黒い霧事件 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本プロ野球における黒い霧事件(くろいきりじけん)は、プロ野球関係者が金銭の授受を伴う八百長に関与したとされる一連の疑惑および事件。新聞報道などをきっかけに、1969年から1971年にかけて相次いで発覚した。

日本野球機構は八百長への関与について「(野球協約第355条が規定する)『敗退行為』に該当する」との見解を発表。関与が疑われた現役選手には永久出場停止(追放)、長期間の出場停止、年俸減額などの処分を下した。

また、上記の選手の一部はオートレースの八百長事件にも関与。この事件では現役のオートレース選手19名が警察に逮捕されている。

事件の経緯[編集]

発覚[編集]

1969年10月7日、西鉄投手の永易将之が公式戦で暴力団関係者に依頼され、わざと試合に負ける「敗退行為(八百長)」を行っていたことを理由に、西鉄は永易をシーズンオフを以て所属契約の更新を行わず、解雇とすることを決定する。翌10月8日、読売新聞報知新聞がこれを報道[1][2]。球団社長の国広直俊は、両紙の取材に対して、球団が自軍の疑いのある選手を調査したところ、「残念ながら事実でした」と認めたうえ「永易ら3人について調査したが、他の2人の選手は永易に誘われ、一時、八百長に加わっただけですでに反省しているので処分の対象としなかった」とコメントした[1]

永易は報道を受けて集まった報道陣に対して「自分はやましいことはないが、こうなっては今更何を言っても聞いてもらえないでしょう」といい、普段着のまま自宅を出て行き行方をくらませる。

13日にパリーグ理事会が開かれた。国広球団社長は「永易が八百長をやっていた直接の証拠は突き止められなかったが、心証として八百長をやっていたことは間違いなく、その証人もいる」と述べた。パリーグ会長の岡野祐は、疑惑の挙がった選手を何ら処分しないのはおかしいとして、永易を野球協約の中の条文の失格選手として処分することした。

翌14日、コミッショナー委員会(当時はコミッショナーの権限については委員長宮沢俊義金子鋭、中松潤之助の3人が合議制で担当した)が開かれ、宮沢は、永易を失格処分とすると永易は球界と関係ない人物となって本人の呼び出しなどの調査が出来なくなると岡野の処分案に反対し、永易は野球協約の中の有害行為に関する条文で制裁が可能であると指摘した。

10月15日、週刊ポストが「永易以外にいる疑わしい8人ファンを裏切った腐敗分子を蛮勇をふるって告発する」(10月24日号)という記事を掲載。その中の小見出しの記事「田中勉も一役?」の中で中日ドラゴンズの田中勉投手が、西鉄球団に八百長を広めたのが田中投手が衆目の一致するところと報じた[注釈 1]。これに対し、田中は記事の内容は事実無根だとして週刊ポスト編集部を訪ねて抗議し謝罪と記事の撤回を求めるが、ポスト誌の編集長の荒木博は拒否[4]。田中は12月に名誉棄損罪で東京地裁に告訴する。田中は12月で中日を自由契約となり、引退した[注釈 2]

10月16日、夕刊フジの記者の住谷礼吉が福岡から大阪へ向かう飛行機の中で永易を発見、永易は住谷に対して「神に誓ってやっていない」「球団社長を告訴する」と八百長を否定したが、今更何を言ってもムダだとも述べた[6]。住谷は永易に対してコミッショナーのもとへ出頭するよう勧めたが、結局また行方をくらませたままであった。

11月28日コミッショナー委員会は永易に対し、永久出場停止(追放)という日本野球界初の処分を下す[7]

藤田事件から「黒い霧」へ[編集]

1970年2月13日、巨人コーチの藤田元司が当時副業として経営していた会社で発生した人事トラブルを解決するために暴力団員を雇っていたことが表面化する。この件で藤田は球団から1か月間の謹慎を言い渡されている[注釈 3]

永易、藤田とプロ野球界と暴力団に絡んだ不祥事が相次いだため、プロ野球の黒い霧を糾明しようとする動きが国会議員の中から出てきた。3月に入り、スポーツ好きの超党派の議員で構成されるスポーツ振興国会議員懇談会(川崎秀二会長、会員数約300名)が3日、国会でプロ野球の黒い霧を取り上げる事を決定。同会に所属する中谷鉄也議員(社会)が9日の衆院予算委員会で、プロ野球を舞台にした暴力団による野球賭博を更なる取り締まるよう荒木万寿夫国家公安委員会委員長に迫ったほか、行方不明の永易が暴力団によって軟禁されているのではないかと発言、これに対して高松敬治警察庁刑事局長が「初耳だ。関係者からの申告を待って調査に乗り出したい」と答弁。10日に警視庁は永易の行方を大阪府警静岡県警に指示した。17日にはスポーツ議連によってプロ野球機構、識者などを招いて「プロ野球健全化公聴会」が開かれ、19日には宮沢俊義コミッショナー委員長が衆院法務委員会に参考人として呼ばれ、プロ野球の「黒い霧」が社会的注目を集めるようになった。

中谷の要請により警視庁は永易の行方を捜したが、18日、大阪にある永易の実家に永易から定期的に連絡があること、また軟禁先と噂された伊東市内を一通り捜索した結果、警視庁は永易軟禁説の可能性は薄いとの判断を示した。しかし、中谷らスポーツ議連はこの報告に納得せず、中谷、川崎、塩谷一夫の3議員の連名で警視庁に捜索願を出すことになった。

永易の告白[編集]

国会で議員によって軟禁説が取りざたされていた永易は、世間の目を逃れるために恋人と札幌に住んでいた。この頃、田中勉に訴訟を起こされていた週刊ポスト誌は、田中の黒を掴むため永易の行方を捜していた。ポスト誌の協力ライターであり、永易と取材を通じて面識があった元デイリースポーツ記者の大滝譲司が永易の親族や友人などに「永易を探していると伝えてほしい、もし本人に連絡する気が起きたら」と自分の連絡先を知らせていた。そして、永易の妹を通じて永易が大滝に連絡したいと話があり、大滝と再会した永易は、自らの八百長と、西鉄球団から口止め料として合計550万円貰っていたことを大滝に告白した[8]。以後、大滝の手による永易の「告白」がマスコミを通じて流れることになる。

3月24日、内外タイムスが、永易が名古屋にいることを「スクープ報道」[9]、そして、毎日新聞が夕刊で永易が札幌で潜伏していたと報じる。翌25日発行の内外タイムスはさらに、永易がそれまで否定していた八百長を行っていたことを認めたと報じる[10]

そして、これ以後の永易の告白は球界に大きな波紋を投げかけることになる。

30日発行の同紙の「独占スクープ第三弾」は、永易が西鉄から逃走資金を貰っていたと報じた[11]。スポーツニッポンは航空会社の招待でヨーロッパ視察中でありモスクワに滞在していたオーナーの楠根宗生に国際電話してインタビューしたが、楠根は「そんなことあるはずがない。彼は処分された選手だ」と全面的に否定した[12]。 31日には同日発行の週刊ポストが永易の独占インタビューを掲載[13]、4月1日にはフジテレビの番組テレビナイトショーにおいて、自分が演じた八百長は西鉄の他の選手から頼まれたこと、そして八百長を演じた選手は自分以外にもいることを示唆した[14][15]。いずれも大滝の手によるものだった。これらの永易の「告白」に対して、他のマスコミから永易自身が公の場に出て説明するべきだとの声が出た。

4月5日、永易はスポーツ議連の3議員による捜索願で行方を捜査していた警視庁捜査四課の捜査員と会い、自らの八百長と楠根オーナーから口止め料を貰っていた事、さらに八百長は自分以外にも選手がいたことなどを供述した。

永易の「告白」はなお続き、今度は4月6日発行の内外タイムス「独占スクープ第4弾」では、「親しいチームメイトのY投手から頼まれた」「Y投手に頼んだのはHさんといって、M投手の知人でぼくも知っている人」「Yから頼まれてF選手をとめた」「Y投手がとめたM捕手とM選手はともに30十万ずつわたしたそうです」「HさんはI投手にやらせたくて、Iと親しい中日の田中勉さんに頼んで百万円を田中勉さんにわたしたのを知っています」と、田中勉は実名で、それ以外はイニシャルで選手名を挙げた[16]

これに対し、共同通信は4月6日に内外タイムスの誌面でイニシャルで掲載された選手名を実名を挙げた記事を配信[17]、これは7日日刊スポーツ[18]、8日スポーツニッポン[19]などの一部のスポーツ紙や、共同通信の配信を受けている東京タイムズ[20]や一部の地方紙に掲載された。4月7日の内外タイムス[21]では、益田昭雄池永正明へのインタビューを載せ、いずれも八百長を否定した。池永は内外タイムスの取材に対して「球団から『お前らは黙っていろ!われわれ上のものが解決する』という話があったと認めている」と報じた。8日には再びテレビナイトショーに出演し、今度は司会者の前田武彦と大滝、そして永易の三者が登場、前田と大滝による永易へのインタビューの録画が放送された。

永易が捜査当局に八百長を自供した事と、共同通信による実名報道を受けて、7日、西鉄球団はオーナーの楠根と球団社長の青木がそれぞれ記者会見した。これは記者からの要請で実現したものだが、楠根と青木は永易の発言は事実無根だと主張した。しかし、記者から告訴などの具体的な手段を立てるべきではないかとの質問に対しては、告訴は考えていないと明言した。

8日にはプロ野球実行委員会が開かれ、永易発言の真相糾明のため永易に公の場に現れるよう呼びかけを行ったほか、コミッショナー事務局長の井原宏が永易に直接会って事情を聞くことを決定、また西鉄球団に対して永易発言で俎上に上がった選手への事情聴取を行うよう要請した。また球界の黒い霧の糾明に乗り出しているスポーツ議連が設置している「プロ野球調査委員会」が、警視庁に対して永易とコミッショナー事務局とを引き合わせへの協力を要請した。

永易の出現[編集]

内外タイムス、週刊ポスト、テレビナイトショーと特定のメディア媒体を通じて告白を行ってきた永易だが、4月9日に読売新聞が永易を都内で発見してインタビューし[22]、開幕前日の4月10日、大滝が塩谷議員に「永易が会いたいといっている」と連絡した。塩谷は永易が公の場に現れて事情を説明することを条件に出し、大滝もこれを了承した。永易と会った塩谷は、共同の記者会見を行うこと、コミッショナー委員会の喚問に応じるよう永易を説得。週刊ポストの弁護士の原秀男は、先にコミッショナー委員会に出て実名をだし、記者会見はその後で行い「名前は委員会に聞いてくれ」というほうがいいと助言した[23]

永易は衆議院第二議員会館第一会議室にて、大滝、塩谷、原らとともに午後三時より記者会見を行い、半年ぶりに公に姿を現した。永易はその会見で、記者団から、これまで週刊ポストなどでイニシャルで名前を挙がっていた西鉄の6人の選手の実名を挙げるよう迫られた。永易は名前を言うのを渋ったが、塩谷が「男として元同僚をかばう気持ちは分かるが、いずれコミッショナー委員会ではいわねばならないのだから、ここで名前を言った方がいい」と言うと、永易は池永正明与田順欣益田昭雄捕手村上公康内野手船田和英基満男)と田中勉(元中日ドラゴンズ)の名前を挙げた[23]。そして新たに佐藤公博(元南海ホークス)へ謝礼と引き換えに先発投手の名前を漏らしてたことを公表した。永易は、自分の八百長についてはチームメイトの与田から誘われたこと、また与田はフジナワという人物と知りって八百長をしたのがきっかけであると述べた。そして、西鉄球団の球団幹部から約550万円の逃走資金をもらっていたことを改めて述べた。記者会見後には東京・銀座のプロ野球コミッショナー委員会事務局へ、その後パリーグ事務局へ赴き、いずれも八百長について証言した。

西鉄球団も同日午前に上記6名を呼び事情聴取したがいずれも八百長を否定、球団は6選手はシロであると発表した。逃走資金についてもそのような事実はないと否定した。

東京地方検察庁特別捜査部は田中勉の週刊ポストへの告訴に絡んで八百長野球の捜査を行っていった。永易を4月14日から16日まで事情聴取、永易の家族からも事情聴取を行った。4月22日、オートレースの競走(レース)中の違反で送検されたオートレース選手が「プロ野球選手がオートレースの八百長に参加した疑いがある」と自供。その結果、4月23日小型自動車競走法違反の容疑で田中勉(前年限りで現役を引退した)、元大洋ホエールズ投手の高山勲、そして永易ら西鉄選手に八百長を依頼していた”フジナワ”こと藤縄洋孝が逮捕される。

藤縄は逮捕される直前に朝日新聞の記者に、自らプロ野球で仕掛けた八百長について話した[24]。4月24日朝日新聞の朝刊に掲載されたこの藤縄の告白は大きな反響を呼び、コミッショナー委員長の宮沢は24日夕方記者団に対して「けさの朝日新聞に載った藤縄談話は注目に値するものと思う」と語った[25]。藤縄は西鉄選手を買収し10回試みて成功は2回のみの大損で、四千五百万円近い借金が出来たと述べる。

そして4月28日の読売新聞と毎日新聞の各夕刊[26][27]は、楠根宗生オーナーがこれまで否定していた永易への金銭授受を認めたと報道。両紙は楠根にそれぞれ単独インタビューし楠根は「永易から泣きつかれたので、更生資金として渡した」と答えた。29日には東京地検特捜部から出頭要請を受けて上京して取り調べを受けて、永易に対して550万円を渡していたことを認めた。

泥沼化する球界の黒い霧[編集]

大揺れの西鉄[編集]

西鉄球団は永易の"告白"を事実無根と主張していたが、楠根オーナーが前言を翻して永易へ資金を渡していた事を認めたため、永易証言による西鉄選手の八百長疑惑に対しても、黒と見る向きが高まった。5月4日、プロ野球コミッショナー委員会は西鉄6名選手を呼んで個別に事情聴取を行ったが、全員八百長について否定した。

田中に続いて、今度は中日ドラゴンズのエース小川健太郎がオートレースの八百長に関わった疑いで6日に警視庁に逮捕された。現役選手の逮捕にまで発展した球界の黒い霧に対して、世間の風当たりは厳しくなっていった。6日、コミッショナー委員会は与田、益田について「はっきり黒と断定できないものの疑惑が濃い相当の理由がある」として野球協約第四〇四条に基づき出場停止処分とする。

そして7日、西鉄球団は池永、船田、基、村上の4選手の公式戦出場を5月いっぱい見合わせると発表した。西鉄は、すでに出場停止処分となっている2選手と合わせて主力選手を6名も欠くという非常事態となった。8日には4名を球団事務所に呼び、夕方から深夜に及ぶ長時間の事情聴取を行った。その結果6名はかなずしもシロではないと発表し、西鉄球団がようやく真相糾明に乗り出した。

13日には、永易への逃走資金を認めたことで非難を浴びていたオーナーの楠根宗生が記者会見を行い、西鉄本社社長、球団オーナーを辞職することを明らかにした。

次々に発覚する黒い霧[編集]

また黒い霧の選手は他球団にも波及した。5月9日の朝日新聞は、東映フライヤーズの2選手が敗退行為の勧誘を受けていたと報道[28]。朝日新聞の報道を受けて、田中調が「新聞に載っていた2人のうちひとりは自分のことだと思う」と名乗った[29]。東映球団は9日の後楽園球場での試合後に森安と田中に対して事情聴取し、その後田中、森安、球団代表の田沢八十彦の3人が記者会見した。

会見で、田中と森安は1969年9月に西鉄戦のため福岡に来た際、試合後に永易から誘われて3人に飲みに出かけ、その途中で永易が自分の知り合いがいると言って3人で藤縄の住んでいたアパートに立ち寄り、その際藤縄が二人の前に60万円を見せ、八百長を依頼があったことを認めた。しかし、森安は八百長を誘われたのは田中だけという口ぶりだったが、田中は二人に対して八百長の依頼があったと思ったと言い出し、主張がちぐはぐであった[30]。翌日、オーナーの大川博が都内の自宅に田中、森安の2人を呼んで事情聴取、その後大川、森安、田中の3人が記者会見。大川は、2人とも八百長の依頼があったことを認めるもこれを拒否し金銭も受け取っていないと判断したと発表したが、2人はそ依頼があったその後に永易と藤縄と飲み歩いていたことを認めたため、二人の出場を見合わせると発表した。

14日には毎日新聞とスポーツニッポンが近鉄バファローズ球団職員の山崎晃が1967年シーズンに暴力団に八百長を強要するよう脅されたため監督や選手に八百長を働きかけ、近鉄球団が球団ぐるみ八百長を行っていたと報道した[31][32]。19日には、阪神タイガース内野手の葛城隆雄がオートレースの八百長容疑で逮捕された。

オートレースの八百長で警視庁に逮捕された田中勉は、東京地検と警視庁の取り調べに対して、プロ野球の試合でも八百長を演じていたことを認めた。このため東京地検は週刊ポストの記事は田中への名誉棄損には当たらないとの判断を示した。田中は告訴を取り下げ、東京地検は週刊ポストを不起訴処分として捜査を打ち切った。7日には西鉄のエース池永正明に対して藤縄からの依頼で百万円で八百長を依頼していたことを供述。これに対して池永は当初は否定したものの、10日に福岡市内の西鉄室内練習場にて報道陣に対して田中から百万円を貰った事を認めた。

西鉄選手へのコミッショナー裁定[編集]

5月16日、パリーグの理事会が開かれ、6時間に渡る会議では主に西鉄6選手の処分を討議した。パリーグ会長の岡野は、この会議での各理事の議論を参考に6選手への裁定案をまとめてコミッショナーへ提出。20日にコミッショナー委員会が開かれて、3委員が処分案を討議した。

25日コミッショナー委員会の3委員が後楽園サロンにて記者会見し、6選手への処分を発表した[33]。池永、与田、益田の3人の投手は永久追放処分。理由は与田と益田については敗退行為を認定。池永は敗退行為の勧誘に際して受け取った100万円の返却を怠ったことを八百長を承諾したと見なしこれをプロ野球協約第355条違反(当時)として処分を下した。村上と船田は、八百長を依頼されたがこれを否定したという本人の主張が認められた形となったが、八百長を依頼された際に渡された報酬の返却を怠った事で11月30日まで試合を含む完全野球活動禁止処分。基は八百長を依頼されるも否定、報酬も渡されるもこれを返却したことは認められた。

くすぶり続ける球界の黒い霧[編集]

オートレースの八百長で逮捕された小川は5月27日に東京地検に起訴された。中日球団はこの日小川との契約の解除をセリーグに申請したが、セリーグ会長の鈴木龍二はこれを保留した。この段階でセリーグが独自に調査したところ、小川がプロ野球の試合でも八百長を演じていたとの疑惑を掴んだ。鈴木は6月2日にコミッショナー委員会に対して永久失格選手として処分してほしいとの要望書をコミッショナー委員会に提出した。鈴木は1日に記者会見し、記者から「小川が否定しても、それを突き返すだけの資料があるということか」との問いに「そう解釈してもらっていい」と答えている[34]。3日、コミッショナー委員会が開かれ、小川を野球協約第120条の「統一契約書にある条項」に違反したとし、同項では違反した場合期限付きまたは永久の失格選手に指名されるという項目のうち後者を適用して、永久失格処分とする裁決を発表した[35]

一方、東映の田中、森安の疑惑に対して、パリーグ会長の岡野は5月14日に東映から調査の報告書を受け取った。これを元に岡野は福岡、大阪で調査を行った。その結果東映の報告には不備があると指摘し、2日、東映球団に対して2名に対して再調査するよう命じた。3日、東映は2投手から再び事情聴取をしたところ、森安は9月27日の永易と藤縄から八百長の依頼があった後の行動について、「永易らとクラブで遊んだあと一人で宿舎に帰った」との主張していたのに「芸者と遊んだ後2人で帰った」と食い違う発言をした。そのため球団は森安を無期限の出場停止にした。

兵庫県警は野球賭博の捜査のため7月から、コミッショナー委員会から処分を受けた西鉄の選手や、永易、小川健太郎らから事情聴取していた。森安も参考人として7月16日から事情聴取した。16日の取り調べに対しては、八百長を否定したが、17日、取り調べに対して、永易から八百長の依頼を承諾し、現金50万円を受け取っていたと自供した。すでに八百長の依頼があって現金を預かったままの池永を永久追放処分した先例があることから、森安の永久追放処分も決定的となった[36]。オーナーの大川の命で27日に森安は記者会見を行ったが、「金はもらったが八百長はやっていない」「永易から電話で八百長の依頼があったが朝だったので眠くて覚えていなかった」などと語った森安の会見は「肝心のことはなにがなにやらさっぱり要領を得ず」[37]などとマスコミに評された。

7月30日、コミッショナー委員会から森安への裁決が下され、永久追放処分が下された[38]。森安と球団代表の田沢が京橋の球団事務所で記者会見し、「たかが50万円でバカなことをした」と謝罪した[39]

コミッショナー委員長の宮沢は記者会見で「球界の黒い霧についてひとまずこれで調べが済んだが、これで終わりかと言われたら、私はそう言い切る自信はない」といった。

同時期に、次の不祥事とその処分がある。

  • 6月17日 - ヤクルトアトムズ捕手の加藤俊夫が自動車の無免許運転で逮捕される。翌6月18日、ヤクルトは無期限出場停止の処分を課す(後に自由契約となり1年のブランクの後東映で現役復帰)。
  • 7月1日 - 近鉄外野手土井正博が賭博の疑いで書類送検され、後日パ・リーグ会長より出場停止1か月の処分が課される。
  • 9月8日 - ヤクルト内野手の桑田武がオートレース八百長の疑いで逮捕。10月1日にコミッショナー委員会は桑田を3か月の期限付失格選手に指名する(解除後に自由契約選手となるも、これが致命傷となりその年現役引退)。
  • 11月30日 - 阪神投手の江夏豊が「野球賭博の常習者との交流をしていた」という理由で、セ・リーグ会長から戒告処分を受ける。

1971年[編集]

  • 1月11日 - 南海ホークス投手の三浦清弘がチームメイトの佐藤公博投手から敗退行為の誘いを受けてその報告を怠ったとして戒告処分とする。
  • 1月29日 - 大洋コーチの鈴木隆、投手の坂井勝二が暴力団とのかかわりを持った疑惑が持たれていたことから球団から同日付で1軍の出場無期限禁止と減俸処分を課される。(出場停止は5月31日付で解除)
  • 2月15日 - ロッテオリオンズ投手の成田文男が野球賭博の常習者である暴力団と交流していた疑いで、球団から1か月間の謹慎を言い渡される。

関係者の処分[編集]

選手名 所属球団 守備位置 罪状 処分
永易将之 西鉄 投手 敗退行為の実行 永久追放処分
池永正明 西鉄 投手 敗退行為の依頼を受け現金受理 永久追放処分
与田順欣 西鉄 投手 敗退行為の実行と勧誘 永久追放処分
益田昭雄 西鉄 投手 敗退行為の実行と勧誘 永久追放処分
小川健太郎 中日 投手 オートレース八百長に参加 永久追放処分
森安敏明 東映 投手 敗退行為の依頼を受け現金受理 永久追放処分
村上公康 西鉄 捕手 敗退行為の勧誘を受け、報告せず 1年間の野球活動禁止
船田和英 西鉄 内野手 敗退行為の勧誘を受け、報告せず 1年間の野球活動禁止
葛城隆雄 阪神 内野手 オートレース八百長に参加 3か月の期限付失格選手に指名
桑田武 ヤクルト 内野手 オートレース八百長に参加 3か月の期限付失格選手に指名
成田文男 ロッテ 投手 野球賭博疑惑のある暴力団と交流 1か月の謹慎処分
坂井勝二 大洋 投手 暴力団と交流 無期限出場停止と減給処分
江夏豊 阪神 投手 野球賭博疑惑のある暴力団と交流 戒告処分
三浦清弘 南海 投手 敗退行為の勧誘を受け報告せず 戒告処分
田中調 東映 投手 敗退行為の勧誘を受け報告せず 厳重戒告処分
基満男 西鉄 内野手 敗退行為の勧誘を受け報告せず 厳重注意処分
高山勲 大洋 投手 オートレース八百長に参加、勧誘 事実上の永久追放処分
田中勉 中日 投手 オートレース八百長に参加、勧誘 事実上の永久追放処分
佐藤公博 南海 投手 オートレース八百長に参加、勧誘 事実上の永久追放処分

事件の影響[編集]

主力選手が永久追放処分を受けた中日と西鉄は戦力が低下、特に3名の永久追放処分者と2名のシーズン出場停止処分者を受けた西鉄は戦力が激減した。1970年から72年まで3年連続最下位となった上、球団経営に行き詰まり、1972年オフに福岡野球へ身売りされることにつながった。

1969年に西鉄に入団した東尾修は、入団1年目にウエスタン・リーグで負け続け自信を失い、武末悉昌コーチに野手転向を申し出たものの、この事件が発生したことで野手転向の話が立ち消えになるどころか、1軍でフル回転せざるを得ない状況になってしまった。投手としての実力が伴わないうちから登板を重ねたことにより、200勝達成よりも200敗達成のほうが早くなってしまった。

この事件の余波で甚大な被害を被った人物にオートレース選手の広瀬登喜夫がいる。広瀬は当時オート界随一のスター選手として全盛期であった1970年10月に逮捕されたことでオートレース界を追われ、30代前半という選手として最も充実するはずの時期を4年半以上に渡って裁判闘争に費やす羽目になった。冤罪であったとして控訴審で無罪判決を得てこれが確定し、オートレース選手としてようやく復帰がかなったのは1975年10月で、逮捕から実に丸々5年を費やした。

また、野球界では高山勲が大洋を退団処分された後に鬱病を患い、1978年に睡眠薬自殺した。

1980年代に入ると、青田昇が野球賭博に関与していたと報道されている。

余談だが、西鉄の後身にあたる埼玉西武ライオンズの主催試合でのイベント『ライオンズ・クラシック』の2010年の第1章(対オリックス・バファローズ戦)において、この事件によるライオンズやパ・リーグの状況を趣旨とした「パ・リーグ苦難の時代〜ライオンズ消滅の危機〜」というサブタイトルが付与されている。

永久追放処分の解除へ[編集]

池永は永久追放処分を受けてから、福岡市博多区の繁華街・東中洲で「ドーベル」というバーを経営していた。その一方で西鉄ライオンズの関係者(稲尾和久豊田泰光尾崎将司など)や池永の親族、池永の出身校である下関市立下関商業高等学校のOBなどは処分の決定直後から処分解除を求めて街頭での署名運動を展開。前述の通り西鉄ライオンズが福岡野球へ球団譲渡した1972年末には中村長芳(当時の福岡野球社長、太平洋クラブライオンズオーナー)や松園尚巳(当時のヤクルトアトムズオーナー、長崎県出身)がオーナー会議で池永への処分解除を提案したが、佐伯勇(当時の近鉄バファローズオーナー)や正力亨(当時の読売ジャイアンツオーナー)が賛成した一方、森薫(当時の阪急ブレーブスオーナー)や川勝傳(当時の南海ホークスオーナー)が強硬に反対し、意見の調整が付かないまま雲散霧消で終わった[注釈 4]

1996年には、有志で結成された「復権実行委員会」が下関大丸での「豪腕ふるさとへ帰る 池永正明展」開催期間中(1か月間)に18万7,787人もの署名を集めた。1997年6月3日には、池永への処分解除を求める嘆願書と上記の署名簿を日本野球機構および当時コミッショナーだった吉国一郎宛てに提出。しかし、1998年に吉国の後任で3月にコミッショナーに就いたばかりの川島廣守が6月24日付で嘆願を却下した[注釈 5]

これに対し、「復権実行委員会」のメンバーや復権運動の趣旨に賛同した有識者や弁護士などは「豪腕・池永正明氏の復権と名誉回復を心から願う人々の会(通称『池永復権会』)」を新たに設立。嘆願書の提出後から小説の執筆を前提に池永との交流を始めた笹倉明直木賞作家)が代表に就任するとともに、赤瀬川隼藤本義一難波利三阿部牧郎伊集院静若一光司赤江瀑古川薫軒上泊(いずれも作家)が相談役を引き受けた。さらに、池永との付き合いが長い小野ヤスシ中野浩一をはじめ、ライオンズOB以外のスポーツ関係者や芸能人からも多数の賛同会員が現れた。

「池永復権会」では当初、「池永の永久追放は『疑わしきは罰する』という姿勢の下に為された『灰色有罪』の処分でしかなく、コミッショナーの裁定でこの処分を続けることは人権問題に当たる」という認識の下に、講演活動を展開しながら日本弁護士連合会の人権委員会への提訴を計画していた。しかし、当の池永が復帰運動に消極的な姿勢を示し始めたため、途中からは弁護士による月1回ペースの「勉強会」に衣替えした[注釈 6]。その一方で、途中から「池永復権会」の相談役に加わった楢崎欣弥(当時は民主党_衆議院議員)は超党派の国会議員による懇談会の設立に尽力している[注釈 7]

復権運動の風向きが変わったのは、プロ野球マスターズリーグ2001年に池永の選手登録を認めてからである。池永は同年、稲尾が監督を務めていた福岡ドンタクズに入団。12月25日の福岡ドーム(現在の福岡ヤフオク!ドーム)での対名古屋80D'sers戦に先発で初登板を果たすと、3回を無安打・無失点に抑えて交代した。ちなみに試合後のインタビューでは、「(永久追放処分について)もう許していただきたい」という旨のコメントを残している。

「池永復権会」は2002年、川島による前述の処分嘆願却下に対する反論書を添えて、日本野球機構に参加する全12球団のオーナーおよびコミッショナー事務局へ嘆願書を提出[注釈 8]。請願自体は事務局から却下されたものの、2005年3月1日のコミッショナー実行委員会および同年3月16日のオーナー会議で、不正行為とその処分について定めたプロ野球協約第177条の改正が提案・承認。処分対象者からの申請による球界復帰への道が開かれた。

永久追放者は処分発効から15年、また無期限出場停止者に対しても5年を経過した選手について、本人からの申請があり、かつ善行を保持して改悛の情が顕著な者とコミッショナーが判断した場合に球界復帰を認める

日本プロ野球協約 改正第177条第2項(本項を追加)

上記の協約改正を受けて、池永は球界への復帰を申請。2005年4月25日に復権を果たした。2007年に「ドーベル」を閉店すると、2011年まで山口県社会人野球クラブチーム「山口きららマウンドG」(現:山口防府ベースボールクラブ)の監督を歴任。2008年からプロ野球マスターズリーグの活動休止(2010年)までは福岡ドンタクズの監督も務めていた。

注釈[編集]

  1. ^ 当時週刊ポスト編集部で記事を担当し後に3代目編集長になった関根進は、69年8月に創刊したばかりで目玉記事も少なく、売り上げが低迷していた。この状況を打破するため当時プロ野球の有名選手が暴力団と組んで八百長をやっていると噂が立っていたため、格好のネタとして取り上げたものの「無鉄砲にも噂の段階で八百長選手を実名を挙げて記事にしてしまった」ことを認めている。[3]
  2. ^ 中日球団はオーナー会議にて「ウチは投手難だが田中を出す。その意味は、幅広く解釈すれば分かってもらえると思う」と田中が"黒い選手"であることを暗示した。その後2球団が獲得に動き出したが、中日球団が裏面工作によって立ち消えになったという。[5]
  3. ^ 藤田はこの後、2軍コーチや球団スカウトを経て1974年に巨人を退団した。ただしその後、1981年1983年1989年1992年の2回にわたり、巨人の監督を務めている。
  4. ^ 笹倉の著書「復権 池永正明、35年間の沈黙の真相」(2005年、文藝春秋)第二章「追放からの歳月」を参照。中村と松園が池永の復権を主張した背景には、沖縄問題懇談会の座長を兼務していた当時のコミッショナー・大濱信泉沖縄県出身)の下で沖縄返還を機に始まった政界・選挙違反者への恩赦の動きに合わせたとされる。
  5. ^ 前掲書「復権 池永正明、35年間の沈黙の真相」第二章「追放からの歳月」によれば、川島は嘆願書の扱いをめぐって球界関係者代表の広岡達朗や有識者代表の中村稔 (詩人)浅利慶太五代利矢子から意見を聴取。その結果、「(池永の永久追放処分を決定した)1970年5月25日付のコミッショナー委員会の採決の当否を再審理することはできない」「仮に(池永への)処分を解除すれば、日本野球機構に属する職務(監督やコーチなど)への従事を池永に認めることになるため、プロ野球界に求められる倫理とは背馳する」などを理由に嘆願を却下した。
  6. ^ 前掲書「復権 池永正明、35年間の沈黙の真相」第六章「過去という壁」より。池永は地元・福岡での講演に参加する予定だったが、「球界の大物」と称する人物(詳細不明)から「弁護士を雇って事を起こそうとしているようだが、迷惑する人間が出てくることを承知しているのか」という主旨の電話を受けたことから急遽参加を辞退したという。これに対し、「池永復権会」の発足と同時に参加していた弁護士の西田研志は「我々がいくら頑張っても、依頼人である池永の意思が曖昧なままではどうにもならない」として運動から離脱。後に法律事務所ホームロイヤーズ(現在の弁護士法人法律事務所MIRAIO)を設立した。
  7. ^ 前掲書「復権 池永正明、35年間の沈黙の真相」第七章「希望の曲折」より。懇談会の呼び掛け人には球界OBの江本孟紀、かねてから復権運動に賛同していた大橋巨泉(いずれも当時は民主党参議院議員)、元アマチュアレスリング選手の松浪健四郎(当時は自民党衆議院議員)、大分県出身の俳優横光克彦(当時は社民党衆議院議員)、後に麻生内閣内閣官房長官に就任する山口県出身の河村建夫(自民党衆議院議員)、2005年から公明党の副代表を務める東順治(同党衆議院議員)、後に女性初の参議院副議長になった芸能界出身の山東昭子(自民党参議院議員)の7名が名を連ねた。
  8. ^ 前掲書「復権 池永正明、35年間の沈黙の真相」第八章「こころの扉」より

出典[編集]

  1. ^ a b 読売新聞1969年10月8日15面「西鉄・永易投手が八百長」縮刷版p243
  2. ^ 報知新聞1969年10月8日「永易 公式戦で八百長 球界初の永久追放」1-2面
  3. ^ 関根進『史上最強の編集塾、開講!』太陽企画出版、1995年、p142-143
  4. ^ 報知新聞1969年10月22日3面「八百長は事実無根 田中勉、ポスト誌へ抗議」
  5. ^ 週刊朝日1970年5月8日号「元エース田中勉の栄光と転落」
  6. ^ 夕刊フジ1969年10月17日(発行10月16日)「蒸発・永易を福岡で発見 本紙記者に八百長の真相語る」1-3面
  7. ^ 毎日新聞1969年11月29日「永易をプロ球界から永久追放」縮刷版905p
  8. ^ 週刊読売1970年4月24日号「永易をあやつる影の男たち 大詰めにきたプロ野球八百長事件」
  9. ^ 内外タイムス1970年3月25日(3月24日発行)1面「永易は元気に暮らしていた!本紙捜査陣が独占インタビュー」
  10. ^ 内外タイムス1970年3月27日(26日発行)1面「永易ついに『八百長』告白 ファンのみなさん、申し訳ない」
  11. ^ 内外タイムス1970年3月31日(30日発行)1面「西鉄が一生面倒見る 永易、はじめて"核心証言"」
  12. ^ スポーツニッポン1970年3月31日1面「一生面倒?まさか モスクワの楠根オーナーと国際電話」
  13. ^ 週刊ポスト1970年4月10日号「永易選手が八百長事件をすべて告白 もうオレは黙っていられない!」
  14. ^ 報知新聞1970年4月2日4面「西鉄のある選手に頼まれてやった 永易の録音テープ フジTVナイトショーで流す」
  15. ^ 朝日新聞1970年4月2日「八百長を認める 永易の声、テレビで放送」縮刷版p45
  16. ^ 内外タイムス1970年4月7日(6日発行)1面「永易"八百長選手名"明かす 『オレだけではない!』と真相ぶちまける」
  17. ^ 週刊文春1970年4月17日号「永易事件を切り売りする男 大滝譲司とはそも何者?」
  18. ^ 日刊スポーツ1970年4月7日1面「永易 八百長の真相バク露 "与田から頼まれた"」
  19. ^ スポーツニッポン1970年4月8日1面「永易 最初は4月23日 仲間の名も明らかに」
  20. ^ 東京タイムズ1970年4月7日13面「"汚名一人でかぶれ"永易元選手が証言 逃走資金もらう」
  21. ^ 内外タイムス1970年4月8日(4月7日発行)1面「"永易告白"で大揺れの西鉄 本紙独占スクープ 球界に大衝撃」
  22. ^ 読売新聞1970年4月10日「球団との対決辞さぬ 永易元投手、本社記者に語る」縮刷版p303
  23. ^ a b 原秀男「黒い霧の中の野球オンチ 永易事件と私」『自由と正義』1970年8月
  24. ^ 朝日新聞1970年4月24日「私は八百長を仕組んだ 野球とばく 藤縄が全貌を語る」縮刷版p783
  25. ^ デイリースポーツ1970年4月25日1面「藤縄談話は有力資料 宮沢コミッショナー 事態発展に厳しい表情」
  26. ^ 読売新聞1970年4月28日夕刊「永易との金銭授受 暗に認める」縮刷版p907
  27. ^ 毎日新聞1970年4月28日夕刊「永易に金渡した 西鉄・楠根オーナー認める」縮刷版p899
  28. ^ 朝日新聞1970年5月9日「八百長選手、東映にも 50万円で2投手請負う」縮刷版p251
  29. ^ 朝日新聞1970年5月10日「八百長は拒否 届けなかった 田中投手」縮刷版p283
  30. ^ 朝日新聞1970年5月10日「八百長野球 東映、二投手に事情聞く」
  31. ^ 毎日新聞1970年5月14日「三年前、球団ぐるみ八百長 近鉄」縮刷版p405
  32. ^ スポーツニッポン1970年5月14日3面「42年、近鉄でも『八百長』」
  33. ^ 鈴木龍二『プロ野球と共に五十年(下)私のプロ野球回顧録』恒文社新書、1984年、p195-p201
  34. ^ 日刊スポーツ1970年6月2日1面「中日・小川も永久追放 "野球でも八百長"」
  35. ^ 日刊スポーツ1970年6月4日「"小川の追放"本決まり コミッショナー委 統一契約書違反を初適用」
  36. ^ 日刊スポーツ1970年7月17日1面「森安も永久追放へ 八百長野球、50万円の授受を自供」
  37. ^ 日本経済新聞1970年7月28日17面「弁明、要領得ず 森安が記者会見」
  38. ^ 石川泰司『消えた男たち ドラフト20年』毎日新聞社、1986年、p34
  39. ^ 日本経済新聞1970年7月31日17面「土下座したい 涙ぐむ永久追放の森安」
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]