第十七捕虜収容所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第十七捕虜収容所
Stalag 17
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
エドウィン・ブラム
原作 ドナルド・ビーヴァン
エドモンド・トルチンスキー
製作 ビリー・ワイルダー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 ジョージ・トマシーニ
配給 パラマウント
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年7月1日
日本の旗 1954年2月3日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

第十七捕虜収容所』(原題: Stalag 17)は、ドナルド・ビーヴァンエドモンド・トルチンスキーによるブロードウェイの舞台劇を原作とする1953年アメリカ映画

ストーリー[編集]

第二次大戦末期のドイツの第十七捕虜収容所の第4キャンプは、アメリカ人の兵士ばかりを収容していた。あるとき、そこから2人の捕虜が脱走しようとするもあえなく射殺されてしまう。するとアメリカ兵たちはこの中にドイツ軍のスパイがいるのではないかと思い始め、悲観論者のセフトンが真っ先に疑われる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー主演男優賞:ウィリアム・ホールデン
ノミネート
アカデミー監督賞:ビリー・ワイルダー
アカデミー助演男優賞:ロバート・ストラウス

パロディ[編集]

本作にも出演しているピーター・グレイブスがのちに主演したTVシリーズ『スパイ大作戦』の第2シーズンエピソード『鉄条網とリンチ』は本作のオマージュになっている。舞台設定は(『スパイ大作戦』制作当時の)現代だが、舞台となる架空の国の刑務所は本作の捕虜収容所にそっくりで、囚人たちの間にスパイが紛れ込んでいるというプロットも同一である。本作ではその真犯人役だったピーター・グレイブス演じるフェルプスが、パロディ版では真犯人を見抜いて告発する趣向になっている。

テリー・サバラスロジャー・ムーア主演のアクション映画『オフサイド7』でもナチスの捕虜収容所が登場、ウィリアム・ホールデンがワンカットだけ出演するパロディがある。セフトンさながらに葉巻をくわえながら「悪くないよここも。マッチある?」とそれらしいセリフを口にする。

外部リンク[編集]