日本歌謡大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本歌謡大賞
受賞対象 優れた楽曲・新人歌手
主催 放送音楽プロデューサー連盟
日本の旗 日本
初回 1970年
最新回 1993年
テンプレートを表示

日本歌謡大賞』(にほんかようたいしょう)は、1970年から1993年まで開催されていた、日本音楽に関する賞で、TBS以外の放送局8局(下記参照)が「放送音楽プロデューサー連盟」を結成し、各民放テレビ・ラジオ局が持ち回りで放送した音楽祭である。なお、正式には「輝け!第○回日本歌謡大賞」と云う名称である。

概要[編集]

日本レコード大賞』が1969年の大晦日に生中継形式による授賞式を開催するにあたり、TBS以外の在京民放キー局が、TBSに対して制作放映権の各局持ち回りを要望したが、TBSに固く断られ、生中継形式に変更されてから高い視聴率を稼いだのを背景に、"打倒レコード大賞"を旗印(合言葉)としてTBS以外の在京民放キー局が集結し、1970年7月4日に「放送音楽プロデューサー連盟」を結成。これを母体(主催団体)として1970年7月6日に『日本歌謡大賞』が制定された。

第1回授賞式は1970年11月9日に開催されたが、テレビ中継放送は行われていない。東京ヒルトンホテル(後のキャピトル東急ホテル)の真珠の間にて、『放送音楽プロデューサー連盟懇親会 日本歌謡大賞受賞パーティー』が行われた。余談だが、その模様はVTRに収録され、総集編や名場面などの映像素材として使われている。

第2回(1971年)から全国ネットの中継放送が開始されるが、当時はまだ多くの地域で民放テレビ局が少なかったことから、放送自体行われなかったり、授賞式当日の生中継ではなく、後日録画放送となるケースも多かった。テレビ朝日系列が中継放送を担当した年は、現在のようにネット局(系列局)が多くなかったため、特にその傾向が強かった。

さらに、テレビ東京(当時・東京12チャンネル)は1981年まで系列局を持っていなかったため、テレビ東京系列が中継を担当した年は、同局の番組を配信する地方各局に配慮し、週末や祝日の夕刻に開催されたこともある(テレビ東京などでは、同日夜に『おめでとう日本歌謡大賞』が放送された)。

第10回(1979年)からは中継放送の音声がステレオ化された。

第19回(1988年)は昭和天皇の病状悪化に配慮し中止となり、その年の放送を担当する予定だったフジテレビで総集編が放送された。

『日本歌謡大賞』のテーマソングとして、「日本歌謡大賞讃歌」(作詞:保富康午、作曲:前田憲男)が存在していた。本番組のオープニング及びエンディングにおいて、東京混声合唱団によるコーラスで歌われていた。

平成に入って音楽賞に対する考えの変化から音楽賞に左右されない音楽活動を行うアーティストが急増、それに比例してノミネートを辞退するアーティストが増加し、番組自体の視聴率が落ち込んだ。『日本テレビ音楽祭』、『FNS歌謡祭』(フジテレビ、1991年以降はコンサート形式に移行して存続)、『全日本歌謡音楽祭』(テレビ朝日)、『メガロポリス歌謡祭』(テレビ東京)など、民放テレビ局主導による音楽賞/音楽祭番組の廃止が相次ぐ中、コンテスト形式による音楽祭としては成り立たなくなったため、第24回(1993年)を最後に終了した。

授賞規定[編集]

日本歌謡大賞
  • 放送音楽賞・放送音楽新人賞受賞者から1組(1曲)を選出。
※歌唱者のほか、作詞・作曲・編曲・歌手所属事務所・歌手所属レコード会社も表彰される。
最優秀放送音楽賞
  • 1983年より(1組。放送音楽プロデューサー連盟賞・大賞と並び三賞として扱われる。)
放送音楽プロデューサー連盟賞
  • 放送音楽賞・放送音楽新人賞の候補となった全員に表彰。(1982年まで)
  • 放送音楽賞受賞者から2組選出(1983年から 最優秀放送音楽賞・大賞と並び三賞として扱われる。)
放送音楽賞
  • 放送音楽新人賞(1983年より「優秀放送音楽新人賞」に変更)
  • いずれも歌謡大賞の候補者であった。放送音楽賞は6組、放送音楽新人賞(→優秀放送音楽新人賞)は2組選出。
放送音楽特別賞
※一時期、日本歌謡大賞新人祭りと題して上半期優秀新人を選出していた(1984年(第15回)で終了)。

発表方法[編集]

『日本レコード大賞』など他の音楽賞と同様、司会者の読み上げが殆どだったが例外の回もあった。曲のイントロで受賞曲を発表する回もあれば、第8回では受賞者の顔写真がスクリーンに映し出された。

歴代受賞一覧[編集]

大賞[編集]

年(回) 受賞歌手 受賞曲
1970年(第1回) 藤圭子 圭子の夢は夜ひらく
1971年(第2回) 尾崎紀世彦 また逢う日まで
1972年(第3回) 小柳ルミ子 瀬戸の花嫁
1973年(第4回) 沢田研二 危険なふたり
1974年(第5回) 森進一 襟裳岬
1975年(第6回) 布施明 シクラメンのかほり
1976年(第7回) 都はるみ 北の宿から
1977年(第8回) 沢田研二 勝手にしやがれ
1978年(第9回) ピンク・レディー サウスポー
1979年(第10回) 西城秀樹 YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
1980年(第11回) 八代亜紀 雨の慕情
1981年(第12回) 寺尾聰 ルビーの指環
1982年(第13回) 岩崎宏美 聖母たちのララバイ
1983年(第14回) 田原俊彦 さらば‥夏
1984年(第15回) 五木ひろし 長良川艶歌
1985年(第16回) 近藤真彦 大将
1986年(第17回) 中森明菜 Fin
1987年(第18回) 近藤真彦 泣いてみりゃいいじゃん
1988年(第19回) 開催中止
1989年(第20回) 光GENJI 太陽がいっぱい
1990年(第21回) 堀内孝雄 恋唄綴り
1991年(第22回) とんねるず 情けねえ
1992年(第23回) 香西かおり 花挽歌
1993年(第24回) 堀内孝雄 影法師

優秀放送音楽新人賞[編集]

年(回) 受賞歌手 受賞曲
1970年(第1回) 辺見マリ 経験
野村真樹 一度だけなら
1971年(第2回) 小柳ルミ子 わたしの城下町
南沙織 17才
1972年(第3回) 森昌子 せんせい
三善英史
1973年(第4回) アグネス・チャン 草原の輝き
桜田淳子 わたしの青い鳥
1974年(第5回) 中条きよし うそ
西川峰子 あなたにあげる
1975年(第6回) 細川たかし 心のこり
岩崎宏美 ロマンス
1976年(第7回) 内藤やす子 想い出ぽろぽろ
新沼謙治 嫁に来ないか
1977年(第8回) 清水健太郎 失恋レストラン
高田みづえ 硝子坂
1978年(第9回) 渡辺真知子 ブルー
石野真子 失恋記念日
1979年(第10回) 桑江知子 私のハートはストップモーション
倉田まり子 HOW!ワンダフル
1980年(第11回) 田原俊彦 ハッとして!Good
松田聖子 青い珊瑚礁
1981年(第12回) 近藤真彦 ギンギラギンにさりげなく
山川豊 函館本線
1982年(第13回) シブがき隊 100%…SOかもね!
松本伊代 センチメンタル・ジャーニー
1983年(第14回) THE GOOD-BYE 気まぐれ ONE WAY BOY
岩井小百合 恋・あなた・し・だ・い!
1984年(第15回) 吉川晃司 ラ・ヴィアンローズ
岡田有希子 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして
1985年(第16回) 本田美奈子 Temptation(誘惑)
芳本美代子 雨のハイスクール
1986年(第17回) 少年隊 仮面舞踏会
真璃子 夢飛行
1987年(第18回) 酒井法子 ノ・レ・な・いTeen-age
立花理佐 キミはどんとくらい
1988年(第19回) 開催中止
1989年(第20回) マルシア ふりむけばヨコハマ
田村英里子 真剣
1990年(第21回) 忍者 お祭り忍者
晴山さおり 一円玉の旅がらす
1991年(第22回) SMAP Can't Stop!! -LOVING-
中嶋美智代 とても小さな物語
1992年(第23回) 田川寿美 女・・・ひとり旅
永井みゆき 大阪すずめ
1993年(第24回) シュー・ピンセイ パッシング・ラヴ

歴代司会者と担当テレビ局[編集]

放送日 男性司会者 女性司会者 担当テレビ局 視聴率 会場
第1回 1970年11月9日 前田武彦 なし テレビ放送なし - 東京ヒルトンホテル
第2回 1971年11月11日 東京12チャンネル[1] 京王プラザホテル
第3回 1972年11月16日 吉永小百合 フジテレビ 新宿コマ劇場
第4回 1973年11月20日 高島忠夫 寿美花代 日本テレビ 47.4% 日本武道館
第5回 1974年11月26日 黒柳徹子 NETテレビ[2] 45.3%
第6回 1975年11月24日 和泉雅子 東京12チャンネル 中野サンプラザ
第7回 1976年11月16日 浜木綿子 フジテレビ 41.8%
第8回 1977年11月17日 寿美花代 日本テレビ 46.3% 日本武道館
第9回 1978年11月15日 水沢アキ テレビ朝日 30.9%
第10回 1979年11月23日 大場久美子 東京12チャンネル[3] NHKホール
第11回 1980年11月18日 星野知子 フジテレビ 40.1% 日本武道館
第12回 1981年11月12日 日本テレビ
第13回 1982年11月17日 テレビ朝日
第14回 1983年11月11日 檀ふみ テレビ東京
第15回 1984年11月20日 星野知子 フジテレビ
第16回 1985年11月28日 日本テレビ
第17回 1986年11月19日 テレビ朝日
第18回 1987年11月13日[4] テレビ東京
第19回 開催中止[5]
第20回 1989年11月21日 高島忠夫 山口美江 フジテレビ 日本武道館
第21回 1990年11月29日 東ちづる 日本テレビ
第22回 1991年11月29日 テレビ朝日
第23回 1992年11月17日 テレビ東京
第24回 1993年11月16日 森口博子 フジテレビ 東京ベイNKホール

※視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ。

補助アナウンサーについて[編集]

※この他、日本テレビが放送を担当する回については同局アナウンサーであった徳光和夫福留功男永井美奈子が補佐として進行を務めた。また、1972年・1976年のフジテレビ担当回では小林大輔が補佐役としてイントロ部の曲紹介・祭典進行を担当しているほか、1980年の同じくフジテレビ担当回ではみのもんたが曲イントロ部のナレーションで出演している。1974年のNETテレビ担当回では山崎正が実況を担当しているほか、1978年の同じくテレビ朝日担当回では高井正憲が曲イントロ部のナレーション、棟方宏一が審査会場リポーター、橋本テツヤが会場リポーターを務め、1982年の同じくテレビ朝日担当回では、古舘伊知郎が審査会場リポーター、廣瀬雅子が補佐、佐々木正洋が曲イントロ部のナレーションとして務めた。またアナウンサー以外にも1974年の第5回では、前田武彦や藤村俊二川崎敬三など受賞者の家族や関係者の紹介の司会補助を務めた。

演奏[編集]

テレビ局 演奏
テレビ東京(東京12チャンネル) 豊岡豊とスイングフェイス
フジテレビ ダン池田とニューブリード → THE HIT SOUND SPECIAL
日本テレビ 宮間利之とニューハード、高橋達也と東京ユニオン、庄崎正訓とガッシュアウト
テレビ朝日(NETテレビ) 宮間利之とニューハード、豊岡豊とスイングフェイス、原信夫とシャープス&フラッツ

放送音楽プロデューサー連盟加盟局[編集]

ラジオでの中継体制[編集]

  • 文化放送の場合は『大学受験ラジオ講座』や『百万人の英語』が平日夕方6時台・夜7時台にやっていた頃はこれらの番組が終わった後からの途中飛び乗りでネットしていた。その場合『ザ・マンザイクイズ』や『ライオンズナイター』スタート後のオフ番組は休止・短縮の処置を取り、生中継をしていた。会場の担当は梶原茂(のちの梶原しげる)→竹内靖夫が担当していた。
  • ニッポン放送の場合は平日開催だとナイターオフのワイド番組を19時以降裏送り対応を取り、ニッポン放送では『日本歌謡大賞』を生中継して、NRNネット加盟局では裏送りで通常通りナイターオフ番組を放送する処置を取っていた[6]。会場の担当ははたえ金次郎などが行っていた。

脚注[編集]

  1. ^ 近畿広域圏では毎日放送MBS)で後半の1時間のみ放送された。
  2. ^ 近畿広域圏では毎日放送(MBS)で放送された。
  3. ^ 近畿広域圏では関西テレビ、中京広域圏では東海テレビと、共にフジテレビ系列で放送された。
  4. ^ 新人賞の発表を同年10月30日に行い、大賞の発表を11月13日に行う2部体制だった。
  5. ^ 同年11月22日に高島・山口両名司会による総集編をフジテレビで代わりに放送した。
  6. ^ このため、1979年10月から1990年3月まで毎ナイターオフで放送していた『NISSAN生ステーション』やその後継番組もニッポン放送ではCMのみ流して休止の処置を取っていた。