悪名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悪名』(あくみょう)は、今東光小説、およびそれを原作とした勝新太郎主演の映画大映製作)。

河内の暴れ者・八尾の朝吉(姓は村上)を主人公とする今東光の小説『悪名』は1960年に『週刊朝日』にて連載された。同誌の編集長が大映の監督・田中徳三の実兄だったことから大映で1961年に映画化され朝吉を勝新太郎、弟分のモートルの貞を田宮二郎が演じた。同作のヒットを受け、以下は脚本家依田義賢のオリジナルでシリーズ化、全16作が製作された。

また、2001年に再び映画化され、朝吉役を的場浩司、貞役を東幹久が演じた。

舞台版では勝の息子の鴈龍太郎が朝吉役、貞役を堤大二郎が演じた。

概要[編集]

生まれ故郷の河内を追われた着流しヤクザ八尾の朝吉、弟分でハンチング帽スカジャン、話の節々に英語を挟みインテリぶるチンピラ、清次が放浪先、出所先で暗躍するヤクザ、偽善者権力者を退治する仁侠映画。

映画版シリーズ一覧[編集]

  • 悪名一番(1963年)
    • 監督:田中徳三
    • 出演:勝新太郎、田宮二郎、江波杏子、藤原礼子、丸井太郎、芦屋雁之助、芦屋小雁、他
  • 悪名2 荒ぶる喧嘩魂(2001年、オリジナルビデオ作品)
    • 監督:和泉聖治
    • 出演:的場浩司、東幹久、櫻井淳子、さとう珠緒、遠藤久美子、トミーズ雅、青田典子、千葉真一、他

外部リンク[編集]