牧野省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まきの しょうぞう
マキノ 省三
マキノ 省三
生年月日 1878年9月22日
没年月日 1929年7月25日(満50歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府北桑田郡山国村
(後の京北町、現在の京都市右京区
職業 映画監督
家族 マキノ家」を参照

牧野 省三(まきの しょうぞう、1878年9月22日 - 1929年7月25日)は、京都府生まれの映画監督映画プロデューサー実業家。日本最初の職業的映画監督であり、「日本映画の父」と呼ばれた日本映画創成期の巨人。

阪東妻三郎片岡千恵蔵嵐寛寿郎月形龍之介といった多くのスター俳優、マキノ雅弘(マキノ正博)衣笠貞之助二川文太郎井上金太郎内田吐夢など俳優出身のスター監督を多く育て、また、寿々喜多呂九平山上伊太郎など若く無名の才能を大きく育て、脚本家を優遇した。

来歴・人物[編集]

日本映画の父[編集]

牧野省三は京都北部の北桑田郡山国村(京北町を経て現・京都市右京区)に生まれる。父は、幕末の勤王民兵組織・山国隊の隊長だった藤野齋、母は娘義太夫師の竹本弥奈吉(牧野やな)。非嫡出子であったため母の手で育てられた。

幼少時から芸事に親しみ、母親の経営する寄席の高座で芝居ごっこに興じて過ごした。その後、母親が洛西千本座という小劇場(後の千本日活)を手に入れると、そこの経営を手伝いながら、時折高座で義太夫や芝居を披露した。

1908年(明治41年)、千本座で活動写真の興行をしていた横田永之助から映画製作を依頼される。横田よりカメラとフィルムを借り受け、当時千本座の舞台に上がっていた中村福之助嵐璃徳の出演で『本能寺合戦』を監督、これが初の時代劇映画である。

1909年(明治42年)、岡山金光教で見つけた旅役者尾上松之助を主演に『碁盤忠信・源氏礎』を撮る。派手な立ち回りの得意な松之助は爆発的な人気を得て、以後10年間松之助主演の映画を大量に撮ることとなる。歌舞伎義太夫狂言などに登場するありとあらゆるヒーローはもちろん、その激しい動きを生かして怪獣・忍術ものも多く作られた。どの作品も善玉・悪玉がはっきりとしたわかりやすい筋書きで、活動写真の人気は子供にも浸透することとなる。省三の製作モットーとして有名な「1. スジ、2. ヌケ、3. 動作」もこのときの経験がベースになっている。

1920年(大正9年)前後から、東京で松竹キネマ大活が東京で映画を製作しはじめ、京都映画界の地盤沈下に危機感を抱き、1921年(大正10年)、日活より独立し「牧野教育映画製作所」を設立する。翌1922年(大正11年)「マキノ映画製作所」と名称を変え、1923年(大正12年)9月1日関東大震災で製作中止に追い込まれた大活から内田吐夢ら、国活から環歌子阪東妻三郎が参加し、20前後の若いスタッフたちの自由な発想で作ったリアルな剣戟が人気をよぶ。しかし、経営的には苦しく、1924年(大正13年)、東亜キネマへの吸収合併を呑むが、1925年(大正14年)、ふたたび独立して「マキノ・プロダクション」を設立した。

1928年(昭和3年)、大作『忠魂義烈 実録忠臣蔵』を撮るが、主演の伊井蓉峰との対立、編集中にネガが引火して自宅が全焼するなどのトラブルを引き起こし、不完全な公開となってしまう。それだけでなく、同作に主演できなかったスター俳優らの反発を買い、50数名におよぶ俳優総退社事件が起きる。それでも時代を先取りし、ディスク式トーキーを研究に取り組み、一応の完成をみる。1929年(昭和4年)7月25日心臓麻痺で死去、50歳だった。

マキノ一族の遺産[編集]

四女のマキノ輝子

死後50日を経て、当時まだ21歳であった長男・マキノ正博を中心とした「マキノ・プロダクション」の新体制が発表されたが、省三の妻で同社の代表取締役に就任した牧野知世子を頂点とした「マキノ本家」と撮影所の二股があだになり、賃金未払い、ストライキなど争議の日々を経て、省三没後2年の1931年(昭和6年)に同社は解散した。マキノ正博は、省三の遺した37万円という巨額な負債を、長男であるというだけの理由でたったひとりで背負うこととなった。

死後6年、マキノ正博は「マキノトーキー製作所」を設立して安価で良質なトーキーを量産、最期の1年をトーキーに賭けた父・省三の意思を継いだ。娘婿の高村正次もマキノ・プロダクション解散の翌年に「正映マキノキネマ」を立ち上げているが、長続きはしなかった。三男のマキノ真三は、戦後、妻の女優・宮城千賀子と「マキノ芸能社」を設立している。次男のマキノ光雄は「マキノ」の名を冠した会社は設立せず、満洲映画協会東横映画東映で映画プロデューサーとして活躍した。

省三は、マキノ・プロダクションの時代に姓をカタカナにした「マキノ省三」を名乗りはじめたが、以後自社作品に出演する息子や娘たちにも「マキノ」姓を名乗らせた。

→ 詳細は「マキノ家」を参照。

関連項目[編集]

等持院京都市北区)境内にある牧野省三の銅像

牧野省三を扱った作品[編集]

  • 『クライマックス 人生はドラマだ マキノ省三』(1960年)
  • 『カツドウ屋一代』(テレビドラマ、1968年)
  • 『あゝ、にっぽん活動大写真』(テレビドラマ、1978年)
  • 『活動屋ばんざい 日本映画の草分け 監督マキノ省三のカチンコ人生』(1979年)

外部リンク[編集]