丹下左膳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

丹下左膳』(たんげさぜん)は、林不忘新聞連載小説、およびその作品内の主人公である架空の剣士の名前である。またこれを原作とする映画の題名である。

概要[編集]

丹下左膳が登場したのは、1927年(昭和2年)10月から翌年5月に『毎日新聞』に連載された「新版大岡政談・鈴川源十郎の巻」であった。当初は関の孫六の名刀、乾雲丸・坤竜丸という大小一対の刀を巡る争奪戦に加わった一登場人物に過ぎなかった。しかし、隻眼隻腕の異様な姿の侍という設定と、小田富弥の描いた挿絵(続編は志村立美画)の魅力によって人気は急上昇した。

この人気にあやかろうと、映画会社3社が競ってこれを映画化した。主人公を演じた俳優は、団徳麿嵐寛寿郎(当時は嵐長三郎)、大河内傳次郎の3人だった。それぞれ独自の魅力を発揮してヒットし続編が作られた。

原作者の林不忘は、映画の成功により続編を発表することに決めた。今度はタイトルも「丹下左膳」として丹下左膳が主人公であることを明確にした。当初この作品は『毎日新聞』に1933年(昭和8年)6月から11月まで連載された。途中で城戸事件という毎日新聞社の社内抗争により中断し、続きを1934年1月から9月まで『読売新聞』に連載した。これは柳生家に伝わるこけ猿の壷の争奪戦を描いた物語であり、丹下左膳のキャラクターも前作のニヒルな感じから正義の味方的要素を増した描き方をされている。

「丹下左膳」と大河内傳次郎[編集]

「丹下左膳」を演じた役者と聞くと、大河内傳次郎と答える著名人は多く、大河内の訛りの利いたセリフと演技が、同時代人にとっては格別の評価を得ている。山川惣治は「丹下左膳は大河内伝次郎にとどめをさす。あの個性の強烈さは他に例がない」、「私が本当に時代劇に熱中したのは(同じ大河内の)『忠治旅日記』と『丹下左膳』シリーズの大河内であった」、「やがてトーキー時代に入り、あの『およよ、しぇいは丹下、名はしゃぜん!!』という太い、朗々たる伝次郎節を聞いてびっくりしたが、なお好きになった」と語っている。

池波正太郎も大河内の左膳のファンで、「いまの俳優で大河内に匹敵するような人はいない」と語り、菊村到は「一番好きなチャンバラ映画は『百万両の壺』」としている。南博はその「独特のセリフのくせがもたらすここちよいいらだたしさ」と、「それに対して鮮やかなコントラストをなす、明快きわまるチャンバラ・シーン」を挙げ、「やはり伝次郎の左膳が、どんな立ち回りのシーンよりも、あの『姓は丹下、名は左膳』とセリフを言っているシーンが、いつまでも強烈な印象を残す」と述べている。

子供のころチャンバラ映画に熱中したという柳家小さんは、「なんたって大河内の左膳」とこれを推し、自分も大河内の左膳にあこがれて役者になりたい、大河内の弟子になろうかとまで考えたが、鏡を見てやめてしまったと当時を振り返っている[1]

丹下左膳を演じた俳優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 中村獅童(2004-2005年、新橋演舞場・大阪松竹座)

音楽[編集]

  • 忌野清志郎 - 1999年、ソロアルバム「ラフィータフィー」でのTVプロモーション(例:うたばん等)および一部ライブにて、独特のメイクを施した丹下左膳のコスプレで出演・演奏した。

映画[編集]

団徳麿シリーズ[編集]

嵐寛寿郎シリーズ[編集]

大河内傳次郎シリーズ[編集]

伊藤大輔監督の「ウェスターン・トーキー」第一回作品。大ヒットし、三週続映の好成績を上げた[2]

水島道太郎シリーズ[編集]

大友柳太朗[編集]

丹波哲郎シリーズ[編集]

  • 丹下左膳 松竹京都 1963.11.17 

その他[編集]

  • 丹下左膳(1952年、松竹)阪東妻三郎
  • 丹下左膳 飛燕居合斬り(1966年、東映)中村錦之助
  • 丹下左膳 百万両の壺(2004年、EDEN ENTERTAINMENT 配給)豊川悦司

他作家による丹下左膳[編集]

小説[編集]

  • 「新版 丹下左膳」巨椋修

漫画[編集]

  • 丹下左膳 - 手塚治虫(第一弾として「こけ猿の壺の巻」をおもしろブックに掲載、好評から「乾雲坤竜の巻」も掲載が決まるも手塚が風邪に倒れたことから表紙と最初の数ページ以降はこけ猿の時にアシスタントを務めた永島慎二が代筆をしている。)
  • 丹下左膳 - 小沢さとる(松山英太郎主演テレビドラマのコミカライズ)
  • 新版 丹下左膳 - 米良仁(上記同名小説の漫画版)
  • キャットディフェンス - 作:小池一夫 画:政岡としや

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)
  2. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

外部リンク[編集]