五輪真弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五輪真弓
基本情報
出生 1951年1月24日(63歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノギター
活動期間 1972年 -
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
事務所 ロレイユ
公式サイト 五輪真弓オフィシャル・サイト

五輪 真弓(いつわ まゆみ、1951年1月24日 - )は、日本シンガーソングライター東京都中野区出身。

人物[編集]

日本の女性シンガーソングライター。 1972年10月、CBS・ソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)より、アルバム(『五輪真弓/少女』)・シングル(「少女」)同時発売でデビュー。ファーストアルバム『五輪真弓/少女』はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスのクリスタル・サウンド・スタジオでレコーディングされた。このレコーディングには五輪のデモテープを聴いて感銘を受けたキャロル・キング、チャールズ・ラーキーも参加し、ストリングスの中ではデヴィッド・キャンベルがビオラを弾いている。アルバムはオリコンでは最高6位にランク。いわゆる海外レコーディングを商業的に成功させた先駆者としても日本の音楽界に大きな影響を与え、その後さまざまな歌手やミュージシャンたちがそれに追随した。 マスメディアでは「和製キャロル・キング」と謳われ、日本女性シンガーソングライターの草分けと呼ばれた。

1976年、最新アルバム『Mayumity』を絶賛したCBSフランスから現地でのアルバム制作の申し出があり、初めての渡仏。翌年全フランス語による『MAYUMI』が発売された。機を同じくして、サルヴァトール・アダモと出会い、彼の2週間にわたるオランピア劇場でのコンサートにゲストとして招かれた。

また、この時期以降積極的にTV等メディアへの露出も増えていく。特に1978年3月21日発売の「さよならだけは言わないで」のヒットにより、フジテレビ夜のヒットスタジオ』やTBSテレビザ・ベストテン』(今週のスポットライト・コーナー)など、歌番組への生出演が多く見受けられるようになる。

1980年にリリースされたシングル「恋人よ」は当初はB面(カップリング)用の曲であったが、歌入れの後にその出来の素晴らしさにA面として発売されることになった。「恋人よ」は大ヒット、彼女の代表曲となり、同年の第22回日本レコード大賞金賞を受賞した。その後美空ひばり淡谷のり子の重要なステージ・レパートリーにもなり、後世へと伝えられる曲となった。

ちなみにこの曲はソニーの六本木スタジオにて録音された。編曲は船山基紀である(アルバム『恋人よ』(1980年9月6日発売)復刻盤CD1990年9月15日発売):品番CSCL-1235より)。

しかしこれ以降、歌謡曲ファンを取り込むことになった反面、それまでのファンは抵抗を感じた向きもあるといわれる。これに対して五輪はこう言っている。「私は昭和中期の歌謡曲を聴いて育ち、日本の叙情的な良さの影響を受けています。フランスで仕事をして日本人であることの誇りにめざめ、そのひとつが歌謡曲でした。『さよならだけは言わないで』は曲もアレンジ、サウンドすべてが歌謡曲であり、自分にとってはかなりの冒険でしたが、案の定いともたやすく大衆にとけこみました。だからと言って、それまで書いたものを否定するわけもなく、紛れもない五輪真弓のスタイルであり、今もずっと持ち続けている世界です。ただ、それを画期的なチャレンジとか、もうひとつの側面として受け止めて頂ければ嬉しいですね。しかし、『恋人よ』に関して言えば…日本の歌謡曲の枠におさまらない普遍的な歌です。これが言語や文化の異なる外国でも歌われている理由ではないかと思います。」

「恋人よ」をはじめとするシングルヒットを連発していた時期には、TVアニメ『妖怪人間ベム』の主要キャラクター・ベラに見た目が似ているとされ、ビートたけしに“ベラ五輪”などと揶揄されたこともあったが、五輪本人は2013年のコンサートでのMCの中で、フランスから現地デビューのオファーがあった際の心境、という形で「私は戸惑いましたよ。こんな妖怪ベラでいいのかと」と語り、笑いにしている[1]

1980年代後半からは結婚・出産・育児のため活動をセーブし、表立った活動を控えていた時期もあったが、2000年代に入ってからは徐々にその活動を再び活発化させており、近年、その古典的かつ普遍的な作風は、豊かな声質と歌唱とともに、国内外で高い評価があがっている。

NHK紅白歌合戦には、1980年「恋人よ」で初出場を果たし、1988年まで通算5回出場している。

ソニー・ミュージックに所属している日本人女性歌手では、在籍期間が最も長い。

海外での人気[編集]

フランス語バージョンの「少女」・「煙草のけむり」・「ジャングルジム」がいずれもフランスでベスト10入りし”MAYUMI”ブームが巻き起こる[要出典]

1980年代には東南アジアでも「心の友」(元々は1982年発売のアルバム『潮騒』収録の楽曲)を中心にヒットが多く生まれた。「恋人よ」は現在も中国韓国ベトナムなど東南アジア各国で根強い人気を博している。

インドネシアでは、「心の友」は知らない人がいないくらいメジャーな作品である。インドネシアのラジオ関係者が日本で五輪のコンサートへ行き、その際買ったアルバムの中にこの曲が入っており、インドネシアのラジオで流したことで人気となった。五輪としては、地味な曲だけに何故インドネシアで「第二の国歌」とまで言われるまで大ヒットしたのかが不思議だった。インドネシアでは日本人が来ると歓迎の意味で、この曲を日本語で歌ってくれることが多い。また、スマトラ島沖地震での復興の際にも被災者の支えになったといわれている。2005年には、インドネシアの歌手・DELONインドネシア語版と共に、スマトラ沖地震チャリティ・シングルとして「KOKORO NO TOMO」をリリースしている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 少女/空を見上げる夜は(1972年10月21日発売)
  2. 雨/汚れ糸(1973年3月21日発売)
  3. 昨日までの想い出/黒猫とゆりかご(1973年7月1日発売)
  4. 煙草のけむり/家(1973年10月1日発売)
  5. 冬ざれた街/春風(1974年2月21日発売)
  6. ミスター・クラウディ・スカイ/あじさいの花(1974年7月1日発売)
  7. 酒酔草/ちいさな水たまり(1974年10月1日発売)
  8. 落日のテーマ/旅路(1975年2月21日発売)
  9. うつろな愛/リンゴの樹の下で(1975年10月21日発売)
  10. ジャングルジム(Single Version)/浜辺(1976年4月1日発売)
  11. 海/清い流れのように(1977年6月21日発売)
  12. ゲーム/東京(1977年10月21日発売)
  13. さよならだけは言わないで/春に咲く花(1978年3月21日発売)
  14. 残り火/恋愛ともだち(1978年9月21日発売)
  15. 夜汽車/一葉舟(1979年4月21日発売)
  16. 合鍵/岐路(みち)(1979年9月21日発売)
  17. 約束/こんなにもあなたを(1980年3月21日発売)
  18. 恋人よ/ジョーカー(1980年8月21日発売)
  19. 運命(さだめ)/春・のすたるじい(1981年3月7日発売)
  20. リバイバル/手紙(1981年9月21日発売)
  21. ジグソーパズル/行きずり(1982年3月21日発売)
  22. 問わず煙草/あなたのいない夜(1982年6月21日発売)
  23. 抱きしめて(愛は夢のように)/野性の涙(1982年9月22日発売)
  24. 真夜中のラブソング/ラブリーデイ(1983年4月21日発売)
  25. 時計/夜行列車(1983年10月1日発売)
  26. 野性の涙/窓(1983年12月10日発売)
  27. 他人がえり/ジェラシー(1984年3月5日発売)
  28. 熱いさよなら/ラブ(1984年6月1日発売)
  29. 密会/ジュ・テーム(1985年12月5日発売)
  30. 空/風の詩(うた)(1986年3月5日発売)
  31. 時の流れに〜鳥になれ〜/空(1986年4月1日発売)
  32. 泣かないで/家路(1986年8月27日発売)
  33. そしてさよなら/恋しさは今(1987年4月1日発売)
  34. ハロー、マイ・フレンド/恋しても(1988年9月21日発売)
  35. おまえ/忘れたくない恋(1990年10月21日発売)
  36. さよならは一度だけ/微笑みは出会いと共に(1992年4月22日発売)
  37. いつも そして いつまでも/海辺の恋(1992年8月21日発売)
  38. 悲しみにまかせて/See You Again(1994年2月21日発売)
  39. うたかた/春・のすたるじい(Rearranged Version)(1996年2月1日発売)
  40. 恋は突然に/風よ(1996年5月22日発売)
  41. 時は過ぎて/いつかあなたと(1997年1月22日発売)
  42. 愛の約束/心の歌(2000年7月19日発売)
  43. ふれあう時を信じて/夢は時を越え(2004年6月23日発売)
  44. KOKORO NO TOMO/Try To Remember (2005年8月24日発売)※duet with DELON
  45. BORN AGAIN/花のように(2013年7月24日発売)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 五輪真弓/少女(1972年10月21日発売)
  2. 風のない世界(1973年7月1日発売)
  3. 時をみつめて(1974年7月21日発売)
  4. 本当のことを言えば(1975年3月21日発売)
  5. Mayumity - うつろな愛(1975年10月21日発売)
  6. えとらんぜ(1977年6月21日発売)
  7. 蒼空 - TODAY(1977年11月1日発売)
  8. 残り火(1978年12月5日発売)
  9. 岐路(みち)(1979年11月21日発売)
  10. 恋人よ1980年9月6日発売)
  11. マリオネット(1981年9月21日発売)
  12. 潮騒(1982年10月21日発売)
  13. 窓 ~せめて愛を~(1983年10月21日発売)
  14. 風の詩(1985年12月5日発売)
  15. 時の流れに(1986年9月5日発売)
  16. Wind and Roses(1987年5月21日発売)
  17. Four Songs(1988年7月1日発売)ミニアルバム
  18. ノスタルジー(1988年9月30日発売)
  19. 名もなき道(1990年10月21日発売)
  20. The Memorial Album(1992年8月21日発売)
  21. Personal(1994年3月9日発売)
  22. 21世紀(1996年2月1日発売)
  23. Time To Sing(2003年4月9日発売)
  24. Welcome(2007年10月31日発売)

ライブアルバム[編集]

  1. 冬ざれた街( 1974年3月21日発売)
  2. The SHOW - best concert album '75( 1975年12月5日発売)
  3. 春愁( 1981年4月1日発売)
  4. MAYUMI ITSUWA '83(1983年4月21日発売)
  5. 熱いさよなら(1984年7月21日発売)

ベストアルバム[編集]

  1. the best(1977年発売)
  2. 五輪真弓 全曲集(1977年11月21日発売)
  3. MY SONGS/さよならだけは言わないで(1978年8月1日発売)
  4. 五輪真弓 コレクション(1981年7月1日発売)
  5. COLLECTION '82(1982年6月21日発売)
  6. 五輪真弓全集~フェイバリット・ソングス(1985年11月10日発売)
  7. 五輪真弓 ベストコレクション(1986年4月21日発売)
  8. 五輪真弓 ベスト・セレクション(1986年11月21日発売)
  9. 五輪真弓 33 ALL singles(1987年11月1日発売)
  10. 五輪真弓 ニュー・ベストセレクション(1989年11月22日発売)
  11. アニヴァーサリー・イブ~Brand-new Best~(1991年9月1日発売)
  12. Another Face ~English Best Selection(1991年11月1日発売)
  13. アンソロジーVOL.1(1993年6月21日発売)
  14. アンソロジーVOL.2(1993年6月21日発売)
  15. NOW & FOREVER(1996年2月1日発売)
  16. MAYUMI CLASSICS(2002年2月20日発売)
  17. BLUE ANTHOLOGY(2003年12月17日発売)
  18. MAYUMI THE BEST~KOKORO NO TOMO(2005年12月21日発売)
  19. GOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクション2009年6月10日発売)
  20. 五輪真弓40周年記念ベストアルバム「Lovers & Friends」(2013年10月23日発売)

ビデオ[編集]

  1. 五輪真弓'83(1983年5月1日発売)
  2. 五輪真弓 ライブ・時の流れに(1987年1月21日発売)
  3. Wind And Roses (CD VIDEO)(1987年9月21日発売)
  4. MASTER PIECE(1988年4月1日発売)
  5. 五輪真弓20周年コレクション コンサートツアー '92~'93(1993年1月10日発売)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

主な提供楽曲[編集]

この他、松田聖子にも『ミュージックフェア』の番組内企画として「街角のカフェテラス」を提供(作詞・作曲)。後に五輪自身の歌唱により「熱いさよなら」として発売されている。

NHKみんなのうた[編集]

  1. 遠いまち(作詞・作曲・歌。1976年2~3月初回放映。映像には五輪本人が出演)※未音盤化
  2. 星の子供たち(作詞・作曲・歌。1998年6~7月初回放映)※未音盤化

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]