キム・ジョンフン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ジョンフン
各種表記
ハングル 김정훈
漢字 金楨勳
発音: キム・ジョンフン
ローマ字 Kim Jeong Hoon
テンプレートを表示

キム・ジョンフン김정훈1980年1月20日 - )は、韓国男優歌手

人物[編集]

  • 慶尚南道晋州市出身。
  • 身長179cm、体重60kg。血液型は、AB型。
  • 趣味は映画鑑賞、コンピューターゲーム、ビリヤード。
  • 好きな食べ物はサムギョプサルで、サムギョプサルキラーとあだ名をつけられるほどである。
  • ソウル大学校の歯学科に在学していたが、演技の勉強をするために中退し、中央大学校演劇学科に編入した。
  • アメブロで「いちよんろく」というブログを開設しているが、現在はお知らせのみをスタッフが更新している。つたない日本語ながら頻繁に更新していた。
  • 2000年、韓国でチェ・ジョンウォンとのユニットUN (UN) として歌手デビュー。UNは United N-Generation の略で、ネット世代ユニットという意味。2005年9月に解散。
  • 2009年4月28日入隊。京畿道(キョンギド)議政府(ウィジョンブ)306補充隊に入所。
  • 2011年2月28日除隊。午前8時ソウル龍山国防部国防広報院の前で除隊申告式が行われた。
  • 2011年7月30日、韓国ソウル市内で飲酒運転をしたとして道路交通法違反容疑で書類送検された[1]
  • 2011年8月3日、BSフジでキムが司会者として放送予定だった「最新K-POPランキング gaonTV」が制作中止となる[2]
  • 2012年1月28日、韓国政府の公認を得て、BSフジで報道される「最新K-POPランキング gaonTV」の司会者に抜擢される[3]
  • 2012年アジアツアーとして、日本5箇所を回りコンサートを実施[要出典]
  • 日本ではその穏やかな声や、ファンを気遣う優しさ、素直な態度である可愛らしさでファンから絶大な支持を受けている[誰?]

出演[編集]

ドラマ[編集]

  • John-Hoonのオレンジ (2002年)   
  • ヤ・ク・ソ・ク(2005年、日本の昼ドラマ、主人公ヤン・ジヌの弟役)
  • ノンストップ5(2005年)
  • 宮 -Love in Palace-(2006年、ユル役)
  • 魔女遊戯(魔女ユヒ)(2007年、ユ・ジュンハ役)
  • 恋愛兵法(2007年、韓中合作、主役)
  • ロマンスが必要(로맨스가 필요해)(2011年、キム・ソンス役)
  • キスは背伸びして (2011年、中国のテレビドラマ)
  • RUN60(2012年、日本のテレビドラマ、ピエロ役)
  • 愛の贈りもの 〜My Blessed Mom〜(2012年、イ・ジェハ役)
  • 彼女の神話(2013年、ト・ジンフ役)

映画[編集]

  • カフェ・ソウル (2009年) - キム・サンヒョク 役
  • 野良犬たち(2013年) - ソ・ユジュン 役

歌手活動[編集]

  • 韓国にて2000年~2005年まで男性デュオ「UN」として大変な人気を得る。UN時代、日本活動の約束を果たすため、解散の噂のあるまま2005年3月26~30日に来日。27日にはコリアプラザで300人ほどの日本人ファン(FC会員含)と握手会を行う。2005年7月、キングレコードよりアルバム「Sweet&Strong」をリリース。韓国では、2005年8月のTV出演を最後に活動停止状態に。2005年9月公式に解散を表明。解散に対する理由は公に知らされていないが、音楽的な方向性のすれ違い、演技に関心を持っていることなどが挙げられる。
  • 2006年6月、日本での歌手活動を開始するべく、関係者に向けたコンベンションを開く。
  • 2006年10月25日、日本にてポニーキャニオンよりJohn-Hoonの名で、デビューミニアルバム「5 Stella Lights」をリリース、ソロデビューを果たす。日本ソロデビュー以降は、全て日本語歌詞で収録している。
  • 2007年11月、初の全国コンサートツアー JOHN-HOON JAPAN TOUR「~僕たち いつかまた…Eternity2007~」を福岡・大阪・札幌・東京・名古屋で開催。
  • 2008年11月9日 東京国際フォーラムにてコンサート「THE JOHN-HOON SHOW -Q.E.D-」を開催[4]
  • 2012年3月12日、ユニバーサルミュージックに移籍し、3年ぶりに日本での歌手活動を再開。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース タイトル 備考 規格 生産番号
2007年
1st 2月28日 SAD SONG 作詞:古内東子/作曲:原田卓也 CD
CD
PCCA-02408(初回盤)
PCCA-02409(通常盤)
2nd 5月16日 僕は君を愛してる 作詞:古内東子/作曲:JUNKOO CD
CD
PCCA-02448(初回盤)
PCCA-02449(通常盤)
3rd 9月5日 君に出会った日から 作詞・作曲:河口恭吾 CD
CD
PCCA-02525(初回盤)
PCCA-02526(通常盤)
2008年
4th 2月20日 サクラTEARS 作詞:藤林聖子/作曲:JUNKOO CD
CD
PCCA-02631(初回盤)
PCCA-02632(通常盤)
5th 7月16日 君を守りたい 作詞:藤林聖子/作曲:中崎英也 CD
CD
PCCA-02716(初回盤)
PCCA-02717(通常盤)
6th 10月1日 You are not alone 作詞:戸塚慎/作曲:鈴木大輔 CD
CD
PCCA-02766(初回盤)
PCCA-02767(通常盤)
2009年
7th 7月1日 Blue Moon 作詞:渡辺なつみ/作曲:松本俊明 CD
CD
PCCA-02943(初回盤)
PCCA-02944(通常盤)
2010年
8th 1月20日 Rainy Flash 作詞・作曲:コモリタミノル CD
CD
PCCA-03085(初回盤)
PCCA-03086(通常盤)
9th 8月18日 アルデンテ 作詞・作曲:コモリタミノル CD
CD
PCCA-03255(初回盤)
PCCA-03256(通常盤)
2012年
10th 10月31日 MESSAGE 作詞・作曲:河村隆一 CD+DVD
CD
UPCH-9766 (初回盤)
UPCH-5763(通常盤)
2013年
11th 1月16日 二人記念日 作詞・作曲:buzz+boz CD+DVD
CD
UPCH-9827(初回盤)
UPCH-5781 (通常盤)
12th 4月3日 春恋 作詞:オリビアラン/作曲:洪天祥 CD+DVD
CD
UPCH-9839(初回盤)
UPCH-5788(通常盤)

ミニアルバム[編集]

リリース タイトル 備考 規格 生産番号
2006年
1st 10月25日 5 Stella Lights CD
CD
PCCA-02342(初回盤)
PCCA-02343(通常盤)

アルバム[編集]

リリース タイトル 備考 規格 生産番号
2007年
1st 10月17日 僕たち いつかまた…~ETERNITY~ CD
CD
PCCA-02559(初回盤)
PCCA-02560(通常盤)
2008年
2nd 11月5日 今日も新しい夢を見る CD
CD
PCCA-02768(初回盤)
PCCA-02769(通常盤)
2010年
3rd 11月17日 CD
CD
PCCA-03308(初回盤)
PCCA-03309(通常盤)
2012年
4th 5月23日 VOICE CD+DVD
CD
UPCH-9741(初回盤)
UPCH-1872(通常盤)
5th 10月31日 VOICE 2 CD+DVD
CD
UPCH-9780(初回盤)
UPCH-1890(通常盤)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョンフン飲酒運転でフジの会見急きょ中止/芸能・社会/デイリースポーツonline
  2. ^ ジョンフン飲酒運転でフジの会見急きょ中止/芸能・社会/デイリースポーツonline
  3. ^ 韓国政府公認のK-POPチャートがテレビ番組に!日本のためだけに韓国から毎月配信[1]
  4. ^ Q.E.Dは数学、哲学などに使われるラテン語の Quod Erat Demonstrandum の略語で、証明や論証の末尾におかれて、議論が終わったことを示す

外部リンク[編集]