浪花千栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なにわ ちえこ
浪花 千栄子
浪花 千栄子
浪花 千栄子 (左)
本名 南口 キクノ
なんこう きくの
別名義 香住 千栄子
かすみ ちえこ
生年月日 1907年11月19日
没年月日 1973年12月22日(満66歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府南河内郡東板持町(現・富田林市
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
主な作品
祇園囃子』、『蜘蛛巣城

浪花 千栄子(なにわ ちえこ、本名・南口 キクノ(なんこう きくの)、1907年明治40年)11月19日 - 1973年昭和48年)12月22日)は、昭和初期から後期(1920年代後半〜1970年代前半)の女優

来歴[編集]

大阪府南河内郡東板持町(現・富田林市)に、養鶏業を営む家に生まれる。8歳の時に道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出される。その後、京都で女給として働いていたが、18歳のときに、知人の紹介で村田栄子一座に入る。間もなく舞台にも立つようになるが、不入りが続き、東亜キネマ等持院撮影所に移る。香住千栄子の芸名で端役出演を続け、1926年(昭和元年)、山上伊太郎の初シナリオによる大作、『帰って来た英雄』の準主役に大抜擢され、それ以来、順調に役をこなしていく。その後、市川右太衛門市川百々之助に招かれ映画出演を続けたが、給与未払いなどもあり映画界から足を洗う。

1929年(昭和4年)、「新潮劇」に参加し、1930年昭和5年には、2代目渋谷天外曾我廼家十吾らが旗揚げした松竹家庭劇に加わる。同年、渋谷天外と結婚し、松竹家庭劇、および1948年(昭和23年)に天外らが旗揚げした松竹新喜劇の看板女優として活躍する。しかし、天外と新人女優九重京子との間に子供が生れたのをきっかけに天外と離婚し、1951年(昭和26年)、松竹新喜劇を退団する。

芸能界から身を引いていたが、請われて、NHKラジオの『アチャコの青春手帖』に花菱アチャコの母親役として出演。人気を博した。引き続き、『お父さんはお人好し』にも二人で出演、長寿番組となり、斎藤寅次郎監督により映画化もされた。

同時に、映画出演も続き、溝口健二監督の『祇園囃子』で茶屋の女将を演じ、ブルーリボン助演女優賞を受賞して以来、溝口監督、木下恵介監督らに重用される。この時期の代表作に、森繁久弥と共演した『夫婦善哉』(1955年)、黒澤明の『蜘蛛巣城』、内田吐夢の『宮本武蔵』、小津安二郎の『彼岸花』などがある。

テレビドラマでも『太閤記』、『細うで繁盛記』などに出演した。

1973年12月22日、消化管出血のため急逝。享年66。没後、勲四等瑞宝章受章。

人物・エピソード[編集]

貧しさゆえ、小学教育を受けられず、字が読めないために苦労を重ねた。その後自らの努力で読み書きを習い、文盲から脱した。あるとき「驚」という字が読めず、字をそのままうつしたつもりで人に読みを聞いたところ、「けいま」と読むのだと教えた。いくらなんでも少し変だとよく考えてみたところ、それはうつす際に「敬」と「馬」の間を離して書いてしまったためだった[1]

本名の読み「なんこう きくの」に因んで、オロナイン軟膏大塚製薬)のCMに出演し、ホーロー看板にも登場した[2]

関西に縁の深い女優であることから、1973年(昭和48年)3月に行われた阪神タイガース村山実の引退試合では村山に花束を手渡し、ねぎらいの言葉を贈った。

辯天宗では婦人部長として活動していた。

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

浪花千栄子を演じた女優[編集]

浪花千栄子を題材にした作品[編集]

  • 棚橋昭夫「大阪のおかあさん」(著者はNHK大阪放送局プロデューサーで、浪花が主演した「お父さんはお人好し」を手掛ける)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)
  2. ^ 石橋春海 『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、48頁。ISBN 978-4-7747-5853-4

外部リンク[編集]