アルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルト alto)は、女声の声域(声種)のひとつで、コントラルトcontralto)とも言う。イタリア語の「高い」が原義で、テノールよりも高い音域を指すようになった。現在では女声の低い声を言い、女声を2部に分けたときの下の声部、3部に分けたときの一番下の声部の名前ともなる。おおむねアルト歌手はF3からB5くらいの声域をもち[1]4声体和声や合唱ではG3からE5くらいが用いられる。混声4部合唱ではテノールと合わせて内声、バスと合わせて低声とよばれる。日本におけるアルト歌手の数は現在、非常に少なく希少なものである。記譜は通常ソプラノと同様にト音記号が用いられる。

また、「アルトの音域の」という意味で楽器名に使われることもある。フランス語ではアルト(alto)がヴィオラを意味する。

オペラでは、ソプラノやテノール、バリトンメゾソプラノに比べて主要な役を演じる機会は少ない。どちらかといえば、年輩の人物(ワーグナーの『ニーベルングの指環』におけるエルダ、ムソルグスキーの『ボリス・ゴドノフ』における乳母、マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』におけるルチアなど)を受け持つことが多い。

アルト独唱の曲としてブラームスの『ゲーテの「冬のハルツの旅」からの断章』、通称『アルト・ラプソディ』がある。

「アルト」の入った楽器名[編集]

著名なアルト歌手[編集]

他の声域[編集]

主な声域を高い方から並べる。

脚注[編集]

  1. ^ フレデリック・フースラー/イヴォンヌ・ロッド=マーリング 『うたうこと 発声器官の肉体的特質』 須永義雄・大熊文子訳 音楽之友社、2000年、111頁。ISBN 4-276-14252-0

関連項目[編集]