二川文太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふたがわ ぶんたろう
二川 文太郎
本名 滝沢 吉之助 たきざわ きちのすけ
別名 紫之塚 乙馬 しのづか おつま
駒田 通 こまだ とおる
生年月日 1899年6月18日
没年月日 1966年3月28日(満66歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市芝区三崎町(現在の東京都港区三田4丁目)
職業 映画監督脚本家、元俳優
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1921年 - 1955年
配偶者 鈴木信子
家族 滝沢英輔
主な作品
雄呂血

二川 文太郎(ふたがわ ぶんたろう、1899年6月18日 - 1966年3月28日)は、日本の映画監督脚本家である。脚本家としての名は紫之塚 乙馬(しのづか おつま)、駒田 通(こまだ とおる)である。阪東妻三郎主演、無声映画史上の傑作と呼ばれる『雄呂血』の監督として知られる。

来歴・人物[編集]

1899年(明治32年)6月18日東京市芝区三崎町(現在の港区三田4丁目)の葉茶屋の家に生まれる。本名は滝沢 吉之助(たきざわ きちのすけ)、3歳下の弟は映画監督の滝沢英輔(本名・憲)である[1]

26歳で監督した大作『雄呂血』(1925年)。

中央大学経済科を中退し、1921年(大正10年)4月、横浜山下町(現在の中区元町)の大正活映撮影所に入社[1]ハリウッド帰りの映画監督トーマス・栗原に師事、助監督と俳優を経験した。同年11月に獏与太平に率いられて内田吐夢井上金太郎江川宇礼雄らとともに京都入り、牧野省三牧野教育映画製作所(等持院撮影所)に入社した。翌1922年の牧野監督の『実録忠臣蔵』に出演したのち、撮影部、整理部、脚本部を経て、1923年(大正12年)、24歳のときに『蜃気楼』で監督としてデビュー、同作は8月23日に公開された。

1925年(大正14年)、阪東妻三郎プロダクション製作、マキノ・プロダクション配給作品、阪東妻三郎主演、マキノ省三総指揮、寿々喜多呂九平オリジナル脚本による大作『雄呂血』の監督に抜擢される。同作は同年11月20日、浅草「大東京」ほかで公開され、大ヒットとなる。ハリウッドの巨匠ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督は、同地の日本映画専門館に毎日のように通い、同作のなかで何百人が斬られるのかを数えたという。

1955年(昭和30年)12月21日公開の『復讐浄瑠璃坂』を最後に引退した。56歳のときであった。

1966年(昭和41年)3月28日に死去。満65歳没。妻は女優の鈴木信子である[1]。没後の5年を経た1971年に『雄呂血』のプリントが発見され、上映会が行われ、以降NHKでもたびたび放映された。

おもなフィルモグラフィ[編集]

出演
監督

Category:二川文太郎の監督映画

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 『日本映画監督全集』(キネマ旬報社、1976年)の「二川文太郎」の項(p.345)を参照。同項執筆は岸松雄

外部リンク[編集]