JUDY AND MARY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JUDY AND MARY
基本情報
別名 ジュディマリ、JAM
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック[1]
J-POP[1]
パンク・ロック
アート・パンク
活動期間 1992年 - 2001年
レーベル エピックソニー
共同作業者 佐久間正英
メンバー
YUKIボーカル
TAKUYAギター
恩田快人ベース
五十嵐公太ドラムス
旧メンバー
藤本泰司ギター

JUDY AND MARY (ジュディ・アンド・マリー) は、日本ロックバンド。略称は「ジュディマリ」あるいは「JAM」。

メンバー[編集]

元 メンバー[編集]

来歴[編集]

1991年6月、ヘヴィメタルバンド「JACKS'N'JOKER」のメンバーとしてメジャーデビューしていた恩田が、映画『いつかギラギラする日』の撮影で北海道を訪れた際、エキストラとして参加していた当時短大生のYUKIと知り合う。映画スタッフ達との飲み会の場で、YUKIが「バンドをやりたいけどどうすればいいのかわからない」と恩田に相談した事がきっかけで[2]、その後YUKIにデモテープを送ってもらった恩田がそれを聴いたところ歌声を気に入りボーカルに抜擢、1992年2月、YUKI、恩田、藤本泰司を中心に結成。同年4月、インディーズレーベルよりアルバム『BE AMBITIOUS』を発表。11月、サポートメンバーだった五十嵐公太が正式に加入。この頃は、メインのバンドを持つ恩田のサイド・ソロ・プロジェクトに近く、メンバー全員そのつもりでおり、このバンドでのデビューは目指していなかった。そのため、制作やライブの費用は全て恩田が負担し、メンバーにはギャラを支払っていた。恩田も「YUKIちゃんもこのアルバムを名刺代わりに(業界入り)出来れば」と話していた。この時点では一過性のつもりであり、アルバム発表・ライブ後は既に解散状態になっていた[3]

しかし、恩田はこのバンドへの熱意が解散後に強く湧き上がってきたため、再始動を決意。当時フリーの状態であったYUKIには予め伝え、他のメンバーにはその事を告げず、先にデビューの段取りを行い、JACKS'N'JOKERの脱退〜デビュー契約など全てが整った時点で再始動を伝え、同意を求めた。五十嵐はこれに同意したものの、藤本は既にソロ・アルバムをバンドで作る構想があったため、JUDY AND MARYでのデビューは辞退せざるを得ず、脱退[3]

1993年2月、前述の理由でメジャーデビューを辞退した藤本泰司に代わる形でオーディションによりTAKUYAが加入[3]。同年9月にエピックソニーよりシングル「POWER OF LOVE」でメジャーデビュー。

1994年1月、アルバム『J・A・M』発表。12月、佐久間正英プロデュースによるアルバム『ORANGE SUNSHINE』を発表。オリコンチャート初登場5位を記録し。同アルバムを引っ提げて行なわれたツアー『ORANGE SUNSHINE TOUR』では初の渋谷公会堂公演を行なう。この頃、公式ファンクラブ「JAMP」が発足[4]

1995年5月、初の日比谷野外音楽堂公演を含む『JUST A MAMBO TOUR』開催。6月に発売されたシングル「Over Drive」がオリコンチャート初登場こそ4位だったものの60万枚以上を売上げるヒットを記録。12月には前作と同じく佐久間プロデュースのアルバム『MIRACLE DIVING』を発表。このアルバムも100万枚に迫る売上げを記録した。

1996年、全国ツアー『MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996』を開催。初の日本武道館大阪城ホール公演を含む全国19都市23公演を行い、日本武道館公演では2日間に渡り開催。即日完売、満員を記録。2月、シングル「そばかす」がオリコンチャート初登場1位を獲得、100万枚の売上を記録した[5]。この年、同曲で「第47回NHK紅白歌合戦」に初出場した。

1997年3月、アルバム『THE POWER SOURCE』を発表。オリコンチャート初登場1位を獲得し300万枚に迫る売り上げで、バンド史上最高セールスを記録した。[6]。初の国立代々木競技場第一体育館公演にして2日間公演、大阪城ホール2日間を含む全国ツアー『THE POWER SAUCE DELIVERY '97』を開催し、各地で即日完売となる。8月には横浜スタジアム阪神甲子園球場を含む、初の野外スタジアムコンサートツアー『THE POWER STADIUM DESTROY '97』を開催。同年、YUKIの喉の不調のため一時活動休止。

1998年6月、アルバム『POP LIFE』を発表、100万枚以上を売り上げる。7月より初の全国アリーナツアー『POP LIFE TOUR '98』を開催。12月26日には初の東京ドーム公演『POP LIFE IN TOKYO DOME』を開催。2日後にオールスタンディングのシークレットライブ『Secret Live In The Garden Hall』を恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催。「散歩道」で「第49回NHK紅白歌合戦」に2年ぶり、2度目の出場。以降、充電期間に入る。

1999年は初のライブアルバムとライブビデオ2本をリリースした以外はJUDY AND MARYとしての表立った活動は無かった。各メンバーはソロや別ユニットで活動。

約1年間の休止の後、2000年2月、シングル「Brand New Wave Upper Ground」をリリースし、活動再開。3月には初のベストアルバム『FRESH』を発表、200万枚以上を売り上げる[7]。以降も積極的にシングルをリリースし、夏にはイベントライブにも出演。9月、YUKIが結婚を発表。11月に初のアコースティックライブ『ブエナ・ビータローカ・ソシアル・クラブバンドwithジュディ・アンド・マリー2000』をZEPP TOKYOにて開催するなど、精力的に活動。12月、翌年2001年1月にシングル、2月にはアルバムの発売を発表する。

2001年1月9日に全国紙朝刊の全面広告で解散を発表。[8]。24日に、オリジナルとしてはラストシングルとなる「ラッキープール」をリリース。2月にワタナベノブタカとの共同プロデュースによる2年8ヶ月ぶりにして最後のオリジナル・アルバム『WARP』が発売され、当日からラストライブツアー『WARP TOUR』をZepp Sapporoより開催し、各地のアリーナ会場・ドーム会場を廻り、3月7日、8日の東京ドーム2Daysライブをもって解散。翌日9日に『WARP』収録曲の「PEACE」にストリングスアレンジを加えた「PEACE -strings version-」を限定生産シングルとして発売。同年5月、ファン投票を元に選曲された2枚組みベスト・アルバム『The Great Escape -COMPLETE BEST-』を発売し100万枚に迫るセールスを記録。また、同月に『WARP TOUR』東京ドーム公演の模様を収めたDVDを発売。6月、最後の新録ミュージック・ビデオを納めたDVD『PEACE』をリリース。監督は、2007年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美。

解散から5年後の2006年2月、2000年にリリースしたベスト・アルバム『FRESH』に同年から解散までの間にリリースしたシングル楽曲4曲を追加し、ロンドンでTAKUYA立会いの下リマスタリングを施し、追加楽曲4曲のミュージック・ビデオを収録したDVDを同梱したリニューアル盤『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』を発売。オリコンチャート初登場2位を獲得し、30万枚以上を売り上げた。『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』発売時には、オフィシャルサイト等においてメンバー4人のコメントが発表されるなどしたが、解散以降に4人揃ってメディアに登場した事は一度も無い。

2009年3月、デビュー15周年を記念したトリビュート・アルバム『JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album』がリリース。

楽曲[編集]

ほとんどの曲の作詞はYUKIが行い、TAKUYAと共作したものはTack & Yukky(またはTack and Yukky)というクレジットになっている。 初期~中期は大半の曲を恩田快人が作曲していたが、後期になると大半の曲がTAKUYA作曲となった。数曲ではあるが五十嵐公太も作曲している。

ディスコグラフィ[編集]

メジャーデビュー後はエピックレコーズ(旧エピックソニー)より発売。

シングル[編集]

リリース日 タイトル
1st 1993年9月22日 POWER OF LOVE
2nd 1993年11月21日 BLUE TEARS
3rd 1994年4月21日 DAYDREAM/キケンな2人
4th 1994年8月21日 Hello! Orange Sunshine/RADIO
5th 1994年11月2日 Cheese "PIZZA"/クリスマス
6th 1995年1月21日 小さな頃から/自転車
7th 1995年6月19日 Over Drive
8th 1995年10月21日 ドキドキ
9th 1996年2月19日 そばかす
10th 1996年10月28日 クラシック
11th 1997年2月21日 くじら12号
12th 1997年5月21日 ラブリーベイベー
13th 1997年10月15日 LOVER SOUL
14th 1998年2月11日 散歩道
15th 1998年4月1日 ミュージック ファイター
16th 1998年9月9日 イロトリドリ ノ セカイ
17th 1998年11月11日 手紙をかくよ
18th 2000年2月23日 Brand New Wave Upper Ground
19th 2000年7月5日 ひとつだけ
20th 2000年11月22日 mottö
21st 2001年1月24日 ラッキープール
22nd 2001年3月9日 PEACE -strings version-

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 1994年1月21日 J・A・M
2nd 1994年12月1日 ORANGE SUNSHINE
3rd 1995年12月4日 MIRACLE DIVING
4th 1997年3月26日 THE POWER SOURCE
5th 1998年6月24日 POP LIFE
6th 2001年2月7日 WARP

ミニアルバム[編集]

リリース日 タイトル
2000年12月16日 BE AMBITIOUS
  • 94年のインディーズ時代に発表した唯一の音源を収録した。

ベストアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 2000年3月23日 FRESH
2nd 2001年5月23日 The Great Escape -COMPLETE BEST-
3rd 2006年2月8日 COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」

ライブアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 1999年3月31日 44982 VS 1650

企画盤[編集]

リリース日 タイトル
1st 2001年9月19日 1992 JUDY AND MARY -BE AMBITIOUS + It's A Gaudy It's A Gross-
  • インディーズCD+インディーズ時代の映像のDVDの2枚組
リリース日 タイトル
2nd 2009年3月18日 JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album
  • デビュー15周年記念の一環でリリースされたトリビュートアルバム。
リリース日 タイトル
3rd 2009年8月5日 15th Anniversary Complete Single Box
  • 全シングル22枚(12cm化・紙ジャケット仕様)+15周年記念Tシャツがセットになったボックスセット。デビュー15周年記念の一環でリリースされる。限定盤。

DVD・VHS・LD[編集]

ビデオクリップ集[編集]

  1. HYPER 90'S JAM TV (VHS/LD:1994/12/12)
  2. ミュージック ファイター (VHS:1998/04/01)
  3. 手紙をかくよ (VHS:1998/11/11)
  4. Brand New Wave Upper Ground (VHS/DVD:2000/04/19)
  5. mottö (VHS/DVD:2000/12/06)
  6. JUDY AND MARY ALL CLIPS -JAM COMPLETE VIDEO COLLECTION- (VHS/DVD:2001/02/21 DVD再発:2003/11/19)
  7. PEACE (VHS/DVD:2001/06/06)

ライブ[編集]

  1. It's A Gaudy It's A Gross (VHS:1995/02/01)
  2. MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996 (VHS/LD:1996/12/09 DVD:2000/04/19)
  3. THE POWER STADIUM DESTROY '97 (VHS:1997/12/01 DVD:2000/04/19)
  4. POP LIFE SUICIDE 1 (VHS/DVD:1999/04/21)
  5. POP LIFE SUICIDE 2 (VHS/DVD:1999/05/21)
  6. WARP TOUR FINAL (VHS/DVD:2001/05/09 DVD再発:2003/11/19)

脚注[編集]

  1. ^ a b c キューブミュージック
  2. ^ 『JAM BOOK』参考。
  3. ^ a b c J-ROCK MAGAZINE1997年6月恩田のインタビュー より(※元サイトリンク切れのためwebキャッシュにリンク)
  4. ^ 「JAM」と「JUMP」を合わせた造語。
  5. ^ Yahoo!ミュージック アーティスト情報 JUDY AND MARY参考。
  6. ^ Sony Music Online Japan::JUDY AND MARY::Profile参考。
  7. ^ Sony Music Online Japan:JUDY AND MARY:COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」参考。
  8. ^ 解散後に放送されたNHK特番では、解散経緯として、2000年に恩田から脱退の申し出があった。メンバーはその時点で解散を決めるも、2001年1月まで公式な発表はしなかった。

参考[編集]

外部リンク[編集]