としてデビューしており、テレビドラマ舞台にたびたび出演していた。当時は、劇団に所属する俳優や女優が仕事の少ない時期に、洋画アニメ吹き替えをして生計の足しにすることが多くあった。加藤はあまり重く考えず『サザエさん』のオーディションを受けたが、その声とサザエのキャラクターが見事にマッチングし、他の声優では考えられないと制作側は歓喜したという。そして、制作側から「絶対にあなた(加藤)の代表作になる。『サザエさん』だけで十分やっていけるほどの待遇を考えるから、他の吹き替えも女優業も出来るだけセーブして欲しい」と説得されたという。それ以降、加藤は『サザエさん』を仕事の主軸にし、他の仕事を極力減らした。時々テレビ番組に出演することはあるが、その多くは『サザエさん』関係で出演するものである。

2009年11月15日には、実写版『サザエさん』に波平の勤務先の女性社員役としてゲスト出演している。偶然にも放送日が加藤の70歳の誕生日であったため、エンドクレジットの「加藤みどり」の名前の横にバースデーケーキの絵が描かれるという粋な演出がされた。同作出演に際し、加藤は「45年ぶりのドラマ出演」と発言している(実際は1970年代1980年代に出演作品がある)。その後の続編にもゲスト出演し、登場人物と絡んでいる。

競馬ファンとして知られており、ラジオNIKKEIの『中央競馬実況中継』には前々身の日本短波放送時代から度々ゲスト出演している。また、1970年代には『ザ・ロンゲストショー』(東京12チャンネル)枠内で放送されていた「土曜競馬中継」にも出演したことがあり、現在でも中央競馬のローカル開催の際の地元テレビ局競馬中継にゲストとして出演することがある。

2012年10月、「秋の園遊会」に招待され、天皇皇后と会話する機会があった。招待客の方から皇族に話しかけることは止められているが、声を出さなければ誰なのか分からないのでないかと考え、「サザエでございます」と自身から話し始めたところ、天皇は「一家で『サザエさん』を見ている」と答えた[1]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

※太字は主人公、メインキャラクター

1964年

1966年

1967年

1968年

1969年

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ番組ほか[編集]

ほか多数

ナレーション[編集]

歌曲・CD[編集]

著書[編集]

  • 競馬狂本(波書房、1977年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉田&松本 和装でしっとり…金メダリストら園遊会に”. スポニチ Sponichi Annex (2012年10月26日). 2013年4月25日閲覧。