牧野省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まきの しょうぞう
牧野 省三
牧野 省三
別名 マキノ 省三
マキノ 青司
マキノ 荘造
生年月日 1878年9月22日
没年月日 1929年7月25日(満50歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府北桑田郡山国村
(後の京北町、現在の京都市右京区
職業 映画監督映画製作者
活動期間 1908年 - 1929年
活動内容 1901年千本座の座主となる
1908年:『本能寺合戦』を撮影
1912年日活設立、関西撮影所所長に就任
1919年ミカド商会設立
1921年牧野教育映画製作所設立
1923年マキノ映画製作所に改組
1925年マキノ・プロダクション設立
配偶者 松田 照(先妻)
牧野 知世子
家族 マキノ家を参照
主な作品
本能寺合戦

牧野 省三(まきの しょうぞう、1878年9月22日 - 1929年7月25日)は、京都府生まれの映画監督映画製作者実業家。日本最初の職業的映画監督であり、日本映画の基礎を築いた。「映画の父」と呼ばれたD・W・グリフィスになぞらえて「日本映画の父」と呼ばれた。

阪東妻三郎片岡千恵蔵嵐寛寿郎月形龍之介市川右太衛門といった多くのスター俳優や、マキノ雅弘(マキノ正博)衣笠貞之助二川文太郎井上金太郎内田吐夢などの監督、寿々喜多呂九平山上伊太郎などの脚本家を育てたことでも知られる。

来歴・人物[編集]

映画監督に[編集]

1878年(明治11年)9月22日、京都北部の北桑田郡山国村(京北町を経て現・京都市右京区)に生まれる。父は、幕末の勤王派農兵隊・山国隊の西軍沙汰人(部隊副官)だった藤野齋、母は娘義太夫師の竹本弥奈吉(牧野やな)。非嫡出子であったため母の手で育てられた。

幼少時から芸事に親しみ、母親の経営する寄席の高座で芝居ごっこに興じて過ごした。1901年(明治34年)、母親と上京区千本通一条上ル東側にあった大野座という芝居小屋を買収して改築し、9月に千本座と改称して開館させた。牧野は同座の座主となって旧劇や小芝居を上演し、時折高座で義太夫などを披露した。また、横田商会の興行で活動写真の上映なども行った。

1908年(明治41年)、横田商会の横田永之助から映画製作を依頼される。横田よりカメラとフィルムを借り受け、『本能寺合戦』を撮影。当時千本座に出演していた中村福之助嵐璃徳を起用し、真如堂の境内で撮影を行った。これが初の時代劇映画(当時でいう旧劇映画)となった。以降、牧野は横田商会で映画製作に乗り出し、同年だけで『菅原伝授手習鑑』『明烏夢の泡雪』『児島高徳誉の桜』『安達原三段目袖萩祭文の場』『桜田騒動血染雪』の5本の作品を撮っている。

尾上松之助の起用[編集]

同年、岡山金光教に参詣した際、地元の芝居小屋で旅役者の尾上松之助を発見し、千本座への出演を依頼した。翌1909年(明治42年)に松之助一座は千本座に出演、『狐忠信』を演じて大当たりする。さらに牧野は松之助を活動写真に誘い、それを拒む松之助を説き伏せて、同年9月、横田商会製作の『碁盤忠信・源氏礎』を撮り、松之助を主演に起用した。松之助とのコンビ2作目の『石山軍記』では睨みをきかせて大きく見得を切る松之助の演技が好評を呼び、以来派手な立ち回りを得意とした松之助は「目玉の松ちゃん」と呼ばれて爆発的な人気を得た。

牧野は12年間に渡り、横田商会と日活の2社で200本以上の松之助主演の時代劇を撮っていった。いずれも歌舞伎講談立川文庫から題材をとったものだが、編集技術を身につけた牧野がトリック撮影を駆使して撮った忍術映画なども多く作り、子供たちからも熱狂的に支持された。

1912年(大正元年)、横田商会と福宝堂吉沢商店M・パテー商会の4社が合併して日活が設立され、牧野は日活関西撮影所所長に就任した。

日活からの独立[編集]

1919年(大正8年)、牧野は松之助映画を撮ることを止めて彼と訣別。独立を望んで同年7月10日に日活在籍のままミカド商会を設立した。しかし、1ヶ月後の1920年(大正9年)に横田によって日活に吸収され、独立は失敗に終わった。日活に戻った牧野は、日活時代劇を二部製作制にし、第一部で小林弥六に松之助映画を撮らせ、牧野は第二部で歌舞伎役者の市川姉蔵を起用して監督活動を行った。

1921年(大正10年)、松之助とともに日活取締役に就任。一方、牧野の独立を認めなかった日活は、松之助・姉蔵主演の忠臣蔵映画を撮ったら辞職を認めるという条件を出し、牧野はそれを了承、そうして同年に『実録忠臣蔵』が製作された。4月、姉蔵の死去により2部制は廃止、牧野は「興行映画の製作をしない」ことを条件に日活を退社。6月に等持院境内に牧野教育映画製作所を設立した。9月には等持院撮影所を開設し、牧野の助監督の金森万象、日活の監督である沼田紅緑、同時期に製作活動を中止した大正活動映画の俳優らが参加して、本格的に教育映画の製作を行った。

1922年(大正11年)、無名の歌舞伎役者を起用して『実録忠臣蔵』を撮り、大ヒットする。歌舞伎や講談の映画化に過ぎず、歌舞伎的な立ち回りが特徴の古臭い松之助映画とは違い、斬新な演出手法を用いて写実的な描写で描き、谷崎潤一郎は松之助映画と比較して「映画的」だと絶賛した。

大活や国際活映の人材を得て、自主製作・自主配給の機能も持てるようになった牧野教育映画製作は、1923年(大正12年)にマキノ映画製作所に改組し、時代劇や現代劇などの一般作品を製作していった。この時に阪東妻三郎をスターに育て上げ、寿々喜多呂九平二川文太郎などの若き映画人たちを育成した。そんな20前後の若いスタッフたちの自由な発想で作ったリアルな剣戟映画は人気を呼んだ。1924年(大正13年)8月、東亜キネマに吸収合併され、東亜キネマ甲陽撮影所と等持院撮影所の所長に就任した。1925年(大正14年)1月、新国劇澤田正二郎主演の『国定忠治』を公開し、大成功を収める。同年6月、ふたたび独立してマキノ・プロダクションを設立した。

1927年(昭和2年)1月、大作『忠魂義烈 実録忠臣蔵』の製作を開始した。大石内蔵助役に候補があげられていた實川延若松本幸四郎が辞退し、最終的には新派の大幹部であった伊井蓉峰が大石役に決まったものの、牧野の希望とは正反対の演技をしてしまったり、当初片岡千恵蔵が演じることに決まっていた浅野内匠頭諸口十九が演じ、不満に感じた千恵蔵がマキノを脱退。これを機に嵐寛寿郎ら50名の俳優が脱退してしまう。さらに、編集中にネガを引火させてしまい自宅が全焼するなど、様々なトラブルを引き起こし、不完全な公開となってしまう。

その後、ディスク式トーキーの研究に取り組み、1929年(昭和4年)に国産ディスク式トーキーの『戻橋』を完成させている。

等持院境内にある「マキノ省三先生像」

同年7月25日心臓麻痺で死去、享年50。監督としての遺作は1928年公開の『雷電』だった。葬儀は御室撮影所で営まれたが、この様子を映した記録映画が現存しており、東京国立近代美術館フィルムセンターが所蔵している。墓は等持院にあり、墓所の前には「マキノ省三先生像」と彫られた銅像が建っている。

没後[編集]

四女のマキノ輝子

死後50日を経て、当時まだ21歳であった長男・マキノ雅弘を中心としたマキノ・プロダクションの新体制が発表されたが、省三の妻で同社の代表取締役に就任した牧野知世子を頂点とした「マキノ本家」と撮影所の二股があだになり、賃金未払い、ストライキなど争議の日々を経て、省三没後2年の1931年(昭和6年)に同社は解散した。雅弘は、省三の遺した37万円という巨額な負債を、長男であるというだけの理由でたったひとりで背負うこととなった。

1935年(昭和10年)、雅弘は「マキノトーキー製作所」を設立して安価で良質なトーキーを量産、最期の1年をトーキーに賭けた父・省三の意思を継いだ。

1958年(昭和33年)、牧野の業績を追善し、後進の映画人を表彰する「牧野省三賞」が創設された。

2001年(平成13年)、右京区太秦の三吉稲荷神社に「牧野省三顕彰碑」が設置された。

マキノ家[編集]

→ 詳細は「マキノ家」を参照。

省三は、マキノ・プロダクションの時代に姓をカタカナにしたマキノ省三を名乗りはじめたが、以後自社作品に出演する息子や娘たちにもマキノ姓を名乗らせた。

日本映画の父[編集]

息子のマキノ雅弘(左)が『浪人街 第一話 美しき獲物』でキネマ旬報ベストテン第1位を受賞した時。右が省三(1928年)

牧野は、日本映画界で初めての職業的映画監督であり、プロデューサーとしての手腕も発揮し、多くの監督・脚本家・俳優を育成した。

牧野は映画製作をする際に、「1.スジ、2.ヌケ、3.ドウサ」の三大原則を掲げて、この3つを重要視した。スジはシナリオのこと、ヌケは撮影・現像の技術のこと、ドウサは俳優の演技である。スジについて、牧野は「ホン(脚本)さえよかったら、誰でもいい演出家になれる」と、語っているように、脚本を特に重視しており、マキノ映画製作所時代に寿々喜多呂九平山上伊太郎などの若き脚本家を育てている。また彼らには当時の監督よりも高額のギャラをあげていた。

尾上松之助の忍術映画では、止め写しや二重露光などの技術によるトリック撮影を駆使して、人が瞬間で消えたり、動物に化けたり、空を飛んだりするといった、特殊な演出を行った。そもそもトリック撮影を使用したきっかけは、ある映画を撮影していた時に、牧野がカメラを固定させたままフィルムを交換した際、一人の俳優が用を足しにその場を離れ、それに気がつかなかった牧野が撮影を続行。後日フィルムを上映すると、一人の俳優が忽然と消えてしまったというエピソードからであった。また、スピード感を演出するため1秒間に8コマという変則的な撮影法を取り入れた(当時は1秒間に16コマが標準的な速度である)。

牧野が育てた映画人には、内田吐夢衣笠貞之助、息子のマキノ雅弘松田定次二川文太郎沼田紅緑滝沢英輔金森万象井上金太郎並木鏡太郎などの映画監督、尾上松之助阪東妻三郎片岡千恵蔵嵐寛寿郎月形龍之介市川右太衛門高木新平松浦築枝森静子鈴木澄子岡島艶子、娘のマキノ輝子などの俳優・女優がいる。山中貞雄中川信夫らの監督もマキノ映画製作所で助監督として働いていた。

エピソード[編集]

『明烏夢泡雪』の撮影中、雪攻めの場面で、紙を切って作った小道具の雪をかごに入れて降らせていたが、突然そのかごが役者の頭上に落ちてしまい、どうすることもできずに、そのフィルムをそのまま上映してしまった。本来はこの場面は涙を誘うシーンなのだが、笑いの場面となってしまい、困った映画館主や映写技師は牧野にこの部分を切ってもよいかと尋ね、牧野もこれに賛成した。この出来事で牧野は編集の技術を発見し、後の松之助の忍術映画などに利用した。

牧野が10年ほどに渡ってコンビを組んでいた松之助と訣別した理由には、松之助に人気が集中し、ついには松之助が製作に口出すようになって、その態度を不快に思ったことや、松之助の映画が低俗的で古臭いものであるということなどがある。

また、忍術映画のヒットにより子供たちの間では忍術ごっこが流行したが、 それにより高いところから飛び降りて怪我をするといった事故が発生し、重傷を負う子供たちも続出した。さらにある日、牧野は子供たちに囲まれて、「このウソつき、印を結んでも消えんやないか」と罵られて、石を投げられるという出来事もあった。それをきっかけに牧野は教育映画の製作を決意したという。

主なフィルモグラフィ[編集]

特筆以外は監督作品

関連項目[編集]

牧野省三を扱った作品[編集]

  • 『クライマックス 人生はドラマだ マキノ省三』(1960年)
  • 『カツドウ屋一代』(テレビドラマ、1968年)
  • 『あゝ、にっぽん活動大写真』(テレビドラマ、1978年)
  • 『活動屋ばんざい 日本映画の草分け 監督マキノ省三のカチンコ人生』(1979年)

外部リンク[編集]