第4回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第4回NHK紅白歌合戦
Nichigeki-1952.jpg
会場の日本劇場(1952年撮影)
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 21時15分 - 23時45分(150分)
放送期間 1953年12月31日NHK紅白歌合戦第4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 水の江瀧子(紅組司会)
高橋圭三(白組司会)
北出清五郎(総合司会)
ほか
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第4回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1953年12月31日
放送時間 1953年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第4回NHK紅白歌合戦』は、1953年昭和28年)12月31日日本劇場で行われた、通算4回目のNHK紅白歌合戦。21時15分 - 22時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • この年2月1日よりNHK東京テレビジョンが本放送を開始したことから、ラジオに加えてテレビでも放送を開始。より多くのファンに紅白を生で観てもらえるようにと日本劇場(日劇)を借りて公開放送を行った[1]
  • 映像と音声は現存せず、写真が現存する。理由はVTRはまだ世に出ておらず、生放送故に番組の資料保存など二の次だったためである。
  • 今回におけるテレビでの本放送開始と同時に視覚的な演出も行われるようになり、選手宣誓や優勝旗の返還や授与が開始された。
  • 前回までの紅白は年明けに放送されていたが、公開用に使える大きな会場が正月公演で空いていないことから、会場に空きがあった大晦日に放送することになった[2][3]。以後、紅白は大晦日の風物詩として定着することになる。
  • 前身『紅白音楽試合』で紅組司会を務めた水の江瀧子が現タイトル版では初めて紅組司会を務めた。
  • 通常、上手が白組、下手が紅組となっているが、今回のみそれが逆になっている。下手の白組側は北風が吹き込み、大変寒かったという。
  • 今回より、回数がカウントされるようになる。
  • 第4回目にして初めて紅組が勝利を納める。初めて敗北を喫した白組のメンバーは揃って「テレビは怖い。今回は(紅組女性軍の)衣装に負けた」と悔しがったという。
  • この年は1月2日にも紅白(前回)が行われているため、1年で2回目の紅白がなされるのはこの年が史上唯一である。

エピソード[編集]

  • 当時の紅白では、予め用意されていたのは簡単な時間テーブル(予定表)と歌手の登場順のみで、司会者がどのように歌手を紹介するかはほとんどアドリブで行われていたと伝えられている。そのため、時間配分が予定よりも大幅に超過してしまい、本来のタイムテーブル通りに番組進行を行った場合、予定の放送時間内に全出場歌手の歌を紹介することができない恐れが生ずることが度々あった。このような場合に時間の調整を行うのは白組司会であるNHKアナウンサーの方であり、当時白組司会を務めていた高橋圭三は様々な策を講じて何とか番組終了まで漕ぎつけようと努めた。
    • この回では、白組トリである藤山一郎に高橋が人差し指を指し「ワンコーラスで」と指示したというあまりにも有名なエピソードが残っている。
    • また、曲のイントロが流れている最中に、司会者が歌手やそのときに披露する曲に関するコメントを語る、というもはや古典的ともいえる司会スタイルを行ったのも高橋が最初であり、これも本来は紅白での時間調整のための措置として止むを得ず行ったものである、と後年高橋は回顧している。当初はイントロにMCを被せることは楽曲の魅力や雰囲気を台無しにしてしまうとして、高橋がこのような司会スタイルを採ることに対し反発する歌手も多かったようであり、彼らの歌唱意欲を落さないような司会コメントを考え出すのに相当苦慮したという。
  • 淡谷のり子が初出場にして紅組トリを務めた。初出場でトリを務めたケースは1952年第2回以降では唯一の事例である[4]
  • 今回使用のマイクロホンは、RCA-77DタイプにNHKのロゴプレートを貼ったものと思われる。

司会者[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
赤坂小梅(2) おてもやん 鈴木正夫(3) 花笠音頭
池真理子(3) 星降る渚 笈田敏夫(初) ばら色の人生
江利チエミ(初) ガイ・イズ・ア・ガイ 浜口庫之助(初) 国境の南(サウス・オブ・ザ・ボーダー)
織井茂子(初) 君の名は 伊藤久男(3) 君いとしき人よ
神楽坂はん子(初) こんな私ぢゃなかったに 宇都美清(2) さすらいの旅路
笠置シヅ子(3) 東京ブギウギ 灰田勝彦(3) 東京の屋根の下
菊池章子(3) 星の流れに 津村謙(3) リルを探してくれないか
小唄勝太郎(初) 島の娘 鶴田六郎(4) 港の恋唄
三条町子(2) 東京悲歌 岡本敦郎(3) 白い花の咲く頃
三味線豊吉(初) カモン・ナ・マイ・ハウス(家へおいでよ) 岸井明(初) 洒落男
菅原都々子(3) 佐渡ケ島悲歌 竹山逸郎(3) 流れの船唄
奈良光枝(2) 赤い靴のタンゴ 小畑実(初) ロンドンの街角で
服部富子(初) アリラン・ルムバ 真木不二夫(初) 知らない町に雨がふる
二葉あき子(4) 別れても ディック・ミネ(2) 長崎エレジー
松島詩子(3) マロニエの並木路 近江俊郎(3) 別れの磯千鳥
渡辺はま子(3) ああモンテンルパの夜は更けて 林伊佐緒(4) 愛染草
淡谷のり子(初) アデュー 藤山一郎(4) 丘は花ざかり

脚注[編集]

  1. ^ 当時NHKホールのような大人数を収容できる施設はNHKにはなかった。
  2. ^ ただし、前身『紅白音楽試合』は大晦日での放送だった。
  3. ^ 過去3回は正月公演のため出演を見送っていた戦前派の大物・淡谷のり子や当時の男性人気No.1歌手・小畑実も今回でようやく初出場した。
  4. ^ ただし、渡辺はま子が紅組トリを取ったとする有力説もあり、合田道人の著書では、渡辺を紅組トリとする説が採用されている。

外部リンク[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)