ABOBAゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ABOBAゲーム
ジャンル クイズ番組
放送時間 水曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1984年10月10日 - 1985年9月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 みのもんた
テンプレートを表示

ABOBAゲーム』(アボバゲーム)は、1984年10月10日から1985年9月4日まで朝日放送テレビ朝日系列で全国放送されたゲームクイズ番組である。司会みのもんた(A型)。『霊感ヤマカン第六感』の後番組として始まった。

番組タイトルはそれぞれの血液型を並び替えたもの。

番組概要[編集]

4人で1チームを組んだABO式血液型別の芸能人解答者同士が対戦する形式で、A型チーム、B型チーム、O型チーム、AB型チームのうち、毎週2チームがクイズとゲームで激突、という内容。

司会席・解答席のネームプレートには「名前(血液型)」と表記された(「みのもんた(A)」等)。また、当時同局系列で放送されていた『象印クイズ ヒントでピント』に似たスタジオセットで収録を行っていた。

コーナー[編集]

前半2つは血液型を扱った問題であるが、後半2つは前番組の『霊感ヤマカン第六感』を髣髴させるような問題になっている。

オープニングクイズ
タレントの血液型を当てるクイズ。1対1の対戦形式で、司会者席に近い方から出題される。
スター追跡クイズ
血液型からタレントの行動を当てるクイズ。記述問題で、正解者1人につき得点が入る。
ABOBAコントクイズ
血液型別に行動を当てるクイズ。出演者はダウンタウン(無名時代の頃)、ハイヒール桂小枝。司会者席に近い方から出題される。3択問題で、正解者につき得点が入る。
4ヒントクイズ
体の一部などからタレントを当てるクイズ。早押しで答える。1枚目で当てると4点で、2枚目以降は3点と1点ずつ減る。
後に1ヒントクイズとなり、2点に統一された。
連想パネルマッチ
神経衰弱方式のクイズ。AからPまでのパネル。16のパネル(『新婚さんいらっしゃい!』の「ペアマッチ」にほぼ類似)には決められたテーマに基づいた答えが隠されており、その1つは別の1つと1対1で対応する。例えばことわざがテーマの場合、「豚」を開けて「真珠」を開ければ正解となる。間違えたら相手チームに解答権が移動する。後期には、血液型が表記された有名人の写真が2枚導入されてあり、それを取ると2点獲得できる。最後の2枚は、同時にめくられて終了することもあった。
イラストは、前番組『霊感ヤマカン第六感』に引き続き河村立司が担当した。
最終的に得点の高いチームが勝利。トロフィー授与となりA型→赤、B型→黄、O型→青、AB型→緑のリボンがつけられる。同点の場合は「両者優勝」になり、両方に電飾が点灯し、トロフィーを両チームのキャプテンが支える形で終了となる(この時のリボンは両チームの色がつけられていた)。

ネット局と放送時間[編集]

水曜19時から19時30分まで[編集]

水曜19時から19時30分まで以外[編集]

関連項目[編集]

ABC制作・テレビ朝日系列 水曜19時前半枠
前番組 番組名 次番組
ABOBAゲーム