第49回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第49回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1998年12月31日(NHK紅白歌合戦第49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第49回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1998年12月31日
放送時間 1998年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第49回NHK紅白歌合戦』は、1998年平成10年)12月31日NHKホールで行われた、通算49回目のNHK紅白歌合戦。20時から21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 1994年第45回から続いていた20:00 - 23:45枠での放送は今回が最後となった。翌1999年第50回以降、再び19時台から放送する体制に戻っている。
  • 両軍司会については、紅組司会には東京アナウンス室在籍3年目(NHK在籍自体は5年目)ながら大抜擢される形となった久保純子、白組司会には前回に引き続いての登板となるSMAP中居正広がそれぞれ起用された。なお、今回の司会発表は11月10日に行われた。
  • 久保は司会発表会見にて、紅組司会の話を聞いた時の心境を聞かれ、「『私でいいんかい?』と思った」と述べた。久保・中居は当時26歳同士(久保は早生まれ)であり、この両軍司会について、「44年ぶり!NHK女性単独アナウンサーの紅組司会」「26歳同士。若さと明るさで乗り切る!」と好意的なマスコミもあった一方、初起用である久保に対して「若さ」を危惧する声が局の内外から上がっていたのも事実だった。総合司会で久保の先輩(慶応義塾大学の先輩でもある)である宮本隆治[1]は久保に対し、当時『NHK歌謡コンサート』(紅白同様、NHKホールから生放送)の司会をしていた経験から司会の指導を行った。12月30日のリハーサル終了後、「宮本さん、なんだかウキウキしてきました!」との久保の言葉を聞いた宮本はこの瞬間、久保の凄さと番組の成功を確信したという[2]。また、久保は本紅白での紅組司会起用が決定した直後より、各週刊誌[3]フリーアナウンサー転身・民放移籍が報じられるようにもなった(その後2004年4月、フリーに転身した)。
  • 芸能ニッポン』1999年4月号が、有働由美子は後輩である久保が自身より先に紅白の司会に選出されたことに不満を持ち、これがきっかけで2人は確執関係になったと報じた。なお、久保は以後2000年第51回まで紅組司会を連続で担当したが、2001年第52回 - 2003年第54回は久保に代わって有働が紅組司会を務める格好となる(2000年に結婚した久保は翌年に産休入りしたことで同年の第52回では司会候補から外れ、代わって有働が選出される運びとなった)。
  • 一部メディアは前回歌手として初出場を果たした広末涼子江角マキコが紅組司会の有力候補と報じていた。
  • 1985年第36回以来13年ぶりに歌手リーダー制を復活させた。紅組は和田アキ子(前回の紅組司会)、白組は北島三郎がそれぞれリーダーに抜擢された。
  • オープニングにおける両軍司会の紹介は例年の総合司会ではなく、両軍歌手リーダー同士である和田・北島が行った。
  • 今回の歌唱曲は、追悼として3曲が選出された[4]
  • 前回の出演を最後に1年間の産休に入っていた安室奈美恵が本紅白を以ってステージ復帰。紅白では2年連続で「CAN YOU CELEBRATE?」を歌った。歌唱途中感極まって涙を流し、仲の良いMAXのメンバーに慰められていた。
  • さだまさしが歌唱した「北の国から〜遥かなる大地より〜」は歌詞のない楽曲であることから、歌詞を付けて歌うと報道された[4]が、実際には歌詞を付けて歌うことはなかった。
  • 日本テレビ系列『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で結成されたポケットビスケッツブラックビスケッツが同時に初出場。
  • SMAPは「夜空ノムコウ」を歌唱。司会席に集結した歌手達も観客同様、ペンライトで応援した。中居の代理としてSMAPの曲紹介は久保が行った。
  • アメリカ橋」を歌唱した山川豊のバックコーラスには、白組歌手の美川憲一五木ひろしに加え同曲を作曲した平尾昌晃が参加した場を盛り上げた。同曲は年跨ぎのヒットとなり、翌年の第50回でも歌唱された(平尾も2年連続で参加)。今回は持ち時間上2番目の一部が割愛されたが、第50回はリピート部分を除いたフルコーラスで歌われた。
  • 15周年を迎えた東京ディズニーランドからミッキーマウスら人気キャラクターを迎えたコラボレーション企画が行われた。なお、この時のバックダンサーを教育テレビで放送されている『天才てれびくん』のてれび戦士らが務めており、後にWaTとして、紅白に出場するウエンツ瑛士もてれび戦士の1人としてステージを務めた。また1993年第44回以来5年ぶりに復帰出場した西田ひかるが「ザッツ ディズニー ファンタジー」の題目で、ディズニーソングの5曲をメドレー形式で披露した。
  • 藤岡弘、が、せがた三四郎に扮して登場。TOKIOの曲紹介を務めた直後、怪人イカデビル率いるショッカー軍団の出現からNHKを守るために本郷猛として、仮面ライダーに変身。ライダー2号、V3RXとともにショッカーと果敢に戦い、撃退するという活躍を見せ、低年齢層の視聴者たちの支持を集めた。
  • 北島三郎は「根っこ」歌唱時、途中歌詞を飛ばしてしまう場面があった(1番目の「忘れちゃならない」の部分)。
  • 紅組トリおよび大トリは和田アキ子(この年デビュー30周年を迎えた)の「今あなたにうたいたい」(和田は4回目の紅組トリで自身初の大トリである)。この時、和田は曲のサビ部分はハンドマイクを外して歌うという離れ技を見せ、観客席からは大拍手が起こった(同曲は1988年に和田のデビュー20周年記念に、加藤登紀子が和田に提供したものであり、和田自身の意向によりシングルA面曲としては発売されていない。ちなみに、和田の公演の常連客だというNHKのスタッフの強い要望により歌唱が実現した)。リハーサルでは会場を完全シャットアウトにして和田側のスタッフや会場スタッフ以外マイク外しでの歌唱することを知らなかったとされる。
  • 白組トリは2年連続で五木ひろしが担当し、「酒ひとり」を歌唱した。今回の五木を最後に白組における2年連続以上でのトリ担当は2010年第61回以降のSMAPまで途絶えることとなる。
  • 出場歌手発表の翌日、『サンケイスポーツ』(1998年11月26日付)は今回の紅組トリについて、「前回担当者の安室の2年連続起用(且つ大トリの候補にも挙がっているとした)の可能性がある」と報じていた。
  • 9:4で紅組が優勝(客席審査では、紅組:1428、白組:1130で紅組優勢)。審査集計時、宮本が両軍司会と両歌手リーダーに「客席審査でどちらが優勢でしょうか?」と聞き、4人とも「紅組が優勢」と答えた。優勝決定後、久保は和田と抱擁し、涙を流した[5]
  • 第1部の平均視聴率は45.4%、第2部の平均視聴率は57.2%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ、以下同じ)で、関東地区では第1部・第2部いずれも紅白が2部制になってから最高の視聴率(当時)を記録した[6]。瞬間最高視聴率は、安室奈美恵が「CAN YOU CELEBRATE?」を歌っている最中の23:30に記録された64.9%である[6]サンケイスポーツ『サンケイスポーツ』の記事では、不況により屋外でレジャーを楽しむより室内でテレビを視聴する世帯が増えたことが全体的な視聴率上昇の要因であると報じられた[6]。また2部制移行後の最高視聴率となったものの、年間視聴率争いでは、60.9%を記録した6月20日放送の『1998 FIFAワールドカップ 日本-クロアチア』(総合テレビ)、60.5%を記録した6月14日放送の『1998 FIFAワールドカップ 日本-アルゼンチン』(総合テレビ)に及ばず初めて年間視聴率1位の座を譲ることとなった。以後も年によっては別番組にその座を奪われることもある。
  • 審査員を務めた藤原紀香はNHK初出演だった。
  • 久保はEvery Little Thingの曲紹介時に曲タイトルを飛ばしたり、この年下期の連続テレビ小説やんちゃくれ』の出演者が紅組応援で登場した際に「れんじょくテレビ小説」と発してしまうなどミスも多々見受けられた[7]
  • 今回から2008年第59回まで司会陣にNHKの女性アナウンサーが起用される体制が続いた。また紅組司会についても今回から2004年第55回までNHKの女性アナウンサーの起用に限定されていた。
  • 久保と中居は2004年にTBS系列のアテネオリンピック中継のメインキャスター同士として再タッグを組むことになる。
  • 翌年の『大河ドラマ』の主演者が審査員に起用されることが慣例的な中、今回では翌年作品『元禄繚乱』の主演・中村勘九郎(後の中村勘三郎)の選出はなかった(応援ゲストでの出演もなし。なお、同作出演者の松平健が審査員を担当)。ただし、勘九郎は翌年の第50回で白組司会に起用されている(紅組司会は久保が続投。また当初白組司会について、マスコミ報道では中居の3年連続起用が有力視されていた[8])。

司会者[編集]

メイン演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 河野尚行・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
SPEED(2) ALL MY TRUE LOVE DA PUMP(初) Rhapsody in Blue
モーニング娘。(初) 抱いてHOLD ON ME! TOKIO(5) Love & Peace
田川寿美(3) 哀愁港 TUBE(2) きっと どこかで
中村美律子(6) 河内おとこ節 鳥羽一郎(11) 龍神
西田ひかる(4) ザッツ ディズニー ファンタジー[9] 山川豊(6) アメリカ橋
JUDY AND MARY(2) 散歩道 山本譲二(8) 俺がいるじゃないか
Every Little Thing(2) Time goes by 西城秀樹(15) 傷だらけのローラ
香西かおり(7) 浮雲 吉幾三(13) 冬鷗
工藤静香(8) きらら 前川清(8) 神戸
伍代夏子(9) 港恋唄 橋幸夫(19) いつでも夢を
第2部
ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ スペシャルバンド(初) POWER & Timing 大晦日MIX L'Arc〜en〜Ciel(初) HONEY
MAX(2) Ride on time LUNA SEA(初) I for You
華原朋美(3) daily news 美川憲一(15) 別れの旅路
globe(2) wanna Be A Dreammaker GLAY(2) 誘惑
川中美幸(11) 二輪草 堀内孝雄(11) 竹とんぼ
Kiroro(初) 未来へ 武田鉄矢海援隊)(5) 母に捧げるバラード
坂本冬美(11) ふたり咲き 郷ひろみ(19) セクシー・ユー
小林幸子(20) 風といっしょに T.M.Revolution(2) THUNDERBIRD
由紀さおり安田祥子(7) ゴンドラの唄 さだまさし(10) 北の国から'98
長山洋子(5) 父さんの詩 谷村新司(12) チャンピオン
石川さゆり(21) 風の盆恋歌 細川たかし(24) 北緯五十度
藤あや子(7) 雪深深 森進一(31) 冬の旅
天童よしみ(3) 人生しみじみ… SMAP(8) 夜空ノムコウ
安室奈美恵(4) CAN YOU CELEBRATE? 北島三郎(35) 根っこ
和田アキ子(22) 今あなたにうたいたい 五木ひろし(28) 酒ひとり

選考を巡って[編集]

今回は初出場が6組と少なく、演歌歌手を中心に返り咲きが多かった。

当時J-POP界を席巻していた「沖縄ブーム」の影響で安室奈美恵SPEEDMAXKiroroDA PUMPと5組の沖縄県出身歌手が選出された[4]

今回の出場を持って北島三郎は最多出場タイ記録を、森進一は最多連続出場をそれぞれ打ち立てた(いずれも従来の最多記録は島倉千代子が保持していた)。

主な辞退歌手は以下の通り。

  • 橋幸夫の歌唱曲「いつでも夢を」をデュエットする歌手として当初は吉永小百合にもオファーを送ったが、吉永が「現役の歌手ではない」と辞退した。吉永の辞退の代わりとして、紅組歌手が参加した(先述)。
  • デビュー20周年のサザンオールスターズと、ベストアルバムが500万枚を売り上げたB'zの出場が有力視されたが、いずれも「メンバーが年末、海外にいる」という理由で辞退した[10]
  • KinKi Kidsは年末にコンサートを行うという理由で出場辞退[10]
  • 都はるみは「紅白を卒業したい」と出場辞退[10]。ただし都は実質「落選」だったが、番組側の配慮で「辞退」との形になったとする説もある[11]

主な落選歌手は以下の通り。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

  • 葉加瀬太郎(ヴァイオリン。工藤静香の伴奏)
  • 塚田佳男(ピアノ。由紀さおり・安田祥子の伴奏)

脚注[編集]

  1. ^ 久保は宮本を大変尊敬している。
  2. ^ http://ichimon.main.jp/no37/37miyamoto.html 紅組司会・短期養成講座 宮本隆治
  3. ^ 週刊宝石』1998年12月10日号など
  4. ^ a b c 朝日新聞』1998年12月16日付夕刊、7頁。
  5. ^ 紅組司会・短期養成講座 宮本隆治
  6. ^ a b c アムロ紅白でNO・1視聴率64.9%、SANSPO.COM、1999年1月4日(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  7. ^ 日刊スポーツ』1999年1月1日付
  8. ^ 今回の高視聴率獲得から久保・中居の続投案も有力視された。なお、中居は2006年第56回で白組司会に復帰している。
  9. ^ 星に願いを」「ミッキーマウス・マーチ」「ハイホー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」「イッツ・ア・スモール・ワールド」のメドレー
  10. ^ a b c d e 読売新聞』1998年12月10日付東京夕刊、7頁。
  11. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]