森英恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森 英恵
生誕 1926年1月8日(88歳)
日本の旗 日本 島根県
出身校 東京女子大学
職業 ファッションデザイナー

森 英恵(もり はなえ、1926年1月8日- )は、日本の女性ファッションデザイナーである。地域経済総合研究所評議員。森英恵ファッション文化財団理事長。

経歴[編集]

島根県鹿足郡六日市町(現在の吉賀町)出身、東京都立桜町高等女学校を経て東京女子大学卒業。1948年、学生時代に勤労動員の工場で知り合った元陸軍主計少佐森賢と結婚する。 夫の家業であった繊維会社で働きながら洋裁学校「ドレスメーカー女学院」に通い、1951年昭和26年)、新宿東口に洋裁店「ひよしや」を開いた。

1950年代の日本映画全盛期に、「太陽の季節」、「狂った果実」、「彼岸花」、「秋日和」、「秋刀魚の味」、「四十八歳の抵抗」等、 400本にものぼる映画衣装を手掛けた。[1]

1954年、銀座にブティック&サロン「ハナヱ・モリ」オープン。[2]

1965年ニューヨーク・コレクションに初参加。をモチーフにした女性的でエレガントなドレスが受け、マダム・バタフライと呼ばれてファッション界の話題になった。アメリカでの好評を受け、パリ・コレクションにも進出した。その後、洋服だけでなく、ハナエ・モリと蝶のマークを冠したライセンス商法をスタートさせ、タオルや魔法瓶、トイレのスリッパに至るまで商品数を増やし、事業の幅を広げた。それまで小規模なビジネスであったクチュール業界において、百億円に近いビジネス拡大は世界のファッション業界を驚かせるもので、ファッションビジネスの未来を切り開いたとして評価され、1977年には、ファッション業界において最も権威的であり、非常に閉鎖的でもあったフランス・オートクチュール協会(Fédération française de la couture)から、アジア人として初めて会員として認められた。これらは、その後の日本人デザイナーの世界進出や、クチュールメゾン(デザイナーハウス)の巨大ビジネス化に寄与している。

顧客にはグレース・ケリー(モナコ王妃)、ソフィア・ローレンなどが名を連ねた。

1983年、青木定雄の懇請によりエムケイタクシーの制服のデザインを制作。それは2005年10月までの22年間使用された。1988年、美空ひばりのラストコンサートでの不死鳥をイメージした衣装をデザインした(美空ひばりは森英恵のアイテムなどを愛用していた)。1992年、バルセロナ五輪日本選手団の公式ユニフォームをデザインした。1993年、皇太子妃雅子の結婚の儀の際に着用したローブ・デコルテ(胸元を露出した女性の最高礼装)をデザインした。のちに島根県立国際短期大学客員教授に就任した。公益財団法人彫刻の森芸術文化財団理事を務めており、2012年7月、彫刻の森美術館美ケ原高原美術館館長に就任。

ハナエモリ[編集]

2010年に取り壊されたハナエ・モリビルの跡地(東京・表参道

欧米での展示会が好評となり、日本でオリジナルファッションを受注する店を開いた。初期に蝶のモチーフで有名になった為、永続的にブランドのシンボルとしている。彼女の名を冠したハナエモリ(Hanae Mori Co.,Ltd.)は、その名の通り森英恵が1951年に設立したオートクチュールメーカーであるが、2002年プレタポルテ部門を三井物産ロスチャイルドグループへ売却。プレタポルテ事業に関しては、三井物産が100%株を保有する形で現在に至るまで存続している。

同じく2002年オートクチュール部門の「ハナエモリ」が、民事再生法の適用を東京地裁へ申請し、倒産負債総額は約100億円あったと言われている。その後、社長に石坂公之助を迎え、森英恵自身は、新会社「ハナエ・モリ」でオートクチュール事業を継続。

森英恵は2004年7月7日、パリでA/Wオートクチュール・コレクションを最後に引退。そのコレクションには多数の有名人が駆けつけ、最後はスタンディングオベーションで迎えられた。作品は、歌舞伎役者の描かれたロングドレス、日本風の花がプリントされたスカート、かんざしを使用するなど日本を意識した内容であった。[3]

森は日本を代表するファッションデザイナーのひとりであり、1970年代から1980年代にかけて特に女性から強く支持された。

受賞[編集]

家族[編集]

夫・森賢はハナエモリ元代表。2人の息子のほか、娘がいる。長男・森顕(元インファス代表)とイタリア系アメリカ人の妻、森パメラ(元モデル)との間には、ファッションモデルタレント森泉森星のほか、長男の森研M-ENTERTAINMENT社代表[5])、次男の森勉、次女の森雪YM Design Studio LLC 代表[6]ESPNに務めるユダヤ系アメリカ人の夫ジョナサン・ルトナー[7]と息子とともにロサンジェルス市ヴァン・ナイズ在住)がいる。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファショコン通信 ハナエモリのブランド情報
  2. ^ HANAE MORI ブランドヒストリー
  3. ^ ファッションプレス 森英恵について
  4. ^ 毎日ファッション大賞 過年度受賞者
  5. ^ KEN MORIWWD
  6. ^ YUKI MORI RUTNERElizabeth Street
  7. ^ Jonathan M Rutner Linkedin

関連項目[編集]

外部リンク[編集]