河口恭吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河口恭吾(かわぐち きょうご、1974年10月1日 - )は、男性歌手シンガーソングライタークラウンレコード所属。作詞作曲のクレジットは河口京吾。栃木県佐野市出身。佐野市立北中学校栃木県立足利南高等学校卒業。

来歴[編集]

2002年4月~1年間e-radioでDJを務める。その時にリスナーとのコミュニケーションで作られた『オメガの記憶』がその年の滋賀の高校野球のテーマ曲になり県内で話題を呼ぶ。そのため、ブレイクした後もしばしば滋賀県を訪れ雑誌の対談やイベント、番組などに出演し、河口恭吾自身も滋賀を栃木に次ぐ第二の故郷と語っている。

2003年4月に日立マクセル系のレコード会社から「桜」をリリースする。3月~7月まで有線ラジオ放送問い合わせチャートでダントツの1位を記録する。しかし、レコード会社がなくなり(日立マクセルが音楽事業から撤退のため、その事業会社であるマクセル・イーキューブを解散)、ワーナーミュージック・ジャパンに移籍。同年12月10日に『桜』を再リリースし大ブレイクする。

2005年にかねてから河口ではないかと噂されていた、ダイハツ「タントカスタム」CMで尾崎豊の「I LOVE YOU」をカヴァーしていることが判明した。尾崎豊のプロデューサーだった須藤晃が河口を指名して実現した。

2006年にベストアルバムを発売し日本クラウンへ移籍した。

2007年4月3日に上野公園水上音楽堂で行われたキンモクセイ のフリーライヴにゲスト参加し、河口本人の曲「桜」をキンモクセイとデュエット。約1,000人の観客を驚かせた。7月には、中孝介のアルバム『ユライ花』に「サヨナラのない恋」を楽曲提供。8月18日には、大阪・服部緑地野外音楽堂でライヴ「夏を旅する10月の息子」を開催。Soweluや中孝介ら豪華アーティストがゲスト出演した。

2009年伊藤一朗のアルバムにボーカルとして参加することが決定した。

2011年6月13日、タレントのセシリアと近日中に婚姻届を提出すると報じられた[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 世界中がセンチメンタル (1995年10月4日、FLDF-1577)
    • ANB系「週刊地球TV」オープニング・テーマ
  2. 真冬の月 (2000年11月22日、WISE-1002)
    • JFN系「志村けんのFIRST STAGE」エンディング・テーマ
    • CX系「Shimura-X天国」エンディング・テーマ
  3. ガーベラ (2002年2月21日、EQCA-8)
    • 丸大食品「ソルトレイクシティオリンピックキャンペーン」CMソング
  4. オメガの記憶 (2002年8月21日、EQCA-9)
  5. (2003年4月30日、EQCA-10)
    • ANB系「あの恋をもう一度~1億3千万人のメロドラマ~」エンディング・テーマ
  6. (2003年12月10日、WPCL-10065)
  7. 愛の歌 (2004年5月19日、WPCL-10087)
    • c/w ディレイタイム:映画「あなたにも書ける恋愛小説」テーマ・ソング
  8. A Place In The Sun (2004年8月4日、WPCL-70021)
  9. 水曜日の朝 (2004年8月25日、WPCL-70023)
    • KDDI「au PLAY MUSIC! PLAY au!」キャンペーンCMソング
  10. 夢の真ん中/胸の言葉 (2005年2月16日、WPCL-10165)
    • 夢の真ん中:映画「MAKOTO」主題歌
    • 胸の言葉:映画「MAKOTO」挿入歌
  11. 私のすべて (2005年8月24日、WPCL-10216)
  12. ホントは幸せ (2006年6月28日、CRCP-10413)
  13. 会社をやめて旅に出よう (2006年8月23日、CRCP-10416)
  14. 景~hikari~/手紙 (2006年12月27日、CRCP-10159)
  15. 幸福の歌 (2007年4月18日、CRCP-10165)
    • c/w ずっと二人で:さくら不動産「CEREZO COURT」CMソング
  16. ただいま -七夕篇- (2008年7月23日、MBR-0002)
  17. ただいま (2008年9月17日、CRCP-10192)
  18. 未来色プロポーズ feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)(2008年11月5日、CRCP-10208)
    • 秋のエピローグ
    • 未来色プロポーズ(instrumental)

オリジナルアルバム[編集]

  1. STARS FROM DECADE ~輝ける星たち~ (2003年2月21日、EQCA-50005)
  2. 日々燦々 (2004年9月23日、WPCL-10123)
  3. 風と落ち葉の季節に (2005年9月21日、WPCL-10217)
  4. 普通に生きてゆく事は意外と難しい (2006年10月25日、CRCP-40160)
  5. HORIZONT meets 常田真太郎 (2008年11月26日、CRCP-40220)
  6. WOMANING (2009年11月11日、CRCP-40258)

カバーアルバム[編集]

  1. 君を好きだったあの頃 (2007年11月21日、CRCP-40188)

ベストアルバム[編集]

  1. I LOVE YOU ~singles~ (2006年2月22日、WPZL-30422/3、WPCL-10256)

再発盤[編集]

  1. STARS FROM DECADE ~輝ける星たち~ (2005年2月16日、WPCL-10166)
    • メジャー再発盤

参加作品[編集]

  1. 「人間の証明」オリジナルサウンドトラック (2004年8月25日、WPCL-10121)
    • 「A Place In The Sun (S.T. Mix)」収録
  2. Love The Earth (2005年3月9日、WPCR-12034)
    • 「愛の歌」収録
  3. LAST DAYS tribute to Mr.K (2006年4月5日、AVCF-22746)
    • 「あれから」収録
  4. J-POP ベストヒット・カヴァー (2008年3月19日、AVCD-23550)
  5. Respect 〜J-BALLADE COVER COLLECTION〜 (2008年8月6日、UICZ-8042)
  6. コトノハ2 (2009年1月28日、XNYY-10007)
    • 「メロディー」収録
  7. DIVERSITY/伊藤一朗(2009年8月5日、AVCD-23927)
    • 「Re:待つ夜」収録
  8. RAP X COVER/童子-T(2012年12月19日、UPCH-20302)
    • 「また君に恋してる feat.河口恭吾」収録

DVD[編集]

  1. 愛の歌 (2004年6月9日、WPAL-10002)

提供楽曲[編集]

コンサート[編集]

ツアー[編集]

  • 走れ、十月の息子(17公演)
  • 旅する十月の息子~前編~(24公演)
  • LIVE TOUR 2006 「もうチョイチョイ旅する十月の息子」(13公演)
  • 地球兄弟 CARAVAN LIVE TOUR 2007 旅人:河口恭吾篇(8公演)

その他[編集]

テレビ出演[編集]

CM出演[編集]

『桜』の疑惑[編集]

  • 河口が全国区の歌手になるきっかけを作った楽曲『桜』が、徳永英明が1993年に発表した楽曲『僕のそばに』に酷似している、という疑惑があがった。
  • 当時ネットでも話題になり、疑惑検証サイトまで立ち上がるほどだったが、マスコミはまったく取り上げなかった。河口本人はこの疑惑を否定しており、サイトのBBS削除という手段にまで発展し、否定し続けた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「桜」の河口恭吾 年下ハーフタレントと結婚

外部リンク[編集]