ダンス☆マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンス☆マン
基本情報
出生名 藤沢秀樹(ふじさわ ひでき)
別名 DANCE☆MAN
ナンテンマン
出身地 日本の旗 東京都調布市
(公式にはミラーボール星)
学歴 獨協大学
ジャンル ダンス・クラシックス
職業 歌手訳詞編曲作曲
担当楽器 ヴォーカル
ベース(ジャドーズで)
活動期間 1986- (ジャドーズとして)
1997-
レーベル エイベックス
イン・ダ・グルーヴ
事務所 インターセプト
共同作業者 ザ・バンドマン
ジャドーズ

ダンス☆マン(だんすまん[1])は、日本ミュージシャン

人物[編集]

ミラーボール星」からやって来たという自称"宇宙人"。アフロヘアーサングラスがトレードマーク。主に1970~80年代のダンス・クラシックスに空耳アワーのごとく日本語詞をつけ、カバーしたアルバムをエイベックスより多数発表した。自身の活動の他にはアレンジャーとしても活動し、他のアーティストへの楽曲提供も行っている。ミュージシャンでありダンサーではない。デビュー10周年を迎えた2008年3月に、カバー曲なしの全曲オリジナルのアルバムを、新会社イン・ダ・グルーヴ(in da groove)の同名新レーベルから発売している。

本名はテリー・D(ダンス☆マン)・ファンク。地球での仮の姿として藤沢秀樹(ふじさわ ひでき)を名のることもある。出身地は東京都調布市。専属バックバンドの名前は「ザ・バンドマン」。2007年には本人を題材としたパチスロも発売されている。

来歴[編集]

獨協大学経済学部中退。もともとは獨協大学の音楽サークルで結成されたバンド「ジャドーズ」でボーカルベースを担当していた。ジャドーズは角松敏生のプロデュースを受けて1986年にデビューする(デビュー前、ジャドーズのドラマーだった島村幸男が、フュージョンバンドカシオペアの専属ローディーをやっていたことで、藤沢も度々ローディーを行っていた。それが縁で、1999年12月のカシオペアのライブに客演し、スキャット・パートがある代表曲「dazzling」を歌った)。その後ジャドーズとしての活動はほぼ休止している。

1997年に「ダンス☆マン」として六本木ヴェルファーレでライブを開催し、1998年にカール・カールトンの「She's A Bad Mama Jama」をカヴァーした「背の高いやつはジャマ」でCDデビューする。

1999年にモーニング娘。の大ヒット曲「LOVEマシーン」の編曲を手がけたことでアレンジャーとして注目を浴びる。以降、多くのアーティストへの楽曲提供も行っている。2000年にモーニング娘。の「恋のダンスサイト」と郷ひろみの「なかったコトにして」で第42回日本レコード大賞編曲賞を受賞し、郷ひろみの応援ゲストとして第51回NHK紅白歌合戦に出場した。

アニメ版『ケロロ軍曹』の初期にはエンディングに「アフロ軍曹」を歌う。アニメ内にも本人役で登場。「ダソヌ☆マソ」と言う偽者とその妹の「ダソヌ☆マリ」がいる。

beatmania IIDX 12 HAPPY SKY」では楽曲提供(彼本人単独名義曲と「DANCE☆MAN feat.Disっ娘」名義)を行っている。本人単独名義の曲では彼自身がムービーに出演している。ちなみに両曲とも同ゲーム用に書き下ろされたものである。

2000年SEGAより本人の楽曲をフィーチャーしたメダルゲーム、「ダンシングフィーバー」が発売された。なお、翌年には楽曲を増やしバージョンアップした「ダンシングフィーバー ゴールド」も発売された。

2008年、「ダンス☆マン」としての活動10周年を契機に、カバー曲を封印した全曲オリジナルアルバム『FUNK LOVE』を発表した。ほぼ全ての演奏を本人が行なっており、ザ・バンド・マンからはジャンプ・マンとDJイチロー(ピストン西沢)が参加しているのみである。11月12日には、ナンテンマン名義(公表ではナンテンマンの正体は謎とされている)でピストン西沢プロデュースの『南天のど飴の歌』をエイベックスより発売した。

2009年、『ケロロ軍曹』でこれまでに歌った曲を1枚にまとめたアルバムを発表した。9月のライブで、ドリー・D(ダイヤ☆モンド)・ファンク・ジュニアという兄がいることが発覚。2人で兄弟デュオTHE☆FUNKS(ザファンクス)を結成した。

2010年7月21日、2009年9月にアレンジャー活動10周年を迎えた記念アルバムとして、ダンス☆マンがアレンジ/リミックスした楽曲のオリジナル音源が、レコード会社の垣根を越え多数収録された『ディスコ戦隊 アフレンジャー』(※アフレンジャー=アフロのアレンジャー)を発売。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

(カッコ内は原曲)

  1. 1998年3月18日 背の高いやつはジャマ(SHE'S A BAD MAMA JAMA/CARL CARLTON)
  2. 1998年11月18日 ワンBOXのオーナー(THAT'S THE WAY(I LIKE IT)/KC & THE SUNSHINE BAND)/ダンス部 部長南原(BOOGIE WONDERLAND/EARTH WIND & FIRE)【両A面】
  3. 1999年5月26日 ヘンなあだ名はイヤ(RELIGHT MY FIRE/DAN HARTMAN)
  4. 2000年4月26日 接吻のテーマ(SEPTEMBER/EARTH WIND & FIRE)
  5. 2000年7月5日 “ドーム3コ分”ってどのくらい?(ONLY SO MUCH OIL IN THE GROUND/TOWER OF POWER)
  6. 2000年10月18日 漢字読めるけど書けない(IT'S TIME TO PARTY NOW/RAY PARKER JR. & RAYDIO
  7. 2000年12月20日 恋と愛の天国(オリジナル)
  8. 2001年6月6日 JAZZ SOUL FUNK(HAVE SOME FUN/B.T. EXPRESS)
  9. 2001年10月3日 LA☆BOOO(オリジナル)
  10. 2002年1月30日 勝利 V 絶対つかもう!(CELEBRATION/Kool & The Gang
  11. 2004年5月8日 アフロ軍曹(オリジナル) ※アニメ『ケロロ軍曹』初代エンディングテーマ、ビクターエンタテインメントよりリリース
  12. 2008年11月12日 南天のど飴の歌(ナンテンマン名義)

アルバム[編集]

  1. 1998年6月24日 MIRRORBALLISM ~New Generation Dance Classics~
  2. 1999年7月14日 MIRRORBALLISM 2~New Generation Dance Classics~
  3. 2000年11月15日 MIRRORBALLISM 3~New Generation Dance Classics~
  4. 2002年2月27日 MIRRORBALLISM 4~New Generation Dance Classics~
  5. 2002年6月19日 Greatest Hits
  6. 2004年4月14日 Funkcoverlic
  7. 2007年7月11日 DANCE☆MAN RETURNS
  8. 2008年3月19日 FUNK LOVE
  9. 2009年2月25日 ダンス☆マン respects ケロロ軍曹
  10. 2010年7月21日 ディスコ戦隊 アフレンジャー

ビデオ・DVD[編集]

  • 2001年3月7日 MIRRORBALLISMOVIE

ダンス☆マンが手がけたアーティスト[編集]

演奏も全て「ザ・バンドマン」が務めている。

ザ・バンドマン[編集]

初ライブ以来、ダンス☆マンのバックバンドを務めている。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • TOCA [= 割貝明弘](Bass) ※2001年1月死去
  • BOMB(Guitar) ※2001年5月脱退

脚注[編集]

  1. ^ 「☆」は読まない

関連項目[編集]

外部リンク[編集]