斎藤寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斎藤 寅次郎(さいとう とらじろう、1905年(明治38年)1月30日 - 1982年(昭和57年)5月1日)は、映画監督。本名寅二郎。秋田県由利郡矢島町(現在の由利本荘市矢島町)出身。喜劇映画を非常に得意とし、しばしば喜劇の神様と称される。

妻は自作のコメディエンヌでもあった、女優の浪花友子。長男の斎藤稔は脚本家。晩年の1972年に、「車寅次郎」の人気のせいもあってか、芸名を本名の「寅二郎」に改めている。

来歴・人物[編集]

8人兄弟の次男に生まれる。一年に一度、活動写真が回ってくるので、夢中になって見ていたという。

1919年(大正8年)、高等小学校卒業後、上京して親戚(祖父の弟)の家系の医院に住み込み書生となり、明治薬学校に通う。だが、イタズラ好きな性格から、追い出され、浅草の医院に勤務しながら、学校に通う。だが、浅草六区がすぐそばであったため、活動写真を夢中で見るようになる。

星製薬で宣伝の映写技師を応募していたため、入社。マキノ映画が作った宣伝映画をもち、全国を巡業する。やがて、「映画を作る側」になりたくなり、長崎巡業中に退社。旅費節約をかねて、当時開催された「長崎・東京マラソン」で東京へ戻った。

1923年(大正12年)、親戚で美術家の斎藤佳三上野美術学校の講師で、松竹蒲田撮影所の美術部長でもあった)の紹介で、松竹に監督志望で入社。当初は時代劇助監督を務めた。

1925年(昭和元年)、『桂五郎と幾松』で監督デビュー。

1927年(昭和2年)、清水宏と共同で初の喜劇作品『不景気征伐』を監督。

1928年(昭和3年)、単独で『浮気征伐』を監督。以降、松竹蒲田撮影所で、城戸四郎が開拓した、ナンセンス喜劇を多数演出。渡辺篤や、「和製チャップリン」といわれた小倉繁、「突貫小僧」(青木富夫)、「爆弾小僧」(横山準)らを、数多く起用した。

1937年(昭和12年)、城戸が撮影所長から社長に就任。新任所長は喜劇に理解の無い人物であったため、打診があった東宝へ移籍。榎本健一古川ロッパエンタツアチャコ柳家金語楼川田晴久などの錚々たるコメディアンたちの出演する喜劇を監督。のちにサラリーマン喜劇を多数監督した松林宗恵は、東宝時代の斎藤の助監督であった。

戦後は、新東宝東映大映などで多数の喜劇映画を撮り、早撮りで知られた。また、美空ひばりの映画初登場作品「のど自慢狂時代」(1949)以来、ひばり映画も多数監督。また、伴淳三郎が「アジャパー」でブレイクしたのも、斎藤監督作品であった。晩年はフリーで活動していた。

先鋭的なギャグに満ちていたと評される蒲田時代の無声作品は、現在極めて少数しか残されていない。

趣味はマラソンで、監督を辞めた後は、日本中・世界中のマラソンに参加していた。死後、瑞宝章の勲四等に叙せられた。

代表作[編集]

Category:斎藤寅次郎の監督映画

斉藤に限らず、この時代の喜劇は役者がおかしな身振り、恰好で笑わせるものが多かった。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 『日本の喜劇王 斎藤寅次郎自伝』(鈴木義昭編、清流出版)
  • 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社刊)