第36回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第36回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1985年12月31日(NHK紅白歌合戦第36回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第36回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1985年12月31日
放送時間 1985年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第36回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうろっかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1985年昭和60年)12月31日NHKホールで行われた、通算36回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 「フレッシュ紅白」をスローガンに掲げ、原則として同年に発売された新曲(ただし、菅原洋一のみ1976年発売の「歓びの日に」を歌唱)を披露させる構成を採り、安全地帯(「悲しみにさよなら」)、原田知世(「早春物語」)、吉川晃司(「にくまれそうなNEWフェイス」)ら、それまでの紅白のカラーとは一線を画した出場者人選が為された。松原のぶえは苦節7年にして念願の紅白初出場。デビュー作である「おんなの出船」を熱唱した。 
  • 森昌子が紅組司会を担当、さらに出場歌手として「愛傷歌」で紅組トリを務めた(白組トリおよび大トリは森進一の「女もよう」)。同一回で組司会とトリを兼任したケースは1970年第21回美空ひばり以来2人目だが、ひばりは組司会・大トリであり、組司会・トリのパターンは今回の昌子が初めてである。昌子は事前に紅組司会の辞退を申し入れたが、番組側が懇請したため結局承諾したという。当時昌子は進一との結婚・歌手業の引退が噂され、密かに「紅白は今回が最後」と決意していた。紅組の歌手リーダーで紅組司会4回担当の経験がある水前寺清子の曲紹介のもと、白組司会の鈴木健二などに励まされたが、昌子はその紅組トリで大粒の涙が流れて止まらず、途中1番目の歌詞が歌えなくなる事態になった。当時昌子と同じホリプロ所属の石川さゆりらが助けて歌う程であったが、その後昌子は2番目の歌詞はなんとか歌い終えた(その後、紅白で同一回で組司会とトリを兼任したのはこの2年後である1987年第38回和田アキ子しかいない)。最後には、当時まだ婚約前の進一に抱き抱えられて話題をさらった。2人は翌1986年10月1日結婚し、昌子は歌手業を引退。その16年後の2001年、昌子は16年ぶりに紅白へ復帰している(なお、その4年後の2005年4月に2人は離婚に至った)。
  • 紅組司会については、当初美空ひばり(この年の『思い出のメロディー』の司会)の起用案があったが、ひばりが辞退したため実現せず。その後、終戦年生まれでNHKドラマ『夢千代日記』主演で第二次黄金期を迎えていた吉永小百合、この年上期の連続テレビ小説澪つくし』のヒロイン(この年の『思い出のメロディー』でコーナー進行役も担当)・沢口靖子前回担当者の森光子、終戦年生まれの水前寺が候補に挙がり、小林幸子も控えとして残った(これら候補はひばり起用構想を立てた時点で、ひばりが辞退の方針を示した場合の腹案として持っていた)。そんな中、結婚・引退が噂され各種人気歌手調査で1位を獲得していた昌子の起用を決めたという[1]
  • 白組トップバッターだった吉川晃司は真っ赤な衣装で登場し、「にくまれそうなNEWフェイス」の歌が始まるや否や、ステージ上にシャンパンを撒き散らす行為を行い、ギターを燃やすなどのパフォーマンスを披露した。ただし番組の進行上、ギターを破壊するシーンが放映されることはなかった。吉川が歌唱を終えたステージ上にはシャンパンの水しぶきが残っており、シブがき隊の「スシ食いねェ!」歌唱中、布川敏和が足を滑らせて2回も転倒した。この転倒については吉川のせいではなく、事前に予定していたパフォーマンスであったと布川は話している。
  • 西城秀樹新沼謙治らが落選、代わりにアイドル歌手の比重が例年になく高くなった。また、鈴木は番組途中の衣装変えでC-C-Bのファッションを真似たコスチュームで登場している。
  • 1983年第34回から設けられていた「金杯・銀杯」は、今回限りで廃止された(金杯=昌子、銀杯=細川たかし。昌子の金杯受賞により優勝旗は水前寺が持った)。今回の「金杯・銀杯」のデザインは福田繁雄が担当し、見る向きを変えると音符に見えたり、ト音記号に見えたりするユニークなものであった。
  • 1981年第32回から設けられていた歌手リーダー制は今回で一旦撤廃された。
  • 今回以降、大半70%を超えていた視聴率は急速に低下することになった。今回の平均視聴率は、66.0%[2]で、前回よりも12.1%も低下してしまった。
  • 同年春に神田正輝と入籍し、芸能活動を休止していた松田聖子が本紅白のステージで一時的に復活を果たした(その後聖子は神田沙也加の出産のため再び休業、それから公に姿を見せたのは丁度1年経った翌1986年大晦日の、TBS系列『第28回日本レコード大賞』と『第37回NHK紅白歌合戦』である)。松田から安全地帯原田知世沢田研二と続く4組はステージ中央に作られたシャトーのようなセットをバックに個々に幽霊を思わせる幻想的な演出で、先陣の聖子も怪しく幻影のようなパフォーマンスで魅せた。また、この4組の歌につき、一つの連続した物語を構成するというコンセプトで演出が行われたため、司会者による歌手・曲紹介なしで4組続けて歌を披露していった(前半の中森明菜田原俊彦小柳ルミ子郷ひろみについても同様の演出が取られた)。一説では、前回鈴木が番組終盤で紅白のステージを歌手引退の花道にしていた都はるみに向かって「私に一分間時間を下さい!」という台詞に代表される、異例のアンコール要請を行ったことにつき、その後、「司会者としての権限を逸脱している」などといった批判の声が視聴者や複数の歌手側からも上がったことなどが理由とされる。
  • この年の阪神タイガース日本一を祝し、当時阪神監督の吉田義男が審査員に選出され、さらにハーフタイムショーで出場歌手によって「六甲おろし」が歌唱された。一方で同曲の歌唱後、昌子と鈴木は揃って自身が読売ジャイアンツファンであることを打ち明ける一幕があった。
  • 同じくハーフタイムショーで『澪つくし』が取り上げられ、同作の脚本家で審査員を務めたジェームス三木の協力のもと本紅白のために同作最終回後の解決編として、「めでたづくしの澪つくし」とのコーナーが制作された。まずは桜田淳子が昌子へ花束を渡しに登場。続いて津川雅彦加賀まりこ草笛光子も本編での衣装で登場し、「あの後(最終話の後)、一体どうなったのか?」という会場担当アナウンサーの問いに、三木が「罪滅ぼしに今日は『澪つくし』の解決編をご覧に入れます」とコメント。本編同様にオープニングテーマと葛西聖司(当時NHKアナウンサー)によるナレーションが流れる中、白無垢姿の沢口、紋付袴姿の川野太郎が登場しての寸劇の後、出場歌手による「銚子大漁節」の歌や踊りが披露された[3]
  • 出場歌手発表前には『週刊平凡』(1985年8月9・16日合併号、28頁)が「紅組トリ(大トリ)はひばりと聖子の争いになるのでは?」と報じていた。
  • 前回に続いて紅組が優勝。なお、紅組が連続優勝しているのはこれを最後に途絶えている。
  • 鈴木は今回を最後に白組司会から退いた。奇しくも翌1986年の大晦日は自身の母親の葬儀の日となった[4]
  • 1990年・1995年・2003年に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。

司会者[編集]

演奏[編集]

  • ステージ:豊岡豊とスィング・フェイス・東京放送管弦楽団(指揮 豊岡豊)
  • オーケストラボックス:小田啓義とニューブリード・東京放送管弦楽団(指揮 小田啓義
  • 長年、ニューブリードを率いたダン池田がバンドマスターを引退。

審査員[編集]

大会委員長[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
石川秀美(初) 愛の呪文 吉川晃司(初) にくまれそうなNEWフェイス
河合奈保子(5) デビュー シブがき隊(4) スシ食いねェ!
テレサ・テン(初) 愛人 千昌夫(13) あんた
小泉今日子(2) なんてったってアイドル チェッカーズ(2) ジュリアに傷心
柏原芳恵(2) し・の・び・愛 C-C-B(初) Lucky Chanceをもう一度
岩崎宏美(11) 決心 山本譲二(5) 男詩
中森明菜(3) ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕 田原俊彦(6) 華麗なる賭け
小柳ルミ子(15) 乾杯! 郷ひろみ(13) Cool
研ナオコ(9) 帰愁 三波春夫(28) 夫婦屋台
松原のぶえ(初) おんなの出船 鳥羽一郎(初) 兄弟船
早見優(3) PASSION 菅原洋一(19) 歓びの日に
松田聖子(6) 天使のウィンク 安全地帯(初) 悲しみにさよなら
原田知世(初) 早春物語 沢田研二(13) 灰とダイヤモンド
川中美幸(5) 男じゃないか 大川栄策(3) 男って辛いよな
水前寺清子(21) 人生夢三味線 細川たかし(11) 望郷じょんから
島倉千代子(29) 夢飾り 近藤真彦(5) ヨイショッ!
八代亜紀(13) 命火 北島三郎(23) 十九のまつり
石川さゆり(8) 波止場しぐれ 村田英雄(24) 男の一生
小林幸子(7) 夫婦しぐれ 五木ひろし(15) そして…めぐり逢い
森昌子(13) 愛傷歌 森進一(18) 女もよう

ゲスト出演者[編集]

  • 桜田淳子(女優。この年上期の連続テレビ小説『澪つくし』のヒロインの異母姉・板東律子役。「めでたづくしの澪つくし」)
  • 津川雅彦(俳優。同じく『澪つくし』のヒロインの父・板東久兵衛役。同上)
  • 加賀まりこ(女優。同じく『澪つくし』のヒロインの母・古川るい役。同上)
  • 草笛光子(女優。同じく『澪つくし』の惣吉の母・吉武とね役。同上)
  • 沢口靖子(女優。同じく『澪つくし』のヒロイン・古川かをる役。同上)
  • 川野太郎(俳優。同じく『澪つくし』のヒロインの最初の夫・吉武惣吉役。同上)
  • 和泉雅子(女優。この年女性初の北極点を目指したが途中断念。沢田研二と川中美幸の曲間)

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 関東地区ビデオリサーチ社調べ
  3. ^ NHKウイークリーTVステラ臨時増刊1月16日号「紅白50回 栄光と感動の全記録」(2000年刊、72~73ページ)より
  4. ^ 『紅白50回』、87頁。
  5. ^ この中には当時はアマチュアだったプロゴルファーの服部道子もいた。

外部リンク[編集]