ジュール・メグレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュール・フランソワ・アメデ・メグレJules François Amédée Maigret)は、フランス小説家ジョルジュ・シムノンの推理小説に登場する架空の警察官警部から後に警視警視長となるが、メグレ警視として知られる。第一作"Pietre-le-Letton"(『怪盗レトン』)登場時は45歳。メグレ警視の登場する小説は1929年から1972年まで百篇を越え、映像化された作品も多い。

経歴[編集]

1887年フランスアリエ県サン・フィアクル村に生まれる。父エヴァリストはサン・フィアクル城の管理人だった。7歳で母を亡くす。ムーランのパンヴィル国立高等中学校を卒業し、医師を志してナントの医学校に進むが、父と叔母の死で断念。パリで仕事を探している時に知り合った刑事の紹介で22歳の時に警察官となる。

パトロール係などを経て風紀捜査班に入るが、娼婦たちから子ども扱いされ数カ月で配置換えとなる。その後署長秘書時代に手柄を挙げ、司法警察局特捜部の刑事に昇進する。最終官職はパリ警視庁司法警察局特捜部長。医者にはなれなかったが、落ちぶれた貧しい人々の心を癒すこと、また警察官がそれに相応しい仕事と考えるようになり、犯罪者に対しての悲しみ、怒り、慈しみから「運命の修理人」と呼ばれる。事件が起きると必ず現場に出て自ら捜査を行い、犯人を逮捕している。捜査に当たり単独で行動することが多く、そのため何度か負傷したことがある。捜査中に状況を問われても「私は何も信じません」「何もありません」で済ませることが多い。従って上層部や予審判事と捜査方針を巡って対立することも多く、ヴァンデ県のリュソン機動隊に追いやられていた時期もある。

人物[編集]

アルザス出身で建設省局長の姪ルイーズと26歳の時に恋愛結婚し、パリ11区リシャール=ルノワール通りのアパートに住む。オルレアン近郊のムン=シュール・ロワールの別荘を買い、土曜日には夫婦で出かける。55歳で定年退職した後はこの別荘で生活するが、その後も訪れた依頼人のためニューヨークなどの海外へ行くことになる。

常に3本のパイプを職場に置いているほどのパイプ愛好家で、その中でもルイーズから贈られた1本が最も気に入っている。酒好きで仕事の合間にはビール、自宅ではリキュールを飲む。また食いしん坊でもあり、料理好きな妻の手料理を好む。身長180cm、体重100kgでがっしりした体型。娘を幼い頃に失っており、子供はいない。

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]