おしゃべりやってまーす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おしゃべりやってまーす
Gthumb.svg
ジャンル トークバラエティ
放送方式 ストリーミング
放送期間 2003年5月 -
放送時間 毎週 月曜日 - 土曜日
放送局 K'z Station
制作 株式会社 K'z channel
パーソナリティ 第19期(2014年4月 - )
テンプレートを表示

おしゃべりやってまーすは、株式会社 K'z channelが運営する『K'z Station』にて2003年(平成15年)5月から放送されている、有料(一部無料)のインターネットラジオ番組。

概要[編集]

  • お笑い芸人グラビアアイドル声優などが出演するトーク番組である。放送時間は基本的に1時間(一部例外あり)で、ネット放送ということもあり、楽屋にいるようなリラックスした雰囲気で、裏話や本音トークが多いことや、芸能界の中でも接点の少ないタレント同士のトークが聴けるプログラムを配信していることが特徴となっている。
  • MBSラジオ2003年(平成15年)3月まで放送された『オレたちやってま〜す』最終回においてこのネットラジオの計画を間接的に知らせる告知がなされ、実際出演していた者から、ジャニーズ事務所ホリプロ所属のタレントや一部の吉本興業所属のお笑い芸人を除く出演者が引き続き出演することとなったが、MBSラジオとK'z Stationの関係性は全く不明であり、またMBSにて公式にこのネット放送のことに触れたことは一度もない。また近年ではお笑い芸人以外の出演者について、MBSラジオで放送中の同じコンセプトを引き継ぐラジオ番組『ゴチャ・まぜっ!』ではアイドルを、『おしゃべりやってまーす』では声優を重点的に起用するといった棲み分けがなされてきている。
  • 雨上がり決死隊も木曜日出演が告知されていたが、ホームページ上に「調整中」と表記があるままの状態が続き、その後1度も出演することはなかった。
  • 収録は一部を除き、「渋谷マトリクススタジオ」で行われる[1]2008年(平成20年)の毎日放送東京支社移転までは、同支社ラジオスタジオ(パレスサイドビルディング)で収録を行っていた。
  • 声優が出演している番組がレギュラー番組枠6本中5本組まれているが、前述のとおり裏話や本音トークが中心でアニメやゲームなどのタイアップ企画が原則組まれないことなどから、いわゆる「アニラジ」には通常含まれていない。

沿革[編集]

2003年(平成15年)
  • 3月 - 『オレたちやってま〜す』の最終回放送で、直接ではなかったが「番組ホームページで発表がある」と告知され、番組ホームページでネットラジオ開始が発表された。
  • 5月 - ラジオ配信開始。
2004年(平成16年)
  • 9月 - 映像での配信も開始
2005年(平成17年)
  • 8月 - 月曜の放送のみ、番組内で占い師に占ってもらった結果をきっかけに、「すしゃべりやってまーす月曜日」(略称は「すしゃ月」)という呼び名に変更。2007年4月から「おしゃ月」に戻された。
2006年(平成18年)
  • 7月 -「おしゃ金」が無料に。
  • 11月 - 土曜日のみ2部構成になり、第1部は今まで通りの「おしゃ土」、第2部は声優の松野太紀を中心とした「おしゃ土EX(エックス)」となった。
2007年(平成19年)
  • 4月 - 30分番組の2部構成(隔週更新)だった「おしゃ土」・「おしゃ土EX」がそれぞれ1時間番組になり2週交代の毎週更新となり、さらに音声のみ無料だったものも有料になった(1・2週目は「おしゃ土」、3・4週目は「おしゃ土EX」、5・6週目はまた「おしゃ土」というように放送される)。また2007年4月まで「おしゃ土」は音声のみ無料だった。
  • 12月 - 「おしゃ土EX」が15日更新分をもって終了。
2008年(平成20年)
  • 1月-4月まで土曜日のみ変則的な更新となる。1・2週目は「おしゃ土」を放送(1週ごとに更新される)、3・4週目は「この週に更新される番組はありません」と表示、5・6週目はまた「おしゃ土」を放送。
  • 5月 - 「新おしゃ土」が加わったため以前と同じ更新状況(2週交代の毎週更新)に戻る。
2009年(平成21年)
  • 1月 - それまでの「おしゃ土」が終了し「新おしゃ土」が土曜レギュラーとして毎週更新となる。
「おしゃ月」・「おしゃ水」・「おしゃ木」・「おしゃ日」には、映像配信に1MBの高画質版が加わった(他の曜日は300kBのみ)。
  • 4月 - 20日より完全リニューアル。今までの曜日制が廃止され、レギュラー番組の呼び名が「おしゃべりやってまーす第1放送」(月曜日更新)〜「おしゃべりやってまーす第6放送」(土曜日更新)に変更[2][3]された(略称は「おしゃ1(いち)」〜「おしゃ6(ろく)」)。また日曜日の更新がなくなったかわりに、特別番組も同時配信されるようになった。300kBの通常映像と1MBの高画質映像が配信されているのは、「おしゃ1」・「おしゃ2」・「おしゃ5」の3番組(他の曜日の映像は300kBのみ)で、「おしゃ6」(2番組とも)のみ無料放送となっている。
「おしゃ3」(元・「おしゃ火」(現・水曜日更新))の出演者が女性声優のみになったため、「おしゃ土EX」(2006年11月 - 2007年12月)終了後「おしゃ木」だけであった出演者が声優のみの番組が、久々に2番組となった。
2010年(平成22年)
  • 3月 - 24日より特別放送枠として、SKE48メンバーによる無料放送、「第48放送」が配信開始。
  • 5月 - 20日より「おしゃ3」でも高画質映像(1MB)が配信開始。また「第48放送」が特別放送枠内でレギュラー化。
  • 12月 - 24日より特別放送枠として、無料放送の「心霊夜話〜ガチで怖い○○〜」が配信開始。
2011年(平成23年)
  • 2月 - 1日より特別放送枠として、おしゃ木(現・おしゃ5)の再放送となる「おしゃ5メモリーズ」が配信開始。
  • 5月 - 4日より特別放送枠として、「小川麻琴ドリームモーニング娘。)のドリームマッチ!」が配信開始。
  • 5月 - 7日より特別放送枠として、「おしゃべりやってま〜す増刊号」が配信開始。原則ロケ企画となり、レギュラー放送のまとめと批評を行っている。
  • 5月 - 16日より特別放送枠内の「第48放送」がメンバーと曜日(水曜→月曜)を変更し「第48放送2nd」としてリニューアル。
  • 5月 - 18日より特別放送枠として、元「第48放送」のメンバーが出演する「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜[4]」が配信開始。
  • 5月 - 「おしゃ6」の2番組のうち山崎邦正(現:月亭方正)、カンニング竹山担当の番組が更新されなくなった(ただし、番組欄の2人の顔写真は掲載されたままである)。
  • 10月 - 1日更新分で「おしゃ6バンブーチャンネル」が放送終了。変わって翌週から山崎邦正、カンニング竹山担当の「おしゃ6」が5か月ぶりに復活(ただし、番組欄のバンブーチャンネルメンバーの顔写真は掲載されたままである)。
  • 10月 - 22日更新分以降「おしゃ6」は2012年4月21日まで更新されず。
  • 11月 - 3日より特別放送枠内の「小川麻琴のドリームマッチ!」が「小川麻琴のドリームマッチ! 2nd」にタイトルを変えメンバーを変更したうえで無料放送として配信開始。
  • 12月 - 29日更新分で「おしゃ4」が最終回。メンバー変更が発表されないまま、翌週には放送枠が消滅し、レギュラー放送が5番組となる。
2012年(平成24年)
  • 4月 - 16日よりスマートフォンでも視聴可能になった。また番組ごとの配信期間も1週間から4週間に延長された(ただし番組は毎週更新される)。山崎邦正、カンニング竹山担当の「おしゃ6」が「旧おしゃ6」として特別放送枠に移動。
  • 4月 - 21日更新分より「おしゃ6」が新メンバーとなり毎週更新の有料放送として放送開始。これにより出演者が声優のみの番組が3番組に増えた。
  • 4月 - 28日更新分をもって特別放送枠内の「おしゃべりやってま〜す増刊号」が一旦終了。
  • 5月 - 3日更新分より「おしゃ4」が新メンバーにて放送開始。これにより「おしゃ1」を除くレギュラー放送のメンバー全てに声優が2人以上含まれるようになった。
  • 12月 - 特別放送枠内でスパローズ森田悟・大和一孝)とプー・ルイ(BiS)による特別番組「おしゃべりやってま〜すSP お試しやってま〜す」が12月29日と1月12日の2回(前後編)に分けて更新され、1月26日更新分以降毎週更新でレギュラー化された。
2013年(平成25年)
  • 2月 - 4日にホームページのデザインがリニューアルされた。
  • 3月 - 20日より「おしゃべりやってま〜す第48放送メモリーズ」[5]配信開始。[6]
  • 4月 - 1日より特別放送枠内の「第48放送2nd」がメンバーを変更し「第48放送3rd」としてリニューアル。
  • 4月 - 3日より「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜」がメンバーを変更し、「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ」にリニューアル。
  • 5月 - 1日より「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ メモリーズ」[7]配信開始。以後水曜日に内容追加。
  • 5月 - 6日より「おしゃべりやってま〜す第48放送2ndメモリーズ」[8]配信開始。以後月曜日に内容追加。
  • 8月 - 14日より「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ」が「おしゃべりつづけまーす ゆる☆ふる」にタイトル変更。
  • 8月 - 17日より「おしゃべりやってま〜すB!」配信開始。
  • 10月 - 17日更新分をもって「おしゃ4」が終了。
  • 11月 - 2日更新分をもって「おしゃ6」が終了。
  • 11月 - 9日よりM・A・Oを除く元「おしゃ4」・「おしゃ6」のメンバーによる「元祖おしゃべりやってま〜す くどいヨ!全員集合」配信開始。「おしゃ4」と「おしゃ6」が事実上1本の番組へ統合されたことで、出演者が声優のみの番組が再び2番組となった。
2014年(平成26年)
  • 1月 - 21日より「平松会議中」配信開始。
  • 4月 - 2日更新分をもって「おしゃべりつづけまーす ゆる☆ふる」が終了。
  • 4月 - 3日より「おしゃべり会 戦車部」配信開始。
  • 4月 - 9日より「二次元同好会総本部」が有料放送[9]にて配信開始。
  • 4月 - 14日より特別放送枠内の「第48放送3rd」が「第48放送4th」としてリニューアル及び、有料放送化[9]
  • 11月 - 25日更新分をもって「おしゃ2」が終了。

視聴方法[編集]

視聴方法は会員登録後、視聴の権利を「回数券」と称するサービス単位により購入し(購入単位は1500円で20枚、3000円で43枚[10]。ホームページ上に購入後の残り枚数が表示される)、番組ごとにその回数券(高画質映像(1MB)は4枚、通常映像(300kB)は2枚、音声のみは1枚)を使用し視聴する。また視聴した番組の配信期間内(視聴した番組の初回配信日から4週間後[11]の午前10時まで)であれば、同じ番組を何度[12]でも視聴できる[13]

現在のパーソナリティー[編集]

第19期(2014年4月 - )[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

第2放送(火曜)

第3放送(水曜)

おしゃべりやってMAX第5放送(金曜)

元祖おしゃべりやってま〜す くどいヨ!全員集合(土曜)

特別番組枠

第48放送4th(月曜・2014年4月14日より配信開始)

おしゃ5メモリーズ(火曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

平松会議中(火曜)

二次元同好会総本部[14](水曜・2014年4月9日より配信開始)

  • SKE48二次元同好会メンバー(MCは毎月2名づつ交代で出演)

おしゃべり会戦車部(木曜・2014年4月3日より配信開始)

おしゃべりやってま〜すB!(土曜)

旧おしゃべりやってまーす第6放送(土曜)

過去のパーソナリティ[編集]

第1期 (2003年5月 - 2003年9月)[編集]

月曜

火曜

水曜

木曜

第2期 (2003年10月 - 2004年4月)[編集]

月曜

火曜

水曜

  • 國府田マリ子、南かおり、ライセンス

木曜

金曜

土曜

  • (ナビゲーター) 野中藍
    • 毎回異なるMCが担当。番組全体の案内役を野中藍が務める。

第3期 (2004年5月 - 2004年8月)[編集]

月曜

火曜

  • よゐこ、平畠啓史(DonDokoDon)、水樹奈々、安めぐみ

水曜

  • 國府田マリ子、南かおり、ライセンス、長澤奈央

木曜

金曜

土曜

  • 有野晋哉(よゐこ)、ペナルティ
    • 「有野晋哉のアイドルやってまーす」と「ペナルティのクイーンとやってまーす」を隔週で放送。

第4期 (2004年9月 - 2005年3月)[編集]

月曜

  • 極楽とんぼ、おぎやはぎ、野川さくら
    • 野川さくら、フェードアウトするように途中降板。事前の告知はなし

火曜

  • よゐこ、平畠啓史(DonDokoDon)、水樹奈々、安めぐみ

水曜

  • ライセンス、長澤奈央、野中藍

木曜 (隔週)

金曜A (隔週)

金曜B (隔週)

日曜バンブーチャンネル (隔週)

  • アップダウン、アメリカザリガニ、豊岡真澄
    • アップダウンは第1回、第2回のみ。
    • アメリカザリガニは第3回から登場。

第5期 (2005年4月 - 2005年10月)[編集]

月曜

  • 極楽とんぼ、おぎやはぎ

火曜

  • よゐこ、平畠啓史(DonDokoDon)、水樹奈々、安めぐみ

水曜

  • ライセンス、長澤奈央、野中藍

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐、茅原実里
    • 放送開始以来初めて、木曜日が声優のみとなる。

金曜A (隔週)

金曜B (隔週)

  • ペナルティ、及川奈央

日曜バンブーチャンネル (隔週)

第6期 (2005年11月 - 2006年4月)[編集]

月曜

  • おぎやはぎ、東京03

火曜

水曜

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐、茅原実里

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、いもうと

日曜バンブーチャンネル (隔週)

  • アメリカザリガニ、豊岡真澄、松本さゆき

第7期 (2006年5月 - 2006年10月)[編集]

月曜

  • おぎやはぎ、東京03

火曜

  • よゐこ、平畠啓史(DonDokoDon)、水樹奈々、相澤仁美

水曜

  • ライセンス、長澤奈央、鹿野優以

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐、茅原実里

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、いもうと

土曜 (隔週)

  • 國府田マリ子、南かおり

日曜バンブーチャンネル (隔週)

第8期 (2006年11月 - 2007年3月)[編集]

月曜

火曜

  • よゐこ、平畠啓史(DonDokoDon)、相澤仁美

水曜

  • ライセンス、長澤奈央、鹿野優以

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐、茅原実里
    • 茅原実里は2006年12月で降板

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、いもうと

土曜(1部) (隔週)

  • 國府田マリ子、南かおり

土曜EX(2部) (隔週)

日曜バンブーチャンネル (隔週)

  • アメリカザリガニ、豊岡真澄、りりあん

第9期 (2007年4月 - 2007年9月)[編集]

月曜

火曜

  • 平畠啓史(DonDokoDon)、相澤仁美、新谷良子、東京03

水曜

  • ザ・ちゃらんぽらん(第9期のみライセンスより改名)、長澤奈央、鹿野優以

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐
  • (準レギュラー)神谷浩史、置鮎龍太郎

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、宮下雄也RUN&GUN)、いもうと(※ゆりを除く)

金曜バンブーチャンネル (隔週)

  • アメリカザリガニ、豊岡真澄、りりあん

土曜 (おしゃ土EXと2週交代)

  • 國府田マリ子、南かおり

土曜EX (おしゃ土と2週交代)

  • 松野太紀、板東愛、吉川未来、山口繭

日曜

  • 過去の「おしゃ木」の再放送(約3か月遅れ)

第10期 (2007年10月 - 2008年4月)[編集]

月曜

  • クロちゃん(安田大サーカス)、高橋美佳子、稲村優奈

火曜

  • 平畠啓史(DonDokoDon)、相澤仁美、新谷良子、東京03

水曜

  • ライセンス、長澤奈央、鹿野優以

木曜

  • 小野坂昌也、松来未祐
  • (準レギュラー)神谷浩史、置鮎龍太郎

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、宮下雄也(RUN&GUN)、児玉絹世

金曜バンブーチャンネル (隔週)

  • アメリカザリガニ、豊岡真澄、りりあん
    • 豊岡真澄とりりあんは2008年2月で降板

土曜 (おしゃ土EXと2週交代)

  • 國府田マリ子、南かおり

土曜EX (おしゃ土と2週交代・12月15日更新分で終了)

  • 松野太紀、板東愛、吉川未来、山口繭

日曜

  • 過去の「おしゃ木」の再放送(約3か月半遅れ)

第11期 (2008年4月 - 2008年12月)[編集]

月曜

  • クロちゃん(安田大サーカス)、高橋美佳子、稲村優奈、又吉愛

火曜

  • 平畠啓史(DonDokoDon)、相澤仁美、新谷良子、松来未祐
  • (準レギュラー)ハイキングウォーキング
    • ハイキングウォーキングは6月からゲスト扱い
    • 8月からはハイキングウォーキングのうち鈴木Q太郎のみ準レギュラーに復帰、松田洋昌はゲスト扱い
    • 11月から松田洋昌も準レギュラーに復帰

水曜

木曜

  • 小野坂昌也、神谷浩史、ローリー(謎の覆面女性声優
  • (準レギュラー)置鮎龍太郎
    • ローリーは2008年4月24日更新分から3回のみの登場で正体を明かさずに降板

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、宮下雄也(RUN&GUN)、児玉絹世

金曜バンブーチャンネル (隔週)

土曜A (おしゃ土Bと2週交代)

  • 國府田マリ子、南かおり

土曜B (おしゃ土Aと2週交代)

  • 東京03、長澤奈央、鹿野優以

日曜
過去の「おしゃ木」の再放送(約3か月半遅れ)

第12期 (2009年1月 - 2009年4月12日)[編集]

月曜

  • 宮野真守
  • (レギュラーゲスト)山里亮太(南海キャンディーズ)

火曜

  • 平畠啓史(DonDokoDon)、相澤仁美、新谷良子、松来未祐
  • (準レギュラー)ハイキングウォーキング

水曜

  • ライセンス、木村まどか、田中涼子

木曜

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

金曜 (隔週)

  • 山崎邦正、竹山隆範(カンニング)、村田あゆみ、宮下雄也(RUN&GUN)、まなみ、児玉絹世
    • 村田あゆみは2009年1月で降板

金曜バンブーチャンネル (隔週)

土曜

  • 東京03、長澤奈央、鹿野優以

日曜

  • 過去の「おしゃ木」の再放送(約2か月半遅れ)

第13期(2009年4月20日 - 2010年12月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、木村まどか、大谷澪、藤原の妹(立花ゆか、ふるかわあやか)、原田ひとみ
    • 木村まどかは、2009年12月で降板
    • 立花ゆかとふるかわあやかは、ライセンス藤原の妹オーディション合格後、2010年1月から藤原の妹として(放送ではどちらか1人のみ)登場、4月で降板
    • 原田ひとみは2010年4月26日更新分から登場、2010年12月で降板

第2放送(火曜)

  • 宮野真守
  • (レギュラーゲスト)山里亮太(南海キャンディーズ)

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣

第4放送(木曜)

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送バンブーチャンネル(土曜・隔週)

第6放送(土曜・隔週)

  • 山崎邦正、カンニング竹山、愛実、谷麻紗美
特別番組枠

第48放送(2010年3月24日より隔週水曜更新、5月20日より特別番組枠内(水曜更新)でレギュラー化)

第14期(2011年1月 - 2011年4月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、齊藤夢愛、荒浪和沙、佐藤歩
    • 佐藤歩は、2011年4月11日更新分からレギュラー化

第2放送(火曜)

  • 宮野真守
  • (レギュラーゲスト)山里亮太(南海キャンディーズ)
    • (準レギュラーゲスト/自称レギュラー)ベジータ(R藤本)※ 隔週出演

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣

第4放送(木曜)

  • 東京03、鹿野優以

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送バンブーチャンネル(土曜・隔週)

  • アメリカザリガニ、金田朋子、佐藤聡美
    • 金田朋子は、2011年4月からおしゃ6を離れ、他の番組(おしゃ1 - おしゃ4)を放浪中

第6放送(土曜・隔週)

  • 山崎邦正、カンニング竹山、愛実
特別番組枠

おしゃ5メモリーズ(火曜・2008年4月17日更新分以降のおしゃ木(現・おしゃ5)の再放送)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第48放送(水曜)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

心霊夜話〜ガチで怖い○○〜(金曜)

  • 西浦和也(にしうらわ)、鎌田紘子、緑川悦子

第15期(2011年5月 - 2011年9月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、齊藤夢愛、荒浪和沙、佐藤歩

第2放送(火曜)

  • 宮野真守、高橋美佳子、ベジータ(R藤本)
  • (レギュラーゲスト)山里亮太(南海キャンディーズ)

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣

第4放送(木曜)

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送バンブーチャンネル(土曜・隔週)

  • アメリカザリガニ、佐藤聡美
特別番組枠

第48放送2nd(月曜)

おしゃ5メモリーズ(火曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜(水曜)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

小川麻琴のドリームマッチ!(木曜)

北野誠のおまえら聴くな。(月初めの金曜・2011年5月21日更新分からレギュラー化)

  • 北野誠、西浦和也(にしうらわ)

平山夢明のFKB怪奇ドラッグ(月初め以外の金曜・隔週・2011年6月10日更新分からレギュラー化)

増刊号(土曜)

  • 金田朋子
  • (聞き手)番組プロデューサー

第16期(2011年10月 - 2012年4月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、齊藤夢愛、荒浪和沙、佐藤歩

第2放送(火曜)

  • 宮野真守、高橋美佳子、ベジータ(R藤本)
  • (レギュラーゲスト)山里亮太(南海キャンディーズ)

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣

第4放送(木曜・12月29日更新分で終了)

  • 東京03、チェン・チュー(SDN48)、相川友希(SDN48)

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送(土曜・隔週)

  • 山崎邦正、カンニング竹山、愛実
特別番組枠

第48放送2nd(月曜)

  • 佐藤実絵子、加藤るみ、上野圭澄(いずれもSKE48)

おしゃ5メモリーズ(火曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜(水曜)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

小川麻琴のドリームマッチ!(木曜・2011年8月25日更新分で終了)

  • 小川麻琴、エール橋本(東京ペールワン)、いとうあこ

小川麻琴のドリームマッチ! 2nd(木曜・2011年11月3日更新分からタイトルとメンバーを変更)

北野誠のおまえら聴くな。(月初めの金曜・2011年12月2日更新分で終了)

  • 北野誠、西浦和也(にしうらわ)

平山夢明のFKB怪奇ドラッグ(月初め以外の金曜・隔週)

  • 平山夢明、BBゴロー

増刊号(土曜)

  • 金田朋子
  • (聞き手)番組プロデューサー

第17期(2012年5月 - 2013年3月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、佐藤歩

第2放送(火曜)

  • 宮野真守、高橋美佳子、ベジータ(R藤本)、山里亮太(南海キャンディーズ)

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣

第4放送(木曜)

  • 柳原哲也(アメリカザリガニ)、山口勝平、朴璐美

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送(土曜・4月21日更新分より放送開始)

特別番組枠

第48放送2nd(月曜)

  • 佐藤実絵子、加藤るみ、上野圭澄(いずれもSKE48)

おしゃ5メモリーズ(火曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜(水曜)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

第48放送メモリーズ[5](水曜・2013年3月20日より再配信開始)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

平山夢明のFKB怪奇ドラッグ(月初め以外の金曜・隔週、2012年5月25日更新分で終了)

  • 平山夢明、BBゴロー

おしゃべりやってま〜すSP お試しやってま〜す(土曜・2012年12月29日更新分より放送開始。3月30日更新分で終了)

旧おしゃべりやってまーす第6放送(土曜・2012年4月16日よりレギュラー番組枠から特別番組枠へ移動)

  • 山崎邦正、カンニング竹山、愛実

第18期(2013年4月 - 2014年4月)[編集]

レギュラー番組枠

第1放送(月曜)

  • ライセンス、佐藤歩

第2放送(火曜)

  • 宮野真守、高橋美佳子、ベジータ(R藤本)、山里亮太(南海キャンディーズ)

第3放送(水曜)

  • 松来未祐、新谷良子、中原麻衣
  • (隔週レギュラー)金田朋子

第4放送(木曜・10月17日更新分で終了)

  • 柳原哲也(アメリカザリガニ)、山口勝平、朴璐美

第5放送(金曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

第6放送(土曜・11月2日更新分で終了)

  • 関智一、小西克幸、M・A・O(市道真央)

元祖おしゃべりやってま〜す くどいヨ!全員集合(土曜・11月9日更新分より放送開始)

  • 山口勝平、関智一、朴璐美、小西克幸、柳原哲也(アメリカザリガニ)
特別番組枠

第48放送3nd(月曜)

  • 佐藤実絵子、斉藤真木子(いずれもSKE48

第48放送2ndメモリーズ[8](月曜・2013年5月6日より再配信開始)

  • 加藤るみ、佐藤実絵子、上野圭澄(いずれもSKE48)

おしゃ5メモリーズ(火曜)

  • 小野坂昌也、神谷浩史、置鮎龍太郎

平松会議中[15](火曜・2014年1月21日より配信開始[16]

  • 平松可奈子

おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ → おしゃべりつづけまーす ゆる☆ふる[17](水曜)

  • 加藤るみ、中西優香、古川愛李、古畑奈和(いずれもSKE48)

第48放送メモリーズ[5](水曜)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ メモリーズ[7](水曜・2013年5月1日より再配信開始)

  • 中西優香、平松可奈子、古川愛李(いずれもSKE48)

おしゃべりやってま〜すB!(土曜・2013年8月17日より配信開始)

  • シソンヌ、明坂聡美、山本希望

旧おしゃべりやってまーす第6放送(土曜)

  • 月亭方正(山崎邦正)、カンニング竹山

脚注[編集]

  1. ^ おしゃ月〜おしゃ木・おしゃ土は隔週で2本撮り、おしゃ金とバンブーチャンネルは隔週撮りされていた。また、おしゃ日(おしゃ木の再放送)の前後にある神谷浩史によるナビゲーション部分(おしゃ木収録後に撮影されている)にたびたび金田朋子が乱入していることからおしゃ木とバンブーチャンネルは同じ日に収録されていたと思われる。
  2. ^ メンバー的には「おしゃ1←おしゃ水」、「おしゃ2←おしゃ月」、「おしゃ3←おしゃ火」、「おしゃ4←おしゃ土」、「おしゃ5←おしゃ木」、「おしゃ6←おしゃ金」のように変更となっている。
  3. ^ 「おしゃべりやってまーす第5放送」はのちにタイトルが「おしゃべりやってMAX(マックス)第5放送」に変更(略称は「おしゃ5」のまま)。
  4. ^ 番組名は2011年5月18日更新分の番組内で発表。
  5. ^ a b c 「おしゃべりやってま〜す第48放送」第13、14期分の再放送。
  6. ^ 2013年4月24日に更新終了。2013年12月1日まで配信予定。
  7. ^ a b 「おしゃべりつづけまーす ハピ☆ホリ〜Happy Holic Days〜」第15 - 17期分の再放送。
  8. ^ a b 「おしゃべりやってま〜す第48放送2nd」第15 - 17期分の再放送。
  9. ^ a b 更新日当日の10:00~21:00まで「サービスタイム」として無料配信。
  10. ^ ただし、改変時期には回数券増数キャンペーンと称し1500円で23枚、3000円で50枚を購入できるようになる。またこの期間内の1週間のみレギュラー放送が30分の無料放送となる。
  11. ^ 2009年4月20日から2011年4月15日までに配信されたものは1週間後(次回配信日の午前10時)までだった。
  12. ^ ただし、通常映像を視聴後に高画質映像を視聴する場合や、音声のみを視聴後に通常映像を視聴する場合は、足りない分の回数券(前者の場合は2枚、後者の場合は1枚)を使用することで視聴できる。
  13. ^ 2009年4月19日以前の有効期限は、回数券を使用した翌日の午前10時(午前0時以降に使用した場合は当日の午前10時)まで(最大丸1日)であった。
  14. ^ 正式タイトルは2014年4月16日更新分で発表されたため、それまでは「SKE48の新番組」という仮タイトルで配信されていた。
  15. ^ 正式タイトルは2014年2月4日更新分の番組内で発表されたため、それまでは「平松可奈子の新番組」という仮タイトルで配信されている。
  16. ^ 2013年12月19日に告知動画が事前配信された。
  17. ^ 2013年8月14日更新分にてタイトル変更。またタイトル変更を行なうのに当たり、5月15日~7月3日更新分まで「梅風る生(仮)」の仮タイトルが付けられていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]