長山洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長山 洋子
基本情報
出生名 長山 洋子
出生 1968年1月13日(46歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都大田区
血液型 AB型
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
演歌
職業 歌手
女優
担当楽器
活動期間 1984年 -
レーベル JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
事務所 バーニングプロダクション
公式サイト 長山洋子オフィシャルサイト NEW YOKO TIMES
著名使用楽器
三味線

長山 洋子(ながやま ようこ、本名:スミス洋子1968年1月13日 - )は、東京都大田区出身の歌手津軽三味線澤田流名取でもある。

概要[編集]

詳細は基本情報も参照。

1984年にシングル「春はSA-RA SA-RA」でデビューし、約10年近くにわたってアイドル歌手として活躍した。その後女優としての経験も積んだが、1993年には「蜩」で演歌歌手として再デビュー。1995年には「でもねポーズ」(曲にあわせ、手を広げ振ってみせる仕草)で有名の「捨てられて」がリリースされ、現在の地位を築いた。

現在は演歌歌手をメインとして活動しているが、アイドル歌手としてデビューしたこともあって、活動ジャンルは幅広く、芝居では喜劇役者としての側面も見せる。演歌歌手に転じて10年が経った2003年暮れに放送された「ザ・ベストテン2003」(TBSテレビ)では、アイドル時代にヒットした「ヴィーナス」をドレス姿で歌唱し、アイドル時代の歌を解禁した他、2009年には期間限定でアイドル活動を復活させたことがある。それ以降も稀に懐メロ特番や自身のコンサートなどで「ヴィーナス」等、ポップス系歌謡曲を披露している[1]

経歴[編集]

誕生からデビュー前まで[編集]

音楽との出会いは早く、4歳の頃、父親が通っていた民謡教室に行ったことがきっかけ。民謡に心惹かれ、民謡教室に通うことになるが、10歳の時に民謡教室の先生の勧めで、三味線を始めた。現在でも父親に買ってもらった三味線を愛用している。

アイドル歌手としてデビューする以前にビクター少年民謡会の一員として活動。ビクター少年民謡会としてリリースしたシングルに「ホームラン音頭」[2]がある[3]

タイムボカンシリーズ ヤットデタマン」挿入歌「ヤットデタマンブギウギ音頭」(歌・山本正之)の録音にビクター少年民謡会として参加。

また、当時の人気番組だった「8時だョ!全員集合」にも、子供達が先生となってゲストに民謡を教えるというコーナーで、先生役として出演している。

アイドル歌手時代[編集]

当初は演歌歌手としてデビューする予定であった。演歌歌手としてのボイストレーニングを重ね、デビューに向けて順調に歩み続けていた。ところが、幻のデビュー曲となった「雪国」のレコーディングの段階に入った頃、「16歳の長山にはまだ演歌は早すぎる」との見方が事務所スタッフ達の中で強まったため、路線を急遽変更。1984年4月、女性アイドル歌手として「春はSA-RA SA-RA」でデビューすることになった。その時のキャッチフレーズは「ぼくの青春(とき)をとめる、少女がいた」である。

アイドル歌手としてその後何枚かレコードを発売するも、しばらくは伸び悩んだ。1986年5月、黛ジュンのカヴァー曲「雲にのりたい」がスマッシュ・ヒット。同年10月にはショッキング・ブルーの「ヴィーナス」(正確には同年にそれをカヴァーしたバナナラマのカヴァーとしてシングル発売)が、自身初のオリコンチャート10位を獲得。同曲はその後も翌1987年に掛けてロングヒットとなり、ようやくブレイクを果たした。また、アイドル歌手時代には「ヴィーナス」「ユア・マイ・ラヴ」「悲しき恋人たち」「ハートに火をつけて」「反逆のヒーロー」の5曲がオリコントップ10入りした。

女優時代[編集]

1988年には、主演の映画「恋子の毎日」が製作されたほか、1990年には、テレビドラマ「三匹が斬る」「ミニパトより愛をこめて」「誘惑」に出演。その他、「素晴しい偶然」「花嫁衣裳は誰が着る」など、多くのドラマにも出演している。

その後、女優活動は一時休止していたが、演歌歌手としての活動が軌道に乗ってから、時折ドラマ出演をするようになった。

演歌歌手時代[編集]

1993年、「演歌元年」をキャッチフレーズに「蜩-ひぐらし-」で演歌歌手として再デビューした。スタッフの心配をよそにこの曲は大ヒットし、同年の第44回NHK紅白歌合戦にも初出場した。この曲の売れ方の特徴として、当時の演歌の売上はカセットテープが9割を占めていたが、同曲はカセットテープ6割、CD4割であったという[4]

1995年、「でもね」ポーズが話題となった「捨てられて」がリリースされ、ヒット。この曲で、2回目の紅白歌合戦に出場し、その後2007年まで連続出場(紅白は合計14回出演)していた。

2003年6月25日に発売された「じょんから女節」では、三味線の立ち弾きを披露し、ロングヒット曲となった。

現在、津軽三味線澤田流の名取で、「澤田勝姫」(さわだ かつき)の名前を持つ。

2009年4月6日に、スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ 株式会社の米国人社長マーク・スミスと入籍。本名は「スミス洋子」となる。その1年後の2010年4月6日に第一子を妊娠したことを自らのブログにて公表した[5][6]。8月16日に第一子となる女児を出産。[7] 11月9日放映の「NHK歌謡コンサート」より歌手活動を再開した。

音楽[編集]

項目ごとに発売順

アイドル時代[編集]

シングル[編集]

  1. 春はSA-RA SA-RA (1984年4月1日)※Eini Kiitävän hetken hurmaのカバー
    (C/W 夢の色) オリコン最高41位
  2. シャボン (1984年8月1日)※作詞・作曲:桑田佳祐
    (C/W ピアニシモ) オリコン最高65位
  3. 密やかにときめいて… (1985年2月21日)
    (C/W ごめん) オリコン最高80位
  4. 瞬間(とき)はファンタジー (1985年4月5日)
    (C/W ハーフムーンの気持) ※NHKテレビアニメおねがい!サミアどん』主題歌(OP/ED)
  5. ゴールドウィンド (1985年8月5日) ※作詞・作曲:飛鳥涼
    (C/W ぽろぽろと) オリコン最高74位
  6. 素顔のままで (1985年12月5日) ※OVA「ラブ・ポジション ハレー伝説」主題歌
    (C/W 夢うつつ) オリコン最高97位
  7. 雲にのりたい (1986年5月1日) ※黛ジュンの同名曲のカバー
    (C/W FLY ME AGAIN) オリコン最高35位
  8. ヴィーナス (1986年10月21日) ※バナナラマヴィーナス」のカバー、東映映画「ボクの女に手を出すな」挿入歌
    (C/W True Lover~見つめかえして~) オリコン最高10位(自身初のトップ10入り)
  9. ユア・マイ・ラヴ (1987年3月5日)
    (C/W ミスター・マンデー) オリコン最高8位
  10. 悲しき恋人たち (1987年6月3日)
    (C/W 心象風景(ココロノスケッチ)) オリコン最高10位
  11. ハートに火をつけて(1987年10月9日) ※作詞・作曲:中原めいこ
    (C/W 星に願いを(両A面扱い)) オリコン最高10位
  12. 反逆のヒーロー (1988年1月12日) ※ジョニー・ヘイツ・ジャズ「I Don't Want to Be a Hero」のカバー
    (C/W 綺麗なプライド) オリコン最高10位
  13. ロンリーグッドナイト (1988年8月25日) ※フジテレビ系ドラマ「ザ・スクールコップ」主題歌
    (C/W 遠いラストサマー) オリコン最高17位
  14. KOIKO (1988年12月16日)
    (C/W モナリサ) オリコン最高35位
  15. 瞳の中のファーラウェイ (1989年2月21日)※劇場アニメ「ファイブスター物語」主題歌
    (C/W 永遠のブルー) オリコン最高27位
  16. 肩幅の未来 (1989年7月5日) ※作詞:中島みゆき
    (C/W な・ま・い・き) オリコン最高35位
  17. If We Hold On Together (1990年8月21日) (ダイアナ・ロスのカバー)
    (C/W 終わらないセレナーデ)

ミニアルバム[編集]

  • 瞳の中のファーラウェイ(1989年6月7日)
12cmCD仕様。マキシシングルとして扱われる場合もある。

アルバム[編集]

  • ときめき…アイ・ラブ・ユー(1985年3月25日)
  • ヴィーナス(1987年2月1日)
  • オンディーヌ(1987年8月5日)
  • ニューヨーコ・タイムス(1987年12月1日)
※未発表曲を含む初のベストアルバム。
  • CD FILE VOL.1(1988年2月21日)
※『春はSA-RA SA-RA』~『ゴールドウィンド』までのシングルAB面、全10曲。
  • CD FILE VOL.2(1988年2月21日)
※『素顔のままで』~『悲しき恋人たち』までのシングルAB面、全10曲。
  • トーキョー・メニュー(1988年3月9日)
  • F-1(1988年09月21日)
種ともこ中原めいこ鈴木雅之松尾清憲安部恭弘が2曲ずつ書き下ろし提供。
  • CD FILE VOL.3(1990年6月25日)
※『星に願いを』~『瞳の中のファーラウェイ』までのシングルAB面、全10曲。
  • 25th ANNIVERSARY 長山洋子アイドル・コンプリートBOX~LEGEND of VENUS~(2009年12月2日)

演歌歌手時代[編集]

シングル[編集]

  1. 蜩 (1993.01.21)
    (C/W 心だけでも…)
  2. 海に降る雪 (1993.06.02)
    (C/W 道しるべ)
  3. なみだ酒 (1993.09.22)
    (C/W 艶花)
  4. 蒼月 (1994.03.09)
    (C/W あんただけ)
  5. めおと酒 (1994.10.05)
    (C/W 綾の女)
  6. 私が生まれて育ったところ (1995.01.21) ※野路由紀子の同名曲のカバー
    (C/W 硝子坂) ※木之内みどり高田みづえ等の同名曲のカバー
  7. 捨てられて (1995.03.24)
    (C/W ふたたびの恋)
  8. 倖せにしてね (1996.02.21)
    (C/W いけない女)
  9. ヨコハマ・シルエット (1996.06.21)
    (C/W 嘘だといって)
  10. たてがみ (1996.11.07)
    (C/W ふられ酒)
  11. たてがみ「劇場版」
    (C/W 紅い雪)
  12. お江戸の色女 (1997.04.23)
    (C/W 夏ひとり)
  13. あの頃のなみだは (1997.04.23)
    (C/W 地図のない旅)
  14. ムーンライトジェラシー (1997.11.06)
    (カップリング曲無し)
  15. 浪花夢情話 (1997.11.06)
    (カップリング曲無し)
  16. 恋のプラットホーム (1998.01.13)
    (C/W 洋子のズンドコ節)
  17. 父さんの詩 (1998.03.21)
    (C/W 港町メルヘン)
  18. 桶屋の八つぁん (1998.05.02)
    (C/W 新宿たずね人)
  19. 花園しぐれ (1998.11.13)
    (C/W 恋酒場)
  20. 傘 (1999.03.24)
    (C/W 深川恋キツネ)
  21. さだめ雪 (1999.08.04)
    (C/W 女の花詞)
  22. むすばれたいの (2000.01.01)
    (C/W 遠い街)
  23. 恋酒場 (2000.04.21)
    (C/W あずさ川)
  24. 紅い雪 (2000.11.01)
    (C/W 縁むすび)
  25. 遠野物語 (2001.05.17)
    (C/W 幾春別川)
  26. めぐり逢い (2002.03.21)
    (C/W やどり木夫婦)
  27. 艶姿女花吹雪 (2002.07.24)
    (C/W 妻という名じゃなくっても)
  28. 愛ありがとう (2002.1.23) ※ドラマ「はるちゃん6」主題歌
    (C/W 色づく旅路)
  29. 嵐峡 (2003.01.22)
    (C/W 冬のタンゴ)
  30. じょんから女節 (2003.06.25)
    (C/W たまゆら)
  31. ありんことひまわり (2003.06.25)
    (C/W ありんこのクリスマス) (歌手名:yoko)
  32. おんな炭坑節 (2004.05.26)
    (C/W 炭坑節)
  33. 嘘だといって (2005.01.26)
    (C/W 芭蕉布)
  34. 洋子の…海 (2005.06.16)
    (C/W 洋子の…ふるさと)
  35. 洋子の…名残月 (2005.10.19)
    (C/W 洋子の…冬景色)
  36. 絆 (2006.04.26(デュエット 影山時則)
    (C/W 洋子の…紅葉)
  37. 松江舟唄 (2006.06.21)
    (C/W 洋子の…さくら)
  38. 洋子の…新宿追分 (2007.02.21)
    (C/W 洋子の…ちぎれ雲)
  39. 悦楽の園 (2007.08.22)
    (C/W 精霊流し)
  40. 望郷ひとり泣き (2008.08.27)
    (C/W 下北のバス じょんから女節[ニューバージョン] )
  41. 望郷ひとり泣き/七人の侍~麒麟の如く~
    (C/W 望郷ひとり泣き(大陸篇))
  42. 遠い街 (2009.01.21
    (C/W アマリア)
  43. 瀬戸の晩夏 (2009.06.10)
    (C/W 素顔のままで)
  44. おけさ恋唄 (2010.01.20)
    (C/W 夢追い笠)
  45. 博多山笠女節 (2011.02.23)
    (C/W 旅鳥)
  46. 木曽の翌檜 (2012.04.11)
    (C/W雨おんな)
  47. ほっとしてください (2012.10.31)
    (C/W門付け兄妹旅)
  48. もう一度…子守唄 (2012.10.31)
    (C/Wママの鏡)

アルバム[編集]

  • キラリ…女心
  • 長山洋子コンサート
  • 咲くやこの花
  • わかくさの芽女(おんな)
  • うすずみの女影(おんな)
  • 捨てられて~可愛い色気はお好き?
  • でもね…洋子
  • 倖せにしてね
  • ヨコハマ・シルエット
  • たてがみ
  • 花いちりん
  • 二十九才~旬~
  • あれから…五年
  • 長山洋子、市川昭介メロディーを唄う
  • 北の旅
  • さだめ雪
  • 縁むすび
  • 2000年 洋子の世界
  • 恋つづれおり
  • 紅い雪
  • 遠野にて…
  • 女の人生メロドラマ~遠野物語
  • めぐり逢い
  • 嵐峡
  • じょんから
  • キラリ、女節
  • おんな炭坑節
  • 洋子とデュエット~長山洋子と音楽仲間たち~
  • 洋子の…ベスト~長山洋子ヒット全曲集~
  • 洋子の紙芝居~長山洋子オリジナル演歌集~
  • 長山洋子全曲集~絆~
  • 長山洋子スペシャルベスト~ありがとう15年~
  • 恩~長山洋子ベストアルバム~
  • 夢ひとつ~長山洋子演歌15周年記念コンサートIN有秋~
  • 東風春来
  • 長山洋子ベスト~麒麟~
  • “歌とカラオケ”ベストテン!長山洋子
  • 長山洋子スペシャルベスト~瀬戸の晩夏~
  • 長山洋子全曲集~純梅~
  • 長山洋子ベスト~おけさ恋唄~
  • 帰心~長山洋子津軽三味線の旅~
  • 長山洋子30周年記念シングルコレクション

受賞曲[編集]

受賞年 獲得した賞 対象曲
1993年 第24回日本歌謡大賞 最優秀放送音楽賞 なみだ酒
第26回日本有線大賞 有線音楽優秀賞
第26回全日本有線放送大賞 優秀スター賞
第26回日本作詩大賞 入賞
1994年 第27回日本作詩大賞 大賞受賞 蒼月
第27回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 めおと酒
第36回日本レコード大賞 優秀賞 めおと酒
1995年 第28回日本有線大賞 大賞・最多リクエスト曲賞・有線音楽優秀賞 捨てられて
第28回全日本有線放送大賞 読売テレビ特別賞・ベストリクエスト賞 捨てられて
同上 吉田正 心の糸
第28回日本作詩大賞 入賞 捨てられて
第37回日本レコード大賞 優秀作品賞・作曲賞 捨てられて
1996年 第29回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 たてがみ
第29回全日本有線放送大賞 ベストリクエスト賞 たてがみ
第38回日本レコード大賞 優秀作品賞 倖せにしてね
1997年 第30回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 たてがみ
第30回全日本有線放送大賞 ゴールドリクエスト賞 たてがみ
1999年 第32回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 さだめ雪
2000年 第33回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 恋酒場
2003年 第36回日本作詩大賞 優秀作品賞 じょんから女節
第36回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 じょんから女節
2006年 第39回有線音楽優秀賞(演歌)
2007年 第41回日本作詩大賞 優秀作品賞 望郷ひとり泣き
第41回日本作詩大賞 入賞曲 望郷ひとり泣き

NHK紅白歌合戦 出場曲[編集]

  • 1993年 蜩
  • 1995年 捨てられて
  • 1996年 ヨコハマ・シルエット
  • 1997年 たてがみ
  • 1998年 父さんの詩
  • 1999年 さだめ雪
  • 2000年 紅い雪
  • 2001年 遠野物語
  • 2002年 めぐり逢い
  • 2003年 じょんから女節
  • 2004年 じょんから女節
  • 2005年 芭蕉布
  • 2006年 絆(影山時則とデュエット)
  • 2007年 じょんから女節

俳優活動[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

その他放送での活動[編集]

テレビ司会[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “長山洋子、“アイドル”解禁で20年ぶり「ヴィーナス」熱唱”. オリコン. (2012年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018292/full/ 2012年11月7日閲覧。 
  2. ^ 品番:ビクター音楽産業 MV-3049。1982年発売。B面曲は「ワンワン音頭」。
  3. ^ 『歌の手帖 歌手名鑑2008』(マガジンランド) より
  4. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手(下)』321頁。
  5. ^ 長山洋子が妊娠5ヶ月 スポーツニッポン 2010年4月6日閲覧
  6. ^ 長山洋子をサポートして下さる皆様へ 長山洋子オフィシャルブログ 2010年4月6日閲覧
  7. ^ 42歳にしての初出産に関しては、NHKあさイチ』2010年9月29日放送の「キラキラ40」(放送記録)に自ら出演して語るとともに、出産前後の一定期間夫とともに独占取材も受けることで以下の事実が明らかにされた。
    • 自然妊娠に問題無しと診断されたため、人工授精術ではなく、卵胞の膨らみ具合から排卵の(性交渉すべき)時期を予測する「タイミング療法」により妊娠した。タイミング療法は長山のような場合に用いられる治療法で、健康であれば人工授精法に比べると身体への負担が少ない。
    • 定期健診の段階で長女が育ち過ぎていたため、予定日通りの出産だと母体・胎児の双方に負担がかかる恐れがあるとして、予定日よりも大幅に前倒しして入院し、陣痛促進剤を用いて出産。
    40代での不妊治療では人工授精術を用いるケースが多い中、珍しい事例だったともいえる。この日の特集は「40代の出産・子育て」であり、長山の事例もその中の一つとして扱われた。

外部リンク[編集]