立川談志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。

立川 談志(たてかわ だんし)は、落語家名跡。7代目(自称5代目)の死後は空き名跡となっている。

これは明治時代の寄席で人気を博していた釜堀りの談志(4代目)が初代を称し、俥屋の談志がそれに倣って4代目と称していたようなので、小ゑんは5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになった[1]

釜堀りの談志を初代と見なした場合、3代目になるはずの談志がなぜ4代目を称していたかというのは、本名恒川駒吉の談志と俥屋の談志の間にはもう一人談志がいたらしいため、その談志を代数に含めていたためではないかと思われる。

また、花咲爺の談志(3代目)を初代とみなしたから5代目となった、とも言われる。

ちなみに、4代目桂文之助1916年に著した『古今落語系図一覧表』では、のちに宇治新口を名乗った談志が代数に入っておらず、花咲爺の談志が2代目、釜堀りの談志が3代目、本名恒川駒吉の談志が4代目となっている。

  • 初代立川談志 - 後の2代目菅良助
  • 2代目立川談志 - のち初代三笑亭可楽の門下で宇治新口を名乗る。こちらの談志の方が初代だとする説もある。
  • 3代目立川談志 - 「花咲爺の談志」。本名、三宅 岩太郎。
  • 4代目立川談志 - 「釜堀りの談志」。江戸2代目桂才賀の門下。本名、中森 定吉。
  • 5代目立川談志 - 後の柳家金太夫。本名、恒川 駒吉。
    • 5代目と6代目の間にもう一人談志がおり、東西会に所属していたようであるが、詳細不明。
  • 6代目立川談志 - 得意な演目から「反対俥の談志」「俥屋の談志」。性格の良さから「お結構の談志」。5代目三升家小勝の門下。本名、竹内 栄次郎。
  • 7代目(自称5代目)については以下に記載。

たてかわ だんし
7代目(自称5代目) 立川 談志
7代目(自称5代目) 立川 談志
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。
本名 松岡 克由
別名 家元
生年月日 1936年1月2日
没年月日 2011年11月21日(満75歳没)
出身地 日本の旗 日本東京府東京市小石川区
死没地 日本の旗 日本東京都文京区
師匠 5代目柳家小さん1983年破門
名跡
公式サイト 立川談志ホームページ 地球も最後ナムアミダブツ
受賞歴
第7回 サライ大賞(2008年10月
第20回 スポニチ文化芸術大賞 特別賞(2012年8月
備考
参議院議員1971年 - 1977年
沖縄開発庁政務次官1975年
落語立川流家元1983年 - 2011年
日本の旗 日本の政治家
立川 談志
たてかわ だんし
松岡 克由
まつおか かつよし
生年月日 1936年1月2日
出生地 日本の旗 日本東京府東京市小石川区
没年月日 2011年11月21日(満75歳没)
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
無所属

選挙区 全国区
当選回数 1回
任期 1971年7月4日 - 1977年7月3日
テンプレートを表示

7代目(ただし自称5代目)立川 談志1936年昭和11年〉1月2日 - 2011年平成23年〉11月21日)は、東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家落語立川流家元。本名、松岡 克由(まつおか かつよし)。血液型AB型。

古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を絶えず意識しつつ、長年にわたって理論感覚の両面から落語に挑み続けていた。古典落語を現代的価値観・感性で表現しなおそうとする野心的努力は高く評価されて天才と称されるが、その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。落語のみならず、講談漫談をも得意とするなど、芸域の広さで知られた。初高座は新宿末廣亭における「浮世根問」。

自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。出囃子は「あの町この町」「木賊刈」(とくさがり)。5代目三遊亭圓楽3代目古今亭志ん朝5代目春風亭柳朝(柳朝没後は8代目橘家圓蔵)と共に「江戸落語四天王」と呼ばれた。

参議院議員(1期)、沖縄開発庁政務次官三木内閣において36日間)、サイバー大学客員教授などを歴任した。

経歴[編集]

  • 1936年1月2日 - 東京府東京市小石川区(現在の東京都文京区白山)に生まれる。
  • 1952年
  • 1954年3月 - 二つ目昇進し柳家小ゑんに改名。寄席の他に日劇ミュージックホール新宿松竹文化演芸場にも定期的に出演し、コントや漫談も披露。赤シャツにジーパン姿がトレードマークだった。
  • 1962年 - 入門が5年も遅い古今亭志ん朝が、「36人抜き」で小ゑんより先に真打になり、生涯最大の屈辱を味わう。
  • 1963年4月 - 立川談志襲名し、真打に昇進。同時に小さん門下から真打に昇進したのが5代目柳家つばめ
  • 1966年5月 - 企画発案した『笑点』(日本テレビ)が放送開始。1969年11月まで初代司会者を務める。後に、『笑点』放送100回記念放送では桂歌丸と異色漫才を披露した。
  • 1969年
  • 1971年 - 第9回参議院議員通常選挙全国区から無所属で初当選。直後に自由民主党(自民党)に入党。
  • 1975年12月26日 - 三木内閣沖縄開発政務次官に就任したが、翌年1月30日(在任36日目)に辞任。自民党を離党。
  • 1978年 - 6代目三遊亭圓生三遊派が落語協会脱退。落語協会分裂騒動となる。この脱退については諸説あり、落語史としても今なお、不透明の部分の多い歴史でもある。談志と5代目圓楽を黒幕とする説が多い(5代目圓楽は著書で新協会設立の話を圓生に持ちかけたのは談志であると述べている。また、志ん朝の香盤を下げるために仕組んだとする見方もある)。しかし、反響の大きさに慌てている談志の姿も目撃されてもいる。また、参加しないと思われていた志ん朝が参加してしまったため、慌てて参加を取りやめたとも言われる。
    • 川柳川柳』の著書によると、談志は脱退した三遊派で構成される『三遊協会』の次期会長は自分だと思い込んでおり、圓生に確認したところ、「次は志ん朝だ」と答えられたため、思惑が外れて計画から手を退いたとある。金原亭伯楽の著書にも同内容のことが書かれている。
  • 1983年 - 落語協会真打昇進試験制度運用を巡って落語協会会長で、師匠小さんと対立、83年落語協会を脱会し落語立川流を創設、家元となる。
  • 1995年 - 新潟県西蒲原郡岩室村夏井(現:新潟市西蒲区夏井)に田んぼを持つ。「談志の田んぼ」と称し、以降、田植え、稲刈り作業をほぼ毎年行い、年によっては岩室温泉での落語会も行う。
  • 1997年 - 食道癌を外科手術により摘出。以降の人生を癌との戦いに費やす。
  • 1998年9月 - 食道癌(一説に喉頭癌とも)の手術を受ける。
  • 1999年 - 長野県飯田市での高座にて、落語を上演中に居眠りしていた客一人を注意して退場を勧告した。後日、その客はその高座の主催者を相手取り、「落語を聴く権利を侵害された」として民事訴訟を起こした。結局は請求棄却となる。
  • 2004年 - TOKYO MXにて、野末陳平とともにトークバラエティ番組『談志・陳平の言いたい放だい』を開始。番組は2008年まで続いた。同番組は2007年6月からYouTubeでも公式に視聴することが可能となっている。
  • 2005年4月 - NHKラジオ第1放送にて、ラジオ創世記の名番組のリメイク『新・話の泉』(『おしゃべりクイズ疑問の館』の枠で月一回放送)が放送開始され、番組レギュラーを毒蝮三太夫山藤章二松尾貴史、その他ゲストとともに務めた。
  • 2007年
  • 2008年
    • 3月9日 - NHK BShiで『立川談志 きょうはまるごと10時間』放送。以前放送された『わが心の旅』『HV特集・71歳の反逆児・素顔をドキュメント』、毎日放送(MBS)『情熱大陸』を含む、インタビュー・密着ドキュメント・高座「居残り佐平次」などが放送された。
    • 5月 - 喉にポリープの疑い。検査を受けた。
    • 6月3日 - 自宅からほど近い日本医科大学付属病院に一泊二日の検査入院したが、「20日間は入院が必要」と医師に言われる。
    • 6月18日 - 退院。入院の間は病院から落語会やテレビ収録に行っていたという。この頃以降、高座でもそれ以外でも発声が極端に苦しくなり、力がなくしわがれた聞き取りづらい声に変わっていった。
    • 10月14日 - 喉頭癌を発病していることを公の場(雑誌『サライ』大賞授与式)にて告白。癌の発病箇所は声門であり、声帯摘出以外に完治の見込みはなかった。
  • 2009年8月26日 - 長期休養を発表。予定されていた出演をすべてキャンセルとする。理由は体力の低下と持病の糖尿病治療であると発表していたが、実際は癌により発声が困難になったためと推測される。当初、本人は事務所に引退を切り出したというが、事務所の説得で休養という形に落ち着いた。
  • 2009年
    • 12月1日 - NHKラジオ第1放送公開収録番組『新・話の泉』に別録りのインタビューという形で出演。実際の公開収録舞台には談志の写真ボードが置かれた。
    • 12月28日 - 体調が好転せず、2010年冒頭に入院することが決定したことなどを受け、休養期間を約3ヶ月延長すると発表。
  • 2010年
    • 3月2日 - 6代目三遊亭圓楽襲名披露パーティーに姿を見せ、挨拶を行った。この時に同席した桂歌丸は「生きている談志さんにお会いできたことが嬉しかった」とコメントし、談志との再会を喜んでいる[3]
    • 4月13日 - 8か月ぶりに高座に復帰し『首提灯』を披露した。
    • 11月 - 声門癌再発を確認。この時は声帯摘出手術を本人が拒否。12月には『芝浜』ほか3席を熱演。「3席もった喉と体に素直に感謝しています」と、いつもの談志節は鳴りを潜め、落語家としての無上の喜びを打ち明けた。
  • 2011年
    • 3月6日 - 川崎市・麻生市民館麻生文化センターでの「立川談志一門会」にて、咳き込みながら『長屋の花見』『蜘蛛駕籠』を披露。立川談志生涯最後の高座となる。
    • 3月21日 - 入院。ストレス性胃潰瘍と公表していたが、実際には声門癌の進行による呼吸困難症状が発生し、気管切開手術(声帯にメスを入れる)で一命を取り留めたものの、この手術によって、ほとんど声が出せない状態となっていたと推測される。退院後、以降のすべての仕事をキャンセルしたと発表し、現実にその死まで一切仕事は行わなかった。
    • 5月22日 - 弟子である立川キウイの真打昇進記念パーティーを欠席(欠席の理由は公式には「ビンラディンの喪に服するため」と発表)。次ぐ、キウイの真打披露興行(6月30日・7月19日)に登場が予告されながら会場に足を運ばず。弟子の真打昇進記念パーティー・興行を欠席した唯一の例となる。
    • 10月27日 - 昏睡状態に陥る。この日を最後に、意識を回復することはなかった。
    • 11月21日 - 午後2時24分、家族に看取られて死去。死因は喉頭癌[4]。75歳没。
    • 談志の死去の報は、最期まで談志の世話をしていた立川談吉[5]を除き、一門の弟子たちを含む落語界・芸能界・知人の誰にも伝えなかった。家族および談吉のみで通夜・告別式(密葬)を挙行し、落合斎場にて荼毘に付された。2日の間、死を誰からも隠し通した。戒名は、生前自ら考えた「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」。2日後、事務所(談志役場=息子慎太郎の会社)が死の事実をプレス・リリースしたが、その際も弟子たちに知らせなかった。立川キウイ[6]立川談慶[7]ら弟子たちは、死の2日後にテレビニュースなどで談志の死を知ることとなる。このため、マスコミやファンの問い合わせを受けて「(自分は聞いていないので)ガセだろう」と回答してしまい、あとで訂正するはめになった弟子たちが複数出た。
      • 一方、死の直後からTwitterやウィキペディアの本記事などに情報のリークがあった。これに対し、談吉は自身のブログやツイッターで全く関係ない話題を書いて情報操作を試みた。また、落合斎場でも到着時には報道陣が集まっていた。
    • 談志の死去を受けて11月23日、8代目橘家圓蔵林家木久扇が日本テレビのニュース番組『news every.』に生出演して、故人との想い出を語った。また、日本テレビ『金曜夜席』当時からの友人である桂歌丸、上方落語界長老の桂米朝も逝去を悼むコメントを発表した[8]。弟弟子で落語協会会長の柳家小三治は「とんでもない人物だった。今でも兄弟弟子という思いは強い」と語り、兄弟子の死を悼んだ[9]。また、談志に憧れて落語家の道を志した上方落語協会会長の桂三枝(現:6代桂文枝)も談志の訃報が公表された日の緊急会見で「嘘であって欲しいと思いました」と泣き崩れながら故人を偲んだ。
    • 葬儀の際、談志が生前かわいがっていたライオンのぬいぐるみ「ライ坊」が談志とともに荼毘に付されたという情報が流れた。このため、ライ坊が原因で破門騒動[10]に巻き込まれた立川志らくは、24日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて大いに嘆き、高田文夫が爆笑する一幕があった。しかし、その後談吉が明かしたところによると、荼毘に付されたのは別のクマのぬいぐるみであり、ライ坊は無事だった。
  • 2012年12月までに、東京都文京区内の霊園の墓に納骨される。
    • 生前からの希望により遺骨の一部が海に散骨されたが、直後に魚が集まってきて撒かれた遺骨を食べてしまった[11]
    • 長女の松岡弓子は、談志が生前埋葬を希望していなかったことを受け、遺骨の一部を手元で保管している[12]
    • 墓所は文京区浄心寺

政治活動[編集]

1969年に衆議院選挙に立候補したが落選(東京8区、無所属。19,548票で定数3人、立候補者9人中6位)。1971年の参議院選挙では当時の全国区で50人中50位の最下位当選だったが、その際のインタビューで「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」という言葉を残す。直後に自由民主党(自民党)に入党した(本人によれば、佐藤栄作が座布団からおりて小さんに頭を下げたからと言うのが理由だという)。議員活動では、NHK受信料問題を質問した。

三木内閣時代の1975年12月には沖縄開発政務次官に就任するが、就任時の会見で議員の選挙資金について「子供の面倒を親分が見るのは当然」と発言したことが問題化。さらに政務次官初仕事である沖縄海洋博視察では二日酔いのまま記者会見に臨み、地元沖縄メディアの記者から「あなたは公務とどちらが大切なんだ」と咎められる。これに対して「酒に決まってんだろ」と言ったことがさらに問題となる。さらに詰問する記者に対し、退席を命じ、会見を打ち切ろうとしたため更に批判を浴びた。弁明を行うはずの参議院決算委員会を寄席を理由に欠席するに至って、自民党内部からも反発が起こり辞任。在任期間は僅か36日であった。談志自身は、議員になったのは兼職をしてもいいと言われたからであり、自分は大衆との接点を持ち続けるのが信条だとして自民党を離党した。なおこの問題の時、親交がある石原慎太郎から「謝罪したらどうだ」と説得されたが拒絶した。参議院議員2期目を目指して、全国区から東京地方区への鞍替え出馬を予定していたが、直前で出馬を取りやめ、議員活動は参議院議員1期6年だけで終わった。本人曰く「政治家としての経歴がマイナスになるのは俺ぐらいだろう。」と振り返っていた。

政治思想的には保守寄りである。在任中は共産党議員への野次に力を入れていたことにより、共産党支持者の8代目林家正蔵(後の林家彦六)(ただし、共産党のイデオロギーに共感したわけではなく、本人は判官贔屓としている)と、野次があるたびに喧嘩をしていた模様(ただし、彦六は談志の選挙を手伝っており、また、談志も国会の決算委員会で国鉄問題の際に通勤定期を通勤のみに使い、外出など私用な目的には定期を使わずに運賃を払っている人物の例として彦六を取り上げており、議事録にも残っている(昭和51年10月28日、参議院運輸委員会会議録7号29頁))。政界を退いた後も自民党を中心とする保守系政治家との親交が深い。保守系議員の選挙応援などにもしばしば動いている。

その反面、元社会党衆議院・参議院議員上田哲の選挙応援にも出たこともある。談志によると「議会には反対派も必要だ」と言うが、政治レベル以外での個人的な交友関係によるものとも思われ、上田も立川流の高座に上がったこともあるほか、医師作家なだいなだの提唱した老人党に賛同、談志・西丸震哉と「老人党東京」(3人の共同代表)を旗揚げしていた。

音楽活動[編集]

自身は無類の歌謡曲ファンで青春時代は歌声喫茶に通いつめた。晩年には『談志絶唱 昭和の歌謡曲』という本を出版もした。ディック・ミネのファンでもありほとんどの曲を歌えるほどで、落語家になってからは交流もあった。

『笑点音頭』[13]
1967年キングレコード発売
作詞:立川談志 / 作曲宮崎尚志
歌:立川談志&笑点グループ(石井伊吉5代目三遊亭圓楽桂歌丸柳亭小痴楽三遊亭金遊林家こん平

談志自身が企画し司会を務めたテレビ番組笑点』のテーマソングである。談志31歳の頃の作品。すべての歌唱パートを談志が受け持つ。「笑点グループ」のメンバーは上記のとおりの6人であるが、サビの部分のバックコーラスのみの担当である。

談志とこのメンバーが、日劇における三橋美智也ショーのゲストとして招かれ、この曲を披露したことがある。談志と三橋美智也が友人だったからでもある。有楽町・日劇は最高のステータスを誇る劇場であったが、三遊亭歌笑を除く落語家とはもともと無縁のところだった。

反対に、日劇に併設された日劇ミュージックホールへは、談志は非常に若い二ツ目時代からレギュラーで出演していた。泉和助E・H・エリックらとコントを演じていたほか、洋装で、立ったまましゃべるスタンダップ・コメディを披露していた。

しかし談志とメンバーが対立し、大喜利メンバー全員が降板した1969年以降、この曲は一切放送に使用されなくなった。

現在では、この曲は、企画盤のうちの一曲として複数のレコード会社からCD化されている。

『アメリカ』
2003年9月11日「談志2REVOLUTION」名義でシングルCDとして発売。ラップミュージックとなっている。
『国会』
2004年3月24日に、シングル「国会」を発売。

大学教授[編集]

サイバー大学の客員教授を務めていた。受け持ち科目は共通科目の「落語と文化・文明論[1]

その他の活動[編集]

手塚治虫の熱烈なファンで、生前の手塚本人との親交も深く、アニメ映画ジャングル大帝』に声優として参加した(密猟者ハムエッグ役)。声優としての出演には他に『ドラ猫大将』などがある。また、ブラック・ジャックの文庫本にもメッセージを寄せている。

1992年瀬戸内海ホホジロザメが人を襲う事件があり、当時、明治大学替え玉受験疑惑で芸能活動謹慎中であったなべおさみと「シャークハンター必殺隊」を結成、鮫のぬいぐるみのついた野球帽をかぶって現地入りし、現地の人たちから顰蹙を買い罵声を浴びた。

所属事務所[編集]

  • 1965年頃 - 1967年頃
    • 「現代センター」
  • 1967年頃 - 1971年国会議員就任まで
    • 「談志プロダクション」(談志自身が社長)
  • 1971年国会議員就任 - 1983年落語協会脱会まで
    • 「まむしプロダクション」(毒蝮三太夫社長、松岡由雄マネージャー=談志の実弟)
      • 上記の談志プロダクションと同じ会社。本人が国会議員になったため、談志プロダクションが社名と社長を変更したもの。師匠5代目柳家小さんが一タレントとして所属していた
  • 1983年落語協会脱会 - 2000年3月末まで
    • 「立川企画」(松岡由雄社長=談志の実弟)
  • 2000年12月13日 - 2011年11月21日
    • 有限会社「談志役場」(松岡慎太郎社長=談志の息子)

人物[編集]

落語家として[編集]

落語家としての全盛期の実力に対する評価は概して高いものの、直情径行な性格により数々の過激な争いを起こし続けており、敵を作ることも厭わない「暴れん坊」ぶりもあって、毀誉褒貶の激しい人物でもある。 談志の落語で特筆すべき点は、師匠から受け継いだ型を大事に伝承する古典落語において、「己を語る」独自の型を発明したことである。現代に生きる人々の価値観や美意識を内容に投入し、噺の途中で「このストーリーのここがおかしい」「こういう人情は違う」と、談志の意見や解説や哲学が入る。故に「客は『噺』ではなく、『談志』を聴きにくる」と言われたほどである。その芸を邪道とする意見も少なくなかったが、熱心なファンを獲得し続けた。純粋な古典落語の評価も高く、特に『芝浜』は彼の十八番だった。弟子の談春は学生時代にこれを生で聴いたことが弟子入りするきっかけとなった。山藤章二は「落語の伝統の部分だけで生きていれば間違いなく平成の名人として落語史に名を連ねただろう」と述べている。

楽屋ネタや同業者をネタにする噺家は少なくなく、談志もまた、生前は敵味方・先輩後輩関係無く、同業者にネタにされた。落語「地獄めぐり」の口演では、地獄に来た落語家を並べ立てるくだりにおいて、「立川談志……あれ、あいつまだ生きてんじゃなかったか……ああ小さく書いてある、えーと『近日来演』」(まもなく死んで地獄に来る、というオチ。オリジナルは3代目桂米朝の「地獄八景亡者戯」で、本来は演者の名前が入る)というネタが出て来る。

落語そのものに対して、「落語とは、人間のの肯定である」との見解を、常々表明していたが、晩年は「イリュージョン」という独自の域に達したと自認していた。「イリュージョン」とは、業の域をさらに高め、5代目月の家圓鏡(現:8代目橘家圓蔵)とのラジオでみせていたような意味不明の掛け合いから、新しいおもしろさを見いだそうというものである。[独自研究?]志らくおよび談笑は、イリュージョン落語について以下の特徴を挙げている。[14]

  • (落語は、マクラも含めて)己れ(=談志)の感覚でしゃべるもの
  • 登場人物が談志と被っている
  • 落語ではなく談志という人間が面白い

5代目小さんとの関係[編集]

師匠5代目柳家小さんとは口論になることが多いが、基本的に関係は悪くなかった。真打昇進試験に弟子が合格できず、その当時会長であった小さんとは方針が合わないとして、落語立川流を設立、これにより破門される。本人著では、破門後も何度か互いの芸を貶す・どちらが先に死ぬかなどの口論をしたり、取っ組み合いの喧嘩もしているが、基本的には二人の間で自然とおさまっている。

ある新年会では、気に入らない小さんの客に、酒や膳の上のものを、片っ端からその客にぶつけて帰ってしまった後、小さんは「客がワルイ」と談志を庇ったという。また、喧嘩にしても小さんは「本気でやれば、俺の方がよっぽど強い」と、談志に好きに頭を締めさせてやっていた(小さんは剣道7段、徴兵だったが兵士の経験もある)。小さん(5代目)の生前、孫である花緑との座談で「(小さん)師匠に『(落語)協会に戻って来い』と頭を下げられたら困る。それを断ることは日本教に反する」と語っている。発言に小さんに対する意識が垣間見える。

上方の噺家である、3代目桂べかここと、3代目桂南光襲名披露パーティーで、偶然、南光の楽屋で鉢合わせになり、両者が口論になった。その時楽屋にいたべかこの大師匠3代目桂米朝が、制止したこともある。

落語における「大名跡」の価値を評価しており、「いずれ、オレは小さんに、5代目圓楽は圓生に、志ん朝は志ん生になるべき」と、『現代落語論』で書いている。そのため、本来の実力からは自身の弟弟子であった10代目柳家小三治が継ぐべきとしていた「小さん」を、先代の息子である3代目柳家三語楼が襲名したことを批判している。

『笑点』初代司会者として[編集]

1966年5月15日の放送開始から1969年11月2日まで日本テレビの演芸番組『笑点』の司会を務めているが、後年「『笑点』ってのはよう、アタシが作った傑作なんだよ」と語っている通り、『笑点』は談志が自ら企画して実現したものである。

初代メンバーの1人で後に司会を務めることとなった5代目三遊亭圓楽が『いつみても波瀾万丈』で語ったところによると、談志は5代目圓楽に「寄席でやっている大喜利をテレビでやろうじゃないか」と持ちかけたのが番組開始の端緒だという。持ちかけた末に生まれた番組が前身番組の『金曜夜席』で隔週金曜深夜に放送されていた番組であった。当初は談志が演芸コーナーの司会で5代目圓楽が大喜利コーナーの司会というローテーションだったが後に談志に統一された。前身番組の時点で『笑点』の基礎が固まり、そのまま日曜夕方の番組としてスタートしたのである。

談志は降板後も特別番組の時には何度か出演しているが、2000年代以降は完全に距離を置いており、そのまま他界した。

一方で、『笑点』の企画自体の思い入れがあるためか、2001年 - 2003年頃には、特冊新鮮組竹書房の隔週刊娯楽雑誌)で「大笑点」という投稿コーナーを企画(2006年 - 2008年元日に日本テレビで放送された『同名番組』とはまったく関係はない。2002年には書籍化)し、2005年10月開始の『談志の遺言』(TBSラジオ番組)には、「おれとお前の笑点」という投稿コーナーを設けていた(2006年3月の一時終了まで存在した。同年10月の再開時には消滅)。

性格[編集]

  • ハスキーな声でシニカルかつマイペースに振る舞い、時に有言不実行ぶりをはばからないなど、一筋縄ではいかないキャラクターの持ち主であった。
  • 1980年代以降は髭をたくわえるようになり、さらに頭にヘアバンドを巻くようになった。色付きメガネを着用することも多かった。晩年、髭は剃ることが多かったが、ヘアバンドとメガネは晩年まで愛用した。
  • 頬やあごをなでたり掻いたりする癖がトレードマークで、よくものまねされるポーズとなっている。
  • 評価できない人物に対しては正直に罵倒混じりの辛辣な批評を飛ばし、高座では差別用語も遠慮無く連発するなど、タブーを物ともしない過激な毒舌家として有名だが、一方では自他共に認めるフェミニストであり日和見主義である。特にそのタブーを物ともしない過激ぶりで有名なのが吉本興業批判。自著で初代桂春団治が晩年非業の死を遂げたという例をあげ「あそこ(吉本興業)の使い捨て体質は戦前から(創業時からの伝統)なんだよ」と批判していた。
  • 弟子がによく語るところによれば、「芸人100点、人間0点(人格は最低だが芸は最高)」という。
  • 「芸人という消費文化の担い手である以上、真っ当に働くな」との趣旨で「泥棒しろ、ただし、俺の家は駄目だぞ」と弟子に発言したこともあるという。
  • 自他共に認める、無鉄砲なまでの冗談・いたずら好きであり、洒落か本気かわからぬ行動によるこの種の武勇伝は極めて多い。エピソードの一つとして、レポーターやナレーション業で知られる神太郎が付き人だった時の話がある。地方興行の折、夜中に突如「トランプを買ってこい!」と無理難題を押しつけられたが、機転を利かせた神はバーへ行き、バーテンダーからトランプを調達して、談志を唸らせたという。
  • 肉が好物であるため、弟子はしくじった際に機嫌をとるために高級肉を談志宅へ持ち込むことがある。談志の自宅には多数の冷蔵庫があり、賞味期限が切れた食材は弟子に食べさせる。また戦中・戦後の貧しい時代が青春時代であったために食に対するこだわりも多く、特に食べ物を粗末することを嫌い、前日残った食材を朝の味噌汁に入れたり、カレーに入れたりする(家族は前日残った刺身を翌日のカレーに入れて食べさせられていた)、また楽屋にも手作り弁当を持参し楽屋弁当は用意させなかった。
  • かなりの資産家であると同時に、吝嗇(りんしょく:ケチ)でもある。「10億円の預金がある」との発言もしている。
  • 落語立川流上納金制度を導入しているが、これは飲み屋でそのスジの人から、「師匠の所は、モノを教えるのに金はとらないのかい?」と言われたことがきっかけだという(『驚きももの木20世紀』より)。
  • また、大変な洋画好きであり、『談志・陳平の言いたい放だい』(TOKYO MX)でもコーナーが設けられていた。取り上げられるのは主に黎明期から黄金期にかけてのハリウッド映画フランス映画で、中でもMGMミュージカルが好きである。監督ではビリー・ワイルダーを敬愛している。
  • 5代目圓楽によると「案外気の小さいところがある」。実際、「志ん朝が真打に昇進する時には本人に『強次(志ん朝の本名)、昇進を辞退しろ』と直談判に行ったが、自分(5代目圓楽)の時には人にボロクソ言ったわりに直接言いには来なかった」「自民党の大物政治家たちと同じテーブルに座っているのをみて『圓楽の馬鹿はああいうところに座ってる』と言っておきながら自分はそこに座ろうとはしなかった」などそれを裏付けるようなエピソードが圓楽の著書にいくつか紹介されている。

自殺の危惧[編集]

同業の先輩である林家正蔵(彦六)が「談志は自殺する」のでは、と危惧したことがあった。それは談志が国会議員になったばかりの絶好調の頃であったのだが、正蔵に言わせると、談志はやることなすことが全て当たり、成功したので、現実の世の中が馬鹿馬鹿しく思えるのではないかとのことだった。正蔵は談志本人に直接それを言うことはなかったが、他の多くの人に語っている。その1人である川戸貞吉がそれを本に書き、公の知るところになった。

晩年、談志は、テレビで「死ぬつもりでいたからね。(でも)自殺ができないってことになって…。本当の話だもん」と、自殺願望が抑え切れなくなっていることを告白しこともあり[15]、「談志は自殺する」という正蔵の予言について「(今から見れば)当たっている」と評している(川戸との対談にて。紀伊国屋書店第85回新宿セミナー、2007年9月16日)。公式ホームページ「地球も最後ナムアミダブツ」の「今日の家元(日記欄)」にも自殺をしたくても出来ないといった記述が見られたこともあった。しかし幸いにもこの危惧は現実とはならなかった。

逸話[編集]

  • 熱海に出かけたが弟子たちの働きぶりが気に入らず、弟子全員の衣類と財布を持って先に東京に帰ってしまい、弟子たちはどうしようもなく旅館から電車賃を借り、旅館の浴衣姿でやっと帰ってきたという。談志自身の著作・弟子の著作双方に記載されている。
  • いかに荒っぽいいたずらであろうと「洒落」の一言で済ませてしまう乱暴な談志を、唯一閉口させたのは石井伊吉(毒蝮三太夫)であった。最初の出会いは落語好きだった毒蝮の知人を介してで、鉄道駅のプラットホームで電車を待っていた談志を、電車入線間際に線路に突き落とそうとし、運良く落ちずに済んだ談志が「死んだらどうするんだ!」と怒鳴りつけたが、毒蝮は笑って曰く「洒落のわからないやつだと言ってやる」。また、「笑点」の収録で大阪に行った際、道頓堀で暴漢に刃物で後頭部を切られた談志を見た毒蝮が「おい、貯金箱だな」と言って頭の傷口に硬貨を入れようとし一緒にいた笑点メンバーたちは大笑いしたという。石井に「毒蝮三太夫」の芸名を与えたのは談志である。談志は当初「蝮三太夫」としたが、円楽が「毒」と付け加えている。後年、自分の最高の作品は「毒蝮三太夫」と周囲に漏らしていたという[16]
  • 談志が芸人として絶頂期にあった頃、行きつけの酒場で見知らぬ老人からいきなり「よう、テレビでよく見る三流芸人じゃねぇか」と声をかけられた。既に酒が入っていた談志は憤慨し、「この野郎、どうせ落語なんかろくに知らねぇんだろう」と激しく詰め寄ると、老人は噺家顔負けの掛け合いを披露してみせ談志を黙らせてしまった。実はこの老人は紀伊國屋書店の社長の田辺茂一で、酒場で出くわしたことは偶然ではあるものの、売れっ子になり時折慢心をのぞかせていた談志を懲らしめてやろうとわざと怒らせたのだという。その後二人は公私共に信頼しあう間柄になり、田辺が病死した際は談志に本人の遺言で形見分けがなされた。
  • 上記の形見は田辺が常に持ち歩いていた使い古しのバッグで、生前田辺は「この中には俺の人生で一番大切なものが入っている」と言い、談志がいくら頼んでも中身を見せてはもらえなかった。田辺の死によりバッグを受け取った談志は、「あれほどの大人物がそれほど大切にしている物とは一体何だろう」と思いバッグを開けると、中には何も入っておらず空だった。何年も騙されていたのである。それに気付いた瞬間さすがに苦笑いしたという。
  • 今では一般化した、「あわわ」や「やだねえ」という言葉を流行らせた。
  • 5代目三遊亭圓楽と同様に、睡眠薬を大量に服用するのが好きである。とりわけ、睡眠薬をかじりながら酒を飲むというのがたまらないと語っている。
  • 1997年に咽頭癌の手術。しかし、この時は白板症と診断され「癌もどき」と。術後、医者から止められていたにもかかわらず記者会見では堂々とタバコを吸った。ただし、その後は毎月定期健診に行ったりして健康には人一倍気を使っているという(5代目圓楽の著書による)。
  • 落語自体の将来を憂えており、『驚きももの木20世紀』において、一肌脱いでやろうと、本当に全裸になってポーズをとった(当然、モザイクはかかった)。
  • ラジオ番組にて免田事件の元死刑囚に対し「絶対やってないわけないんだよね」と話し、それが問題となると後に謝罪した。また、テレビの深夜番組においても、知人の元法務大臣の談の引用として「やってねえわけはねえ、やってねえわけはねぇんだけど、証拠がねえんだ」と発言し、元死刑囚の支援団体より質問状を送付される事態となった。
  • テレビのワイドショー番組で「市中引回し仇討ちを復活させねーとだめだ」と発言し、「野蛮極まる」と問題になった。このため報道・情報番組で意見を求められる機会は、晩年までほとんどなかった。
  • バスケットボールリーグNBAのファンとしても知られ、落語のネタにできるほどの知識を持っている。特にサクラメント・キングスジェイソン・ウィリアムスを熱心に応援している。
  • 東西の落語家が集まる酒席で、泥酔した桂南光が談志に「あんたの落語は素晴らしいけど、あんたがマスコミやら何やらで、下らない話をするのはがまんがならん。もし生活のためにやってはるんやったら、贅沢はさせてあげられまへんけど、あんた一人ぐらい私が面倒みてあげますさかい、落語に専念しなはれ」と暴言を吐いた時に、談志は「ま、いろいろあるんだよ」と言って笑って咎めず、その後弟子一同に対し、「桂南光と言う男はなかなかの男だから、関わる際には失礼の無いように」と申し渡した。この話をテレビ番組の対談で南光から直接聞いた談志の弟子の志の輔は「師匠から大体の話しは聞いていましたが、そこまでとは……。東京の落語家では偉い人でも(大師匠クラスを指すと思われる)、そこまで言える人はいません。恐れ入りました」と語った。
  • 2002年11月13日WEB現代にて配信されていた『立川談志の世相講談 その164』にて「北朝鮮に拉致された被害者の家族は、自分の家族が誘拐される様な所を歩いていた不始末に対する恥が無い」という旨の、拉致被害者家族に対する批判を行った[17]
  • 2007年7月29日21時00分 - 25時00分にTOKYO MXで放送された参議院選挙の開票特別番組に出演した際、野末陳平吉村作治と選挙について討論したのだが、他の解説者の話が長かったため途中で帰ってしまった。
  • 2010年4月に『首提灯』を演じた翌日、自分の高座の出来に自信が持てず、吉川潮に「本当のところどう思ったか正直に言ってくれ」と聞いた。吉川は躊躇したが「立川談志の落語ではありませんでした」と言うと、「やっぱりそうか」と落胆しつつも自身の衰えに納得した。
  • 死後に遺族が会見で明かされた戒名は、「立川雲黒斎家元勝手居士」(たてかわ うんこくさい いえもと かってこじ)。生前に「葬儀もいらない、お経もいらない」と語り、自分で決めていた。会見場に集まった記者からは笑っていいのかどうか微妙な空気が流れた。
  • 報道各紙による訃報の見出しは「談志が死んだ」であった。生前、談志は「上から読んでも下から読んでも、『談志が死んだ!』と書いてくれ」と言っていた(本人他一門の書いた文章を集めた『談志が死んだ: 立川流はだれが継ぐ』(2003、ISBN 4062121859 という本もあった)。また、同年に死んだウサーマ・ビン・ラーディンムアンマル・アル=カッザーフィー金正日と合わせ、「2011年は独裁者が死ぬ年」と言われた。

家族[編集]

息子は所属事務所・有限会社「談志役場」社長の松岡慎太郎。談志のマネージャーも務めていた。弟は松岡由雄(「まむしプロダクション」でマネージャーを務めた後、立川企画で社長)。

娘は銀座クラブホステスママ、松岡弓子。元バラエティタレントで、当時の芸名は松岡まこと。また、談志の死去以降2012年10月からはフジテレビ系情報番組『とくダネ!』で水曜コメンテーターとして出演している。『中居正広の金曜日のスマたちへ』にも出演。

演目[編集]


他の芸人、タレントへの批評[編集]

「才能」に関して[編集]

「お笑いに才能は絶対、必要だ」というのが談志の持論だった。 もともと大阪勢の芸風と肌が合わず、上述の通り吉本興業に対しては辛辣な面があったが、『M-1グランプリ』(朝日放送系列)の第2回大会の審査員も務めている。彼の採点の仕方ははっきりしており、80点、70点、50点の三段階でしか点をつけなかった。

江戸落語家[編集]

6代目三遊亭圓生
6代目三遊亭圓生については昭和最後の大名人と評価し、滑稽噺から人情噺までいける守備範囲の広さにはとても敵わないと述べていた[18]。ある独演会の際、圓生の十八番の演目「庖丁」に出てくる端唄「八重一重」がどうしても上手く唄えないため、圓生本人に「庖丁」の代演を依頼したことがあった。談志からの突飛な依頼に対し、圓生自身は快く引き受けたという。
5代目三遊亭圓楽
5代目三遊亭圓楽を「あたしゃ(5代目)圓楽が嫌いです」と公言していて、「下手な落語家」の例えとして挙げていた。真顔に戻ると寄席若竹開業に対して「立派なことをしているんです」と語っている。ただし若竹閉鎖後には週刊誌の連載で「地主の老人を騙し巻き上げた金で若竹を作った。」等と痛烈に批判していた。5代目圓楽は著書で「談志より先に死にたくない」と語る一方、「『あいつより先に逝きたくはない』という存在があるからこそお互い頑張ってこられた」とも語っていた。ただし圓楽が死去した際には談志は追悼のコメントを出している他桂三枝は「圓楽師匠が死んで一番悲しんでいるのは談志師匠ではないか。」と当時のブログに記述している。
桂歌丸
笑点』放送開始当初のメンバーの中で、桂歌丸だけが唯一きちんとリアクションの取れる噺家であると評価していた。『笑点』降板後も「『笑点』の(当時の)メンバーはろくに挨拶に来ねぇ。来るのは、歌さんくらいだ。」と語り、歌丸も東京スポーツでのインタビューで「談志さんが恩人(なら、5代目圓楽さんは友)」と語るほど仲はよい。同年齢で、『笑点』初期には一緒に漫才を披露したこともある。

上方落語家[編集]

上方落語に関しては、もともとはそれほど造詣が深くなく、東京で上方落語を演じていた2代目桂小文治を聞いても何を言っているのかも分からなかったが、2代目三遊亭百生に出会い、その面白さを認識した。若手の頃、志ん朝と仕事で来阪した際に、空き時間にたまたま6代目笑福亭松鶴の「らくだ」を聞いて、2人とも打ちのめされるほど感動したという。5代目桂文枝を好きな上方噺家の1人として挙げていて、二人で落語会も行っていた。

3代目桂米朝
桂米朝とは若手時分より大阪や東京での米朝独演会に参加する、「兄貴」と呼ぶ(入門は米朝が1947年、談志が1952年)など友好関係を築いている。また「米朝さん」と呼んでいるなど敬意を表し、「滅亡寸前の上方落語の中興の祖」と評していて人間国宝認定も当然だと述べている。
6代目桂文枝
6代目桂文枝(前名:桂三枝)の「創作落語」に対して評価は高く、「(柳家)金語楼を質、量とも超えた」「(三枝の創作落語は)池の波紋ではなく、川の流れになった」と絶賛している。なお、両者の関係は当代の快楽亭ブラックが談志に破門された際、一時三枝一門に転じていた縁がある。この点について談志は三枝に恩義を感じていて晩年まで二人会を開くなど交流があった。三枝は、談志の死去に際しての会見で「憧れだった。師匠に認められたくて一生懸命にやって来た」と語った後、涙ながらに「亡くなったことをウソだと思いたい」とコメントした。
2代目桂枝雀
2代目桂枝雀の「笑いは緊張の緩和」であるとの主張(「緊緩理論」)を支持していたが、当の枝雀の芸に対しては「好きになれない」と低い評価をしていた。しかし晩年それは誤りだったとし、さらに「自分の提唱したイリュージョンを枝雀はやっている。枝雀は米朝(枝雀の師匠)そっくりにできて、次の米朝になれて、それが嫌ならイリュージョンもできたのに・・・。」と語った。 [19] さらに、志ん朝の死後「(志ん朝は)さっさと死にやがって、俺は死にたくても死ねないのに…。志ん朝と言い、枝雀と言い、俺がライバルと思ったやつはみんな先に死んでしまう。死なれちゃあ、勝てないじゃないか」と彼独特の表現でその死を悼んでいる(枝雀の死因は自殺と言われる。参照:桂枝雀 (2代目)#うつ病再発)。

芸人・喜劇役者[編集]

アダチ龍光
手品師のアダチ龍光に対しては、マジシャンとしての技術もさることながら、社会現象に対するリアクションとセンス、それを喋る話芸のすべてが素晴らしく、寄席演芸の最高の芸人と評価した。また高座でも「アダチ龍光にヒザ替りをつとめてもらうことが、私の名誉であり、真打の格だ」「引田天功がどう華麗に鳩を出そうが、アダチ龍光の芸には敵わない」と褒めちぎるほど、惚れるだけ惚れまくった芸人だったと述べていた[20]
ザ・ドリフターズとコント55号
ザ・ドリフターズに対する評価は高く、「最後の本物の芸を見せる芸人」「素人から玄人まですべてを対象にできる芸人」と評している。もともとリーダーのいかりや長介とは旧知の仲であったが、結成当初は未熟な芸と見なして無視し続けていた。しかし、70年代半ば(志村加入後)にテレビの日劇舞台中継をたまたま見てその内容に脱帽。それ以降は全面的に評価している。一方で、そのライバルと見なされたコント55号については、その全盛期から亡くなるまで全く評価をしていなかった。[要出典]只、メンバーである故坂上二郎及び萩本欽一とは面識はあり、互いに共演もしている。
爆笑問題
爆笑問題がデビューしたての頃、太田の持つ才能をすぐに見抜き、高評価した談志は太田に対し、「天下、獲っちゃえよ」と応援すると同時に「(相方の)田中だけは切るなよ。こう出来た奴も、なかなかいないもんだ」と田中が太田にとって欠かせない存在であることを説いた。しばしば、「太田は俺がよそで作った子供だ」とも発言している(太田の実父がこれを聞いて、少し不安になったという逸話を太田が語っている)。
ダウンタウン
当初は、たくさんいるつまらない若手芸人の一組としての認識しかなかったが、後年初めて『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』を見て「これはまさしく漫才の間だ」「見損なっていた」と評価した。のちに松本プロデュースのビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』が発売された際、テレビ朝日の『HITOSI MATUMOTO VISUALOVE』という特番でコメントを寄せたりもしている。[要出典]
横山ノック
横山ノックに対しては評価しており、漫画トリオが上京した際には進んで「友達になりましょう」と手をさしのべている(上岡龍太郎の証言による)。ノックが不祥事で大阪府知事職を辞職して芸能界を追われた際は、「なぜノックさんを手助けできないのか、上岡、鶴瓶八方はバカヤロウだ」と憤慨し、「オレの独演会に来て高座に上がってくれ」と呼びかけていた。[要出典]
オール巨人
オール巨人のスパルタ育成について、彼を徹底的に批判をしている。[要出典]
ビートたけし
ツービートを真っ先に「面白い」と最初に認めたのが縁で、ビートたけしと交流を持つ。双方とも洒落のきつい性格のため、癌から生還した際、「あのじじい、またくたばりぞこないやがって(笑)」とたけし流のエールを送った。また、破門騒動の中、『ビートたけしのオールナイトニッポン』に一門で出演した際、たけしは、「なぜ破門されたか」ではなく、「これからどんなことをやっていくのか」と問いかけ、彼なりの気遣いを見せていた。また、この放送では意図的に放送禁止用語を連発した。2010年9月新潮45』でのたけしと爆笑問題・太田との鼎談の中で、「たけしが落語家になってくれりゃつくづくよかった」とも発言している。
藤山寛美
お互い売れ出した1960年代、関西に藤山寛美というすごい芸人がいるとの話を聞いて松竹新喜劇の舞台を見に行ったところ、舞台上で寛美が壁によじ登っていた。その姿を見て「登れェー」と談志が叫んだところ、寛美はずり落ちて観客の爆笑をさらう。この一件で、談志は寛美の芸を評価するようになった。寛美が亡くなった際には「通天閣が無くなったようだ」と偲んだ。

文化人[編集]

手塚治虫
手塚治虫と生前に親交があり、「天才とはレオナルド・ダ・ヴィンチと手塚治虫のことをいう」と評した。また自分がマンガの「神様」と呼ばれた手塚に認められていることを明かしている。 2005年NHK教育テレビ『知るを楽しむ 「私のこだわり人物伝」』に出演し、「談志が語る手塚治虫」(全4回)で手塚について語った(番組テキストも出版された)。

著書[編集]

落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著している。談志襲名後間もない時期に著した『現代落語論』が代表作と言われるが、「落語」を分析した有名な言葉「落語は業の肯定」はその後の『あなたも落語家になれる』の冒頭の一節である。修業時代から生に接した有名無名の寄席芸人・俳優歌手ストリッパーなどの系譜に非常に詳しく、『談志楽屋噺』など芸能史を語る貴重な回想録もある。なお、2012年7月24日、著書の集大成となる最後の書き下ろし自伝『立川談志自伝 狂気ありて』が亜紀書房より発刊された。

晩年の著作では「原稿の校正をしない」というポリシーを表明しており、エッセイでは大幅な脱線が付き物となっている。また、『理解らねぇ(わからねぇ)』『出演った(やった)』など、独特の表記をする。

また文章内で同じ語を繰り返す表記の際、古典文学や民謡の歌詞を表記するのと同じく、踊り字(くの字点)を使うことを習慣としている。芸事から教養を得た人物らしい古風なこだわりと言える。

出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

  • 落語野郎 大脱線1966年) - 無職文吉 役
  • 落語野郎 大馬鹿時代(1966年) - 立野談四郎 役
  • クレージーの怪盗ジバコ1967年) - 工員 役
  • 悪党社員遊侠伝(1968年) - 杉原省二 役
  • 昭和元禄ハレンチ節(1968年) - 吉村唯 役
  • まっぴら社員遊侠伝(1968年) - 清川 役
  • 極道社員遊侠伝(1968年) - 西原三郎 役
  • 猛烈社員 スリゴマ忍法(1969年) - 影山係長 役
  • 喜劇 いじわる大障害(1971年) - 立山談次 役
  • 喜劇 大誘拐(1976年) - 川島 役
  • 出張トルコ また行きます(1978年) - 立原談吾 役
  • 快楽昇天風呂(1979年) - 大臣 役
  • 愛染恭子の未亡人下宿(1984年) - 風呂屋 役
  • 絶倫海女しまり貝(1985年
  • 落陽1992年) - 青空床屋 役
  • 団鬼六 人妻蟻地獄(1995年
  • 週刊バビロン(2000年) - 麻雀屋の主人 役
  • 理由2004年) - 宝井辰雄 役
  • 歓喜の歌2008年) - 小野寺 役
  • スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー「映画 立川談志」(2013年1月12日) ※ドキュメンタリー映画
  • オース!バタヤン(2013年5月) ※ドキュメンタリー映画

劇場アニメ[編集]

CD[編集]

  • 席亭 立川談志の「ゆめの寄席」CD全集(1999年、竹書房
談志自身のCDは多数あるが、「ゆめの寄席」は談志が好きな芸人ばかりを集めて構成したCD全集である。それぞれの演者についての談志の芸談も収録されている。(協力:川戸貞吉

ラジオ[編集]

CM[編集]

連載[編集]

  • 立川談志の時事放談『いや、はや、ドーモ』 - 週刊現代2010年5月815日合併号 - 2011年12月10日号)
    • 時事問題を自由に論じた連載コラム。談志の生涯最後の仕事となった。談志が体調不良で活動休止した時期も例外として続き、奇しくも享年と同じ「75」回が最後の原稿になった。談志が率直に自身の病状と心境を綴った原稿もあったが、病状は公表しないという家族の意向で掲載されず、編集部もその存在を知らなかった。談志の死後、編集部は談志に敬意を表し、遺族の許可を得て、書き残されていた遺稿を発表した。その内容は以下の内容で締められていた。

誰かが昔言った。談志さんは何も言わなくていいのですよ、高座に座っていてくれればネ。昔、俺も同じことを志ん生に言ったのだ。勿論本気で言ったのだが。てめぇがそうなるとはつゆ思わなかった……。

談志を演じた人物[編集]

2013年8月11日18日NHK BSプレミアムにて『プレミアムドラマ 人生、成り行き 天才落語家・立川談志 ここにあり』が放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 立川談志著 『現代落語論』より
  2. ^ http://www.sanspo.com/geino/news/111211/gnj1112110505015-n1.htm
  3. ^ 仮退院桂歌丸、一番の喜びは「談志が生きていたこと」 日テレNEWS24 2010年3月2日閲覧
  4. ^ “立川談志さん、喉頭がんで死去…75歳、声失い最後は筆談”. 報知新聞. (2011年11月24日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111124-OHT1T00010.htm?from=yol 2011年11月24日閲覧。 
  5. ^ 『落語ファン倶楽部 Vol. 16 談志 だいすき』(白夜書房高田文夫/笑芸人編、2012年4月、ISBN 978-4-86191-902-2)、「"最後の弟子"談吉が過ごした、談志とのラストデイズ」、81-87ページ。
  6. ^ 立川キウイのブログの2011年11月22日の記事および23日の記事参照。
  7. ^ 立川談慶の2011年11月23日のツイート 其の壱。後にこの発言は撤回している(立川談慶の2011年11月23日のツイート 其の弐)。
  8. ^ 落語家の立川談志さんが死去 サンケイスポーツ 2011年11月23日閲覧
  9. ^ とんでもない人だった 柳家小三治、立川談志を悼む 朝日新聞 2011年11月30日閲覧
  10. ^ ライ坊に腹巻きがしてあったのを見つけた談志に対し、志らくが「風邪を引かないようにと思って」と答えたが、談春が自伝『赤めだか』で「本当は志らくがライ坊をいじめて壊してしまったため」と書いたのが原因。しかし、これは談志が「ライ坊をいじめないでくれ」と弟子たちに言ったのを談春および志らくがネタにしたものであり、談春が談志に事情を説明して騒動は収まった。「立川志らくの怒らないでください。」、梧桐書院WEB連載 第二十席 立川談春 下 2013年11月3日閲覧
  11. ^ 『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』 ニッポン放送 2012年12月13日および14日放送分
  12. ^ 『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』 ニッポン放送 2013年1月21日放送分
  13. ^ 『笑点音頭』は、この番組で現在放送されているインストゥルメンタルのテーマミュージックとはまったく別物である
  14. ^ 『落語ファン倶楽部 Vol. 16 談志 だいすき』(白夜書房、高田文夫/笑芸人編、2012年4月、ISBN 978-4-86191-902-2)、2012 談志落語の旅、28-39ページ。
  15. ^ TOKYO MX 談志・陳平の言いたい放だい 2007年8月25日放送 - YouTube
  16. ^ TV番組『コージ魂』での毒蝮三太夫の発言
  17. ^ 家元「拉致騒動」を語る
  18. ^ 談志絶倒 昭和落語家伝 P.12
  19. ^ CD「談志百席」家元の芸人五十選(三十三)〜桂枝雀のこと・その1〜 家元の芸人五十選(三十四)〜桂枝雀のこと・その2〜
  20. ^ 談志楽屋噺 P.137~P.159
  21. ^ 療養のため2010年4月より出演休止していたが、その回が最後の出演となった。
  22. ^ CMでは、高座にて「しゃべる自由」と発言している(合成音声)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]