第9回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第9回NHK紅白歌合戦
Shinjuku koma studium 2009.JPG
会場の新宿コマ劇場(写真は2009年当時)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1958年12月31日NHK紅白歌合戦第9回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第9回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1958年12月31日
放送時間 1958年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第9回NHK紅白歌合戦』は、1958年昭和33年)12月31日新宿コマ劇場で行われた、通算9回目のNHK紅白歌合戦。21時10分 - 23時35分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • テレビとラジオで同時中継されたが、映像は現存せず、ラジオ中継の音声と写真のみ現存する。これは放送局用の2インチVTRが当時世に出たばかりで機器・テープ共々非常に高価で大型であり、資料として録画・保存できるどころではなかったためである。
  • 現存するラジオ中継の音声は全145分中の約140分間であり、全ての出場歌手たちの歌の音声は現存している。
  • 2010年4月29日放送のNHK-FM今日は一日“戦後歌謡”三昧』の中で、現存するラジオ中継の音声のうち、8人の出場歌手達の歌の音声が紹介された(音声はモノラル)。紹介された歌手達は以下の通り(各組歌唱順)。
  • 紅組司会を史上最多の通算5回務めている黒柳徹子が初司会。上記の江利と淡谷の歌の音声の紹介の時には、黒柳の曲紹介の音声も一緒に紹介された(後の声と比べると高い声をしている)。当初、番組側は出場歌手の楠トシエを紅組司会に起用する予定だったが、当時は歌手兼司会が認められておらず、歌手としての出場を希望した楠がその打診を断った。楠に続いて打診を受けた黒柳は「歌手の方と付き合いが乏しい」と拒否したが、番組側の説得に応じる形で最終的に引き受けた[1]。なお、次の黒柳の紅組司会起用は1980年第31回まで22年間待つこととなる(司会返り咲きまでの最長ブランクとなっている)。
  • この当時は、テレビ各局で、紅白と同様に外部の大型劇場を借り切っての歌謡番組が大晦日の「目玉プログラム」として編成されていたため、出場歌手の大半が紅白の放送が始まる時点でまだ会場に到着していないという異常事態が起きている。その混乱ぶりから、黒柳は松島詩子の出番の際に、誤って「渡辺はま子さん」と紹介してしまうミスを犯している(しかし後年、テレビ朝日系列『徹子の部屋』に松島がゲスト出演した際に、黒柳はこの件につき謝罪したところ、当の松島本人はすっかりこの時の黒柳のミスのことを忘れていた)。
  • また、下記出場者表によれば、江利チエミとフランキー堺の対戦カードは、織井茂子津村謙の対戦の次に執り行われたことになっているが、当初の予定では両カードの順番は逆であった。フランキーがこの年TBS系列『私は貝になりたい』の反響により、大晦日のスケジュールが過密を極めており、本来予定となっていた出番の時間になっても会場のコマ劇場に未だ到着していないというトラブルが発生。やむなく、フランキーが到着するまでの間、江利と彼の対戦を後回しにするという措置が採られた結果、両カードの順序が予定とは逆になってしまったとされる。
  • 当時江利チエミと婚約していた高倉健が紅組の応援ゲストでステージに登場し、「是非、紅組に勝たしてやってください」とスピーチした。
  • ダークダックスが初出場したのが今回である。初めてグループでの出場者ということで紅白側は団体には団体でという方針を取り、ダークの対抗馬として七光り三人娘を出場させようとしたところ、既に紅白へソロで出場を果たしていた朝丘雪路がこのかたちの出演を拒絶したため水谷良重・東郷たまみに沢たまきという即席ユニットが組まれた(朝丘はソロで出場)。東郷・沢は今回のみの出場に終わっている。
  • 当時はまだテレビの音響設備が不完全であり、それに加え、今回の会場となったコマ劇場が円形のステージであったこと、また、観客からの声援が終始凄まじかったことも手伝い、紅組トリおよび大トリを務めた美空ひばりを始めとして、後ろの楽団の演奏が全く聞き取れず、歌っている最中に演奏と歌がずれてしまうケースが多発。歌手サイドや局関係者からも「コマ劇場の使いにくさ」を指摘する声が上がり、結局、コマ劇場を会場とした紅白は今回1度のみに留まってしまった。
  • 今回前後しばらくの間は出場歌手の選考方針として、「各ジャンルの代表歌手を必ず一人は入れる」というのが基礎になっていたため、ラテンシャンソンタンゴジャズなど様々な歌手が出場している。
  • 7対4で紅組の勝利(当時は審査員のみ。審査員は下記参照)。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者・歌手用ともにAIWA VM-15。

司会者[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
2 荒井恵子(4) 橇(そり)は飛ぶよ 1 岡本敦郎(7) 若人スキーヤー
4 松山恵子(2) だから言ったじゃないの 3 曾根史郎(3) 初めての出航
6 松島詩子(8) 喫茶店の片隅で 5 霧島昇(5) 白虎隊
8 雪村いづみ(3) ヤキティ・ヤック 7 小坂一也(3) 心にしみるブルース
10 築地容子(初) 青い月夜のランデブー 9 三船浩(2) 夜霧の滑走路
12 藤本二三代(初) 夢みる乙女 11 神戸一郎(初) 銀座九丁目水の上
14 織井茂子(3) 夜が笑っている 13 津村謙(8) 霧雨のけむる道
16 江利チエミ(6) さのさ節 15 フランキー堺(初) 男はよわい
18 神楽坂浮子(初) 三味線フラ 17 三波春夫(初) 雪の渡り鳥
20 越路吹雪(4) マ・プティット・フォーリー 19 フランク永井(2) 西銀座駅前
22 大津美子(3) 銀座の蝶 21 若山彰(2) 氷海越えて
24 二葉あき子(9) 夜のプラットホーム 23 林伊佐緒(8) そっとこのまゝ
26 藤沢嵐子(2) ママ恋人が欲しいの 25 ジェームズ繁田(2) ヴォラーレ
28 渡辺はま子(7) 長崎のお蝶さん 27 伊藤久男(7) イヨマンテの夜
30 中原美紗緒(3) 河は呼んでる 29 旗照夫(3) 碧い空
32 奈良光枝(7) 晴着のかげに 31 三浦洸一(3) 街燈
34 石井好子(初) ゴンドリエ 33 芦野宏(4) 風船売り
36 初代コロムビア・ローズ(3) プリンセス・ワルツ 35 藤島桓夫(3) 凧タコあがれ
38 ペギー葉山(5) 年頃ですもの 37 笈田敏夫(6) オール・ザ・ウェイ
40 楠トシエ(2) 銀座かっぽれ 39 若原一郎(3) おーい中村君
42 淡谷のり子(5) ばら色の人生 41 ディック・ミネ(6) 私の青空
44 水谷良重(初)・東郷たまみ(初)・沢たまき(初) アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド 43 ダーク・ダックス(初) ともしび
46 島倉千代子(2) からたち日記 45 春日八郎(4) 別れの燈台
48 宮城まり子(5) ジャワの焼鳥売り 47 高田浩吉(2) 勇み肌千両男
50 美空ひばり(3) 白いランチで十四ノット 49 三橋美智也(3) おさらば東京

主なゲスト[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』全音楽譜出版社、2012年。

外部リンク[編集]