FNSの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の長時間特別番組一覧 > FNS27時間テレビ
FNSの日
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
1997年から生放送が行われているフジテレビ本社
ジャンル 長時間特別番組
放送時間 7月第4(3)土曜日 18:30 - 日曜日 20:54(26時間24分、分換算:1624分)
放送期間 1987年7月18日 - 現在(27回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
フジネットワーク27社
製作総指揮 鹿内春雄(1987年)
鹿内宏明1988 - 1992年)
日枝久1993 - 2000年)
村上光一2001 - 2006年)
豊田皓2007 - 2012年)
亀山千広(2013年 - )ほか
出演者 各年度の放送概要を参照
音声 ステレオ放送(1997年から実施)
字幕 サザエさん』放送時のみ実施
データ放送 番組連動データ放送(2008年から実施)
外部リンク フジテレビ

特記事項:
*「FNSの日 制作実行委員会」とクレジットタイトル先頭に表示、1980年代製作委員会方式
  • 開始当初はフジネットワーク地方局の製作力向上と地方局同士の交流が目的だった。
  • 競馬中継はメインレース出走時限定。
  • 明石家さんまは唯一の皆勤出演。
  • 製作総指揮はフジテレビ社長(1992年までは会長)が務めている。
  • 日枝久は第2回から第6回までと第15回から制作代表、第7回から第14回まで製作総指揮。
  • 豊田皓は第21回から第26回まで製作総指揮、第27回から制作代表。
テンプレートを表示

FNSの日』(エフエヌエスのひ)[1]は、フジテレビフジネットワーク(FNS)系列各局が、毎年1つのメインコンセプトテーマを掲げ、1987年から毎年に総力を挙げて制作、生放送されている長時間特別バラエティ番組

2011年の放送で放送開始25周年を迎えた。

概要・成り立ち[編集]

メインコンセプトテーマに沿った企画が行われるほか、レギュラー番組の特別版や各時間帯の番組を内包したコーナーが組み込まれる。基本的に生放送(一部の時間帯で事前収録した内容を放送する場合もある)であり、機動性を生かして他のキー局の番組とのコラボレーション企画を行うこともある。

1987 - 1991年までと1995・1996年は『FNSスーパースペシャルテレビ夢列島』、1992 - 1994年は『平成教育テレビ』、1997年からは『27時間テレビ』と称し、2002年からは大半が『FNS27時間テレビ』と称している。

2007年以降、制作著作は「フジネットワーク27社」であり、クロスネットテレビ大分以外の全局が製作局となっている。現在では、ライバルとした『24時間テレビ(日本テレビ)』とともに日本の夏の風物詩となっている。

フジテレビが1987年に自局の開局30周年を記念して企画されたバラエティ番組特別番組である。当初は、1987年の放送1回きりの予定だったが平均視聴率19.9%、瞬間最高視聴率は38.1%という高視聴率となり、以後も継続して企画・放送されている。最高視聴率記録は1987年(第1回)の平均視聴率19.9%と、1992年(第6回)の瞬間視聴率38.3%である。

放送時間の推移[編集]

放送開始当初は、ライバルの日本テレビを意識し、24時間(土曜日 21:00 - 日曜日 20:54)で放送が始まったが、23 - 25時間と各年で幅があった。1996年は、10周年記念として29時間30分に増枠、翌1997年は27時間となり、その後は25 - 27時間で推移している。

各年度の放送概要[編集]

放送日[編集]

放送回 放送年 放送日時
(上が開始時間)
(下が終了時間)
放送時間 放送タイトル 総合司会(メインパーソナリティー)・
番組パーソナリティー
進行 インフォメ担当 平均視聴率 瞬間最高視聴率
第1回 1987年 7月18日(土曜日) 21:00
7月19日(日曜日) 20:54
23時間54分 FNSスーパースペシャル
一億人のテレビ夢列島
タモリ
明石家さんま
逸見政孝 長野智子 19.9% 38.1%
第2回 1988年 7月16日(土曜日) 21:00
7月17日(日曜日) 20:54
23時間54分 FNSスーパースペシャル
1億人のテレビ夢列島'88
タモリ
笑福亭鶴瓶
露木茂 中井美穂 14.0% 32.5%
第3回 1989年 7月15日(土曜日) 20:00
7月16日(日曜日) 20:54
24時間54分 FNSスーパースペシャル
1億人のテレビ夢列島'89
タモリ
明石家さんま
不在 長野智子 14.7% 29.3%
第4回 1990年 7月21日(土曜日) 21:00
7月22日(日曜日) 20:54
23時間54分 FNSスーパースペシャル
1億人のテレビ夢列島'90
須田哲夫
河野景子
阿部知代
境鶴丸
11.7% 33.6%
第5回 1991年 7月20日(土曜日) 21:00
7月21日(日曜日) 20:54
23時間54分 FNSスーパースペシャル
1億2000万人のテレビ夢列島'91
桂三枝(現・六代目桂文枝
八木亜希子
有賀さつき
不在 11.7% 28.3%
第6回 1992年 7月18日(土曜日) 19:00
7月19日(日曜日) 19:58
24時間58分 FNSスーパースペシャル
1億2000万人の平成教育テレビ
北野武
逸見政孝
19.0% 38.3%
第7回 1993年 7月24日(土曜日) 21:00
7月25日(日曜日) 19:58
22時間58分 FNS大サービスバラエティ
1億2450万人の平成教育テレビ
福井謙二
八木亜希子
17.9% 33.4%
第8回 1994年 7月23日(土曜日) 21:00
7月24日(日曜日) 19:58
22時間58分 FNS総力スペシャル
1億2500万人の平成夏休みバラエティー
北野武 笠井信輔
小島奈津子
13.8% 29.9%
第9回 1995年 7月15日(土曜日) 21:00
7月16日(日曜日) 19:58
22時間58分 FNSの日
1億2500万人の超夢列島
そのうちなんとか…23時間
北野武
明石家さんま
所ジョージ
笑福亭鶴瓶
ヒロミ
今田耕司
東野幸治
福井謙二
中村江里子
15.1% 32.0%
第10回 1996年 7月13日(土曜日) 18:00
7月14日(日曜日) 23:24
29時間24分 FNSの日 十周年記念
1億2500万人の超夢リンピック
北野武(実行委員長)
明石家さんま(実行副委員長)
笑福亭鶴瓶(実行副委員長)
所ジョージ(実行委員)
田代まさし(実行委員)
SMAP(番組パーソナリティー)
F・MAP
(福井謙二
三宅正治
青嶋達也
西山喜久恵
14.4% 33.4%
第11回 1997年 7月26日(土曜日) 18:00
7月27日(日曜日) 20:54
26時間54分 疾風怒涛!FNSの日スーパースペシャルXI
真夏の27時間ぶっ通しカーニバル〜REBORN
ダウンタウン
浜田雅功松本人志
川端健嗣
(27日のみ)
牧原俊幸
佐藤里佳
11.6% 22.1%
第12回 1998年 7月18日(土曜日) 18:00
7月19日(日曜日) 20:54
26時間54分 '98FNS1億2700万人の27時間テレビ夢列島
てれずにいいこと、てれずに楽しく
中居正広SMAP 西山喜久恵 木佐彩子
佐野瑞樹
12.1% 24.2%
第13回 1999年 7月17日(土曜日) 18:00
7月18日(日曜日) 21:24
27時間24分 '99FNS1億2700万人の27時間テレビ夢列島
てれずに楽しく、てれずに愛して
木佐彩子 13.3% 27.5%
第14回 2000年 7月8日(土曜日) 18:00
7月9日(日曜日) 20:54
26時間54分 2000FNS1億2700万人の27時間テレビ夢列島
家族 愛 LOVE YOU
佐野瑞樹
大橋マキ
13.9% 26.5%
第15回 2001年 7月21日(土曜日) 18:00
7月22日(日曜日) 20:54
26時間54分 FNS ALLSTARS
27時間笑いの夢列島
総合司会なし 西山喜久恵
木佐彩子
小島奈津子
不在 11.4% 27.5%
第16回 2002年 7月6日(土曜日) 18:30
7月7日(日曜日) 21:00
26時間30分 FNS27時間テレビ みんなのうた
〜あの素晴らしい日本をもう一度〜
みのもんた 西山喜久恵
内田恭子
高島彩 11.6% 20.3%
第17回 2003年 6月28日(土曜日) 18:00
6月29日(日曜日) 21:00
27時間00分 FNS27時間テレビ
みんなのうた
みのもんた
モーニング娘。(番組パーソナリティー)
西山喜久恵
高島彩
不在 10.3% 不明
第18回 2004年 7月24日(土曜日) 18:30
7月25日(日曜日) 21:00
26時間30分 FNS27時間テレビめちゃ²オキてるッ!
楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!
ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
中居正広(SMAP)
西山喜久恵
佐野瑞樹
16.9% 32.7%
第19回 2005年 7月23日(土曜日) 19:57
7月24日(日曜日) 20:54
24時間57分 FNS ALLSTARS
あっつい25時間テレビ
やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!
笑福亭鶴瓶 西山喜久恵
高島彩
青木さやか
13.0% 25.4%
第20回 2006年 7月15日(土曜日) 19:00
7月16日(日曜日) 20:54
25時間54分 FNS26時間テレビ
国民的なおもしろさ!
史上最大!!
真夏のクイズ祭り
26時間ぶっ通しスペシャル
中居正広(SMAP) 高島彩 渡辺和洋
平井理央
12.6% 27.5%
第21回 2007年 7月28日(土曜日) 19:00
7月29日(日曜日) 21:15
[2]
26時間15分 FNS27時間テレビ
みんな なまか だっ!
ウッキー!ハッピー!西遊記!
香取慎吾(SMAP) 渡辺和洋
田中大貴
12.4% 22.7%
第22回 2008年 7月26日(土曜日) 19:00
7月27日(日曜日) 21:54
26時間54分 FNS27時間テレビ!!
みんな笑顔のひょうきん夢列島!!
明石家さんま 高島彩
中野美奈子
不在 13.8% 26.7%
第23回 2009年 7月25日(土曜日) 19:00
7月26日(日曜日) 20:54
25時間54分 FNSの日26時間テレビ2009
超笑顔パレード
爆笑!お台場合宿!!
島田紳助 中村仁美 加藤綾子
椿原慶子
13.8% 25.0%
第24回 2010年 7月24日(土曜日) 19:00
7月25日(日曜日) 20:54
25時間54分 FNSの日26時間テレビ2010
超笑顔パレード

爆笑!お台場合宿!!
加藤綾子
松村未央
12.6% 23.7%
第25回 2011年 7月23日(土曜日) 18:30
7月24日(日曜日) 20:54
26時間24分 FNS27時間テレビ
めちゃ²デジッてるッ!
笑顔になれなきゃ
テレビじゃないじゃ〜ん!!
ナインティナイン
(岡村隆史・矢部浩之)
中居正広(SMAP)
西山喜久恵 めちゃデジ・スマイルズ
生野陽子
加藤綾子
松村未央
山﨑夕貴
マツコ・デラックス
14.0% 29.8%
第26回 2012年 7月21日(土曜日) 18:30
7月22日(日曜日) 20:54
26時間24分 FNS27時間テレビ
笑っていいとも!
真夏の超団結特大号!!
徹夜でがんばっちゃってもいいかな?
森田一義(タモリ) 生野陽子
加藤綾子
テレフォンアナウンサー
倉田大誠
本田朋子
三田友梨佳
竹内友佳
生田竜聖
14.1% 26.4%
第27回 2013年 8月3日(土曜日) 18:30
8月4日(日曜日) 20:54
26時間24分 FNS27時間テレビ
女子力全開2013
乙女の笑顔が明日をつくる!!
<女芸人イレブン>
オアシズ光浦靖子大久保佳代子
森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ
椿鬼奴
友近
ハリセンボン近藤春菜箕輪はるか
柳原可奈子
渡辺直美
榎並大二郎 9.8%[3] 20.8%
第28回 2014年 7月26日(土曜日) 18:30
7月27日(日曜日) 20:54
[4]
26時間24分 武器はテレビ。
SMAP×FNS 27時間テレビ

SMAP
(中居正広・木村拓哉稲垣吾郎草彅剛・香取慎吾)
佐野瑞樹
榎並大二郎
加藤綾子
山崎弘也(アンタッチャブル)
劇団ひとり
13.1% 23.8%
  • 1 「インフォメ担当」は「インフォメーションコーナー担当」の略。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区(赤字が最高、青字が最低)。
  • 2 1995年はバイク事故から復帰した北野をさんま等6名がサポートした。
  • 3 1996年は総合司会は置かれず、メイン出演者が「大会委員」を名乗った。
  • 4 2005年の青木、2011年のマツコはこの番組限定で「フジテレビアナウンサー」を名乗った。

メインテーマ・ベース番組・FNS各局対抗企画[編集]

回数 メインテーマ ベース番組 各局対抗企画
(FNSスーパーカップ)
実施日 優勝局
第1回 1987年 夢家族 無し 無開催  
第2回 1988年 結ぶ
第3回 1989年 クイズ FNS各局対抗クイズ
(試験大会として扱われた)
? 新潟総合テレビ
第4回 1990年 おたく 全国美人妻コンテスト 7月22日未明 テレビ静岡
第5回 1991年 戦い クイズ!年の差なんて 戦う!ビデオ大賞 7月21日
第6回 1992年 平成教育委員会 平成教育委員会 全国一斉模擬試験 関西テレビ
第7回 1993年 ? 秋田テレビ
第8回 1994年 夏休みバラエティー FNS各局対抗クイズ  
第9回 1995年 そのうちなんとか…23時間 平成教育委員会
明石家さんまのスポーツするぞ!大放送
FNS25局総合優勝局決定戦競走 サガテレビ
第10回 1996年 スポーツ 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送 全国フリースロー選手権大会
(完全トーナメント決戦)
鹿児島テレビ
(九州勢、2連覇)
第11回 1997年 REBORN HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 福島テレビ
第12回 1998年 全国いい事しよう宣言 サタ☆スマ FNS空き缶アートフェスティバル テレビ愛媛
第13回 1999年 愛&リベンジ スーパーバスケ99 ? サガテレビ
第14回 2000年 家族 愛 Love You 7人兄弟スーパーバスケ
スマ×スマ境界線(史上初の選抜大会) 鹿児島テレビ
第15回 2001年 希望 無し FNS最強キャラクター大相撲 テレビ愛媛
第16回 2002年 あの素晴らしい日本をもう一度 みんなでハモネプ全国大会 7月7日 新潟総合テレビ
第17回 2003年 再会 FNS27局対抗!家族そろって歌合戦 ? テレビ新広島
第18回 2004年 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!! めちゃ2イケてるッ! めちゃイケPresentsFNS全国一斉期末テスト 7月25日 高知さんさんテレビ
第19回 2005年 やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん! 無し FNSあっついテレビ局決定戦 7月24日 テレビ宮崎
第20回 2006年 クイズ FNS28局 お国自慢 史上最大の本物はどれだ! 7月16日 秋田テレビ
第21回 2007年 なまか 西遊記 目指せストライク!TEN竺ボウリング 7月29日 東海テレビ
第22回 2008年 笑顔 オレたちひょうきん族 爆笑列島カーペット 7月27日 関西テレビ
第23回 2009年 笑顔と感動 クイズ!ヘキサゴンII FNS27局対抗!三輪車12時間耐久レース2009
(ワールド・トライシクル・クラシック)
7月26日 仙台放送
第24回 2010年 絆 〜超!笑顔と感動〜 三輪車12時間耐久レースO−1グランプリ 7月25日 (ヘキサゴンチーム)
第25回 2011年 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!! めちゃ2イケてるッ! FNS歌へた自慢 7月24日 東海テレビ
第26回 2012年 団結 笑っていいとも! FNSアナウンサーがんばった歌謡大賞 7月22日 福島テレビ
第27回 2013年 女子力全開 10匹のコブタちゃん ミスターFNSコンテスト
おまえらを惚れさせてやるグランプリ!
8月4日 テレビ新広島
第28回 2014年 武器はテレビ。 SMAP×SMAP
おじゃマップ
FNS系列27局プレゼンツ
SMAPよりアイドルな!?ご当地SMAP選手権大会
7月27日 岡山放送

複数年行われた企画[編集]

  • 全国○×王座決定戦
1993年から1996年まで4回実施(1995年は「全国温泉○×王座決定戦」、1996年は「全国スポーツ○×王座決定戦」)。司会は93年は逸見政孝、94年以降はラサール石井
1994年12月17日には独立した特別番組としても放送された(平成教育委員会#たけし不在時の対応参照)。
  • 全国フリースロー選手権
1995年から1997年に実施。もともとは明石家さんまのスポーツするぞ!大放送のコーナー「オールスターフリースロー選手権」。
  • 三輪車12時間耐久レース
2009年と2010年に実施。内容はそれぞれの回の項目を参照のこと。
  • お笑いBIG3トークコーナー(1987 - 1996年)

100キロマラソン[編集]

ライバル番組である日本テレビの『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の目玉企画「24時間チャリティーマラソン」に対抗し、2004年の『FNS27時間テレビめちゃ2オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!』で加藤浩次が「100キロマラソン」に挑戦して以降、マラソン企画が複数回行われている。 コースはその回によって違うが、スタート・ゴール地点は全てお台場のフジテレビ。

歴代走者[編集]

スポーツ中継[編集]

プロ野球中継[編集]

オープニングの後に直前まで放送していたプロ野球中継を引き続き放送することが第1回からの恒例となっていた。1996年から2003年までは番組のスタートが18:00となったため野球中継自体を内包した。2001年のサンヨーオールスターゲーム中継では放送内容が問題となった。[要出典]2004年以降はプロ野球中継が行われていない。

  • オープニングの後プロ野球中継をした年 - 1987年、1988年、1990年、1991年、1994年、1995年
  • プロ野球中継を内包した年 - 1996年、2001年、2003年
  • 中継予定の試合が中止された年 - 1993年、1997年

競馬中継[編集]

FNS系列局では通常、一部の局を除いて日曜日の15時台に競馬中継番組を放送しているが、当番組の放送日はその日に開催される重賞レースのみ実況中継する[5](1996年から)。当日は通常競馬中継を放送していない地域(サガテレビ・テレビ宮崎)でも放送する。

F1中継[編集]

F1グランプリの地上波での放送を行なっていた2011年まで、日曜早朝にドイツグランプリなどの予選ダイジェストを録画中継で挿入する場合があった。

通常番組からのコーナー[編集]

コーナー詳細は各記事を参照

『笑っていいとも!増刊号』の生放送版。『いいとも!』コーナーの特別企画が行われる。また、全曜日レギュラー陣が集結する。
「テレフォンショッキング」では2004年度はタモリがテレフォンゲストという形で出演した(この時の司会はナインティナイン岡村隆史)。
2008年は総合司会の明石家さんまが、2009年は総合司会の島田紳助が「テレフォンショッキング」のテレフォンゲストとして出演した。
FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』(1987年)、『FNSの日 1億2,500万人の超夢列島』(1995年)、『FNSの日 十周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』(1996年)、『'99FNS1億2700万人の27時間テレビ夢列島 - てれずに楽しく、てれずに愛して』(1999年)は2部制だった。
初期は通常通りの内容で放送。2004年・2008年以降より『FNS27時間テレビ』の特別編として、その年のメインキャスト(総合司会とは限らない)が本人の実名役で特別声優として出演する年がある。詳細はサザエさんの登場人物#FNSの日連動スペシャルを参照。
初期は通常通りの内容で放送。2006年・2007年は『FNS27時間テレビ』の特別編として、その年のメインキャストが本人の実名役で特別声優として出演する年があった。
1994年は「めざめてるテレビ」としてパロディコーナーが行われた
2008年は総合司会の明石家さんまが収録中のスタジオに乱入した。
2005年は「トリビアの温泉」「テレビヤの種」として行われた。
2005年は「FNNスーパーこどもニュース」として行われた。
2008年は「爆笑列島カーペット」として行われた。
2011年は「2011 FNS歌へた祭」としてパロディコーナーが行われた。
2012年は「ずっと起きていた朝は…」として行われた。

ニュースコーナー[編集]

初期は土曜深夜と日曜夕方のみだったが、1993 - 2000年は台風直撃や巨大地震・重大事件・事故といった緊急速報時を除き日曜夕方のみとなっていた。2001年以降は通常の土曜深夜・日曜朝・昼・夕方の計4回ニュースコーナーが設けられている(ただし放送時間は年によって一定ではない)。キャスターは各々の定時ニュースの担当アナウンサーが務めることが多いが、1990年代あたりまでは当番組出演者がキャスターに挑戦することもあった(例・タモリのDATE LINEデラックス)。なお、2011年まで日曜昼前と夕方のニュース番組を時差放送していたCS放送「フジテレビ739フジテレビTWO」では、ニュース番組の時差放送自体が休止となるためスポーツ中継がない限り、番組ガイドに差し替えていた。

以下はタイトルが付けられたニュースコーナー。これ以外の年及び時間帯は『FNNニュース』となっている。

土曜深夜
日曜夕方

スポーツコーナー[編集]

その他の企画[編集]

放送前日などや放送開始直前に『カスペ!』や『金曜プレステージ』枠内にて、次のような事前番組を編成することがある。

  • FNS27時間テレビ前夜祭
  • FNS27時間テレビスタート直前スペシャル

地方局の対応[編集]

クロスネット局の対応[編集]

土曜日のゴールデン枠がFNS(フジテレビ系列)編成であることなどから、系列局協定で必ず本番組を放送しなくてはならないため、NNN編成(NNSは非加盟)である土曜23:30 - 、日曜日19:00 - 22:30についても、当番組の放送を優先する。ただし、ニュース枠についてはその限りではないケースもある(なお、NNN、ANNの当該時間帯のニュースを放送しても、年度の時間編成によってはFNNのニュースも放送される場合がある)。
  • 土曜日のNNN最終ニュース - 2009年までは飛び降りで土曜日のNNN最終ニュース枠(『NNNニュース』)を放送。2010年以降の『Going!』は放送せず。
  • 日曜日の昼前のニュース - 2010年までは飛び降りで『ANNニュース』を放送[7]。2011年以降は放送せず。
  • 土曜日および日曜日の19:00以降、本番組と時間帯が重なった報道番組を除くNNS同時ネット番組に関しては振替放送がなされる。
土曜日19時 - 21時と日曜日の朝のニュースとゴールデンタイム全体及び深夜のニュース枠はNNN/NNS編成(NNS加盟)である都合からFNS非加盟に準じた扱い[8]として2001年まではネットされなかった。しかし、2002年から2006年まではネットを行った。しかし、NNN/NNS編成である関係で一部のコーナーが放送できずに、フィナーレの部分を深夜に録画放送するなどの対応を取っていた。2007年度から本番組自体を一切ネットせずに、日テレ同時ネット編成でない時間は自主編成または番組の時差放送を行っている。
通常FNNから配信される昼(『TOSテレニュースFNN』)と夕方のニュース(『FNNスーパーニュースWEEKEND』)のネット受けはせず、昼のニュース枠は休止、夕方枠は自社制作ローカルニュース『TOSニュース』で対応している。
『サザエさん』は定刻の日曜 18:30 - 19:00に放送。

かつてのクロスネット系列局の対応[編集]

  • テレビ熊本(1987 - 1989年 クロスネット相手はANN系列)
    • 恐らく、開始当初から当番組を放送しているが、クロスネット時代は日曜昼の『ANNニュースライナー』の放送時間帯は中断していたと思われる。
  • テレビ長崎(1987 - 1990年 クロスネット相手はNNN系列[9](長崎国際テレビ開局まで))
    • クロスネット当時の土曜19時以降はFNN・FNS編成が組まれている事から、開始当初から当番組を放送。但し、クロスネット時代は、土曜深夜の『NNNきょうの出来事』・日曜早朝の『NNN朝のニュース』・日曜昼の『NNN昼のニュース』の放送時間帯はその度に中断していた。また、クロスネット当時の日曜19時 - 22時30分はNNN編成だが、当番組の放送を優先していた。
  • 鹿児島テレビ(1987 - 1993年 クロスネット相手はNNN/NNS系列[10](鹿児島読売テレビ開局まで))
    • テレビ長崎同様、クロスネット当時は土曜深夜の『NNNきょうの出来事』・日曜早朝の『NNN朝のニュース』・日曜昼の『NNN昼のニュース』の放送時間帯は中断していたが、それ以外は同時放送。クロスネット当時の土曜・日曜の19 - 21時はNNN・NNS編成だが、当番組の放送を優先していた(但し、1989年は日本テレビのナイター中継後にネットしたため、キー局よりも1時間遅れの21時スタート。1992年は通常の日テレ系19・20時台番組を完全に休止し、19時からスタート)。また、土曜21時以降はFNN・FNS編成が組まれ、当番組開始からの数年間は21時にスタートしていた(1989年・1992年を除く)事もあり、開始当初から当番組を放送している。
    • クロスネット当時、『サザエさん』は南日本放送TBS系)で放送されていたが、『FNSの日』に該当する日曜日のみ、KTSでの放送が行われていた。
  • 秋田テレビは1987年3月にANN系列を離脱(その後秋田朝日放送が開局)してFNSフルネット局に変更されたため、当初から放送されている。
  • テレビ山口は1987年9月までは系列局(FNS加盟局)であったが、編成がもう一つのキー局であるTBSとの排他協定に抵触する恐れがあった[11]ため、1987年の第1回も放送していない(また、制作にも一切関与していない)。

脚注[編集]

  1. ^ 日本民間放送連盟 「日本民間放送年鑑'87(昭和62年版)」436ページ
  2. ^ 参議院議員通常選挙実施日だったため、開票速報を交えた放送となった。
  3. ^ フジ27時間TV全平均9・8%、昨年下回る 文化通信.com 2013年8月6日閲覧。
  4. ^ 2014年6月15日放送の『ワイドナB面』で発表された。
  5. ^ ただし、当日に重賞レースが2つ組まれた場合はそのうちの1つを中継する。
  6. ^ 「すぽると」単発での特別番組放送がなかった2008年 - 2010年と2013年と2014年も『さんま・中居の今夜も眠れない』に内包する形で10分程度のスポーツニュースをこの番組の女性キャスター2名が担当して伝えている。
  7. ^ 2011年のニュースの時間にはアナログ放送が終了するため放送せず、フルネットとなった。
  8. ^ NNSおよびFNSには加盟しているものの、両ネットワークの業務協定に参加していない準加盟に近い形態となっている。
  9. ^ NNSは非加盟。
  10. ^ NNSはKYT開局前まで加盟していた。
  11. ^ JNNニュース』『(関口宏の)サンデーモーニング』『報道特集』(当時は日曜枠、枠移動により現在は土曜枠)等、JNN加盟局が必ずネット受けしなければならない報道関連番組の多くが土日に集中している事。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]