第32回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第32回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 21:00 - 23:45
放送期間 1981年12月31日(NHK紅白歌合戦第32回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 黒柳徹子(紅組司会)
山川静夫アナウンサー(白組司会)
生方恵一アナウンサー(総合司会)他
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第32回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1981年12月31日
放送時間 1981年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第32回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうにかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1981年昭和56年)12月31日NHKホールで行われた、通算32回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 前回1958年第9回以来22年ぶりに紅組司会を務めた黒柳徹子の著書『窓ぎわのトットちゃん』がこの年350万部を超す大ベストセラーを記録、「トットちゃんブーム」が起こり、黒柳の続投も決定した。白組司会も山川静夫が続投した[1]
  • 1985年第36回までの5回は歌手リーダー制が敷かれた。今回では紅組は水前寺清子、白組は北島三郎がそれぞれリーダーに抜擢された。
  • 試験的に、これまで非公開とされていた世論調査(視聴者アンケート)の結果が公表された[2][3]
  • 曲順発表前に両軍共にトリ歌手の候補を事前に公表するという史上初の試みを行った(翌1982年第33回も同様)。紅組はチームリーダー・水前寺、当時最多出場を誇り「鳳仙花」が久々のヒット曲となった島倉千代子、前回歌唱した「大阪しぐれ」が年跨ぎのヒット曲となった都はるみ、当時の若手代表として森昌子、白組は例年トリ争いを繰り広げた北島、森進一五木ひろし(ここ2年間の担当者)との布陣で発表される。ここ2年間紅組トリおよび大トリを務めた八代亜紀はこの年ヒット曲に恵まれずトリ候補から外れた。
  • 島倉の「鳳仙花」はトリ曲にしては軽いと判断され、当初本命とされた都は歌唱曲を「大阪しぐれ」ではなくこの年発売の「浮草ぐらし」となったため後退し、水前寺と昌子の一騎打ちと見られた。五木の白組トリはライバルの八代が候補から外れたため後退、水前寺が紅組トリの場合は白組チームリーダーの北島、昌子の場合は「命あたえて」で古賀賞を受賞した進一(森・森対決。2人は後に一時期夫婦となったが、この時はまだ交際にも進んでいない)が起用されると見られていた。通常、12月20日前後に発表される曲順は本番2日前のリハーサル時点まで発表されなかったが、最終的に予想に反して昌子・北島のトリとなった[4]
  • 今回は、ブラスバンドチームがステージ上でオープニングファンファーレを演奏して幕開けとなり、黒柳・山川とのトーク後に、「スタイン・ソング」による出場歌手の入場行進となった。
  • 紅白には多くのゲストが出演するのが恒例だが、今回から1985年・第36回まで「歌手による歌の祭典」という原点に立ち返るために応援ゲストを原則起用しなかった。また今回から、これまで番組全編を通じて設置されていた両軍歌手の応援席が、冒頭と終盤にのみ登場(今回の場合は石川ひとみ - 郷ひろみまでの間と野口五郎 - 五木ひろしまでの間の2回登場)する形と変更された。これにより、より派手な舞台装置の転換が可能となった。
  • 中間(今回では紅組・五輪真弓VS白組・寺尾聰終了後)にハーフコーナーとして紅白出場歌手によるデュエットコーナーが設けられた。
  • 大トリの北島三郎の「風雪ながれ旅」(2年連続歌唱)歌唱時、大量の紙吹雪が降った。以後、北島の歌唱時に大量の紙吹雪が降る演出は恒例となった。
  • 優勝は白組。黒柳は「(北島のステージを指して)最後に雪で真っ白になって、あぁ白組にやられたなと思いました」と述べた。
  • 1995年12月に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された(BS2での全編再放送はこの1回のみ)。
  • 今回から日本野鳥の会による客席審査のカウントが始まった[5]
  • 1977年第28回終了後、紅白担当スタッフと演出手法につき衝突を起こし、前回まで構成を外れていた塚田茂が構成に復帰。塚田の著書[6]によれば、テレビ放送初の紅白の会場であり、塚田が演出家としてのキャリアをスタートさせた地でもある日劇がこの年で閉館となったことを考慮に入れ、「往年の日劇のレビューショー」のような紅白にしたいという方針を塚田と、当時のプロデューサーの増子正利が打ち出したことが、大幅な舞台構成、番組内容の転換が図られることになった直接の契機である、とされている。
  • この年ブレイクし、NHKが発表した世論調査でもランクインしたイモ欽トリオは落選した。「10代を対象に含んだアンケートでは順位が伸びたものの、他のデータでは伸び悩んだ」ことが理由とされている[3]
  • この年横浜銀蝿が「ツッパリ・ハイスクール・ロックンロール(登校編)」を歌って大ヒットしたが、暴走族スタイルのため選考対象外とされた。
  • 人気アンケート13位でこの年もあらゆる面で話題となったさだまさし民放版『ゆく年くる年』のメインパーソナリティーに決まったため落選[7]
  • 芸能レポーター梨元勝によれば民放に紅白の取材が開放されたのは今回以降のことであり、そのきっかけとなったのはテレビ朝日系列『アフタヌーンショー』の突撃取材だったという[8]

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 田中武志・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
河合奈保子(初) スマイル・フォー・ミー 近藤真彦(初) ギンギラギンにさりげなく
石川ひとみ(初) まちぶせ 田原俊彦(2) 悲しみ2(TOO)ヤング
松村和子(初) 帰ってこいよ 山本譲二(初) みちのくひとり旅
高田みづえ(4) 涙のジルバ 郷ひろみ(9) お嫁サンバ
松田聖子(2) 夏の扉 千昌夫(9) 望郷酒場
水前寺清子(17) 有明の海 三波春夫(24) 雪の渡り鳥
川中美幸(初) ふたり酒 西城秀樹(8) ジプシー
小柳ルミ子(11) たそがれラブコール 菅原洋一(15) 慕情
島倉千代子(25) 鳳仙花 フランク永井(25) おまえに
牧村三枝子(初) みちづれ 細川たかし(7) いつかどこかで
五輪真弓(2) リバイバル 寺尾聰(初) ルビーの指環
榊原郁恵(4) シャイニング・ラブ 西田敏行(初) もしもピアノが弾けたなら
桜田淳子(8) This is a "Boogie" 加山雄三(8) 若大将ヒット・メドレー[9]
ロス・インディオス&シルヴィア(2) うそよ今夜も 沢田研二(9) ス・ト・リ・ッ・パ・ー
青江三奈(15) あなたにゆられて 村田英雄(20) なみだ坂
研ナオコ(5) ボサノバ 竜鉄也(初) 奥飛騨慕情
石川さゆり(5) なみだの宿 野口五郎(10) 裏切り小僧
岩崎宏美(7) すみれ色の涙 新沼謙治(6) 待たせたね
小林幸子(3) 迷い鳥 内山田洋とクール・ファイブ(10) 女・こぬか雨
都はるみ(17) 浮草ぐらし 森進一(14) 命あたえて
八代亜紀(9) うしろ影 五木ひろし(11) 人生かくれんぼ
森昌子(9) 哀しみ本線日本海 北島三郎(19) 風雪ながれ旅

デュエットソングショーの曲目・歌手は次の通り。

出場歌手希望世論調査の結果[編集]

順位 女性 男性
歌手 出場 歌手 出場
1位 八代亜紀 五木ひろし
2位 都はるみ 北島三郎
3位 美空ひばり × 森進一
4位 松田聖子 村田英雄
5位 森昌子 三波春夫
6位 島倉千代子 近藤真彦
7位 河合奈保子 田原俊彦
8位 小林幸子 千昌夫
9位 石川さゆり 松山千春 ×
10位 水前寺清子 郷ひろみ
11位 岩崎宏美 西城秀樹
12位 松任谷由実 × 石原裕次郎 ×
13位 榊原郁恵 さだまさし ×
14位 五輪真弓 イモ欽トリオ ×
15位 川中美幸 寺尾聰

出典は『朝日新聞[3]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 朝日新聞』1981年11月14日付東京夕刊、9頁。
  3. ^ a b c 『朝日新聞』1981年11月25日付東京朝刊、22頁。
  4. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、150~151頁。
  5. ^ 紅白歌合戦ヒストリーNHK2012年11月25日閲覧)
  6. ^ 『どんどんクジラの笑劇人生』(1991年、河出書房新社
  7. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  8. ^ 週刊朝日』2006年12月29日号
  9. ^ 夜空を仰いで」「お嫁においで」「君といつまでも」のメドレー

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]