小畑実 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小畑 実
}
基本情報
出生名 康 永喆(강영철 / カン・ヨンチョル)
出生 1923年4月30日
出身地 朝鮮平壌
死没 1979年4月24日(満55歳没)
学歴 日本音楽学校
職業 歌手・作曲家
活動期間 1941年1978年
レーベル ポリドール・レコード
テイチクレコード
キングレコード
日本コロムビア
ビクターレコード

小畑 実(おばた みのる、1923年4月30日 - 1979年4月24日)は、朝鮮平壌出身の歌手である。本名は、康 永喆(강영철 / カン・ヨンチョル)

経歴[編集]

1937(昭和12)年、同胞のテノール歌手永田絃次郎に憧れて日本に渡り、日本音楽学校に入学。苦学しながら声楽を学び卒業後江口夜詩の門下となる。このころ、秋田県大館出身の小畑イクに面倒を見てもらったのが小畑姓と秋田出身を称した理由とされる。なお、イクの息子小畑達夫はいわゆる共産党リンチ事件で死去している。

デビューは1941(昭和16)年2月、ポリドールレコードからで『成吉思汗』であった。ただし、朝鮮半島出身を隠して出身地を秋田県としていた。のちにビクターに移籍。1942(昭和17)年の『湯島の白梅』が出世作となる。翌年に『勘太郎月夜唄』をヒットさせ新進気鋭の歌手として注目を浴びるが、本格的な活躍は終戦後であった。

テイチク・キング・コロムビア・古巣のビクターと所属会社を転々としながらも、甘いクルーナー唱法で『小判鮫の唄』・『薔薇を召しませ』・『アメリカ通いの白い船』・『長崎のザボン売り』・『ロンドンの街角で』・『高原の駅よさようなら』などのヒット曲を飛ばした。特に『星影の小径』はフランスのシャンソンをベースにしたロマンチックな旋律と「アイ・ラブ・ユー」という英語を歌詞に用いた斬新さに加え、彼の歌唱の特徴が生かされた傑作である。

NHK紅白歌合戦に3回出場している(詳細は下記参照)。

1957(昭和32)年、第8回NHK紅白歌合戦出場を最後に一度引退。一時期実業界に移り、ラスベガスホテル経営に乗り出す。在日社会の関連で紡績会社の重役にも就任し、六本木レストラン経営などもするが、1969(昭和44)年頃、折からの懐メロブームもあって『勘太郎いつ帰る』で復帰。韓国にもしばしば渡り、本名で活躍する。昭和50年代に入ると、新曲のレコードを売るために車で地方に出向き、みかん箱の上に乗ってマイク無しで新曲を歌ってレコードを手売りする歌の行商として話題を集め、『星のない渚』『湯の町しぐれ』をヒットさせる。その傍らで、ステージ活動や刑務所の慰問、後進の指導にも精力的に取り組む。1979(昭和54)年4月24日午後4時40分、千葉県野田市の「紫カントリークラブすみれコース」でプレイ中に倒れ、市内の「荒川総合病院」に救急搬送されたが、午後5時10分に急性心不全のため亡くなる。享年55歳。

当日は午前10時に一人でコースを訪れ、初対面の三人とまわっていた。1ラウンドハーフの16番ロングホールのセカンドショットで倒れ、キャディが駆けつけた時には意識不明だった。このゴルフ場には月に5、6回来ていたという。

代表曲[編集]

  • 成吉思汗(1941年2月発売)共唱:吉沢美穂子
  • 婦系図の歌(湯島の白梅)(1942年9月発売)with 藤原亮子。東宝映画「婦系図」主題歌
  • 勘太郎月夜唄(1943年1月発売)with 藤原亮子。「伊那節仁義」主題歌
  • 暁の交換船(1943年7月発売)with 藤原亮子
  • 小太刀を使う女(1944年1月発売)with 藤原亮子
  • 月夜のパイプ(1948年1月発売)
  • 長崎のザボン売り(1948年4月発売)
  • 小判鮫の唄(1948年10月発売)
  • おしどり笠(1948年12月発売)
  • 薔薇を召しませ(1949年6月発売)
  • アメリカ通いの白い船(1949年7月発売)
  • 星影の小径(1950年4月発売) ※数々の歌手達がカヴァーしている
  • 涙のチャング(1950年10月発売)
  • 高原の駅よさようなら(1951年6月発売) ※香川京子主演で映画化
  • 山の端に月の出るころ(1951年6月発売)
  • 雨のダンスパーティ(1951年7月発売)
  • ああ高原を馬車は行く(1951年10月発売)
  • ロンドンの街角で(1952年3月)
  • 藤十郎恋唄(1952年9月発売)
  • 花の三度笠(1953年9月発売)
  • そよ風のビギン(1954年6月発売)
  • 勘太郎いつ帰る(1969年)
  • 雨のメロディー/あの人はたそがれに(1973年)
  • 湯の町しぐれ/流し唄(1976年)
  • 星のない渚/はまゆうの道(1977年)
  • 誰か夢なき/青いたそがれ(1977年)
  • 悲しい芝居/今はもう明日(1978年)

ベストアルバム[編集]

  • 小畑実のすべて(1986年2月21日)
  • 小畑実〈New Best One〉(1990年11月7日)
  • 全曲集(1991年11月5日)
  • 小畑実大全集(CD8枚組)(1993年)
  • 小畑実全曲集(1993年12月1日)
  • SP盤復刻による懐かしのメロディー(1995年4月21日)
  • <COLEZO!>小畑実(2005年9月22日)
  • 決定版 小畑実(2005年11月2日)
  • 歌カラ・ヒット4(18)(2006年1月21日)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第4回 (1953年12月31日、日本劇場(日劇)) 『ロンドンの街角で』
  • 第5回 (1954年12月31日、日比谷公会堂) 『長崎の街角で』
  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『高原の駅よさようなら』
    • このうち、第8回は小畑の歌のラジオ中継の音声が現存する。
    • 第8回の小畑の歌の音声は2004年にNHKのラジオ番組で紹介されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]