尾上松之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おのえ まつのすけ
尾上 松之助
尾上 松之助
本名 中村 鶴三
なかむら かくぞう
生年月日 1875年9月12日
没年月日 1926年9月11日(満50歳没)
出生地 日本の旗 日本岡山県岡山市
民族 日本人
職業 歌舞伎俳優俳優映画監督
ジャンル 映画舞台歌舞伎
活動期間 1881年 - 1926年

尾上 松之助(おのえ まつのすけ、1875年明治9年)9月12日 - 1926年大正15年)9月11日)は明治時代から大正時代にかけての日本歌舞伎役者、映画俳優、日本最初の映画スター、映画監督である。本名は中村鶴三(なかむら かくぞう)。愛称は「目玉の松ちゃん」。

来歴[編集]

1875年(明治9年)9月12日(一説には9月11日生まれ)、岡山県岡山市北区西中島町に、岡山県士族の子として生まれた。

歌舞伎界へ[編集]

幼少より芝居が好きで6歳の時、上方歌舞伎の大立者・2代目尾上多見蔵の後援を受け実家近くの旭座で初舞台を踏む(この頃の芸名は尾上多雀ないし多見雀)。18歳の頃、尾上鶴三郎あるいは三升源五郎の名で芝居一座の座長として中国地方四国地方を巡業した。1902年(明治35年)に行われた九州巡業の時、2代目尾上松之助を襲名した。

1908年(明治41年)3月、岡山県玉島の芝居小屋へ巡業に出る。玉島には金光教の本部があり、ちょうど京都市上京区千本通一条上ル(西陣)で芝居小屋「千本座」の座主を務める牧野省三が、長男マキノ雅弘を連れて金光教の生神に名をもらいに[1]来ていた。松之助の狂言『狐忠信』を観た牧野省三は、松之助の余りの身の軽さにびっくりして、即座に楽屋を訪れ、千本座への出演交渉を依頼した。しかし松之助にはまだ出演契約が残っており、二年後の千本座出演を約束し、二人は別れた。

この年、牧野は活動写真『本能寺合戦』の撮影に成功、映画製作に乗り出す。

1909年(明治42年)、岡山での約束を守り、京都の牧野のもとで千本座の舞台を踏んだ松之助はたちまち西陣界隈の人気者となる。牧野は松之助に出演料月額八十円(当時)と、衣食住すべてを負担し、あらゆる犠牲を払って松之助を遇した。

松之助の演目は千本座でも『狐忠信』で、その身のこなしで大向こうを唸らせ、、「トンボ松」の異名を取った。牧野は松之助の役者顔がより活動写真に適しているとの自信を深め、中絶していた横田商会横田永之助との製作契約を復活。松之助主演の映画製作に取り掛かる。

当時、歌舞伎役者は「河原乞食」と呼ばれ、活動役者はさらに下に見られていた。松之助は「板(舞台)の上から土の上へ降りて芝居することを「役者としての堕落である」として尻込みしたが、牧野は千本座裏の大超寺境内の「土の上」一面に茣蓙を敷いて「舞台」を作り、『碁盤忠信』(ごばんただのぶ)の撮影に入った。

映画界へ[編集]

同年10月17日、横田商会制作・牧野省三監督の『碁盤忠信』公開。映画デビューを果たす。

同年、第三作『石川軍記』で、楠木正具に扮した松之助は、敵軍の乱れを見据える場面で大きな目玉をギョロリとむいてハッタと睨んだ。観客は「よう、目玉!」、「目玉の松ッチャン!」と掛け声をかけ、これを聞いた牧野は以後、松之助映画のキーポイントに「目玉」を最大限に活用。ここから「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれるようになった[2]。全盛期には、一カ月に9本の出演をこなしたことがあった[3]

日本劇映画の創始者マキノ省三の指導のもと、歌舞伎の映画化、トリック応用の忍術映画など、生涯に横田商会(のち合併により日活)が制作した1,000本以上の時代劇映画に出演した。日本映画草創期に活躍した邦画第1号の「映画大スタア」であった。

松之助は当時の少年ファンたちのアイドルであり、どんな怪物も化けものも豪傑でも、松之助の前には敵わないという英雄イメージを作ったのは、日活の撮影所長であり監督だった牧野省三監督だったが、松之助の人気が高まれば高まるほど監督の影は薄くなり、この大監督と大スタアの勢力争いはとどまるところがなかった。牧野監督も発展一路の日活という経営体の中では単なる現場監督よりも発言権は小さく、撮影所長という肩書でさえ、スタア松之助の勢力には及ばなかった。

1921年(大正10年)、これを不服として、牧野監督が独立宣言を行い、「牧野教育映画」を設立。日活が牧野監督の「松之助映画を第一部、市川姉蔵映画を第二部とする二部製作制とし、牧野は今後姉蔵に専念して松之助映画は撮らない」という条件をのむと、今度は松之助が反発し、独立宣言。結局中村鶴蔵を副所長にして第一部(松之助映画)の実権を握らせることで落着したが、牧野と松之助のいざこざは根強く残った[4]

二部体制に分かれた日活では、姉蔵の人気が出てしまい、松之助は牧野省三に「もう一度一緒にやってくれ」と談判。同年4月、大石内蔵助役で二部構成の大作『忠臣蔵』に主演。大ヒットとなる。

日活取締役となる[編集]

この『忠臣蔵』完成後に、牧野が期待をかけた市川姉蔵が死去したことで二部制は廃止され、牧野監督と松之助は揃って取締役に昇進したが、この扱いで会社の腹中を読んだ牧野はためらいなく日活を去り、「マキノ省三」と名を改め教育映画に専念。

日活に残った松之助はマキノに代わって俳優業の傍ら制作、監督も務めた。松之助は目をかけていた尾上松三郎に匿名でシナリオを書かせたところ意外な好評を呼んだ。松三郎はのちに松之助の妹と結婚し、池田富保として日活を背負う大監督となる。

同年12月、摂政宮殿下が文部省主催の活動写真展覧会で松之助の模擬撮影を台覧する。

松之助は晩年日活の重役となるが、歌舞伎の英雄豪傑を舞台そのままに演じた古風な映画づくりはアメリカからの本格的な活劇やその影響を受けた阪東妻三郎の映画などに押されはじめた。1925年(大正14年)の主演1000本記念大作の『荒木又右衛門』はそのような状況で製作され、従来の歌舞伎調の立ちまわりを脱しリアルな殺陣を演じ大ヒットして気を吐いた。

1926年(大正15年)、『侠骨三日月』の撮影中に倒れ9月11日、心臓病のため死去。享年52。京都市内で行われた葬儀は京都府知事をはじめ参列者5万人、葬列の沿道は20万人にも及ぶ市民で埋め尽くされたと当時の記録に残されている。大衆に映画を新しい娯楽として根付かせた功績はあまりにも大きい。墓所は北区等寺院。

1966年(昭和41年)、京都下賀茂中の島公園に記念の胸像が建立される。

人物・エピソード[編集]

松之助は常にスタアであり続け、生涯に千三本の映画に出演した。十八年の俳優生活から計算すると、年平均六十本近い作品に出ていたことになる。松之助は大正期のベストセラーである「立川文庫」の英雄豪傑のほとんどに扮した。映画で演じた猿飛佐助などの忍術使いも、この「立川文庫」の創設したキャラクターに倣っている。「目玉の松っちゃん」の愛称は、左右均衡を欠いた目に特徴があったため。大正9年には「プロマイド第一号」となった。

マキノ省三が松之助を起用した当時の映画は、歌舞伎の場面を何場面か省略してそのまま撮るものであり、「大写し」の手法はまだ無く、画面そのものに変化がなかったために役者が目立たなければどうにもならなかった。その点、松之助は背は低いがトンボを切るのがうまく、ケレンの大きな映画に映すと映える役者だった。目をぎょろりと剥いて「目玉の松っちゃん」と呼ばれるようになったのもそうした中での工夫だった。

マキノ雅弘によると松之助は立ち回りをやっても姿勢がよく、非常にちゃんとした姿勢で歌舞伎の立ち回りをしていた。また人間としても「実にいい人」だったという。当時の役者は女形などでもイレズミを入れたり、素膚を見せられないような人が多かったが、その中では非常に立派な人で、当時子役だったマキノ雅弘も「松之助の子役なら出よう、なんて思った」と語っている[5]

松之助は、たとえば荒木又右衛門を演じるとなると、その日は朝起きると又右衛門になりきっていて、よく「今日は荒木又右衛門やな、松之助はん、すっかり荒又みたいな顔して目玉剥いてはるわ」と周囲が噂を飛ばす始末だった。「背が低く顔が大きい」という、当時としては典型的な役者顔だった。活動写真ではあまり大男だとフレームからはみ出し、狭いステージでは撮影困難となってしまう。背が低ければそれだけキャメラが前に出られ、顔が大きくて立派であればそれだけで様になるということで、こういった役者が当時はもてはやされたのである。

マキノ雅弘によると「とにかくマジメな人で、他の役者と違って博打も打たなければ酒も飲まなかった」。このようにマジメで几帳面な人物だったが、金銭にも細かく、「ケチ松」の綽名があり、「出すものは何でも嫌がり、舌を出すのもケチる男だ」と陰口をたたかれたりもした。しかし後述する晩年の巨額の寄付によって、その評価を改めさせている[6]

日活では毎年、『忠臣蔵』の撮影で天龍寺の雪に覆われた境内を討入り場面に使ったが、役者の集まりを良くするために「到着順に自分の好きな衣装を着ても良い」と懸賞をかけた。義士の衣装は襟に名前が書いてあるので、役のいいものから取られていったが、幹部俳優も下っ端にいい役を持っていかれてなるものかと抜け駆けを争った。だが大石内蔵助だけは松之助に決まっていたので、衣装方が冗談に「これどうや」と差し出しても「それ着たら首になりますヮ」と言ったといい、この習慣は大正末まで続いた[7]

松之助に次いでマキノで売れたチャンバラ・スタアに市川百々之助がいるが、マキノ雅弘によると「百々之助というのは、松之助に似てるから役者になれた」のだという。百々之助は松之助に似て鼻の下が長く、目も大きかったのだという[8]

松之助は年に一度だけ一行で上京し、浅草富士館の舞台でご機嫌伺いをしたが、そのたびに近隣から客が殺到して大騒ぎになった。場内には子供の姿が目立った。子供たちのアイドルだった松之助は「腕で墨汁をこする人ばかりに見てもらう芸人で終わった」と評された[9]

松之助とマキノ雅弘[編集]

マキノ雅弘は松之助の映画のほとんどに子役で共演していて、「マサぼん、マサぼん、と云って可愛がってくれた」という。松之助は雅弘が小学校三年生の時に、雅弘を連れて北野の「武徳殿」という剣道場に通い、六級の下から二人で剣道の指南を受け、最終「二段」まで取っている。

雅弘のセリフ覚えが悪い時は、父親の省三が「イロハニホヘトでやれ」と指示を出し、雅弘が「イロハニホヘト・・・」と言うと松之助がパッと動いて、すかさず「チリヌルヲワカ」と返し、「ヨタレソツネナラム」と答えると「ウイノオクヤマケフ・・・」とかぶせるといった具合に、松之助が繋いでくれた。キャメラが回ってしまうと、松之助は非常にうまくリードしてくれたという。

大正10年からの日活二部体制では、松之助は第一部の主役を張ったが、雅弘を第二部の子役にとられてしまい、自分の息子を一部の子役に起用している[10]

「忍術映画」の始まり[編集]

明治から大正初期の映画の現場は照明がなく、フィルムチェンジの際は「チェンジ、待った!」と声をかけ、フィルム交換が済むまで役者はみんなそのまま動作を止めて待っていた。この「待った」の間に小便に立った役者がおり、これに気付かず撮影を再開したところ、完成フィルムで突然役者が消えうせることとなり、これがマキノ省三監督得意の忍術トリック映画の始まりとなったというのがマキノ省三の語った話である。

当時の「忍術映画」の上映風景といえば、「松之助の児雷也が印を結んで大蝦蟇に化け、捕り方を呑みこみ、元の姿に戻って大蛇丸と立ち回り」、というような場面では、ズームレンズなど無い時代であり、キャメラが寄って来るまで松之助は姿勢を止めてじっと待っていて、観客も同じくじっと待っている、というような非常に長閑なものだった。しかしこの忍術映画は、大正期の少年たちの魂をとらえて離さなかったのである。

当時、この松之助の忍術映画が社会問題となったことがあった。「目玉の松っちゃん」の映画に影響されて、上野の駅で走ってくる汽車の前に子供が立って印を結ぶという事件が起こったのである。汽車が止まると、子供は自分の忍術で止まったのだと思い込んだという。「忍術映画は世を惑わすものである」などと言われたマキノ省三監督は、仕方なく訓戒的な「マキノ教育映画」を連作することとなった。南部僑一郎は松之助について次のように語っている。

「目玉の松っちゃん、連続活劇の『ジゴマ』、子供はみんなこれの真似をしました。忍術ものが流行る、十字きって二階からパッと飛んだら、足の骨を折った、そんな話はザラにあった、大正元年です」[11]

巨額の寄付[編集]

大正末期、功名を遂げた松之助は恩返しとして、京都市へ1万円、京都府小学資金へ1万円、海員救済会に5千円、赤十字社へ3千円、二商プール建設費5千円、府営住宅13軒の建設費1万3千5百円、その他合わせて、約5万円の寄付を行った。当時の映画の製作費が一本当たり約4千円の時代であり、5万円あれば10本以上の映画が製作できた時代である。

貧しい境遇に育った松之助は映画俳優となったおかげで裕福となった。このため、貧しい人たちのためにと、府営住宅を寄贈したのである。この住宅は「出世長屋」と呼ばれ、松之助ファンたちはこの快挙に絶大な拍手を送り、松之助はこのことで藍綬勲章を受けた後、まもなく世を去った。

葬儀の際、柩は堀川の自宅から一条通りの「大将軍日活撮影所」に向かい、所葬が行われた。この道筋役5キロほどは隙間のないほどの京都市民の人垣が出来、伊藤大輔監督によると、日活の幹部クラスは皆揃いの裃を着て、まるで時代祭を想わせたという。

松之助には公然の愛人がおり、日活の重役を務めたころ源八千代と名乗らせ相手役をさせたが館主から反対を受け、まもなく邸宅と金品を与えて手を切った。芸者上りの彼女は松之助の死後、豪奢に遊びまくった末に邸宅も仏壇も売り払い、姿を消した。ところが、後年松之助の作った出世長屋に、孤独死した老女がおり、これがその源八千代だった。

この出世長屋は老朽化したため、府はこれを処分しその財源で建て直したが、この取り潰しで松之助の功績が消滅するを惜しんだ当時の蜷川虎三知事が、昭和41年、京都河原町今出川から賀茂大橋を渡ったところにある下賀茂中の島公園に、その余財で松之助の胸像を建立している。除幕式は二月の吹雪の中で行われた[12]

主な主演作[編集]

生涯にわたり1000本の主演作を持つ松之助だが、ここにそのごく一部を挙げる。当時は女優はおらず、片岡長正、片岡松燕ら歌舞伎の女形がこれを務めていた。松之助は愛人の芸者源八千代を相手役に立てたことがあったが、館主の反対を受け女形に戻したのは上記の通りである。

しかし女優進出の波には抗しきれず、大正12年、松之助はついに女優採用に踏み切った。これが当時22歳だった浦辺粂子である。また自身、大正2年の『時雨傘』の「夜嵐お辰」役など、女形も多数つとめている。

  • 『碁盤忠信』(明治42年10月)
  • 『石川軍記』(明治43年)
  • 『唐犬権兵衛』(大正2年)
  • 『塙の太郎・一心太助』(大正3年2月)
  • 『鼠小僧次郎吉』(大正3年10月)
  • 『天竺徳兵衛』(大正3年)
  • 『児雷也』(大正3年)
  • 『怪鼠伝』(大正4年5月)- 仙人やぬいぐるみの大鼠が登場するマキノ監督の忍術活動大写真。
  • 『忠臣蔵』(大正6年4月) - 大石内蔵助役
  • 『曾呂利新左衛門』(大正7年8月)
  • 『水戸黄門』(大正8年3月)
  • 『花川戸助六』(大正9年3月)
  • 『国定忠治』(大正10年7月)
  • 『落花の舞』(大正14年)共演:酒井米子
  • 『荒木又右衛門』(大正14年11月)池田富保監督。主演千本記念活動大写真。
  • 『侠骨三日月』(大正15年7月)- 池田富保監督。松之助最後の作品

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 省三の母親が金光教信者だった
  2. ^ マキノとの出会いからここまで、『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)より
  3. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社)
  4. ^ ここまで、『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)より
  5. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)より
  6. ^ ここまで、『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)より
  7. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  8. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)
  9. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社)
  10. ^ 『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)
  11. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)より
  12. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

関連項目[編集]