小木博明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小木 博明
本名 小木 博明(ぎ ひろあき)
ニックネーム 小木くん、センス小木、オギーブン、小木さん
生年月日 1971年8月16日(42歳)
出身地 東京都板橋区ときわ台
身長 178cm
方言 東京弁
最終学歴 東京都立北野高等学校
コンビ名 おぎやはぎ
相方 矢作兼
芸風 漫才コント(ボケ)
立ち位置
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1996年 -
同期 ガレッジセール次長課長 など
他の活動 俳優
配偶者 森山奈歩2006年10月結婚)
親族 森山良子(義母)
森山直太朗(義弟)
かまやつひろし(姻戚)

小木 博明(おぎ ひろあき、1971年8月16日 - )は、日本の男性お笑い芸人である。本名、小木 博明こぎ ひろあき)。 おぎやはぎボケ担当。相方は矢作兼プロダクション人力舎所属。愛称は小木くん、センス小木、オギーブン。バナナマン土田晃之など一部の年下の芸人からは先輩後輩かかわらず『小木さん』と呼ばれている。

身長178cm、体重75kg。日本メガネ党の党首。矢作は幹事長を務める。

経歴[編集]

東京都板橋区出身。父親は福井県の出身である。

東京都立北野高等学校(現:東京都立板橋有徳高等学校)卒業後、オリエンタルランドに入社。テーマパークマネージャー職を経て、旅行代理店に転職。約1年間ハワイに滞在し、VIPの旅行手配を行っていたが、バブルがはじけた影響で会社が倒産。帰国後はタワーレコードに就職し、アメリカ本社への商品の手配などを担当していたところ、高校時代からの友人・矢作に誘われ、1995年におぎやはぎを結成。

2006年10月10日に元歌手の森山奈歩と6年間の交際を経て結婚・入籍。よって森山良子は義母、森山直太朗は義弟、かまやつひろしTAROかまやつティーブ・釜萢らは姻戚関係にあたる。

2008年に自身初出演となる映画『ピューと吹く!ジャガーTHE MOVIE』に出演。

かつてはレストラン・ゼスト恵比寿店の駐車場で車庫入れのバイトをやっていたので「車庫入れキング」を自称していたが、ナニコレ珍百景では全ての車庫入れが出来なかったので返上している。

2011年1月4日放送、IPPONグランプリ 2011開幕戦(フジテレビ)にて初出場ながら優勝。

人物[編集]

特技・趣味[編集]

  • 高校時代にはファンクラブがあるほどの人気でモテていた。
  • スポーツ万能であり、特技はバク転サッカー古河電工から誘いがあったくらいうまい)、フォークボールゴルフ(ベストスコア85)、ボウリング盗塁(一度も失敗したことがない)。
    • フットサル企画で日テレ・ベレーザと対戦したときでは「小木45°」というゴール前右45°の位置からシュートをして決めるというプロ顔負けのシュートを披露した。
    • 2009年8月3日放送分の『おねだり!!マスカット』では、ゴルフの打ち放し練習場で体を半回転させるほどフルスイングし、池を越えて向こう岸のネットにボールをタッチさせるという離れ業を見せた。
    • ラーメンズバナナマンと共に行ったライヴ!!君の席のコント中に日村勇紀がバク転に失敗した際に、「お前にはできねぇよ」と言い、日村が「じゃあお前やってみせろよ!」と言った直後にバク転を成功させた。
  • 頭文字を言えば、有名人以外の名前をパッと言えるという特技があると語っているが、普通では絶対ありえない苗字や名前(例:ねじまはじま等)、前に言った名前と似てしまう等、出演者からは総ツッコミを喰らい、特技とは言えない事になっている。
    • 笑っていいとも!』の月曜コーナー「デタラメタレント名鑑 デタレメ」は 小木が考えた適当な苗字を言って下の名前を芸能人にいない名前を答えるというゲームと全く同じである(小木がテレビ番組で披露したのがはるかに先である)。
  • 神社、偉人の墓参りが趣味で暇があれば妻と行っている。キリストの墓で「いぼがとれますように」と祈ったら次の日いぼが全部取れたというオカルトちっくなエピソードが多い。
  • ボウリングのベストスコアは257である
  • 2013年現在の愛車はランドローバー・レンジローバーイヴォークラーダ・ニーヴァアルファロメオ・ジュリア(段付きのGT1300ジュニア)。元々カーマニアであり、過去には10台以上の車を乗り継いでいる[1]
  • 2010年代以降、資産運用にも興味をもっている。2011年9月29日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、香港で金の豚ネックレス(夫婦で87万円相当)を購入させられたほか、その後も同番組において何度となく金製品を売却→購入させられている。

家族[編集]

  • 男3兄弟の末っ子。
  • 妻との出会いは、まちゃまちゃが小木に「ファンの女の子が会いたがっているから紹介する」と言って森山奈歩を小木の楽屋に連れて行ったのがきっかけ。初対面の日は2000年6月5日であったとはっきりと覚えているという[2]
  • 2009年1月に長女(まある)が誕生。育児にも積極的である[3]
  • 小木は交際相手が誰か発覚する以前、よくラジオ[4]で「ちょっとブサイクな彼女」「ウーパールーパー似」と奈歩を表現していた。『おぎやはぎnoだっぴんぐ』では矢作に「ブス専で有名」と言われるが、強い否定はせず「(奈歩の)ハートは普通」と答えている。『踊る!さんま御殿!!』では「俺の彼女、ブサイクだけど愛してます」と顔を真っ赤にして発言した。なおこれらの発言を行った際、共演者に交際相手が森山良子の娘であることを明かしていなかったため、共演者である明石家さんまYOUもこれに乗る形で大御所の娘を弄ることとなってしまった。そのため、後に事実が発覚した際には彼らからお叱りを受けている。
  • 義母である森山良子を、「ざわわ」と呼ぶことがある。
  • 結婚後しばらくは、妻の実家に居候しており、森山直太朗の部屋を自分の部屋にし、直太朗に対しては兄であるにもかかわらず自分よりも大物だと感じているため敬語で喋っていた。

その他[編集]

  • コンビ名が「おぎやはぎ」で芸名も「小木博明(おぎ ひろあき)」のため、本名も「小木(おぎ)」と思われがちだが本名は「小木博明(こぎ ひろあき)」。しかし家族の人たちも「こぎ」よりも「おぎ」の方が言い易いしかっこいいということで「おぎ」と名乗っている。
  • 友人で、ゴルフ仲間でもあるアンタッチャブル柴田英嗣とゴルフに行った際、常にリップクリームを持参し、唇に塗りたくるなど、異常に口が乾燥するのを気にしていた。
  • 「ざわわ」と揶揄しても許されている森山良子とは一緒に食事に出かけるほど仲がよい。ある日一緒に食事に行った先でサインを頼まれ、森山にサイン名として「もりやはぎにしましょう」と言われた。しかし後で考えると自分の芸名の「おぎ」が入っておらず微妙な気持ちになったという。
  • 2006年日本テレビ系『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で看板コーナー「24時間チャリティーマラソン」で完走したアンガールズがゴール直後にコメントを求められた際、田中卓志がゴールした後「小木さん〜!」と絶叫していた。これは、小木が田中に「もしゴール出来たら海に連れて行く」と約束していたためである。しかし、小木は当日ボウリングに遊びに行っていたため2人の活躍を全く知らなかったとのこと(ただし、海には連れて行ったとのこと)。
  • 上記のように田中は小木のことを大変慕っており、「小木さんは本当は凄いひとなんだ」など良く発言している。また遊べない日が続くと、ブログに「小木さんと遊べない日が続いていて心にポカーンと穴が開いたように寂しい・・・」など、よく弱音を書いたりしている。
  • 出川哲朗も小木を評価しており、ヘルニアの手術の前日に小木の舞台をわざわざ観に行っている。その際「小木良かったよ。小木は存在だけで雰囲気を作れるから舞台で映える」「とにかく良かった」と抽象的に褒めてくれた。またアメトーークのドラフト会議でも「小木は単体でも面白いから」と言い張り6位指名している。
  • 笑福亭鶴瓶は森山直太朗がA-Studioに出た際に「小木は不思議な魅力と面白さがある人やでぇ。いくらマイペースでも許せてまうんやもんなぁ。一緒にいると魅せられるね」と語る。
  • ゴッドタン』にて岩佐真悠子からいつもエロい目で見ているといわれ犬猿の仲という設定でコントをやっている。普段から岩佐から蹴られたり殴られたりするらしい。後のバナナマン設楽の証言によると、番組収録中も岩佐は本気で小木を殴っており、バキ、ボクなどの音が鳴り響いていたらしいが、小木は泣きそうな顔をしながら耐えていた。
  • 2007年3月9日に発売された写真週刊誌FRIDAY」に『AV女優との密会シーン』と称する写真が掲載される。小木はマスコミに対して、以前からこのAV女優とはアンジャッシュ児嶋の紹介で仲が良かったもので何も無かったと弁明した。また、「その場でAV女優側にはめられた状況に気づいた(これはAV女優側の売名行為という事を暗に示唆している)」という趣旨の事をテレビマスコミにも語っている。実際には食事をした際、もう1人友達を呼んで同席しており、実際は2人で会っていたわけではなく食事しかしていない事は「FRIDAY」にも記載されていた。だが、写真については、3人でいる筈のところ2人きりでいるかのように明らかに意図的な構図で撮影されたものであった。したがって実際には浮気や密会とは到底言い難い状況であり、ダウンタウンの松本人志もラジオ番組(『放送室』)の中で「小木、はめられたな」と語るなど、芸人や芸能関係者の多くからも同情の声が上がる様な記事内容であった。
  • なお、密会の相手とされたAV女優の宝月ひかるはブログにて真っ向から記事内容を否定した。フライデーされた本人のものとされるメールも自身のブログにて自分のものではないと否定している。
  • おねがい!マスカット』『おねだり!!マスカット』で共演しているRioをいたく気に入っており、台本に「小木Rio」と落書きするほど。番組内でのRioの扱いは「著しく公平性に欠く」とまで言われるほどである。そのため妻である森山奈歩は本当にRioのことを嫌っている、と本人の口から述べられたことがある。また、同じく共演している吉沢明歩桜木凛も可愛がっているが、かわいい甲子園ではRioと吉沢明歩は全試合ホームラン(キャンパスナイトフジでも)にしているが桜木凛は全試合ホームランではない。
  • 準レギュラーで出演している『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)ではメイン司会のとんねるずに余所者扱いされている。2011年以降は、共演者などから「小木くん」と呼ばれている。
  • ゴールデンタイムに昇格したばかりのVS嵐に「中堅芸人チーム」の一員として出演した際(この日の嵐チームのプラスワンゲストとして志村けんが出演していた)、今までのゲームで活躍していなかったとして最後のゲーム「バンクボウリング」をやることになった(この時中堅芸人チームは僅差ながら嵐チームに勝っていた)。そして嵐チームが先行の結果やや得点で有利になり、後攻で行った際に大御所である志村けんの顔を立てる為に負けるという空気になっていた。しかし小木の投げたボールに当たったピンがドミノ式に大量に倒れてしまい、結果中堅芸人チームが勝利を収めた(共演した宮迫博之曰く、「なにこのヌルッとした勝ち方。」)。相方の矢作兼曰く、「(こういう状況で)小木は絶対やっちゃうんですよ。」。(2009年10月29日放送)
  • 「芸能界で1番エッチしたい人」として小嶋陽菜を挙げた[5]

主な出演作品[編集]

テレビレギュラー[編集]

おぎやはぎとしての出演は、おぎやはぎの項を参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 尋常人間ZERO(2008年3月28日 - 2008年3月30日)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特別企画!おぎやはぎへのプレゼンショー! - 『おぎやはぎの愛車遍歴』(BS日テレ)
  2. ^ 内村さまぁ〜ず #20』より
  3. ^ 2009年『さんま&くりぃむの第2回芸能界(秘)個人情報グランプリ』より
  4. ^ おぎやはぎのメガネびいき
  5. ^ 2013年1月5日付放送のうまズキッ!にて、本人の発言
  6. ^ DREAM競馬』などでは非対応。
  7. ^ “芸人VSなでしこJAPAN「炎の体育会TV」初回でサッカー対決”. お笑いナタリー. (2011年10月10日). http://natalie.mu/owarai/news/57774 

外部リンク[編集]