常田真太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
常田真太郎
基本情報
出生 1978年2月25日(36歳)
出身地 愛知県名古屋市緑区
職業 作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 鍵盤
活動期間 1999年 -
レーベル BMG JAPAN
公式サイト オフィスオーガスタ 公式サイト

常田 真太郎(ときた しんたろう、1978年2月25日 - )は、日本ミュージシャンスキマスイッチで鍵盤、トータルアレンジを担当。通称「シンタくん」。愛知県名古屋市緑区出身。既婚。

来歴について[編集]

  • 1978年2月25日愛知県名古屋市緑区にて誕生。幼少期から中学生時代にかけては、サッカースキー野球などスポーツに夢中だった。
  • 高校生になり、1992年バルセロナオリンピックでの古賀稔彦の金メダル獲得に感銘を受けたことから、柔道部に所属する。その後、女の子からモテたい一心でバンド活動を始め、2年時の文化祭で初めて鍵盤を弾く。
  • 高校を卒業した年の夏に、バンド仲間の1人だったヨツヤタカヒロ.大橋卓弥の中学時代の先輩で、彼を通じて大橋と出会う。この時、大橋は常田に対し「ちぃ~っす」と挨拶をしており、その時の印象は「すごく斜に構えた怖い人だな」という印象だった。
  • それまで研究者になる事を夢見ていたものの、バンド活動をきっかけに本格的に音楽に目覚める。
  • 専門学校を出た後、いくつものバンドを掛け持ちながら、他アーティストの楽曲アレンジなどを手がけ、さらにインディーズレーベル「空間レコード」の経営も行う。
  • 大橋が1人で活動していることを知り、彼の歌声とメロディセンスに惚れ込んでいた常田は、一緒に音楽をやろうと積極的にアプローチを続ける。しかし、当時の大橋は、常田に対して良い印象を持っていなかったため、結成には至らず(当時は鍵盤担当ながら大橋よりも下手だったことが一因)。
  • ある日、大橋からある楽曲のアレンジなどのレコーディングを頼まれ、引き受ける。その後、その楽曲を他の作品と共に売り込みに行くと、その曲が群を抜いて高評価を受ける。その時「組んでるの?」と聞かれ、即座に「はい、組んでます。」と言ってしまったため、後に引けなくなってしまった常田は、その日の夜に電話で大橋に「組むことになったから」と言い、デビューできるなどと言い包めてスキマスイッチを結成。
  • スキマスイッチとしての活動以外にも、自身のプライベートレーベル「doppietta」を立ち上げ、プロデュースワークにも精力的に取り組んでいる。
  • 2005年に一般人の女性と結婚。
  • 2007年年末に第1子誕生。
  • 2008年初頭、トレードマークのアフロを断髪。

人物について[編集]

  • サッカーガンダムをこよなく愛している。「アメトーク」の「サッカー日本代表応援芸人」にも出演したが、登場の際土田晃之などの常連出演者の後で最後に登場してあまりに馴染んでいたため観客がしばらく本当に気付かなかった(雨上がり決死隊曰く「みんなが『あの芸人さん誰だっけ?』って眼をしていた」)。
  • FIFAコンフェデレーションズカップ2013が開催された際には、NHKサタデースポーツ闘莉王とともにコメンテーターとして呼ばれた。
  • サッカーでは、特にACミラン川崎フロンターレの大ファンでもあり、川崎のホームの試合で2回始球式にも登場している。
  • ガンダムでは、「MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0」のプロモーションに参加した。
  • プレイステーション2で発売されているサッカーゲーム『ウイニングイレブン』が好きで、川崎フロンターレ中村憲剛選手等対戦仲間数多くいる。
  • 酒・タバコとは無縁で、特に酒はアレルギーがあるので飲めない。宴会の席では、酒が大好きな上に酔っ払いやすい大橋の面倒をみている。
  • たこわさが大好きで、ライブ終了後の打ち上げでは毎回食べるほどだという。
  • 高所恐怖症で、ジェットコースターが大の苦手。
  • 文章を読む・書くことが非常に好きで、ファンクラブで自らライナーノーツを書いている。
  • プロのカメラマンである父親の「要求に対して120%で応えないと意味が無い」という言葉の影響もあってか、完璧主義な部分がある。
  • 車庫入れが苦手で家の壁で頻繁に車に傷をつけ、また奥さんの自転車をひいてしまった。そのため、『Music Lovers』出演時には、素敵な男の条件として「車庫入れがササっと出来る人」と発言している。
  • ライブのMCなどではほとんど鍵盤の前に座ったままで、立って話すことは滅多にない。鍵盤を弾くときは裸足。
  • 幼少の頃からドラえもんが好きで、映画のテーマソングを手掛けることができたことを非常に喜んでいた。
  • 「アフローズ」という草サッカーチームに所属。キャプテンで背番号は3。
  • また、「SWERVES」という芸能人と元Jリーガーの所属するサッカーチームを率いており、Jリーグやフットサルの公式戦の前座などで試合をしている。
  • 一番好きなポケモンはウインディ

髪型について[編集]

  • デビュー当時の常田の髪型はアフロヘアーであり、多くの芸能人からネタにされていた。本人は、「鍵盤はボーカルより地味なポジションだから、髪型ぐらいは派手にしておかなければならない」と述べており、過去にもドレッドヘアーなど様々な奇抜な髪型にしていた。
  • しかし、実を言うとアフロをやめたかったらしく、いつまで続けるかと聞かれる度「そろそろやめたい」と答えていた。だが、所属している芸能事務所オフィスオーガスタの社長などから強い要望があり、本人も開き直ったため、しばらく続けていたが、2007年、髪を切りアフロヘアーをやめた。
  • 本人曰く、現在のチャームポイントはヒゲであるという。また、アフロヘアーの後は、長髪帽子をかぶっている。
  • 過去、本人はアフロヘアーをやめるタイミングがなかなか見つからないとテレビ等のインタビューで語っている。
  • 2008年11月24日に日本武道館で行われたmihimaru GTの全国ツアーのファイナル公演にゲスト出演した際は、黄色のアフロキャップをかぶって登場した。
  • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』出演時に憧れである野村忠宏に「髪の長い奴に、柔道が強い奴はいない」と言われた。
  • ミュージックステーション』出演時には、2006年8月頃から、アフロを模した1回り大きいマイクをトークの時に使っている。2007年7月14日、司会のタモリにそのマイクの名前を聞かれた際に「アフロマイク」と名づけている。同年8月3日出演の際には、「(Mステ)400回記念マイク」としている。
  • ズームイン!!SUPER』にシングル「全力少年」PRでゲスト出演した際に、アフロを思い切って断髪する企画があったが、結果はアフロにラテン系の髪飾りをつけるだけに終わっている。

作品について[編集]

プロデュース楽曲について[編集]

映画・テレビ音楽・その他について[編集]

他アーティストと共演した楽曲について[編集]

  • HOME MADE 家族 - FLAVA FLAVA with 常田真太郎 from スキマスイッチ(2007年3月14日
    • かねてより親交があった事から実現したコラボレーション。3rdアルバム『FAMILIA』収録。
  • mihimaru GT - Birthday Song feat. 常田真太郎(from スキマスイッチ)(2008年5月28日
    • 4thアルバム『mihimarise』収録。
  • 河口恭吾 - 未来色プロポーズ feat. 常田真太郎(fromスキマスイッチ)(2008年11月5日
  • ゴスペラーズ - セプテノーヴァ(2008年11月12日
    • 「ゴスペラーズ vs 常田真太郎(from スキマスイッチ)」名義。
    • ゴスペラーズのシングル「Sky High/セプテノーヴァ」収録。
  • 野辺剛正 - 野辺剛正 and The No Baby Band(2008年11月26日
    • 野辺剛正の4thアルバム『野辺剛正 and The No Baby Band』にバンドメンバーとして参加。
    • 「リアルな歌ってのは、こういうことを言うのだろう。」(スキマスイッチ・常田真太郎)
  • RYTHEM - ぎゅっとして feat. 常田真太郎(from スキマスイッチ) (2009年7月29日
  • TRIPLANE - Cheers To Us feat. ダニエル・パウター & 常田真太郎(スキマスイッチ) (2013年1月23日
    • TRIPLANEのシングル集『SINGLES 04-12』にゲストミュージシャンとして参加。
    • ビルボードHOT100のシングルチャート1位を獲得した。
  • ウカスカジー - 勝利の笑みを君と (2014年6月11日
    • ウカスカジーのアルバム「AMIGO」収録。
    • サッカー日本代表公式応援ソング。

参加したオムニバスアルバムについて[編集]

メディアについて[編集]

雑誌連載について[編集]

  • スキマスイッチ常田真太郎のあいうえお論文(「風とロック」(風とロック発行)で2006年3月号より連載中。)

映画について[編集]

ウイニングイレブン仲間について[編集]

外部リンク[編集]