澤地久枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

澤地 久枝(さわち ひさえ、1930年9月3日 - )は、日本ノンフィクション作家東京青山出身。

来歴・人物[編集]

4歳の時、父親の大工の仕事の関係から旧満州へ移住。1945年吉林で敗戦を迎え1年間の難民生活の後に日本に引き揚げ山口県立防府高等学校に編入した[1]

1947年夏に東京に移り原宿で育つ[2]1949年、旧制向丘高女(現・東京都立向丘高等学校)卒業と同時に中央公論社に入社し同社経理部で働きながら早稲田大学第二文学部に学ぶ。在学中、学生運動を通じて知り合った畠山氏と結婚[3]。早大二文卒業後、優れた能力を買われて『婦人公論』編集部へ移った。将来の編集長と目されていたが、既婚の身でありながら有馬頼義との恋愛事件を起こし、1963年に編集次長を最後に退社。このとき夫と離婚し、退職金をはたいて老母のためにアパートを建て、身一つで有馬と再婚するつもりだったが、この段階で有馬との仲が破綻[4]。時期を同じくして持病の心臓疾患が再発し、辛酸をなめた。

その後、五味川純平の資料助手として『戦争と人間』の脚注を担当。1972年の『妻たちの二・二六事件』以後、本格的に執筆を開始し、『密約』(原案は西山事件)、『烙印の女たち』、『あなたに似たひと』、『昭和・遠い日近いひと』、『わが人生の案内人』、『道づれは好奇心』などを執筆。

『火はわが胸中にあり』で第5回日本ノンフィクション賞、『昭和史のおんな』で第41回文藝春秋読者賞受賞。

『滄海よ眠れ』『記録 ミッドウェー海戦』で第34回菊池寛賞を受賞した。この2作品ではミッドウェー海戦の日米双方の全戦没者を特定するという前例のない作業に取り組み、完成させている。また、『滄海よ眠れ』執筆の副産物として、現存しないといわれていたミッドウェー海戦の日本海軍による戦闘詳報(「第一航空艦隊戦闘詳報」)の写しが残っていることを確認し、半藤一利の助力も得てこの海戦の経過に関する議論(いわゆる「運命の5分間」やその遠因となった兵装転換指示)に一石を投じることになった。

『雪はよごれていた』(1988年)では二・二六事件軍法会議の裁判官であった匂坂春平の残した裁判記録をもとに、事件をめぐる陸軍内部の駆け引きを描き出している。『雪は汚れていた』においては、匂坂春平の子息である匂坂哲郎の談話をもとに「二・二六事件正式裁判記録は東京大空襲で焼失した」としたが、同書刊行後の1988年9月になって公判記録は戦後に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が押収したのち、返還されて東京地方検察庁に保管されていたことが判明した[5]

「戦争へと至った昭和史の実相に迫るノンフィクションを著した業績」によって、2008年朝日賞受賞。

近年は「九条の会」の発起人の一人となり護憲派の立場で講演をするなど、政治的な活動が目立っている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『妻たちの二・二六事件』(1972年、中央公論社→中公文庫)
  • 『密約―外務省機密漏洩事件』(1974年、中央公論社→中公文庫→岩波現代文庫
  • 『暗い暦 二・二六事件以後と武藤章』(1975年、エルム文春文庫
  • 『あなたに似たひと 11人の女の履歴書』(1977年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『烙印の女たち』(1977年、講談社講談社文庫→文春文庫)
  • 『火はわが胸中にあり 忘れられた近衛兵士の叛乱-竹橋事件』(1978年、角川書店角川文庫→文春文庫
  • 『愛が裁かれるとき』(1979年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『ぬくもりのある旅』(1980年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『昭和史のおんな』(1980年、文藝春秋→文春文庫)[6]
  • 『石川節子 愛の永遠を信じたく候』(1981年、講談社→講談社文庫→文春文庫)
  • 『おとなになる旅』(1981年、ポプラ社→ポプラ文庫→新潮文庫
  • 『忘れられたものの暦』(1982年、新潮社→新潮文庫)
  • 『もうひとつの満洲』(1982年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『昭和史のおんな 続』(1983年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『滄海(うみ)よ眠れ ミッドウェー海戦の生と死』1〜6(1984〜1985、毎日新聞社→文春文庫)
  • 『別れの余韻』(1984年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『心だより』(1985年、講談社→講談社文庫)
  • 『手のなかの暦』(1985年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『記録ミッドウェー海戦』(1986年、文藝春秋)
  • 『私の青春日めくり』(1986年、講談社→講談社文庫)
  • 『ひたむきに生きる』(1986年、講談社現代新書
  • 『遊色』(1987年、文藝春秋→文春文庫)[7]
  • 『雪はよごれていた 昭和史の謎二・二六事件最後の秘録』(1988年、日本放送出版協会
  • 『語りつぐべきこと 澤地久枝対話集』(1988年、岩波書店→同時代ライブラリー)
  • 『私のシベリア物語』(1988年、新潮社→新潮文庫)
  • 『いのちの重さ 声なき民の昭和史』(1989年、岩波ブックレット
  • 『遊色 過ぎにし愛の終章』(1989年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『一九四五年の少女 私の「昭和」』(1989年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『ベラウの生と死』(1990年、講談社→講談社文庫)
  • 『「わたし」としての私』(1991年、大和書房)
  • 『家族の横顔』(1991年、講談社→講談社文庫)
  • 『苦い蜜 わたしの人生地図』(1991年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『試された女たち』(1992年、講談社→講談社文庫)
  • 『家族の樹 ミッドウェー海戦終章』(1992年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『画家の妻たち』(1993年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『男ありて 志村喬の世界』(1994年、文藝春秋)
  • 『時のほとりで』(1994年、講談社→講談社文庫)
  • 『一千日の嵐』(1995年、講談社)
  • 『一人になった繭』(1995年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『わたしが生きた「昭和」』(1995年、岩波書店→岩波現代文庫
  • 『心の海へ』(1996年、講談社)
  • 『昭和・遠い日近いひと』(1997年、文藝春秋→文春文庫)
  • 『ボルガいのちの旅』(1997年、日本放送出版協会→NHKライブラリー)
  • 『六十六の暦』(1998年、講談社→講談社文庫)
  • 『私のかかげる小さな旗』(2000年、講談社→講談社文庫)
  • 『琉球布紀行』(2000年、新潮社→新潮文庫)
  • 『自決こころの法廷』(2001年、日本放送出版協会→NHKライブラリー)
  • 『愛しい旅がたみ』(2002年、日本放送出版協会)
  • 『わが人生の案内人』(2002年、文春新書
  • 『道づれは好奇心』(2002年、講談社→講談社文庫)
  • 『好太郎と節子 宿縁のふたり』(2005年、日本放送出版協会)
  • 『地図のない旅』(2005年、主婦の友社
  • 『発信する声』(2005年、かもがわ出版
  • 『家計簿の中の昭和』(2007年、文藝春秋)

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]]yo/geijutsu.html 芸術功労者一覧|大学案内|早稲田大学]
  2. ^ 『私の父、私の母PartⅡ』中央公論社、1996年、127頁
  3. ^ 『中央公論社の八十年』で、編修二長・畠山久枝とある。
  4. ^ 寺田博編『時代を創った編集者101』(2003年、新書館)
  5. ^ 伊藤隆・北博昭『二・二六事件 判決と証拠』(1995年、朝日新聞社)
  6. ^ 文庫化の際に続編と合本して完本。
  7. ^ 有馬頼義との恋愛を描いた自伝的小説。

関連項目[編集]