三宅健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやけ けん
三宅 健
生年月日 1979年7月2日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県[1]
血液型 O型[1]
職業 タレント俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1993年 -
活動内容 1995年:V6、歌手デビュー
主な作品
テレビドラマ
『名探偵 保健室のオバさん』(1997年)
バーチャルガール』(2000年)
ネバーランド』(2001年)

映画
COSMIC RESCUE』(2003年)
Hard Luck Hero』(2003年)
ホールドアップダウン』(2005年)
親指さがし』(2006年)

舞台
『二万七千光年の旅 -世紀末の少年-』(2000年)
『卒業 -THE GRADUATE-』(2004年)
『第32進海丸』(2006年)
『殺人者』(2007年)
『第17捕虜収容所』(2008年)
『ULTRA PURE!』(2010年)

声の出演
サンダーバード』(2004年)

三宅 健(みやけ けん[1]1979年7月2日[1] - )は、日本タレント俳優歌手であり、男性アイドルグループV6のメンバーである。

神奈川県出身[1]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

  • ジャニーズJr.時代は森田剛とともに「剛健コンビ」と呼ばれ人気を誇る。
  • 1995年11月1日MUSIC FOR THE PEOPLE」でV6としてデビュー(当時16歳)。V6の年少組3人ユニット・Coming Centuryとしても活動を始める。
  • 2000年 野田秀樹作の『二万七千光年の旅〜世紀末の少年〜』で初舞台初主演。
  • 2003年 映画『COSMIC RESCUE』にComing Centuryの3人で映画初主演。
  • 2004年 舞台『卒業〜THE GRADUATE〜』に主演。
  • 2005年 4月からラジオ番組『三宅健のラヂオ』がスタート、単独でパーソナリティを務める。
  • 2006年親指さがし』で映画単独初主演。
  • 2006年 舞台『第32進海丸』に主演。
  • 2007年 舞台『殺人者』に主演。
  • 2008年 舞台『第17捕虜収容所』に主演。
  • 2010年 舞台『ULTRA PURE!』に主演。
  • 2011年 舞台『ラブリーベイベー』に主演。

人物[編集]

性格・特徴[編集]

  • ヨークシャテリアのJという犬を飼っている。彼のことを「ペットではなく家族だ」と語っている愛犬家。
  • 蕎麦アレルギーと花粉症である。
  • 環境問題への意識が高く、休日にはゴミ拾い運動に参加する事もある。また、プライベートでは交通手段に車ではなく電車を使う事も多い。自身のラジオ番組でエロとエコをドッキングさせた「エロエコ」(本人による造語)を提唱している。また、これを題材にリリー・フランキーと雑誌やラジオで対談。

趣味・嗜好・特技[編集]

  • 美術鑑賞や観劇、音楽鑑賞が趣味。
  • 高橋留美子作品のファンであり、愛読していた『犬夜叉』がアニメ化するに当たって、自身が所属するV6が最初のオープニングテーマを担当すると聞いた際、大喜びしたというエピソードがある。
  • 和食が好き。釜揚げシラスや納豆が好物。基本的に好き嫌いはないが、辛いものが苦手。
  • 酒類がほとんど飲めないほどの下戸である。非喫煙者
  • フルーツ好きで、バナナケースを所持している。「フルーツバスター」の異名を持つ。
  • 日本文化が好きで、iPodで日常的に落語を聞くなどの趣味を持っている。笑点メンバーの落語家春風亭昇太の独演会へ行ったり、特に相撲は東京本場所初日は欠かさず観戦している。
  • インディアン文化をこよなく愛し、原宿の老舗インディアンジュエリーショップ「ゴローズ」のアクセサリーをずっと身に着けていた。
  • NIGOが展開するブランド「A BATHING APE」の洋服を好んでよく着る。
  • 少林寺拳法を習っていたことがあり、黒帯を所持している。
  • 競泳が得意であり、自由形なら北島康介平泳ぎより速く、『学校へ行こう!MAX』にて対決した際に北島を破っている。水泳で鍛えられた大胸筋と広い肩幅を持っている。 番組内にてシンクロナイズドスイミングにも挑戦した。
  • ドラマ『私の青空2002』でボクサー役を演じた事をきっかけに、時間のある時はボクシングジムにも通っている。雑誌『Tarzan』に、その模様が掲載された。

V6における活動[編集]

  • 2000年に活動したV6の別ユニット6V(ロクボルト)の一員。この際に井ノ原快彦と2人で「6V 感電ビリビリRemix」という曲をレコーディングした(CD化はされていない)。
  • 2003年に行われたコンサートツアーのテーマ曲「LOVE&LIFE」は三宅作詞、井ノ原作曲である。他にもComing Centuryの「WHAT'S COOL」(V6 7thSingle「WAになっておどろう」カップリング)も作詞している。
  • 携帯電話公式HP「johnny's Web」で「にこにこ健゜」というコーナーを持ち、三宅独特の文章を配信している。
  • 発案・提案が採用されることが多い。
    • V6のベスト盤『Very best』のタイトル
    • 10周年コンサート『10th Anniversary CONCERT TOUR 2005』
    • 上記と同時展開された、握手会
    • 2007年1月31日発売シングル「HONEY BEAT」の衣装
    • 同「僕と僕らのあした」において楽曲提供者を推薦

その他・エピソードなど[編集]

  • ミュージックステーション』でX JAPANと共演した際、森田と一緒にhideに握手をお願いした。
  • ファンであるthe pillowsのボーカル&ギター山中さわおにダメもとで曲提供をお願いしてみたところ、快諾された。提供曲は『Voyager』に収録されている「シュガー・ナイトメア」。演奏もthe pillowsのメンバーが担当している。

出演[編集]

テレビドラマ・映画以外は個人での出演のみ記述。V6またはComing Centuryのメンバーとしての出演はV6 (グループ)#出演を参照。

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

音楽番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 二万七千光年の旅 -世紀末の少年-(2000年)- 無名人 役
  • 卒業 -THE GRADUATE-(2004年) - ベンジャミン 役
  • 第32進海丸(2006年)- 牧野サトル 役
  • 殺人者(2007年)- 松田勝 役
  • 第17捕虜収容所(2008年)- セフトン 役
  • ULTRA PURE!(2010年) - 沢田俊太郎 役
  • ラブリーベイベー - 恋司 役(東京公演:2011年10月28日 - 11月13日、東京グローブ座 / 大阪公演:2011年11月17日-20日、シアター・ドラマシティ
  • Some Girl(s) - 男 役(東京公演:2013年10月25日 - 11月10日、東京グローブ座 / 大阪公演:2013年11月14-17日、シアター・ドラマシティ

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

その他[編集]


書籍[編集]

写真集[編集]

  • 三宅健&今井翼 真夏の少年『ネバーランド』(2001年8月、集英社TVブック)

雑誌連載[編集]

  • mc Sisterアシェット婦人画報社)「MONOMONO健自典」 (1999年4月 - 2000年12月)
  • 助六(二玄社書店)「ニッポン男児の嗜み」 2006/夏(Vol.3)-
  • acteur(キネマ旬報社)「ステージダイアリー」 2007年9月(No.8)-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 三宅健のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]