仙台育英学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙台育英学園高等学校

Sendaiikuei miyagino campus.jpg
(宮城野新校舎)

Sendaiikuei tagajo campus.jpg
(多賀城校舎)
過去の名称 育英塾
仙臺育英學校
私立仙臺育英中學校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人仙台育英学園
校訓 至誠
質実剛健
自治進取
設立年月日 1905年
創立者 加藤利吉
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
広域通信制課程
単位制・学年制 学年制(全日制 特別進学コース、外国語コース、英進進学コース、情報科学コース)
単位制(全日制 フレックスコース、技能開発コース)
単位制(通信制)
設置学科 普通科
学期 二期制
高校コード 04501C
所在地 983-0045(宮城野キャンパス)
〒985-0853 (多賀城キャンパス)
宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目4番1号(宮城野キャンパス)
宮城県多賀城市高橋五丁目6番1号(多賀城キャンパス)
外部リンク

公式サイト

生徒会執行部公式Facebook
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

仙台育英学園高等学校(せんだいいくえいがくえんこうとうがっこう)は、宮城県にある私立高等学校。通称「仙台育英(せんだいいくえい)」。

設置者は学校法人仙台育英学園。同法人は、東北地区最初の中等教育学校である秀光中等教育学校を設置している。

概要[編集]

校舎は仙台市宮城野区の宮城野キャンパス及び多賀城市の多賀城キャンパスの2つで、コース及び部活によって、2つのキャンパスのうち、いずれかに所属することになる。スポーツが盛んで、東北高等学校と並ぶ甲子園常連校として特に知られている。また、大学進学指導にも力を入れており毎年国公立大学や首都圏難関私立大学、地元私立大学への大学合格者を多数輩出している。

1989年には夏の甲子園で準優勝(優勝校は東京都帝京高等学校)、2001年には春の甲子園で準優勝(優勝校は茨城県常総学院高等学校)を果たし、高校野球における「白河越え」の悲願成就に最も近い高校として地元の期待を集めていたが、2004年の夏大会で駒澤大学附属苫小牧高等学校北海道)に先を越され果たせなかった。なお、軟式野球部は第47回全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝を果たしている。全国高等学校野球選手権宮城大会では、東北高校との2強体制が30年以上続いている。

また陸上長距離や駅伝の強豪校として知られ、高校駅伝の優勝回数は7回(歴代2位タイ)を数える。ほかにはサッカー部やラグビー部も全国レベル。

制服は、男子はブレザー平成24年度以降の特別進学コースの生徒は紺の詰襟、女子は全国的にも珍しい濃のブレザー・スカートで、襟元にリボンをあしらったものである。 2014年度より4つのコース名が改称され、英進進学コースI類は英進進学コース、英進進学コースII類は情報科学コース、フレックスコースI類はフレックスコース、フレックスコースII類は技能開発コースとして生まれ変わった。 なお、前橋育英高等学校奈良育英高等学校育英高等学校(兵庫育英)、鳥取県立鳥取中央育英高等学校との関連や交流などはない。

沿革[編集]

  • 1905年明治38年) - 加藤利吉、育英塾を設立する。
  • 1913年大正2年) - 仙台育英学校へ移行。東北高等予備学校併設。
  • 1922年(大正11年) - 私立仙台育英中学校開校。創立者加藤利吉が校長に就任する。外記丁校舎。
  • 1930年昭和5年) - 現在の校歌制定。
  • 1945年(昭和20年) - 外記丁校舎が仙台空襲により焼失。
  • 1948年(昭和23年) - 財団法人仙台育英学園設立認可。学制改革により私立仙台育英高等学校開校。私立仙台育英中学校を併設。
  • 1949年(昭和]]24年) - 宮城野原に新築校舎第一期工事落成移転。外記丁校舎の跡地は戦災復興事業により錦町公園となる(一部は愛宕上杉通りなどの道路に転用)。
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人仙台育英学園設立認可。加藤利吉が理事長に就任。
  • 1955年(昭和30年) - 仙台育英高等学校、仙台育英商業高等学校併設。
  • 1956年(昭和31年) - 仙台育英中学校閉校。
  • 1962年(昭和37年) - 仙台育英高等学校・仙台育英商業高等学校とを併合。仙台育英学園高等学校となる。普通部・商業部と改称。
  • 1963年(昭和38年) - 6月23日。日本初の高校生による国際奉仕クラブ。インターアクトクラブ結成[1]。100余名で発足。当時世界第一の規模を誇った[要出典]
  • 1976年(昭和51年) - 普通部・商業部を普通科・商業科と改称。
  • 1984年(昭和59年) - 仙台育英学園高等学校、普通科・商業科を廃止し、全日制普通科総合コース制(県下初)を導入。特別進学コース、教養コース{国大進学コース・私大進学文理コース・簿記進学コース・情報処理コース・外国語コース・体育コースの6コース}設置。
  • 1986年(昭和61年) - 外国語コースで女子受け入れ開始により共学化(全面共学化は後年)。
  • 1989年平成元年) - 硬式野球部が夏の甲子園大会(全国高等学校野球選手権大会)にて、準優勝。
  • 1996年(平成8年) - 仙台育英学園秀光中学校開校。40年ぶりの中学校復活。
  • 1998年(平成10年) - 通信コース設置。
  • 2001年(平成13年) - 硬式野球部が春の選抜甲子園大会(選抜高等学校野球大会)にて、準優勝。
  • 2003年(平成15年) - 東北初の中等教育学校の秀光中等教育学校開校。
  • 2005年(平成17年) - 学園創立100周年。
  • 2011年(平成23年) - 東日本大震災により宮城野校舎が被災、第一北辰・第二北辰以外の校舎が使用不可能に。
  • 2012年 (平成24年) - 硬式野球部が甲子園(全国高等学校野球大会)出場。また、国民体育大会にも出場。
  • 2013年 (平成25年) - 仙台育英学園 宮城野新校舎が竣工。

設置コース[編集]

全日制普通科総合コース制(事実上の総合学科)である。

特別進学コース(男女・宮城野キャンパス)
国公立大・難関私立大学への現役合格を目指す。東大、京大などの超難関大学をめざす東大選抜クラスをはじめ習熟度と進路に応じたクラス編成、朝及び放課後学習、夏・冬休み等の特別講習、自学自習の習慣を身につける宿泊研修など、さまざまな学習機会を設けて真の実力を養成する。東京大学京都大学慶應義塾大学早稲田大学同志社大学といった難関大学への合格者も多数輩出している[2]
外国語コース(女子・多賀城キャンパス)
外国語、特に英語の学力を身に付け、主に外国語系・文系大学への進学を目指す。外国人講師による生きた英語の授業や、海外留学、海外語学研修もある。英検・TOEICにも挑戦。“日本伝統文化の理解と尊重”を目的とした茶道・華道の授業も行われている。2010年10月に開校した現地校I - Lion Hawaii Schoolでハワイ研修を2学年時に実施。
英進進学コース(男女・多賀城キャンパス)
大学進学を意識した数多くの選択可能な教育課程を設置し、受験指導と英語の学力向上に努めている。それぞれの適性・進路に応じて、文系・理系合わせて6つの系に分かれる。希望する進路を実現させるためのカリキュラム編成で、レクチャークラスなどを実施しながら一人ひとりの習熟度に応じ3年間で着実に実力を磨く。
情報科学コース(男女・宮城野キャンパス)
専門的な情報処理の国際認定資格(グローバル・ライセンス)を取得しIT関連の大学やその資格を活かせる大学や専門学校等への進学指導を行う。1人1台のノートパソコンを一般教科・LHR・総合的な学習の時間などに利用する。2年次からは進路希望に応じて文系と理系を設けて、生徒の適性や能力に応じた学習を行う。
フレックス・技能開発コース(男女・多賀城キャンパス)
全日制課程単位制のコース。部活動と勉強を両立し、推薦入試を中心とした進路指導を行う『フレックスコース』と、アニメーション制作やグラフィックス技術が学べ、就職支援のための資格取得や個々のキャリアアップに向けた多くの講座を設定している『技能開発コース』がある。ともに大学、専門学校進学率は90%を超え、就職率は100%を達成している。
広域通信制課程(ILC宮城・LC青森・LC沖縄)
4月と10月、年2回の入学機会がある。学習の進め方は、面接指導(スクーリング)の授業と、定められた報告課題(レポート)を提出。年間2回実施する期末試験に合格すれば、単位が認定される。スクーリングは、宮城野キャンパス(ILC宮城)のほか、ILC青森(スクーリング会場は八戸市八戸学院大学内)、2014年4月開校のILC沖縄(沖縄市上地のコザミュージックタウン内スクーリング会場)でも実施されている。

日本最初のインターアクトクラブ[編集]

インターアクトクラブ(Interact Club、IAC)とは、奉仕と国際理解に貢献する青少年のための、ロータリークラブ(RC)提唱の世界的団体である。高等学校に在学中の生徒、または年齢14~18歳までの青少年が入会できる。Interactという名は「国際的活動」International Actionを意味している。

日本最初のインターアクトクラブは、1963年6月27日に結成された、仙台育英学園高校インターアクトクラブである。提唱は、仙台東ロータリークラブで、100人を超える人数で誕生した。日本第1号のインターアクトクラブは、当時、世界最多の会員数を擁していた[要出典]

仙台育英学園高校インターアクトクラブは、誕生してすぐ、清掃奉仕や小さな親切運動などの、さまざまな活動を展開し、1967-68年度、「インターアクト国際ロータリー賞」を受賞した。また、インターアクトクラブ設立後、海外留学が活発に行われるようになり、地区の青少年交換制度を、促進するという効果もあった[要出典]

交通アクセス[編集]

宮城野キャンパス[編集]

2013年に新築改装工事が完了。

鉄道

宮城野原駅の出口は本校と隣接しているため、非常に交通至便な環境となっている。

バス
  • 仙台市営バス X235系統国立病院経由卸売市場・霞の目営業所行き、230系統国立病院経由小鶴新田駅行き
    • 育英学園前下車 徒歩1分

多賀城キャンパス[編集]

鉄道

中野栄駅は仙台市宮城野区にあるが、多賀城キャンパスは多賀城市の多賀城駅を利用するよりも仙台市の中野栄駅から利用するほうが近い。

震災からの復興[編集]

宮城野新校舎完成

2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城野校舎は、2012年1月から改修工事が進められ、2013年3月24日に竣工した。同年4月9日には開校式が挙行され、授業がスタートした。宮城野新校舎として完成したのは新『栄光』、新『南冥』、新『北辰』の3つの建物。新『栄光』と新『南冥』との間には学園創立者加藤利吉を記念した『GP(Great Principal)ホール』も建設された。

多賀城校舎グラウンド整備

2013年3月多賀城キャンパスのグラウンド(野球場『真勝園』、多目的グラウンド(サッカー場)、テニスコート)が人工芝に整備された。

その他[編集]

暴走RV車の危険運転による交通事故の追悼[編集]

同校には、毎年5月頃その年の新入生一同が多賀城校舎から松島研修センターまで踏破する、ウォークラリーという恒例行事があった。 2005年のウォークラリーの際、暴走した飲酒運転のRV車が生徒たちの列に突っ込み、生徒15人が重軽傷を負い、3名が死亡する事故が発生した。 以降、多賀城校舎内に「夢の途中」という碑文が記されたメモリアルストーンを設置し、毎年5月22日をI-LION DAYとして、亡くなった生徒の追悼と飲酒運転撲滅運動を生徒会主催で行なっている。

主な関連人物[編集]

卒業生[編集]

関係者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]