遠藤実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遠藤 実
基本情報
出生 1932年7月6日
日本の旗 日本 東京府東京市
(現・東京都墨田区
死没 2008年12月6日(満76歳没)
ジャンル 演歌
職業 作曲家
活動期間 1956年 - 2008年

遠藤 実(えんどう みのる、1932年7月6日 - 2008年12月6日)は、戦後歌謡界を代表する日本の作曲家の一人である。東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区向島)生まれ、杉並区南荻窪1丁目に居住していた。

人物[編集]

第二次世界大戦時に新潟県西蒲原郡内野町(現在の新潟市西区内野)にて疎開生活を送っていた。

新潟特有の門付けという演芸スタイルが、後の作曲家人生に大きな影響を与えた。門付けとは、越後獅子等の芸を民家の軒先で披露し、金品を貰う習慣である。

1949年、17歳の時上京。さまざまな職を経て、ギターを携えて流しの演歌師になる。

1956年日本マーキュリーレコードより『お月さん今晩わ』にて作曲家としてデビュー。当時の芸名は星幸男で、現在に至るまで世に送り出した楽曲は5000曲以上(その大部分は演歌)と言われ舟木一夫千昌夫森昌子など多くの歌手を育てた。

1965年島倉千代子らのパトロンだった中山幸市太平住宅創業者)の出資による太平音響株式会社の設立に加わり専務取締役となり、1966年には自叙伝『太陽も笑っている』が映画化され、『太陽に突っ走れ』 (演 : 千葉真一) が東映から製作配給された。

1968年にはレーベル名のミノルフォンを社名にも転用し、形式上の社長に就任した。先に創業した日本クラウンに続き、自前のプレス工場を持たず制作とプロモーションに特化して、アーティスト主導の運営を打ち出した新業態レコード会社の嚆矢の一社だったが、1972年に徳間康快徳間書店)に買収され徳間音楽工業と改称、さらに系列レーベルの別会社ジャパンレコードと合併して徳間ジャパン(現:徳間ジャパンコミュニケーションズ)に改組した。

1988年ハワイで心臓のバイパス手術を受ける。当初発案していた音楽作家協会設立に関する諸々を、発案仲間で業界の重鎮である作詞家松井由利夫石本美由紀猪俣公章、弟子である冬樹かずみ等に前もって依頼した経緯がある。この時の呼びかけにより、三木たかし等も賛同した。翌年から、玉置宏の歌謡日本が音楽作家教会の協賛で全国放送に至り、病中ながら関連資料の監修等積極的な音楽活動に貢献。

2003年、歌謡界から初めて文化功労者に選出された。

2008年12月6日10時54分、急性心筋梗塞のため東京都内の病院で逝去。76歳没。

2008年12月19日日本国政府は遠藤実に対し、数々の楽曲で大衆音楽発展に尽くした彼の功績を讃え、死去した12月6日付で正四位に叙し、旭日重光章を授与することを決め、更に2008年12月26日2009年1月23日国民栄誉賞を授与することを閣議に於いて正式決定した[1]。国民栄誉賞の受賞は陸上選手高橋尚子以来8年ぶり16人目の受賞で、作曲家では古賀政男服部良一吉田正に次いで4人目の受賞者であった。

晩年は「再販制度廃止反対」運動を行っていた縁から、第3代日本共産党中央委員会議長不破哲三と交流があった[2]

2009年8月1日に、新潟県新潟市地下街西堀ROSA』の一角に遠藤実メモリアル・ルームが開設されている。

作曲家ではあるが、本人が作詞も併せて行った作品も一部存在する(千昌夫の「ふるさとの四季をうたう」など)。

略歴[編集]

主な作品[編集]

門下生[編集]

著書[編集]

映画[編集]

遠藤の半生を映画化した作品。千葉真一が遠藤のモデル・進藤孝を演じている。

脚註[編集]

  1. ^ 毎日新聞 2008年12月26日
  2. ^ 作曲家 遠藤実さん お別れの会しんぶん赤旗 2009年6月6日閲覧

外部リンク[編集]