小野文惠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おの ふみえ
小野 文惠
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県府中市
生年月日 1968年4月18日(46歳)
最終学歴 東京大学文学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 山口東京アナウンス室日本語センター出向→東京アナウンス室
活動期間 1992年
ジャンル 情報系
配偶者 菅康弘NHK名古屋放送局長)
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

小野 文惠(おの ふみえ、1968年4月18日 - )は、NHKアナウンサー。「惠」を使う方が本来の表記とされるが、新字体の「恵」を用いた「小野 文恵」の表記も多く見られる。

人物[編集]

広島大学附属福山高校を経て東京大学文学部を卒業後、1992年入局。

山口局ではニュース番組などを担当したほか、高校野球の地区予選も実況した。初任地での在籍期間は当時としては異例の長期間となる5年間に及んだ。

1997年東京アナウンス室に異動、山本志保の後任として『ためしてガッテン』の司会に起用され、番組中での振る舞いにより次第に不動の地位を確立する。その後スタートした『鶴瓶の家族に乾杯』『土曜スタジオパーク』も担当。NHKアナウンサーが週1回放送のレギュラー番組を長期間担当することは稀で(通常は番組内容の偏向を回避するため担当者は定期的に異動される)、20時台のゴールデンタイムを2本担当することも珍しい。2007年夏に日本語センター出向となったが、担当番組にはそのまま引き続き出演しており、2010年末に『土曜スタジオパーク』を降板するまでは担当したレギュラー番組から異動したことが1度もなかった。

2004年には紅組司会、2008年には総合司会として、『NHK紅白歌合戦』の司会を務めた(2001年 - 2003年はラジオ中継を担当)。紅組司会と総合司会を双方務めた人物は宮田輝以来2人目であるが、女性では小野が初めてだった。司会に返り咲いた女性アナウンサーも小野が初めてであった。

2011年1月から『ニュース 深読み』(4月に『週刊ニュース深読み』に改題)のメインキャスターに起用された[1]。小野が報道系番組を担当することは山口時代以来14年ぶり。

エピソード[編集]

山口時代[編集]

山口では夕方の報道番組も担当し、20%超えの高視聴率を獲得していたが、自分でもその好調ぶりを不思議に思い、本人が視聴者に尋ねたところ「あんた(小野)があまりにたどたどしくて、恐ろしくて、目が離せないんだ」と言われたという[2]

初任地が山口局であった縁で、山口県から「ふるさと大使」に任命されている[3]

東京時代[編集]

東京では『ニュース 深読み』を担当するまで報道系番組を担当したことがなかった(異動直後の単発の5分間のラジオニュースなどを除く)。オリンピック期間中でアナウンサーが出払っている最中に『NHKスペシャル』の討論系番組を司会したが、ニュース内容の解説部分は記者が担当した。本人曰く「(自分に)貫禄が付くまでニュースを読まないって決めていた」という[2]。一方で、バラエティ番組で大ボケの進行をするだけでなく、『ためしてガッテン』や『鶴瓶の家族に乾杯』でたびたびコスプレを見せ、お笑いタレントのような役回りをしている。

2006年度のゆうもあ大賞を受賞した。

山口時代に同僚のアナウンサーと結婚したが、東京異動の前に離婚。「挙式後に夫が異動したためすれ違ってしまい、婚姻の届出をしない事実婚だった」と、小野が『第55回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に決まった直後に『週刊ポスト』が報じている。

2012年9月に複数のメディアが小野の婚姻を報じた[4]。また、テレビ情報誌『STERA』(NHKサービスセンター発行)のアナウンサーコラム(2013年1月11日号)で小野自身が夫との共通の趣味について書き記している。なお、サンケイスポーツ[5]日刊ゲンダイ[6]は、小野の夫(結婚相手)が『翔ぶが如く』や『坂の上の雲』を手がけたNHK編成局編成センター長の菅康弘であると伝えている。

現在の担当番組[編集]

※いずれも司会。

過去の担当番組[編集]

山口局時代[編集]

東京アナウンス室・日本語センター時代[編集]

  • 今夜も生でさだまさし - 元日のスペシャル版には2007年以降毎年出演しており、準レギュラーともいえる(構成作家が『鶴瓶の家族に乾杯』と同じ井上知幸)。
    • 2007年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • 真夜中なのに生放送 卒業式にもさだまさし(生中継リポート)
    • 2008年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • お台場から生放送! 秋の夜長もさだまさし(お台場のフジテレビに「臨時地デジ大使」として登場)
    • 2009年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • 2010年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 2011年新春生放送!年の初めはさだまさし〜尾張のはじまりなのだ!〜(つなぎのコーナー進行)
    • 2012年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 2013年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 今夜も生でさだまさし~いつでも夢を!今夜は生で音楽会~(つなぎのコーナー進行)
  • サラリーマンNEO(2007年8月7日、Season2-15「会社の王国」のコントに「小野寺」役で出演)
  • 土曜スタジオパーク(2000年4月 - 2010年12月、司会)

その他、単発バラエティー番組の進行役を数多くこなし、NHKワールド・プレミアム向けの2011年度開始の番組案内スポットも務める。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHK新番組『ニュース 深読み』メインに小野文惠アナ!! 14年ぶりニュース番組担当に気合十分”. Oricon Style (2010年12月13日). 2012年5月29日閲覧。
  2. ^ a b 土スタを卒業するにあたって 土曜スタジオパーク・MC日記 2010年12月31日
  3. ^ 山口県ふるさと大使・小野 文惠 - 山口県広報広聴課
  4. ^ NHK小野文恵アナ結婚 同局の男性と 朝日新聞 2012年9月19日閲覧
  5. ^ NHK「ガッテン」44歳・小野文恵アナ結婚 - サンケイスポーツ2012年9月20日
  6. ^ NHK 小野文恵アナが選んだ50代敏腕P - 日刊ゲンダイ2012年9月21日
  7. ^ 当初は記者。

外部リンク[編集]