第54回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第54回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 2003年平成15年)12月31日NHK紅白歌合戦第54回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
音声 ステレオ放送
(デジタル放送は5.1chサラウンドステレオ)
字幕 リアルタイム字幕放送(デジタル総合を除く)
データ放送 双方向サービス
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第54回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 2003年平成15年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第54回NHK紅白歌合戦』は、2003年平成15年)12月31日NHKホールで行われた、通算54回目のNHK紅白歌合戦。19時30分 - 21時20分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

司会者[編集]

メイン演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 関根昭義・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
BoA(2) DOUBLE w-inds.(2) Long Road
後藤真希(初) オリビアを聴きながら 175R(初) 空に唄えば
愛内里菜(初) FULL JUMP EXILE(初) Choo Choo TRAIN
長山洋子(10) じょんから女節 山本譲二(12) みちのくひとり旅
水森かおり(初) 鳥取砂丘 山川豊(10) 函館本線
香西かおり(12) 無言坂 前川清(13) 東京砂漠
モーニング娘。(6) Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜 Gackt(3) Last Song
松浦亜弥(3) ね~え? 布施明(19) 君は薔薇より美しい
神野美伽(2) 浮雲ふたり 鳥羽一郎(16) 兄弟船
石原詢子(2) ふたり傘 堀内孝雄(15)
綾戸智絵(初) テネシーワルツ 伊藤多喜雄(2) TAKIOのソーラン節
華原朋美(&コロッケ)(5) ありがとね! 谷村新司(16) いい日旅立ち・西へ
女子十二楽坊(初)・錦織健(2) 自由そして荒城の月
ZONE(3) secret base〜君がくれたもの〜 さだまさし(15) たいせつなひと
安室奈美恵(9) SO CRAZY 森進一(36) 狼たちの遠吠え
第2部
浜崎あゆみ(5) No way to say 森山直太朗(初) さくら(独唱)
一青窈(初) もらい泣き ゆず(初) 夏色など…(夏色またあえる日まで
aiko(2) えりあし TOKIO(10) AMBITIOUS JAPAN!
Every Little Thing(7) また あした はなわ(初)
&テツandトモ(初)
佐賀県なんでだろう
〜スペシャル合体バージョン〜
島谷ひとみ(2) 元気を出して CHEMISTRY(3) YOUR NAME NEVER GONE
小林幸子(25) 孔雀 美川憲一(20) さそり座の女2003
藤あや子(12) 曼珠沙華 平井堅(3) 見上げてごらん夜の星を
中島美嘉(2) 雪の華 ゴスペラーズ(3) 新大阪
坂本冬美(15) あばれ太鼓 細川たかし(29) 浪花節だよ人生は
森山良子(8)・BEGIN(2)・夏川りみ(2) 涙そうそう
倉木麻衣(初) Stay by my side 長渕剛(2) しあわせになろうよ
和田アキ子(27) 古い日記 2003 KOUHAKU Remix 五木ひろし(33) 逢えて…横浜
石川さゆり(26) 能登半島 北島三郎(40) 風雪ながれ旅
川中美幸(16) おんなの一生〜汗の花〜 氷川きよし(4) 白雲の城
天童よしみ(8) 美しい昔 SMAP(12) 世界に一つだけの花

選考を巡って[編集]

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

紅白が裏番組に視聴率で負けた4分間[編集]

裏番組「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」でのボブ・サップVS戦時の関東地区における瞬間視聴率が、紅白開始時1分間の例外を除けば調査開始以来初めて紅白歌合戦の瞬間視聴率を4分間で上回った(この時に紅白で出ていたのは長渕剛)。「K-1」は瞬間最高視聴率で43.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した[14]

瞬間視聴率
時刻 紅白 K-1
22時59分 43.0% 33.1% 9.1%
23時00分 37.8% 38.7% 0.9%
23時01分 35.8% 42.4% 6.6%
23時02分 35.5% 43.0% 7.5%
23時03分 35.8% 42.0% 6.2%
23時04分 44.7% 23.5% 21.2%

なお、第2部の平均視聴率は45.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 格闘技が恐怖?「紅白」曲順隠し!スポニチアネックス、2003年12月5日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  2. ^ 「紅白」の曲順 29日に発表も、スポニチアネックス、2003年12月12日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 打倒曙&サップ!美川&幸子共闘、スポニチアネックス、2003年12月30日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 紅白のトリは元々「ソロ歌手でなくてはいけない」とのルールがあり、過去には1992年第43回にて紅組に由紀さおり安田祥子、白組にチェッカーズをそれぞれトリとして検討されるも見送られた経緯がある。
  5. ^ 読売新聞』2003年12月30日付
  6. ^ 長渕剛 13年ぶり紅白出場へ、スポニチアネックス、2003年11月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  7. ^ 13年ぶり長渕、今度は1曲、スポニチアネックス、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  8. ^ a b c 羽開かない…幸子衣装トラブル、スポニチアネックス、2004年1月1日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  9. ^ 紅白史上初!倉木 国宝で歌う、スポニチアネックス、2003年12月18日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  10. ^ “野鳥の会”紅白落選!、スポニチアネックス、2003年12月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  11. ^ 2月14日にはBS2、2月29日にはBShiでも再放送された
  12. ^ 紅白47年ぶり…森山親子バトル、スポニチアネックス、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  13. ^ はなわ&テツトモが合体、スポニチアネックス、2003年12月18日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  14. ^ サップ瞬間最高視聴率43%、紅白KO、スポニチアネックス、2004年1月6日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。

外部リンク[編集]