森山直太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森山 直太朗
基本情報
出生 1976年4月23日(38歳)
出身地 東京都
血液型 B型
学歴 成城大学 卒業
ジャンル J-POP
フォークソング
職業 シンガーソングライター
活動期間 2001年 -
レーベル ユニバーサルJ
2002年- 2006年
NAYUTAWAVE RECORDS
2007年 - 2014年
EMI RECORDS
2014年 - )
事務所 セツナインターナショナル
共同作業者 御徒町凧
公式サイト Naotaro Moriyama

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家

東京都出身。セツナインターナショナル所属。成城学園高等学校成城大学[1]。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。

大学在学中から、吉祥寺井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞はほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。

概略[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 「ワスレモノ」(2001年11月10日)(インディーズ盤)
  1. 星屑のセレナーデ」(2002年11月27日)
  2. さくら (独唱)」(2003年3月5日)
  3. 夏の終わり」(2003年8月20日)
  4. 太陽/声」(2004年1月10日)
  5. 生きとし生ける物へ」(2004年3月17日)
  6. 今が人生〜飛翔編〜」(2004年8月4日)
  7. 時の行方〜序・春の空〜」(2005年2月23日)
  8. 小さな恋の夕間暮れ」(2005年6月15日)
  9. 風花」(2005年11月16日)
  10. 君は五番目の季節」(2006年3月1日)
  11. 風になって」(2006年9月13日)
  12. 恋しくて/夢みたい〜だから雲に憧れた〜」(2006年10月25日)
  13. 未来〜風の強い午後に生まれたソネット〜」(2007年5月9日)
  14. 太陽のにほひ」(2007年8月8日)
  15. スノウドロップ」(2008年1月30日)
  16. 生きてることが辛いなら」(2008年8月27日)
  17. 」(2009年10月21日)
  18. 花鳥風月/言葉にすれば」(2010年9月29日)
  19. 日々」(2013年3月27日)
  20. 若者たち」(2014年8月13日)

アルバム[編集]

  • インディーズ『直太朗』(2001年3月7日)
  1. コアアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』(2002年10月2日)
  2. コアアルバム『いくつもの川を越えて生まれた言葉たち』(2003年6月18日)
  3. フルアルバム『新たなる香辛料を求めて』(2004年5月26日)
  4. フルアルバム『風待ち交差点』(2006年11月29日)
  5. フルアルバム『諸君!!』(2008年3月5日
  6. フルアルバム『あらゆるものの真ん中で』(2010年6月9日
  7. フルアルバム『素敵なサムシング』(2012年4月11日
  8. フルアルバム『とある物語』(2013年4月24日
  9. フルアルバム『自由の限界』(2013年12月11日

企画盤[編集]

  1. ベストアルバム『傑作撰 2001〜2005』(2005年6月15日)
  2. レアトラック集『レア・トラックス vol.1

映像作品[編集]

  1. DVDアルバム『永遠はオルゴールの中に』(2003年12月3日)
  2. DVDシングル『生きとし生ける物へ』(2004年4月28日)
  3. DVDアルバム『劇場公演 森の人』(2005年4月20日)
  4. DVD『君は五番目の季節 ツアードキュメンタリーフイルム』(2006年6月28日)
  5. DVD『二〇〇七 姫路城』(2008年1月30日)

参加CD[編集]

  1. 『歌鬼(GA-KI)〜阿久悠トリビュート〜』(2008年7月30日)
  2. さだまさしトリビュート さだのうた』(2008年10月22日)
  3. 『The Light feat.Kj from Dragon Ash,森山直太朗,PES from RIP SLYME』Miss Monday(2009年1月28日)
  4. 『1939 MONSIEUR(サンキュー ムッシュ)』(2009年2月18日)

ダウンロード配信限定楽曲[編集]

  • 「12月」(2005年12月2日)

楽曲提供[編集]

  • 森山良子
    • シングル「マザーアース」(作詞 御徒町凧/作曲 編曲 森山直太朗 渡辺俊幸)(2005年7月20日)
  • 中孝介
    • シングル「」(作詞 御徒町凧/作曲 森山直太朗)(2007年4月11日)
  • NHK全国学校音楽コンクール
    • 平成18年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲「虹」(作詞 御徒町凧&森山直太朗/作曲 森山直太朗/編曲 信長貴富 )
  • 土岐麻子
    • アルバム. 「乱反射ガール」「05.鎌倉」 (作詞:御徒町 凧 , 土岐麻子 / 作曲:森山直太朗 /編曲:高田 漣)

ライブ[編集]

  1. コアライブツアー『笑えない冗談』(2004年1月16日 - 4月10日 19会場20公演)
  2. スターツアー2004『地球はたぶん球体じゃない』(2004年6月3日 - 7月29日 24会場25公演)
  3. 学園祭ツアー2004『カレーライスが不意に食べたくなったんだ』(2004年10月23日 - 11月20日 6会場6公演)
  4. 劇場公演『森の人』(2005年2月2日 - 2月17日 2会場13公演)
  5. コンサートツアー2005『君は五番目の季節』(2005年7月3日 - 9月15日 31会場35公演)
    その後、「コンサートツアー2005〜2006『君は五番目の季節』追加公演」(2005年12月20日 - 2006年3月29日 28会場28公演)を開催。通常公演と追加公演を合わせると計59会場63公演にものぼり、直太朗史上最大のライブツアーとなった。
  6. ワールドツアー2007『全ての柔らかいモノのために』(2007年2月10日 - 6月20日 43会場46公演)
    最終公演は台湾の「台北インターナショナルコンベンションセンター」でおこなった。
  7. 楽天世界遺産劇場『姫路城Special Concert』(2007年11月12日
  8. コンサートツアー2008『諸君!?』(2008年4月12日 - 7月24日 30会場35公演)
    本公演の最終を沖縄で敢行。その後7月23日、24日に東京渋谷「C.C.Lemonホール」にて「東京最終公演」
    を行った。
  9. 楽天世界遺産劇場『日光東照宮Special Concert』(2008年10月11日12日
  10. コンサートツアー2009『どこまで細部になれるだろう』(2009年4月16日 - 10月12日 47会場51公演)
  11. コンサートツアー2010『真っ白い鳩を九十九羽飼っていて』(2010年9月1日 - 12月17日 26会場26公演)
  12. コンサートツアー2011『乗り遅れた電車を見送るペンギンよ』(2011年8月20日 - 12月20日 31会場32公演)
  13. 10thアニバーサリーツアー2012『洪積世ボーイ』(2012年4月27日 - 7月7日 11会場11公演)

主な出演[編集]

CM[編集]

テレビドラマ[編集]

タイアップ一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]