山本譲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本譲二
基本情報
出生名 山本譲二
別名 琴五郎(筆名)
伊達春樹(旧名)
出生 1950年2月1日(64歳)
血液型 A型
学歴 早鞆高等学校
出身地 日本の旗 日本 山口県下関市
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手俳優
担当楽器
活動期間 1974年 -
レーベル ポニーキャニオン
1980年 - 1999年
テイチクエンタテインメント
2000年 - )
事務所 北島音楽事務所→ジョージ・プロモーション
共同作業者 北島三郎
小金沢昇司
公式サイト 山本譲二公式サイト

{{{Influences}}}

山本 譲二(やまもと じょうじ、1950年2月1日 - )は、日本演歌歌手である。本名同じ。山口県下関市出身。所属事務所はジョージ・プロモーション、現在の所属レコード会社はテイチクエンタテインメントである。筆名「琴五郎」名義で、楽曲の作詞作曲も行っている。

なお、歌手としてのラテン文字表記はGeorge Yamamotoである。娘は歌手の山本琴乃[1][2]

来歴・人物[編集]

甲子園に出場[編集]

早鞆高校時代の1967年第49回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦で松商学園長野)に敗れるも代打出場ながらヒット(内野安打)を打つ。

不遇の下積み時代[編集]

演歌歌手になりたくて上京。多くの職を転々とする。クラブのボーイ時代、お客の飲み残しのビールを飲み干す。中にはタバコの吸い殻がたくさん入っていた。肝臓を壊しやむなく帰郷、ひっそりと療養生活を送る。母親の叱咤で強い決意を持ち22歳で再び上京。再び職を変えながらスナックでギターを手に2年間弾き語りを続ける。たまたま店に来た浜圭介に誘われ芸能界入りした。1974年映画ダーティハリー」にかけて、「伊達春樹」という芸名でビクターからシングル「夜霧のあなた」でデビューしたが、パッとせず、崖っぷちに立たされた。

北島三郎との出会い[編集]

最後の決意で北島三郎の仕事場に何度も足を運び頭を下げ、十数回繰り返したときに北島から突然、鞄(かばん)を渡された。即ち「鞄持ちになれ」という意味であり、以降2年間北島の付き人を務める(当時の北島はまだ30代前半と若く、筋骨隆々としていたため、甘え容赦ない修行の毎日をすごした)。25歳だった。これを契機に1976年読売テレビ制作の歌謡オーディション番組「全日本歌謡選手権」(当時は浜村淳が司会)に出場、「おもいで岬」や「中の島ブルース」などを歌って見事10週勝ち抜いた。本名でもある「山本譲二」名義でポニーキャニオンから再デビュー。またも鳴かず飛ばずが続く。

みちのくひとり旅で大ヒット[編集]

1980年、30歳の時に『みちのくひとり旅』をリリース。北島等からは「この曲で駄目(売れない)なら、もう(歌手を)諦めろ」と言われていたと言う。しかしこの曲も発売当初は売れず大ヒットには更に10ヶ月を要した。年を越し1年近くが経過。1981年フジテレビの「夜のヒットスタジオ」に注目曲として出演すると大きな反響を呼び大ヒット、31歳の時だった。

この『みちのくひとり旅』で1981年末の「第23回日本レコード大賞」ロング・セラー賞を受賞、さらに「第32回NHK紅白歌合戦」の初出場も果たす。最終的なレコード売上は130万枚[3]を記録した。なお、同曲がヒットしていた頃、あるテレビ番組の企画で無人の甲子園球場のマウンドでこの曲を独唱したり、さらにTBSテレビの「ザ・ベストテン」では、上半身裸で一丁の姿をさらけ出しながら歌唱したこともあった。後にこの褌姿はゲイ雑誌『さぶ』の表紙を飾った。

こうした経緯から北島を親父と慕い、北島ファミリーの旗頭的存在となった。代表的な歌曲に『みちのくひとり旅』、『旅の終りはお前』、『奥入瀬』、『花も嵐も』、『名もない花に乾杯を』、『浪漫-ROMAN-(「憲三郎&ジョージ山本」として)』など(もちろん長年の修行が実った上で初めて親父と呼ぶことを許された。それまでは先生という呼び方をしないと厳しく叱責された)。

時代劇に出演[編集]

1997年テレビ朝日の『暴れん坊将軍』では、め組の頭長次郎役を演じる。VIIIシリーズから800回スペシャルまで長次郎を演じた。

他にも、松平健田村亮北島三郎高島忠夫松金よね子生稲晃子名古屋章中村あずさ松下恵が出演していた。また北島が暴れん坊将軍に準レギュラーで出演する時には、北島が演じていた辰五郎を親父さんと呼んでいた。

また北島がめ組の頭時代に辰五郎に恨みを持つ役、め組の頭降板後は萩藩毛利吉元役でゲスト出演している。

テイチクエンタテインメントへ移籍[編集]

平成に入ると演歌が急速に衰退、1999年には所属していたポニーキャニオンが演歌・歌謡曲部門の廃止を決定。このためテイチクエンタテインメントへ移籍、2000年には移籍第1弾シングル「花も嵐も」を発売する。

野球への情熱[編集]

2005年、故郷・山口県に社会人野球クラブチームを設立する計画を表明した。チーム名は「山口きららマウントG」で、自ら総監督に就任。また池永正明を監督として招聘したため話題性もあり高い注目を集めている。都市対抗野球大会の出場を目指すという。

2012年の第84回選抜高等学校野球大会に母校の早鞆高等学校の出場が決まった際には自らのブログで「俺の時以来だもんな、ぶちうれしいけ!」と喜びのコメントを発し[4]、母校を援助するべく寄付金を募り、かつ自ら応援団長を買って出る意気込みを見せている[5]

事務所から独立[編集]

2007年1月1日から北島音楽事務所を独立して個人事務所ジョージ・プロモーションを立ち上げた。暖簾分けという形であり、今も北島音楽事務所とは業務提携という形で強いつながりを持つ。

病気告白[編集]

2009年7月、右耳内部に良性腫瘍ができていることが明らかになったものの、除去手術を行った場合顔面麻痺が残る可能性があることから、手術するかどうか迷う胸中をブログに綴った。

7月23日福岡放送めんたいワイド』に出演。もともとキャンペーンの一環として出演が決まっていたものの、病気を受けて急きょ内容が変更され、山本が経緯と今後の決意を語った。番組では、左耳に聴覚補助イヤホンをつけてやっと普通に聞こえる状態であったが、「ファンの励ましのメッセージが力になった」旨発言している。

師匠の後追い地デジのPR[編集]

2010年、“関門ジョージ”の名で「関門地デジすすめ隊」隊長に任命された。任命権者は不明だが、全国で著名人などが任命されている「地デジ化応援隊」の一種である。師匠・北島が既にその前年からデジタル放送推進協会(Dpa)の要請で「地デジで元気!音頭」を作曲・歌唱してテレビのデジタル化に貢献し、総務省から同じく「地デジ化応援隊」隊員に指名されたという経緯がある。

地元下関では長らく北九州市皿倉山から発射される電波をアンテナで直接拾う世帯がほとんどであったが、完全デジタル化により、その視聴エリアが狭まる。NHK山口放送局などではこれを地元に視聴者を奪い返すチャンスととらえており、アンテナの方向転換などの呼びかけを行っている。同局大使・牛田茉友が出演した同年7月24日放送のPR番組はそのことを周知徹底するために、わざわざ北九州局の総合アナログ波(6chで送信)まで使って放送され、[6]その番組に於いて山本が“関門ジョージ”として登場し、県西部地域における地デジ化に貢献する旨の挨拶を行った。[7]

このキャンペーンは現段階ではNHK単独で進められているものの、実質的には「デジサポ山口」[8]がNHKに委託実施している形態である。これは、

  • 山口・福岡両県とも民放は県単位の放送となっており、山口県内で特によく見られている福岡の民放が山口県内に系列の無いフジテレビ系テレビ西日本。北九州アナログ10ch)が中心となっていること
  • 県域放送のため福岡の民放で告知CMを打てないこと
  • NHKは先述の通り北九州市にも放送局があり、福岡局と別の編成が可能であること

以上の理由による。8月9日からは、北九州局でも「関門海峡」をBGMに使用した“関門ジョージ”のスポット放送が始まった。

交友関係にまつわるエピソード[編集]

酒に酔って前川清の家でウォシュレットを使い、便所を水浸しにしたというエピソードがある。その前川や吉幾三は親友である。

鳥羽一郎と二人で10分で1升の日本酒をあけたと云う話もある。これはウチくる!?[9]出演時の発言であるが、このときは1軒目からビール、焼酎などを飲み続け、番組の途中から完全に酔っ払っていた。

2011年3月28日 KRY(山口)ラジオで、震災の支援活動をしたいが、他からのストップがかかっていると、嘆く。

代表曲[編集]

  1. 夜霧のあなた ※伊達春樹名義 1974年7月25日発売
  2. 帰っておいで ※伊達春樹名義 1975年2月25日発売
  3. そばにおいでよ ※山本譲二で再デビュー 1976年7月25日発売
  4. 北ものがたり 1978年9月21日発売
  5. 眉子/男の影法師 1979年7月21日発売
  6. みちのくひとり旅(作詞:市場馨、作曲:三島大輔) 1980年8月5日発売
  7. 旅の終りはお前(作詞:市場馨、作曲:三島大輔) 1982年1月1日発売
  8. からたちのふるさと(作詞:市場馨、作曲:杉本直人) 1982年6月21日発売
  9. ごめんよ(作詞:山田孝雄、作曲:浜圭介) 1982年10月21日発売
  10. 湘南哀歌(作詞:阿久悠、作曲:宇崎竜童) 1983年5月21日発売
  11. 海鳴り(作詞:吉田旺、作曲:三島大輔) 1983年9月5日発売
  12. ローリング・ストーン(作詞:秋元康、作曲:後藤次利) ※映画「唐獅子株式会社」主題歌 1983年12月5日発売
  13. 夢おんな(作詞:広田文男 作曲:叶弦大) 1984年3月21日発売
  14. 小樽発・利尻行き(作詞:木村まさゆき 作曲:工藤よしひで) 1984年6月5日発売
  15. 奥州路(作詞:石原信一、作曲:三島大輔) 1984年8月5日発売
  16. 北情歌(作詞:山田孝雄、作曲:幸耕平) 1985年4月21日発売
  17. 男詩(作詞:阿久悠、作曲:円広志) 1985年10月21日発売
  18. 長州の男(作詞:星野哲郎、作曲:原譲二) 1986年5月21日発売
  19. 望郷しぐれ(作詞:水木れいじ、作曲:円広志) 1986年9月21日発売
  20. 夜叉のように(作詞:阿久悠、作曲:幸耕平) 1987年5月21日発売
  21. 夕陽(作詞:荒木とよひさ、作曲:平尾昌晃) 1988年2月21日発売
  22. えくぼ(作詞:星野哲郎、作曲:原譲二) 1989年3月21日発売
  23. ひとりで泣くなよ(作詞:さいとう大三、作曲:馬飼野俊一) 1989年11月21日発売
  24. 時は流れても(作詞:吉岡治、作曲:岡千秋) 1990年4月21日発売
  25. ワッショイまつりっこ ※CXひらけ!ポンキッキ挿入歌 1990年10月21日発売
  26. 揚子江(作詞・作曲:吉幾三) 1992年5月21日発売
  27. 奥入瀬(作詞:北山文化、作曲:桜庭伸幸) 1992年6月21日発売
  28. …夢・想・人…MUSOUJIN(作詞:北山文化、作曲:武野良) 1993年6月2日発売
  29. 七夕月【萩の花咲く頃】(作詞:星野哲郎、作曲:三島大輔 1993年9月17日発売
  30. 花 染められて(作詞:麻ごよみ、作曲:美樹克彦) 1994年2月18日発売
  31. 関門海峡(作詞・作曲:琴五郎) 1994年7月21日発売
  32. 棒の哀しみ(作詞:藤波研介、作曲:大野弘也・映画「棒の哀しみ」の主題歌)
  33. 黄昏にふたり叶和貴子とデュエット】(作詞:松本礼児、作曲:近江孝彦) 1994年10月21日発売
  34. きらめく風の中で(作詞:松本礼児、作曲:山本譲二) 1995年3月1日発売
  35. 夢街道(作詞・作曲:琴五郎、補作詞:原譲二) 1995年7月5日発売
  36. 星空の鎮魂歌(レクイエム)-津田恒実投手に捧ぐ-(作詞:丹古晴巳、作曲:山本譲二) 1995年7月21日発売
  37. だから…そうねややとデュエット】(作詞:荒木とよひさ、作曲:浜圭介) 1996年3月6日発売
  38. 浪漫-ROMAN-とんねるず木梨憲武とデュエット(「憲三郎&ジョージ山本」として)】(作詞・作曲:原譲二) 1996年5月17日発売
  39. 美しい大地よ(作詞:一倉宏、作曲:James Shimojiサントリー 大地と水の恵みのCMソング ) 1996年10月18日発売
  40. あなたしかいらない(作詞:大津あきら、作曲:浜圭介) 1997年4月18日発売
  41. 君の歌になろう(作詞:やしろよう、作曲:浜圭介) 1997年9月19日発売
  42. 外は雨が…(作詞:大津あきら、作曲:浜圭介) 1998年4月1日発売
  43. 俺がいるじゃないか(作詞:建石一、作曲:徳久広司) 1998年5月20日発売
  44. 放浪う…ままに(作詞:田久保真見、作曲:浜圭介) 1998年6月17日発売
  45. いつまでも…沖縄(作詞・作曲:吉幾三) 1999年3月17日発売
  46. 花も嵐も(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2000年2月1日発売
  47. おまえにありがとう(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2001年2月1日発売
  48. しあわせの青い鳥(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2001年8月1日発売
  49. 都会の子守歌(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2002年2月1日発売
  50. おまえと生きる(作詞:悠木圭子、作曲:鈴木淳) 2002年8月1日発売
  51. めぐり逢い…東京朝丘雪路とデュエット】(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2002年12月18日発売
  52. 生きる(作詞:星野哲郎、作曲:原譲二) 2003年2月1日発売
  53. 放浪~さすらい~(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2003年7月9日発売
  54. ふるさとのはなしをしよう(作詞:伊野上のぼる、作曲:キダ・タロー)※オリジナルは北原謙二 2004年2月1日発売
  55. 倖せあげたい(作詞:仁井谷俊也、作曲:弦哲也) 2004年7月22日発売
  56. 名もない花に乾杯を(作詞:城岡れい、作曲:弦哲也) 2005年2月1日発売
  57. 風鈴(作詞・作曲:津島一郎) 2006年2月1日発売
  58. 新宿の月(作詞:城岡れい、作曲:弦哲也) 2006年8月2日発売
  59. 二度惚れの女【所ジョージとデュエット(「譲二さんと所さん」として)】(作詞・作曲:所ジョージ) 2006年9月27日発売
  60. ねっこ君(作詞:里乃塚玲央、作曲:小杉保夫NHKみんなのうたのテーマ曲) 2006年12月20日発売
  61. 高杉晋作(作詞・作曲:津島一郎) 2007年1月24日発売
  62. 惚れたおまえと(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2007年7月25日発売
  63. 泣いたらいいさ(作詞:城岡れい、作曲:弦哲也) 2008年3月26日発売
  64. 俺たちの春(作詞・作曲:山本譲二) 2009年2月1日発売
  65. 千里の道も(作詞:仁井谷俊也、作曲:弦哲也) 2009年10月21日発売
  66. 哀愁運河(作詞:かず翼、作曲:弦哲也) 2010年7月14日発売
  67. 仁川エアポート川中美幸とデュエット】(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2010年11月24日発売
  68. 旅路の果ての…(作詞:市場馨、作曲:三島大輔) 2011年3月30日発売
  69. こころの絆(作詞:たかたかし、作曲:弦哲也) 2012年2月1日発売
  70. 渋谷川城之内早苗とデュエット】(作詞:喜多條忠、作曲:弦哲也) 2012年7月25日発売
  71. 蓬莱橋(作詞:さわだすずこ、作曲:弦哲也) 2012年11月21日発売
  72. 忘れるもんか【城之内早苗とデュエット】(作詞:喜多條忠、作曲:弦哲也) 2013年8月21日発売
  73. 放浪酒(作詞:田久保真見、作曲:弦哲也) 2014年2月5日発売

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 対戦相手 備考
1981年(昭和56年)/第32回 みちのくひとり旅 松村和子
1982年(昭和57年)/第33回 2 旅の終りはお前 榊原郁恵
1983年(昭和58年)/第34回 3 海鳴り 高田みづえ
1984年(昭和59年)/第35回 4 奥州路 研ナオコ
1985年(昭和60年)/第36回 5 男詩 岩崎宏美
1987年(昭和62年)/第38回 6 夜叉のように 川中美幸
1994年(平成6年)/第45回 7 関門海峡 長保有紀
1996年(平成8年))/第47回 番外 浪漫-ROMAN- 瀬川瑛子 憲三郎&ジョージ山本で出演
1998年(平成10年)/第49回 8 俺がいるじゃないか JUDY AND MARY
2000年(平成12年)/第51回 9 花も嵐も 藤あや子
2001年(平成13年)/第52回 10 しあわせの青い鳥 藤あや子(2)
2002年(平成14年)/第53回 11 おまえと生きる 田川寿美
2003年(平成15年)/第54回 12 みちのくひとり旅(2回目) 長山洋子
2004年(平成16年)/第55回 13 ふるさとのはなしをしよう 水森かおり
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本琴乃 Official Site
  2. ^ 父の譲二も応援!山本琴乃デビューライブ - SANSPO.com 2011年4月21日、同26日閲覧
  3. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、221頁。ISBN 4390116495
  4. ^ 早鞆高校センバツ出場決定!! 山本譲二オフィシャルブログ 2012年1月27日閲覧
  5. ^ 早鞆高OBの山本譲二「5000万円集める」 サンケイスポーツ 2012年2月6日閲覧
  6. ^ ちなみに、北九州局の総合デジタル波では福岡局制作『地デジ侍 再び「画面の忍者 ビル影参上!」』を放送した。
  7. ^ 当日はこれとは別に下関市や宇部市で牛田ら山口県内の地デジ大使がパレードを行い、この問題について注意喚起を行っている。
  8. ^ 総務省山口県テレビ受信者支援センター。社団法人デジタル放送推進協会事業受託
  9. ^ フジテレビ、2009年6月21日放映分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]