氷川きよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
氷川きよし
基本情報
出生名 山田 清志
(やまだ きよし)
別名 若様
演歌界の貴公子
出生 1977年9月6日(36歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市南区
血液型 A型
学歴 福岡第一商業高等学校卒業
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 歌手
活動期間 2000年 -
レーベル 日本コロムビア
事務所 長良プロダクション
公式サイト 氷川きよし

氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年昭和52年)9月6日 - )は、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調のポップス系楽曲を発売する際はKIYOSHIの名義で活動をすることもある。

経歴等[編集]

福岡市立大楠小学校・福岡市立高宮中学校を卒業後、福岡第一商業高等学校に入学し卒業

2000年2月、「箱根八里の半次郎」の楽曲で演歌歌手としてデビュー。年末の音楽賞・最優秀新人賞を総なめにする。

2001年、氷川は、『オリコン ウィーク The Ichiban』(現・『oricon style』)誌の表紙を飾った。演歌歌手が同誌の表紙を飾るのは、『オリコン・ウィークリー』時代から数えても、松村和子城之内早苗に続いて3人目であり、男性演歌歌手では初のことだった。

2003年頃から、通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する氷川の代表曲では、背景映像に氷川本人の出演する映像が多く採用されている(主な作品は、「箱根八里の半次郎」「きよしのズンドコ節」)。

2006年には「一剣」で日本レコード大賞を受賞。歴代4人目のレコード大賞3冠となった。

2007年には「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞となった。

2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。


また、歌手活動以外にも、タレント活動や歌謡劇などを行っている。

2001年からリリースしている「演歌名曲コレクション」シリーズは発売される度にオリコンアルバムチャート初登場ベストテン入りを記録している。また、シングルに於いても、2001年に発売した「大井追っかけ音次郎」で総合チャートベストテン入りを果たして以降、「氷川きよし」名義のシングルは全てシングルチャートベストテン入りを果たしている。この記録は演歌歌手では氷川のみが持っている。

歌手・芸能人としての特徴[編集]

楽曲[編集]

往年の演歌、昭和歌謡ムード歌謡ポップスやロック調の歌まで、特定のジャンルに囚われず歌に真摯に向き合い、チャレンジしている。「演歌名曲コレクション」シリーズといったカバーアルバムを発表しているほか、歌番組(きよしとこの夜など)では、ポップス系の楽曲も数多く披露しており、「KIYOSHI」の名義でのシングルCDも発表しているほか、近年はフジテレビの「ミュージックフェア」や「うたの夏まつり」・「FNS歌謡祭」にて、J-POPのジャンルを歌い、視聴者からは反響の声が多かった。 特に「うたの夏まつり」ではゆずの「栄光の架橋」をコラボレーションし、その歌唱力が視聴者の絶賛された他、菊川怜が「うたの夏まつりで印象に残ったシーン」には氷川×ゆずのコラボレーションを挙げた。

和服ではなく洋服で歌うことが多い。また、楽曲には振り付けがなされているが、複雑な動きを取り入れず、比較的簡単な手の動きものが多い。これは、幼いファンから高齢のファンまでが覚えやすく、座ったままでも可能な動きを、と考慮されているためである。

容姿[編集]

デビュー当時は演歌歌手としては異例というべき、髪は明るめの茶髪ピアスを付け、細身のスーツを着用していた(現在、髪は時代や流行に合わせてダークカラーを基調に染めている)。アイドルタレントのような容姿でデビューした為、当初は「ビジュアル系演歌歌手」と呼ばれたりしたが、浮ついた態度がなく、ひたむきに演歌を熱唱する姿に早くからメディアで取り上げられ「演歌界の貴公子」とキャプションを付けられた。その後も、楽曲ごとに工夫を成された衣装や、コンサートなどでみせる王子様のような衣装も個性的で、たびたび話題に取り上げられる。

ファンとの関係[編集]

幅広い年齢層から支持されており、知名度も高い演歌歌手のひとりである。 熱狂的なファンは、中高年の女性が中心である。

氷川は常に自分を応援してくれるファンに対する感謝の心を大切にしており、コンサートグッズにも「感謝」の文字が書かれているものが多い。

人柄[編集]

  • 両親や祖父母を大切にしており、仕事でも高齢者などの手をとる場面が映されることもしばしば。また、チャリティーにも積極的に参加している。
  • 神出鬼没!タケシムケン』(テレビ朝日系)では知名度上昇の為に街角を歩き続けたが、「箱根八里の半次郎」がヒットする前だったために一般人からの反応が薄く「僕、本当に売れるんですかね?」と不安を述べていた。
  • 2013年の9月放送の「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」で、元来心配性で思い詰めやすく、ツアーが満員になるにも関わらず、しらける事があり、「落ち目なのか?」と考える事もある。また、ツアーで5年程行ってない都道府県に行って無かったら不安になるという。特に2012年5月に所属事務所の長良じゅん会長がハワイで事故死してからそれが顕著になった。2013年9月9日に日本酒「白鶴 まる」の新CM発表が行われた席でも不安に怯えて宿泊先で絶叫する癖や休みの日に泥酔するまで酒を飲む習慣も本人から語られた。[1]
  • 元々心配性の面があり、育ての親の長良会長が亡くなり、当初は落ち込んでいる様子も見られたが、現在では完全に復調し、精力的に仕事を行っている。非常に謙虚で、常に感謝の気持ちを持っていて、ファンや周りのスタッフをとても大切にしている。

芸名の由来[編集]

「氷川きよし」の名付け親は、ビートたけし(北野武)であるとされているが、実際は長良じゅんがビートたけしに紹介した際には、既に“氷川きよし”という芸名でのデビューがほぼ決まっていたという[2]

「氷川」は、東京都港区赤坂六丁目にある氷川神社から、「きよし」は、氷川きよしの本名である「山田清志」から。氷川神社は、たけしがバイク事故にあった時、が回復を願ってお参りした神社でもある。

ディスコグラフィ[編集]

シングル曲[編集]

アルバム[編集]

氷川きよし・演歌名曲コレクションシリーズ[編集]

DVD[編集]

  • 氷川きよし・チャレンジステージ in 中野サンプラザ(2001年10月20日)
  • 氷川きよし ファーストコンサートin東京国際フォーラム(2002年3月20日)
  • 氷川きよし オリジナルベスト(2002年5月22日)
  • 氷川きよしスペシャルコンサート2002 きよしこの夜Vol.2(2003年2月19日)
  • 氷川きよし オリジナルベスト2003(2003年7月1日)
  • きよしのドドンパ(2004年2月18日)
  • 氷川きよしスペシャルコンサート2003 きよしこの夜 VOL.3(2004年3月17日)
  • 番場の忠太郎(2004年8月25日)
  • 氷川きよし スペシャルコンサート“きよしこの夜 Vol.4”(2005年3月23日)
  • 初恋列車(2005年3月23日)
  • 面影の都(2005年8月3日)
  • 氷川きよし スペシャルコンサート2005 きよしこの夜 Vol.5 〜演歌十二番勝負!〜(2006年4月19日)
  • 一剣(2006年4月19日)
  • 未来(2006年9月6日) - KIYOSHI名義

その他[編集]

  • 浅草人情
  • あの娘は行っちゃった
  • 月太郎笠
  • 近江の鯉太郎
  • 花の渡り鳥
  • 北荒野
  • 純子の港町
  • あのままあの娘とあれっきり
  • 霧笛の波止場
  • 玄海竜虎伝
  • 送恋譜
  • でんでん虫
  • 口笛の港
  • 故郷はわが胸に
  • 未来/believe〜あきらめないで〜 - ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟主題歌、挿入歌。KIYOSHI名義
  • SAY YES - CHAGE and ASKAの楽曲。ポップスの曲で一番得意として、NHK教育のトップランナー出演時に歌った

受賞歴[編集]

歌謡分野[編集]

2000年:歌唱曲『箱根八里の半次郎』
2001年:歌唱曲『大井追っかけ音次郎』
  • 第43回日本レコード大賞・金賞
  • 第34回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
  • オールジャパンリクエストアワード(旧全日本有線放送大賞)・ゴールデンアーティスト賞
2002年:歌唱曲『きよしのズンドコ節』・『星空の秋子』
  • オールジャパンリクエストアワード・グランプリ(演歌・歌謡曲部門)
  • 第44回日本レコード大賞・金賞
  • 第35回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
2003年:歌唱曲『白雲の城』
2004年:歌唱曲『きよしのドドンパ』・『番場の忠太郎』
  • 第37回日本有線大賞連覇
  • ベストヒット歌謡祭・グランプリ3連覇(演歌・歌謡曲部門)
  • 第46回日本レコード大賞・金賞
  • 東西有線大賞独占V2達成
2005年:歌唱曲『初恋列車』・『面影の都』
  • ベストヒット歌謡祭・グランプリ4連覇 - (演歌・歌謡曲部門、4連覇達成は浜崎あゆみに次いで史上2人目)
  • 第38回日本有線大賞 3連覇 - (この受賞でテレサ・テンに次いで2人目、男性歌手としては初めての東西有線大賞3連覇達成)
  • 第47回日本レコード大賞・金賞
2006年:歌唱曲『一剣』
2007年:歌唱曲『あばよ』・『きよしのソーラン節』
2008年:歌唱曲『玄海船歌』・『哀愁の湖』
2009年:歌唱曲『ときめきのルンバ』
2010年:歌唱曲『虹色のバイヨン』
2011年:歌唱曲『情熱のマリアッチ』
2012年:歌唱曲『櫻』
2013年:歌唱曲『満天の瞳』
  • 第46回日本有線大賞

その他[編集]

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2000年(平成12年)/第51回 箱根八里の半次郎 17/28 hitomi
2001年(平成13年)/第52回 2 大井追っかけ音次郎 17/27 島津亜矢
2002年(平成14年)/第53回 3 きよしのズンドコ節 14/27 島谷ひとみ
2003年(平成15年)/第54回 4 白雲の城 29/30 川中美幸 トリ前 (1)
2004年(平成16年)/第55回 5 番場の忠太郎 26/28 石川さゆり
2005年(平成17年)/第56回 6 面影の都 17/29 浜崎あゆみ
2006年(平成18年)/第57回 7 一剣 21/27 水森かおり
2007年(平成19年)/第58回 8 きよしのソーラン節 YOSAKOIソーラン紅白スペシャル 19/27 aiko
2008年(平成20年)/第59回 9 きよしのズンドコ節 (2回目) 26/26 和田アキ子 大トリ (1)
2009年(平成21年)/第60回 10 ときめきのルンバ 23/25 石川さゆり (2)
2010年(平成22年)/第61回 11 虹色のバイヨン 21/22 坂本冬美 トリ前 (2)
2011年(平成23年)/第62回 12 情熱のマリアッチ 21/25 松田聖子神田沙也加
2012年(平成24年)/第63回 13 19/25 YUI
2013年(平成25年)/第64回 14 満天の瞳 16/26 西野カナ

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 水戸黄門 第31部 第22話「陰謀渦巻く福岡城 -下関・博多-」(2002年3月24日、TBSC.A.L) - 音次郎 役
  • 連続テレビ小説 まんてん(2002年 - 2003年) - 日高英雄 役
  • 月曜ミステリー劇場 (TBS)
    • 「女三人乱れ咲き! 氷川きよし追っかけツアー殺人事件」(2003年8月18日) - 本人 役
    • 「恋する京女将 音姫千尋の事件簿」(2003年 - 2004年) - 山田一郎 役

コマーシャル[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

イベント[編集]

雑誌[編集]

  • 漫画「氷川きよし物語」(ザッピィ)
  • 連載「ドキュメント氷川きよし」(Oricon Style)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 氷川きよし「“ズンドコ王子”を悩ますドン底生活」 アサ芸+2013年9月25日
  2. ^ 情報7daysニュースキャスター2012年5月26日放送におけるビートたけしの発言。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]